ユーラシア旅行社で行くダナキル砂漠、エルタ・アレ火山ツアーで大自然を体感!

世界一過酷な地と称されるダナキル砂漠には地球とは思えない驚きの絶景が広がっています!

ダナキルツアー、ダナキル旅行
2016年11月溶岩湖(火口)変形後撮影
ダナキル砂漠ツアー、ダナキル砂漠旅行
ダロール地区(イメージ)
ダナキル砂漠ツアー、ダナキル砂漠旅行
アサレ湖(イメージ)

ダナキル砂漠ツアーの魅力

エルタアレ火山・溶岩流(2016年11月撮影)

エチオピア北東部、エリトリア、ジブチにまたがる巨大なダナキル砂漠。アフリカの大地溝帯の内部に位置し、海抜マイナス約116メートル。世界屈指の低地でもあり、「地球上で最も過酷な土地」とも言われています。

 

ユーラシア旅行社のダナキル砂漠ツアーは酷暑を避けた冬のベストシーズンにご案内します。

 

砂漠とは言いますが、ダナキルは砂地だけではなく、地球が創り出した様々な奇景に出会うことができます。

ダナキル砂漠ツアーでダロール火山へ(ダロール地区)

極鮮色の絶景!ダロール火山にて
極鮮色の絶景!ダロール火山にて

ダナキル砂漠の大きな見所であるダロール火山(ダロール地区・ダロール地溝帯)には極彩色の絶景が待っています。

 

塩分や硫黄、カリウムなどを含む温泉が、地表に噴出し、黄色や緑など鮮やかな結晶となり、不思議な奇岩群や間欠泉を形成します。また、間欠泉の中で結晶化した塩化カリウムが酷暑と長年の年月で干し上がり形成されたのがソルト・マッシュルーム。「ダナキルの花々」と表現されるカラフルな光景は忘れられない絶景です。

ダナキル砂漠ツアーで塩の奇岩群に出会う(ダロール地区)

ダロール地区に点在する塩の奇岩群も見どころの一つです。

 

次々に現れる巨大な岩塊。これは塩でできた奇岩群で、高いものは約50メートルにも及びます。長い年月をかけて厚い塩の層が隆起と風化を繰り返し、このような奇岩を形成したと言われています。

 

ダナキル砂漠ツアーでは塩の奇岩群も見学します。

ダナキル旅行,ダナキルツアー
様々な形でそびえ立つ塩の奇岩群

ダナキル砂漠ツアーで硫黄泉も見学(ダロール地区)

ダナキル旅行,ダナキルツアー
直径およそ50メートルにも及ぶ硫黄泉

ダロール地区にある巨大な泉、その名も現地の言葉でファカレアレアと呼ばれる硫黄泉。この硫黄泉はマグネシウムや硫黄を含んだ水が地下から湧き出て出来た泉です。触ると生温かく、油のようにヌルっとしていて日本の温泉とは全くの別物。ダロール地区にはこのような硫黄泉がいくつも点在しています。

ダナキル砂漠ツアーでエルタ・アレ火山へ

太古に始まった火山活動が今も続き、激しく溶岩を吹き上げるエルタアレ火山。標高約613メートルの頂上までトレッキングで火山を登った後は、闇夜の下、滔々と流れる真っ赤な溶岩流を見学。

 

ダナキル砂漠ツアーでは、到着後の夜に加えて、日の出前の2度、溶岩を見学します。グツグツと燃え上がるマグマに地球の息吹を感じることでしょう。

 

トレッキングの所要時間はおよそ3時間半~4時間。寝具の荷揚げは全てラクダが運びます。お水やカメラなど必要最低限の身軽な荷物で登って頂きます。

ダナキルツアー、ダナキル旅行
2016年11月溶岩湖(火口)変形後撮影

ダナキル砂漠ツアーでアサレ湖へ

ダナキルツアー,ダナキル旅行
塩の大地、真っ白なアサレ湖

ダナキル砂漠にある塩のアサレ湖。ここにはエチオピア最大の塩の採掘場があります。

 

また、この地域にはアファール族というイスラム教徒の遊牧民が住み、この白い大地からキャラバンで巨大な塩塊を都市へ運び出します。

 

ダナキル砂漠ツアーでは、アファール族の塩の採掘場も見学します。

ダナキル砂漠ツアーでは塩のキャラバンに出会えるチャンスあり

ダナキル砂漠を走っていると、しばしば塩を運ぶラクダのキャラバンを見かけます。昔、この地域では、アサレ湖で採れたこの塩が通貨として使われていた程、アファール族にとっては重要な資源でした。それは今も変わらず、ラクダ1頭約250キログラムもの塩の塊を積み上げ、アファール族の人々は、酷暑の夏を避けた11月から3月頃、約1週間かけて約175キロ離れたティグレ州のメケレまで遥かなる道のりを歩きます。

 

1週間の道のりを歩く彼らと約束をしている訳ではないですが、通常、涼しい早朝、ご宿泊地であるキャンプ場の横を塩のキャラバンが通りますので、少し早起きしてキャラバンを見つけにいきましょう。

ユーラシア旅行社で行くダナキル砂漠ツアーで出逢ったラクダのキャラバン
ラクダのキャラバン

ダナキル砂漠ツアーでアフデラ塩湖へ

ダナキルツアー,ダナキル旅行
アブデラ塩湖から汲み取って造られた塩田

ダナキル砂漠のあるアファール盆地の南部に位置するアフデラ塩湖。面積約100平方キロメートル、海抜マイナス102メートルのこの湖はその名の通り、濃度が高い塩湖です。アフデラ湖からアフデラの村にある蒸発池へ塩水が汲み上げられ、ここで塩が作られます。

 

ダナキル砂漠ツアーではアフデラ湖の塩田も見学します。

ダナキル砂漠ツアーではテント泊の際お1人様おひとつご用意します

アフメッド・エラ及びアフデラ湖では、宿泊設備が無い為、テントにご宿泊頂きます。不便な場所ではありますが、少しでも快適にお過ごし頂けるよう、お二人参加の場合でも、ユーラシア旅行社ではお1人様にひとつ、専用のテントをご用意します。設営も全てフレンドリーなスタッフが全て行いますので、ご心配無用!

 

また気温が高い場所ではありますが就寝の際には25度程度に下がる為、寝袋が必須。ダナキル砂漠ツアーでは寝袋の貸し出しも致します。(※有料のサービスです。)

エチオピア旅行,エチオピアツアー
テントはお一人様一張りご用意!(イメージ)

ダナキル砂漠ツアーでは四輪駆動車は窓際をお約束!1台につき3名様限定

舗装道がまだまだ少ないダナキル砂漠。移動は基本的に四輪駆動(4WD)に分乗します。揺れるからこそ、ゆったりとお掛け頂けるよう、ユーラシア旅行社では1台3名に限定し、全員のお客様に窓際から景色をお楽しみ頂きます。

 

※車や道のトラブル等によって、一時的に3名様以上でご乗車頂くこともございます。トラブルの際はご協力をお願い致します。

エチオピア旅行,エチオピアツアー
四輪駆動は窓際確約!スーツケースは基本的に車内の後部に詰め込みます

ダナキル砂漠ツアーではテントのご宿泊時、簡易のお手洗いテントを設営致します

エチオピア旅行,エチオピアツアー
簡易お手洗いのテント(一例)

宿泊施設もなければ、もちろんお手洗いの施設もないダナキル砂漠。ご参加頂いたお客様の声を反映しユーラシア旅行社では簡易のお手洗いテントを設営します。これで、真っ暗の中、離れて歩き回る必要もありません。

 

※アハメッド・エラ泊、アフデラ湖泊のみ

エチオピア・ダナキル砂漠Q&A

Q:トレッキング時中の服装は?
A:夕食後、日が落ち始め暗い中歩いて頂きます。
気温は平均30~35℃と暑いのですが、足元が溶岩地形で足元がごつごつしておりますので、
トレッキングシューズ、軍手、ヘッドライト、リュック、吸湿速乾性に優れた長袖、
長ズボンを着用の上、トレッキングに臨みましょう。
 
Q:訪れる場所は暑いの?
A:ダナキル砂漠は、朝晩でも25~30℃、
日中の最高気温は40℃近くまで上がり暑くなることが多い為、
日差し除け、水分の補給をしっかりして頂くことをお勧め致します。
 
Q:虫はいる?
A:気温が高い場合は蚊やハエ等が多少発生することもありますが、
ダニに関しましては、近年大分インフラも整ってきておりますので、
以前のような心配は殆どございません。
 
Q:泊まる所はどんな感じ?
A:メケレのホテルはシティホテルとなり快適に過ごせることと思います。
ダナキル砂漠に関しましては、テント泊と野天泊となり、寝袋を利用して頂きますが、
テント泊に置きましては、簡易トイレや簡易シャワーの設置も致しますので、安心してお過ごし頂けます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット