ユーラシア旅行社のベリーズツアーで評判のブルーホールへ!

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでブルーホールとマヤ遺跡を訪ねる!

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
ブルーホール(イメージ)
ベリーズツアー、ベリーズ旅行
アルトゥン・ハ遺跡(イメージ)
ベリーズツアー、ベリーズ旅行
マナティ(イメージ)

ユカタン半島の東部、カリブ海に面した中米ベリーズは

四国程の小さな国で、

もともとマヤ系先住民の住む地域であり、

一大栄華を誇ったマヤ文明の中心地でもありました。

 

17世紀よりこの地にはイギリス人が定着し、

1862年にイギリスの植民地となり、

新しい入植者達はアフリカから多くの黒人奴隷を連れてきました。

彼らは徐々に白人と混血して、

その子孫が現在のベリーズ人口の約半数を占めます。

 

イギリスの統治を経て独立した事もあり、

他の中米諸国がスペイン語を公用語としている中、

ベリーズでは唯一英語が公用語です。

人種、言語からみても、

カリブの国々に近いベリーズでは

近隣の中米の国々とは一味違った雰囲気を感じることでしょう。

 

内陸部のジャングルにひっそりと眠るマヤの遺跡や、

海岸線にはオーストラリアに次ぐ世界第二位の珊瑚礁・・・

多くの人々を魅了するベリーズ最大の魅力、

それは古代文明とカリブのリゾートが入り混じる、

そんな不思議な空間ではないでしょうか。

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーで自然や遺跡見学を満喫しませんか。


 

ユーラシア旅行社のベリーズツアーで評判のブルーホールを遊覧飛行!

世界遺産にも登録されている、

ベリーズのバリアリーフ保護区。

そこには400種類以上ものサンゴが生息しており、

オーストラリアに次いで、

世界で2位の規模と美しさを誇ります。

 

広大な保護区の中、

真っ青に澄み渡る大海原に突如現われた

青く光を放ったような大きな穴、ブルーホール。

近年、注目を浴び、その人気はうなぎ上りです。

 

以前ベリーズを訪れる日本人は

年間500人程でしたが、

ここ数年で2000人にまで膨れ上がったのは

ひとえにブルーホールの影響が大きいと言われています。

 

カリブ海の真ん中に、

まるで異次元への入り口かのように

大きな口をあけるブルーホール。

 

ユーラシア旅行社のベリーズツアーでは、

そんな神秘的な世界を遊覧飛行にて

上空からご覧頂きます。

実際にご自身の目でたっぷりご堪能下さい。


 

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
ブルーホールの遊覧飛行へご案内!
ベリーズツアー、ベリーズ旅行
ブルーホール(イメージ)

ユーラシア旅行社で行く!ベリーズツアーでマヤ遺跡を堪能!

優れた天文学や高度な数学の知識、

そして洗練された文字や彫刻の文化で

かつて文化的栄華を極めたマヤ文明。

 

とりわけマヤ遺跡で有名な国というと、

メキシコやグアテマラが挙げられますが、

実はベリーズの多くの都市は、

マヤ文化の中心地であったティカルなどと

道路網で結ばれており、

マヤの中でも

かなり重要な地域であったことが分かっています。

 

実際、ベリーズの密林には

20以上のマヤ遺跡が確認されているのです。

他の中米の国々に比べ、

遺跡の観光施設なども整っていなかったり、

整備が進んでいないところもありますが、

未開拓な部分が多いからこそ味わえる雰囲気や、

体感できる事があります。

 

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでは

マヤアーチが美しいカハル・ペッチ遺跡へご案内します。

また、一部のツアーでは、

アルトゥン・ハ遺跡やラマナイ遺跡、

カラコル遺跡にもご案内し、

古代マヤの世界へと誘います。
 

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
カハル・ペッチ遺跡(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでカハル・ペッチ遺跡にご案内!

カハルペッチ遺跡とは、

アカル川とモパン川の合流地点にあり、

かつて交通の要衝として栄えた商業都市です。
そこには紀元前1000年前には既に集落があったとされ、

遺跡内には天文台があり、

暦を管理した重要な場所でした。


そんなカハル・ペッチ遺跡の見所は

なんといっても美しいマヤアーチ。
出入り口や窓部分に持ち送り方式を用いた

三角形が特徴的なアーチが多様されています。

 

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーで

美しいアーチが残るマヤ遺跡を訪ねてみませんか。

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
カハル・ペッチ遺跡(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでアルトゥン・ハ遺跡へご案内!

国産のビールのラベルにも描かれている、
ベリーズを代表するマヤ時代の都市遺跡、

アルトゥン・ハ。


この遺跡は紀元前4世紀から、

他の都市との海上貿易で繁栄しました。

 

「岩場の沼」という意味を持つ

アルトゥン・ハ遺跡では、
ダムのような貯水システムが見られます。
また、遺跡内では大量の翡翠や黒曜石が出土し、
当時いかにこの都市が繁栄していたかが伺えます。
また、数年前に、
4.5kgもの翡翠製の太陽神の頭部が発見され、

一躍有名になりました。

 

ユーラシア旅行社で行く一部のベリーズツアーでは、
そんなアルトゥン・ハ遺跡にもご案内し、
広大な遺跡をしっかりとご覧頂きます。

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
アルトゥン・ハ遺跡(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでカラコル遺跡にご案内!

スペイン語でカタツムリの意味を持つカラコル遺跡。

メキシコのマヤの都市国家であるカラクムルと同盟を結び、

当時最も繁栄していたティカルに勝利したことがある程の

力を有していました。

 

遺跡内のステラ(石碑)や球戯場には、

他のマヤ遺跡と同様に緻密な彫刻が施され、

見学者の足を止めます。

特に、高さ42mのカーナ神殿は、

ベリーズ内のマヤ遺跡の中で

最も高い建造物として有名です。

 

ユーラシア旅行社の一部のベリーズツアーで

歴史的にも重要な都市であった

カラコル遺跡にご案内します。

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
カラコル遺跡(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでラマナイ遺跡にもご案内!

ベリーズで最も大きな規模を誇るラマナイ遺跡。

「沈められたワニ」という意味を持つこの遺跡では、

ワニの仮面を付けて生贄にされた

子供の骨が発掘されています。

 

ユーラシア旅行社のベリーズツアーでは

巨大な石の人面像で有名なマスク寺院へもご案内します。

 

ジャングルの中に突如として現れる遺跡と

自然の融合を存分にご堪能下さい。

 

 

ユーラシア旅行社で行く!ベリーズツアーでマナティの生息ポイントにも訪問!

体長3~4m、体重300~50kg程で、

海の牛と言われるマナティは

間近で見るとかなりの迫力に圧倒されます。

しかしながら、よくよく見ると

ころころした体に愛嬌たっぷりなつぶらな瞳に加えて

優しく穏やかな性格の為、

水族館ではどこでも人気者なのです。

 

浅い海や川に暮らすマナティには、

自然界に天敵はいないものの、

私達人間による水質汚染や

過去の乱獲によりその数は激減しており、

現在では絶滅危惧種に指定されています。

 

そんな希少なマナティですが、

世界遺産に登録されている、

ベリーズ・バリアリーフの島々の付近に生息しています。

 

ユーラシア旅行社の一部のベリーズツアーでは

モーターボートにお乗り頂いて

世界遺産のベリーズ・バリアリーフ保護区の島々を巡り、

運が良ければ

その愛くるしい姿を間近でご覧頂ける可能性がございます。

 


 

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
マナティ(イメージ)
ベリーズツアー、ベリーズ旅行
ベリーズに浮かぶ小島に上陸!

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでは都市観光も充実!

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでベリーズシティにご案内!

国民の25%の人々が住み、

ベルモパンに遷されるまでは

首都だったベリーズ・シティ。

 

こじんまりとした規模ながらも

イギリス統治時代の面影を残した

建築物がご覧頂けます。

 

また、ベリーズ・シティには

アフリカから来た黒人との

混血の人々が多く住んでいます。

街では色とりどりの洋服に身を包んだ

陽気な人々とカリブ海ならではの

眩しい太陽がお楽しみ頂けるでしょう。

 

ユーラシア旅行社のベリーズツアーでは

イギリス人建築家によって建てられた総督官邸、

イギリス本国から

持ち寄られたレンガを使用した、

セント・ジョンズ・カテドラルへご案内します。

 

 

ベリーズツアー、ベリーズ旅行
セント・ジョンズ・カテドラル(イメージ)

ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでベルモパンへご案内!

ベリーズ・シティから1971年に

遷された人工的な首都、ベルモパン。


ユーラシア旅行社で行くベリーズツアーでは、

国会議事堂や街の中心である広場を訪れ、

急激な進歩を遂げている町の雰囲気もお楽しみ頂きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。