ドロミテハイキングの魅力~イタリアンアルプスの雄ドロミテを歩く~

荒々しいドロミテ山塊を望みながらハイキングを楽しみます

トレチメ・ディ・ラヴァレード1周ハイキングにて
トレチメ・ディ・ラヴァレード1周ハイキングにて
ガイスラーアルムの麓を歩く
ガイスラーアルムの麓を歩く
7月はアルペンローゼのお花の季節
7月はアルペンローゼのお花の季節
ドロミテのハイキングシーズンは7月上旬から本格的に
はじまります。7月上旬は高山植物の見頃でアルペンローゼ
やさくら草、りんどうやキンバイソウなど色鮮やかな草花が
迎えてくれることでしょう。一面の花畑の中を現地のハイキング
ガイドとともにご案内します。
 

ドロミテの真珠、コルティナダンペッツォ周辺を歩く

トレチメ・ディ・ラヴァレード一周ハイキング

トレチメの姿は麓から見上げても美しいですが、ぐるっと
周囲を一周するハイキングルートを歩けば、より荒々しい
“裏側”を見られたり、また一味違った表情をお楽しみい
ただけます。7月上旬は高山植物の花が見頃を迎えます。
 
ファルチェッラー・ラヴァレードの高台より
ファルチェッラー・ラヴァレードの高台より

チンクエ・トッリを歩く

荒々しい岩石の塊でありながら、リズミカルな全体の姿
が人気のチンクエ・トッリ。多くのロッククライマーが
岩石にアタックしている姿を間近で見ることができます。
可憐な高山植物が私たちを迎えてくれます。
ロック・クライミングの聖地チンクエ・トッリ
ロック・クライミングの聖地チンクエ・トッリ

コルティナダンペッツォだけじゃない西側ドロミテを歩く

サッソルンゴ直下を歩く

ドロミテの東の横綱がトレ・チメ・ラヴァレードであれば、
西の横綱はサッソルンゴはしばしば「鋭鋒」や「怪峰」と
呼ばれています。圧倒的な大きさと迫力で覆いかぶさるよ
な姿に納得するでしょう。サッソルンゴ直下を歩きセッラ
峠を目指すハイキングは変化に富み楽しい場所。途中、眺
望の良いコミンチ小屋での休憩はハイライト。青い屋根の
素敵な山小屋が建ち、イタリアらしいおいしい食事やワイ
ン、カフェを楽しむことができます。天気が良ければ草原
にレジャーシートを敷いて草原で寝っ転がりながら周辺の
山々の眺望を堪能するのが一番のお薦め!歩いてきた者だ
けが味わえる極上の眺望です。
サッソルンゴ直下ハイキング
サッソルンゴ直下ハイキング
コミンチ小屋で休憩
コミンチ小屋で休憩

ガイスラーアルム山塊の麓を歩く

「ドロミテ山塊」というと、コルティナ・ダンペッツォを
中心とした東側の地域に焦点が当てられがちですが、ドロ
ミテの西側の奥座敷、ガルティーナ谷にあるガイスラーア
ルムの岩峰も忘れてはいけません。
 ガルティーナ谷にあるオルテセイのケーブルカーに乗り
ラショッツへ。ここからアップダウンを繰り返し、標高2,119m
のブログレス峠へ。ここからはガイスラーアルム山群が美しく
連なる姿を拝めます。景色を堪能したらとんがり屋根と山々が
象徴的なフネスの谷へ向かいます。
途中の山小屋にて
途中の山小屋にて
ガイスラーアルムにて
ガイスラーアルムにて

ユーラシア旅行社で行くドロミテハイキングのポイント

●トレ・チメ・ディ・ラヴァレード一周のハイキングを楽しみます。
●連泊重視の日程。ゆとりの行程。
●ハイキングにはハイキングガイドが同行するので安心です。
●西側ドロミテのハイキングも充実。迫力満載のサッソルンゴ直下
 のハイキングやガイスラーアルムのハイキングも楽しめます。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット