旅フォーラム&コンサート『「音楽のある旅」に出よう! 東欧・中欧音楽散歩』

※NEW※第二部開始時間、説明会開催時間が変更になりました(お申込み済みのお客様には招待状でも追ってお知らせいたします)【4/12開催】プラハの春音楽祭、5年に一度のショパンコンクール、音楽を切り口に東欧中欧の旅の魅力をご紹介。

チェコツアー
プラハの春音楽祭にて
ポーランドツアー、ポーランド旅行
ショパンコンクールのステージ
ウクライナツアー,ウクライナ旅行
映画『クレヴァニ、愛のトンネル』
音楽は旅の感動に深みを与えてくれます。
旋律の一節を耳にすれば、
これから訪れたい憧れの風景や、
かつて旅行先で眺めた景色が鮮やかに想い起こされます。
その音楽が世界一流の音楽家による大きな祭典であれば、
旅の思い出も一際貴重なものとなることでしょう。
この度、チェコの国民的祭典「プラハの春音楽祭」、
ポーランド・ワルシャワで5年に一度行われる
「フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール」など、
「音楽」を切り口に東欧・中欧各国の魅力をお伝えする
旅行説明会&ミニコンサートを
開催させて頂くこととなりました。
 
音楽以外にも、講演・対談・説明会など
盛りだくさんのプログラムで
皆様のご来場をお待ちしております。
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。
 
先着700名様無料ご招待
チェコツアー、チェコ旅行
市民会館/プラハ

『「音楽のある旅」に出よう! 東欧・中欧音楽散歩』

日時:2015年4月12日(日) 開場:9:30

第一部 10:00~13:00
“プラハの春音楽祭、百塔の街プラハに響く春の歓び~チェコ、スロヴァキア、ハンガリー~”
第二部 14:40~18:30
“ショパン、祖国とピアノへの愛~ポーランド、スロヴェニア、クロアチア、ウクライナ~”
 

会場:ニッショーホール(日本消防会館)

(東京メトロ 虎ノ門駅徒歩5分、神谷町駅徒歩10分)

 

 

第一部 10:00~13:00

“プラハの春音楽祭、百塔の街プラハに響く春の歓び~チェコ、スロヴァキア、ハンガリー~”

【講演】薩摩秀登氏(明治大学教授、チェコスロヴァキア史専門)による講演。
【対談】沖中繁男氏(チェコ政府観光局日本代表)、
    勝田基嗣氏(ハンガリー政府観光局日本代表)による対談。
    錚々たる作曲家を輩出した両国の魅力のご案内。
【コンサート】弦楽四重奏団「クァルテット・セレシア」による演奏。
 

出演者プロフィール

■薩摩秀登(さつまひでと、明治大学教授)氏

1959年、東京生まれ。

社会学博士。

明治大学教授。

元東欧史研究会委員長。

専門はチェコスロヴァキア史。

著書に

『物語 チェコの歴史 森と高原と古城の国』(中公新書)、

『図説 チェコとスロヴァキア』(河出書房新社)、

編著書に

『チェコとスロヴァキアを知るための56章』(明石書店)

など。

チェコツアー、チェコ旅行
薩摩秀登氏

■クァルテット・セレシア

ヴァイオリン前田奈緒氏、

ヴァイオリン福崎雄也氏、

ヴィオラ高橋梓氏、

チェロ福崎茉莉子氏

により2010年結成。

サントリーホール室内楽アカデミーで

研鑚を積む。

2014年は

府中市中央図書館主催「アフタヌーンコンサート」、

野口英世記念ばんだい高原国際音楽祭などで演奏し、

好評を博す。

芸術ツアー、芸術旅行
クァルテット・セレシア

第二部14:40~18:30

“ショパン、祖国とピアノへの愛~ポーランド、スロヴェニア、クロアチア、ウクライナ~”

NEW!!【コンサート】映画「クレヴァニ、愛のトンネル」主題歌歌手、髙本りなさんによる歌唱・演奏。
【対談】映画「クレヴァニ、愛のトンネル」の今関あきよし監督と主演未来穂香さんによる対談
【コンサート】ウクライナ民族楽器バンドゥーラ奏者カテリーナ氏による演奏。
【対談】エドワード・トゥリプコヴィッチ・片山氏(クロアチア政府観光局日本支局長)、
    クラケル・チャイ・ティナ氏(スロヴェニア政府観光局日本代表)の対談。
    2ヵ国の魅力はもちろん、今日の音楽事情などもご案内。
【コンサート】ピアニスト草野由美子氏による
    ショパン名曲演奏とワルシャワ活動時代のお話。
 

出演者プロフィール

■今関あきよし監督

1959年11月19日生まれ。
東京都出身。
学生時代から8ミリの自主映画を製作し、
「ORANGING'79」(79)で
ぴあフィルムフェスティバルの前身となる
オフシアター・フィルムフェスティバルに入選する。
83年、「アイコ十六歳」で商業監督デビューを果たす。
その後、少女アイドルをモチーフとした
多くの映画・テレビドラマを手掛ける。
03年、自らの出資をもとにベラルーシ共和国に渡り、
「カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~」(11)を準備、
撮影開始する。
その続編的アートアニメ
「SACRIFICE ~水の中のカリーナ~」(12)で
初めてアニメを演出。
他にアレックス・コックス監督による
黒澤明監督のドキュメンタリーの撮影担当、
黒澤監督「夢 ~Dream's」(90)の
メイキング映像スタッフとして参加するなど、
監督演出以外でも幅広く活躍している。
ウクライナツアー,ウクライナ旅行
今関あきよし監督

■女優未来穂香(みき ほのか)さん

1997年3月7日生まれ。千葉県出身。
テレビドラマ「夢の見つけ方教えたる2」(08)で女優デビュー。
以降、映画『NECK ネック』(10)、
『江の島プリズム』(13)、
テレビドラマ、「仮面ライダーオーズ/OOO」(10)、
「鈴木先生」(11)、
「幽かな彼女」(13)などの作品に出演する。
『マリア様がみてる』(10)、
『高速ばぁば』(12)。
『放課後ロスト』
『思春期ごっこ』(14)では主演を果たし、
「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」(13)、
「イタズラなKiss2〜Love in TOKYO」(14)の
ヒロインとして国際的にも人気ブレイク。
ウクライナツアー,ウクライナ旅行
主演の未来穂香さん

■バンドゥーラ奏者Kateryna(カテリーナ) 氏

ウクライナ・プリピャーチ生まれ。
幼少期より故郷の民族楽器であるバンドゥーラに触れ、
演奏法・歌唱法の手ほどきを受ける。
族音楽団「チェルボナカリーナ」で活動する中で、
10歳の時に日本公演のため初来日した。
16 歳からウクライナ・レフゥツキー音楽専門学校で声楽、
バンドゥーラの演奏技術、
音楽理論を本格的に学んだ後、
2008年、音楽活動の拠点を東京に移すため再来日。
現在は日本で活動する数少ないバンドゥリストの一人として、
また、ウクライナ民謡・日本歌曲・
クラシック・ポップのヴォーカリストとして、
国内ツアーの開催やライブハウスでのパフォーマンスなど、
精力的な活動を行っている。
 
 
 
バンドゥーラ奏者カテリーナ氏
バンドゥーラ奏者カテリーナ氏

■髙本りなさん

『クレヴァニ 愛のトンネル』エンディング曲ヴォーカル。

幼少よりピアノを始め、

高松第一高等学校音楽科ピアノ専攻を卒業。

早稲田大学中退後音楽活動を開始し、

自身の作詞作曲による弾き語りライブや

アーティストのサポートの他、

オペラ伴奏や室内楽等クラシックの分野においても

幅広く活動を行っている。

ウクライナツアー、ウクライナ旅行
髙本りなさん

■ピアニスト草野由美子(くさの ゆみこ)氏

国立音楽大学附属中学校、附属高等学校音楽科を経て、

国立音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。

国内でのコンサート活動後、

ポーランド政府給費留学生として
1989年ポーランド国立ショパン音楽アカデミー
(現ショパン音楽大学)に留学、研究課程を修了。
1990年日本文化芸術週間におけるコンサート出演など
ワルシャワを中心に演奏活動を行い、1991年帰国。
特にシマノフスキの演奏に対して高い評価を得る。
1998年、2001年に東京でソロリサイタルを開催、
その他室内楽サロンコンサート、
国立音楽大学同調会コンサート出演、
2007年、2008年とポーランド大使館での演奏、
旅行イベント(ポーランド政府観光局等)での演奏、
小学校や保健所主催のボランティアコンサート等、
東京・千葉を中心に活発なコンサート活動を行う。
2002年から2004年まで2年間、
東京外国語大学外国語学部ポーランド学科の研究生として、
ポーランド文化研究室(関口時正教授)において
ポーランドの作曲家、シマノフスキの研究に取り組む。
今野信子、故宅孝二、故細川哲郎、
ショパン音楽アカデミー元学長カジミェシュ・ギェルジョド、
ラミロ・サンジネス、マリア・ストイェク各氏に師事。
 
2015年は、9月13日にソプラノとジョイントコンサート、
9月27日に写真・版画展とのコラボとして、
画廊でコンサートの予定。
 
ポーランドツアー、ポーランド旅行
ピアニスト草野由美子氏

同時開催! 東欧・中欧大説明会

現地に精通した弊社添乗員が
映像を交えて最新事情・現地事情をご案内。
(第一部・第二部にお申込みのお客様は
 ご自由にご覧頂けます。)
 
■10:20~10:50 
 カムチャツカ・シベリア 
 
■11:10~11:50 
 ロシア、夏の祭典・白夜祭 
 
■12:10~12:50 
 ベラルーシ・ウクライナ・モルドバ
 
■13:20~14:10
 ザルツブルク音楽祭・東欧夏の音楽祭
 
■14:30~15:10 
 コーカサス三国
 ~ジョージア・アゼルバイジャン・アルメニア~
 
■15:20~16:00
 ポーランド、ショパンコンクール
 
■16:10~16:50 
 バルト三国
 ~エストニア・ラトヴィア・リトアニア~
 
■17:10~18:00 
 旧ユーゴスラヴィア諸国(バルカン諸国)

~プラハの春音楽祭~

プラハの春音楽祭は1946年、

スメタナの命日の前夜、

チェコフィルの創立50周年記念公演として

ドヴォルザークの交響曲が演奏されたのがその幕開けです。

以来、オープニングコンサートにスメタナ「我が祖国」、

クロージングコンサートにドヴォルザークの交響曲が演奏されるのが慣例です。

 

今日でもチェコの国民的音楽祭であり、

5月12日からの3週間は

音楽の街プラハが最も活気付く季節です。

 

ユーラシア旅行社で行く

プラハの春音楽祭鑑賞を含むチェコツアーでは

5月13日のオープニングコンサート、

又は

6月3日のクロージングコンサート

を日程に組み込みました。

2015年プラハの春音楽祭のプログラム

(1)現地5月13日〈水〉

オープニングコンサート

プラハの春音楽祭のオープニング・コンサートでは、

第2曲の「ヴルタヴァ(モルダウ)」が有名な

交響詩「我が祖国」の演奏が慣例です。

祖国に対するスメタナの愛情を感じる傑作を

ぜひ現地でお聞き下さい。

指揮:トーマス・ヘンゲルブロック

演目:スメタナ「我が祖国」

演奏:北ドイツ放送交響楽団

会場:市民会館(スメタナホール)

 

(2)現地6月3日〈水〉

クロージング・コンサート  

3週間に渡る音楽祭を華やかに締めくくるフィナーレ・コンサート

指揮:ヴァシリー・ペトレンコ

ピアノ:ポール・ルイス

演目:ドヴォルザーク「交響曲第7番ニ短調作品70」

       ブラームス「ピアノ協奏曲第1番ニ短調作品15」

演奏:ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団

会場:市民会館(スメタナホール)

ベドジフ・スメタナ

(1824年3月2日~1884年5月12日)

チェコ東部のリトミシルでビール醸造を生業とする家庭に生まれ、

音楽を学ぶためにプラハへ移りました。

作曲家フランツ・リストなどの支援を受けるも

聴力を失うという悲劇に見舞われました。

しかしその後も作曲活動を続け、

チェコの民族性を表現する楽曲を作った最初の作曲家とされます。

代表曲は唱歌「モルダウ」で有名な連作交響詩「我が祖国」。

後輩のドヴォルザークに多大な影響を与え、

没後プラハのヴィシェフラド墓地に葬られました。

チェコツアー、チェコ旅行
ベドジフ・スメタナ

アントニン・ドヴォルザーク

(1841年9月8日~1904年5月1日)

プラハ近郊のネラホゼヴェスの肉屋の家庭に生まれ

やがてプラハのオルガン学校に入学しました。

ブラームスに才能を見出され、

「スラブ舞曲集」などで有名になりました。

後日アメリカに渡りその後チェコに帰国。

チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、

現代でも人気の高い音楽家の一人です。

スメタナと同じくプラハのヴィシェフラド墓地に埋葬されています。

チェコツアー、チェコ旅行
アントニン・ドヴォルザーク

~ショパンコンクール~

ショパンの故郷、ワルシャワで5年に一度開催されるコンクール。

ピアニストにとって最大の登竜門であり、

世界で最も権威あるコンクールの一つです。

ショパンの命日(10/17)の前後数週間の日程を通して

課題曲は全てショパン作品のみ。

コンクールの本審査は、

第一次予選、第二次予選、第三次予選、

ファイナル(最終予選)の4段階で構成され、

公開形式で行われるため世界中からの

ショパンファンで賑わいます。

ユーラシア旅行社で行く、

ショパンコンクール鑑賞を含むポーランドツアーでは

ファイナル(最終予選)、

又は

入賞者コンサートを

日程に組み込みました。

 

 

フレデリック・ショパン

(1810年3月1日~1849年10月17日)
ワルシャワ郊外のジェラゾバ・ボーラで
フランス人の父、ポーランド人の母の間に生まれました。
7歳でポロネーズを作曲し、才能を開花させます。
20歳で活動の場をウィーン、その後パリへと移します。
友人であったフランツ・リストの紹介で
フランス人女性作家のジョルジュ・サンドと交際。
サンドと破局し、結核に犯され、パリで永眠。
20歳でワルシャワを発って以降、
切望した帰郷を果たせないまま、
39年の短い人生を終えました。
彼の心臓はワルシャワの
聖十字架教会の柱の一つに埋め込まれています。
ショパンコンクールツアー、ショパンコンクール旅行
フレデリック・ショパン

ユーラシア旅行社のツアーで観るプラハの春音楽祭、ショパンコンクールの魅力

1 人気が高く入手困難なチケットも、予め確保しております。

 旅行は決めたもののチケットが入手できないという心配はありません。

2 演奏会、送迎ともに、旅行日程・旅行代金に含めてご案内。

 追加料金や送迎費用はかかりません。添乗員と送迎車で会場へご案内致します。

チェコツアー、チェコ旅行
プラハの春音楽祭、会場ロビーの様子(弊社添乗員撮影、イメージ)
チェコツアー、チェコ旅行
プラハの春音楽祭のチケット(イメージ)
ポーランドツアー、ポーランド旅行
ショパンコンクール会場のロビー(弊社添乗員撮影、イメージ)

※コンサートのチケットは、できるだけ同ランクのものをご用意するようにしておりますが、

やむを得ずランクにばらつきが生じる場合もございます。

その際には、旅行中に抽選をさせて頂きます。

予めご了承ください。

※上記演目はいずれも12/1現在発表されている内容です。

プログラムや出演者は主催者側の都合で急遽変更となる場合がございます。

世界160カ国を取り扱うユーラシア旅行社とは・・・

世界的に知名度の高い音楽祭のチケット確保を

個人で行うのは非常に大変です。

長年の手配経験がある弊社にお任せ下さい。

 

世界160カ国を取り扱うユーラシア旅行社は、

約1万社ある旅行業界で、

上場している4社のうちの1社であり、

観光第一主義で

地域ごとの魅力を深く掘り下げる旅を企画しています。

 

貴重な観光時間を奪う

免税店やおみやげ屋への訪問を強制する旅行会社が多い中、

弊社は創業以来、

そうした旅行のあり方を否定してきました。

またイヤホンサービスや添乗員の旅日記など、

今業界のスタンダードとなりつつあるサービスも、

他に先駆けて実施していきました。

日程は効率的で訪問地の詳しい案内も聞け、

気の合う旅仲間にも出会えることでしょう。

 

これからも新しいツアーやサービスを開拓し、

皆様にご満足頂けるような旅作りを続けて行きます。

ユーラシア旅行社
経験豊富なスタッフがご案内します

海外旅行情報誌「ユーラシア」を無料で2年間お届けします。

東京大学名誉教授・樺山紘一氏をはじめ

一流執筆陣の書き下ろしや

旅の最新情報を満載した月刊誌です。

世界160ヵ国、各方面のパンフレット等も

お送りさせて頂きますので、是非ご請求下さい。

 

◆ご希望の方はこちらのフォームよりお申し込み下さい◆

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット