初夏から秋がベストシーズン!ユーラシア旅行社で行くアラスカツアーの魅力

氷河、紅葉、デナリ山。手付かずの自然が残るラストフロンティア・アラスカへ足を運んでみませんか?

アラスカツアー、アラスカ旅行
デナリ国立公園にて(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
フェアバンクスにて(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
氷河クルーズ(イメージ)
アラスカの長い冬を迎える前にほんの数週間の短い秋がやってきます。
アラスカが最も美しい顔を見せてくれる秋は
白樺やアスペンが黄葉、そしてブルーベリーや地衣類が紅葉し、
アラスカで一番よく目にする針葉樹のトウヒの緑との対比が美しい季節。
また、この時期は晴天日も多く、天気次第ではオーロラ観測して頂けるチャンスも!
更に、全貌を見られることが難しいと言われる
デナリ山(マッキンリー山)が見られる可能性も高いなど
秋のアラスカは色々な大自然を感じて頂くにはベストシーズンなのです。

ユーラシア旅行社で行くアラスカツアーでアラスカ鉄道に乗車!

北米で最北を走る全長約750kmのアラスカ鉄道。
かつて内陸部への物資輸送の大動脈として活躍しました。
もちろん今でも現役ですが、夏は副業?!して
多くの人を惹きつける観光列車へと早変わり。
 
ゆったりくつろぎながら
アラスカの雄大な景色を眺めることができる
夢の列車に大変身。
車窓からは針葉樹、黄葉樹、
紅葉の美しいコントラストや流れる氷河、峡谷、
運が良ければデナリ山(マッキンリー山)が望めることも。
 
アラスカの州旗は
濃い青空に黄色い北極星と北斗七星が目印。
州旗と同じ色の機関車が
彩り鮮やかなアラスカの大地に
更なる色を描きながら今日も走り抜けます。
 
アラスカツアー、アラスカ旅行
アラスカ鉄道(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
アラスカ鉄道車窓より(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くアラスカツアーでデナリ山の遊覧飛行へ!

北米大陸の最高峰
デナリ山(マッキンリー)。
 
雪と大気中の気温差が
山の周囲に雲を作りやすくしてしまい、
その姿を隠すなかなかの恥かしがり屋。
見ることが出来るかどうかは
天候に左右されるところですが、
ベストシーズンの8月下旬頃から
デナリは比較的晴天率も多くなり
デナリ山をご覧頂ける可能性も高まります。
 
そしてその雄姿を、その迫力を
もっと間近で見て感じて頂けるよう
ユーラシアで行くアラスカツアーでは
デナリ山(マッキンリー)遊覧飛行にもご案内。
眼前に迫る雪山を是非お楽しみ下さい。
天候次第では、氷河ランディングにも挑戦!
アラスカツアー、アラスカ旅行
デナリ山遊覧飛行にて(弊社添乗員撮影)
アラスカツアー、アラスカ旅行
氷河ランディングにもトライ!(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くアラスカツアーで氷河クルーズへ!

アラスカには大小あわせて
10万もの氷河があると言われており、
その総面積は
アラスカ全土の5%にもなります。
 
一口に氷河と言っても色々な種類があり
山の急斜面に張り付いている氷河や、
谷間に残っている氷河など様々です。
 
そんな氷河を観光するのであれば、
やはりお勧めは遊覧船に乗ってのクルーズ。
海域には多くの海鳥、シャチやクジラ、
ラッコなどの海洋哺乳類が生息しており
クルーズ中にその愛らしい?姿を
見る事が出来るかもしれません。
 
また、氷河時代の遺物である
数千万年もの彼方から流れる
巨大な氷河は目の前に迫ってくるよう。
時々雷のような音とともに
氷壁が崩れ落ち、
歴史ある氷が水に戻る瞬間に
出会える事だってあるのです。
クルーズ中は是非、寒くても
上着をいっぱい着込んでデッキに立ちましょう。
ダイナミックな景色と
素敵な出会いが待っています。
アラスカツアー、アラスカ旅行
氷河クルーズにて(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
ラッコにも遭遇!?(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
キーナイフィヨルド国立公園にて(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くアラスカツアーはデナリ国立公園もしっかり見学!

アラスカで最も人気のある観光地
「デナリ国立公園」。
先住民の言葉で
“偉大なるもの”という意味です。
国立公園は、日本の四国と山口県を足した位の面積で
とても大きいのですが、
その中にある道路は
公園入口から中央部のカンティシュナまでの
142kmの1本しかありません。
しかも一般車両は
公園入口から24kmより先には
入ることができないのです。
「人間は大自然にとって訪問者にすぎない」
という考えの下、
人間が沢山入り込むことによって
自然体系が崩れないよう
多くの規制が設定されているからです。
一般的なツアーでは
途中のトクラットリバー又は
ストーニーヒルで折り返しますが、
ユーラシア旅行社のアラスカツアーでは
デナリに2泊することにより終日観光し、
国立公園内のパークロードの終着点、
最奥のカンティシュナまで足を延ばします。
 
デナリ国立公園は標高約1000mにあり、
ちょうど森林限界をはさんでいる為
変化に富んだ自然、
真っ赤に紅葉したツンドラ大地に
黄金色に輝く白樺やアスペンなどがご覧頂けます。
また北米最高峰のデナリ山(マッキンレー)はじめ、
フォーレーカ山やハンター山などのアラスカ山脈、
長い冬を前に活動が活発になる
グリズリベアーやカリブ、ドールシープなど
野生動物に出会える可能性も高まる秋のデナリ国立公園。
思う存分、彼らの本来の姿を見せてくれることでしょう。
アラスカツアー、アラスカ旅行
グリズリーにも遭遇!(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
カリブー(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
ドールシープ(イメージ)

ユーラシア旅行で行くアラスカツアーはハイキングで自然を満喫!

ユーラシア旅行社で行くアラスカツアーでは
ホースシュー・レイクで森林ハイキングと
イグジット氷河ハイキングにご案内。
どちらも多少のアップダウンはありますが、
散策道が整備されている為、
歩き易く、景色を楽しみながら歩けます。
バスや列車、船だけでなく実際に自分の足で
アラスカの大自然を体感されませんか。
アラスカツアー、アラスカ旅行
イグジット氷河ハイキングにて(イメージ)

ユーラシア旅行社のアラスカツアーでオーロラ鑑賞にご案内!

極寒の真冬でなくてもオーロラが見られる?!

-20℃、-30℃なんて想像もつかない世界。

ですがそれが-1℃、-2℃であればどうでしょう。

オーロラが見られるのは冬だけではありません。

オーロラが頻繁に発生するという

オーロラベルト(北半球であれば北緯65~70度付近)。

これに近いフェアバンクスはアラスカの中でも

最もオーロラ出現率が高い場所としても知られており

1年間に240日以上オーロラ現象がおきているのだとか。

よって9月でも天候次第でオーロラを見る事が出来るのです。

この時期一番見られる可能性の高いのは午前2時頃。

耐久戦は覚悟の上ですが、ご安心下さい。

ユーラシア旅行社で行くオーロラツアーでは

オーロラ観測はフェアバンクス郊外のロッジにご案内。

寒い外で震えながらオーロラを待つのではなく、

温かい場所でくつろぎながらオーロラをお待ち頂けます。

そしてオーロラが出現したら誰かが起こしてくれます。

ユーラシア旅行社で行くアラスカの10日間のツアーでは

そんな出現率の高いフェアバンクスで2泊します。

是非、夜の天体ショーをお楽しみ下さい。

アラスカツアー、アラスカ旅行
フェアバンクスにて(イメージ)
アラスカツアー、アラスカ旅行
オーロラ鑑賞施設にて(イメージ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット