ヨーロッパ旅フォーラム~歴史に名を残した日本人とヨーロッパ~

2017年2月12日(日)ヨーロッパと日本を結んだ偉人の足跡とともにヨーロッパの美しい街々を紹介します

スコットランドのアーカート城
アーカート城(スコットランド)
ユーラシア旅行社、バルト三国ツアーで行く、リトアニアのカウナス、旧日本領事館(杉原千畝博物館)
カウナスの旧日本領事館
イメージアイリッシュダンス
アイリッシュダンス(イメージ)

<<このイベントは終了いたしました>>

 

ヨーロッパと日本

ユーラシア大陸の両側に位置する私たちの邂逅から約500年。

海を渡り、大陸を渡りかの地へ出かけた日本人は数多くいましたが

その中で、綺羅星のようにヨーロッパにその名を刻んだ日本人がいました。

また、ヨーロッパで遊学し、帰国後日本で人生の花を咲かせた日本人たちも。

 

そんなヨーロッパと関わりの深い日本人の目線で見たとき、

ヨーロッパの国々はまた新しい魅力を放つことでしょう。

ヨーロッパ旅フォーラム~歴史に名を残した日本人とヨーロッパ~

日時:2017年2月12日(日)

時間:13:00~16:00(※午前中は各国ツアー説明会も開催します)

場所:日本橋公会堂

   東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅徒歩2分

定員:300名

参加無料・事前予約制(お申込みはこちらから

第一部:講演「杉原千畝 命のビザ」

講師:杉原美智氏(杉原千畝氏長男夫人)

 

第二次大戦下、ナチスの迫害から逃れ、シベリアを超えて日本からアメリカを目指した多くのユダヤ人難民。

すでにナチスの手に落ちたポーランドを脱出し、隣国リトアニアの首都(当時)カウナスの日本領事館を頼りました。

同盟国ドイツとの関係を重視する本国の指示に逆らい、独断で日本通過ビザを発給した杉原千畝氏。

一人の日本人の英断を、改めて今振り返ります。

 

併せて、リトアニア等、現在のバルト三国や隣国ポーランドの様子を弊社添乗員がご紹介いたします。

バルト三国ツアー, バルト三国旅行
実際に杉原千畝により発行された通過査証

杉原美智氏プロフィール

岩手県生まれ。
杉原千畝氏の長男弘樹氏の夫人として、長年、千畝夫人幸子(ゆきこ)氏の講演活動や海外での行事に同行、サポートをする。
現在はNPO法人「杉原千畝 命のビザ」顧問、杉原千畝の偉業を次の世代に伝えるためテレビ・ラジオ出演を始めとし、講演会で活躍中。講演は日本全国を回り30回を数える。謙慎(けんしん)書道会理事、読売(よみうり)書法会評議員。
杉原美智氏
杉原美智氏

第二部:生誕150周年 夏目漱石の心を癒したスコットランドの風景

1900年~1902年の末まで、英語教育法の研究のため、夏目漱石はロンドンで留学生活を送っていました。

わずかな官給の学費に生活は困窮し、心を病んだ漱石を、美しきスコットランドの風景が癒したといいます。

 

ウィスキーの醸造所もある保養地ピトロッホリーに別荘を持つ友人ジャン・ヘンリー・ディクソンに誘われて、スコットランドを訪れた漱石。

私たち日本人の心をとらえる素朴な風景から、話題の絶景まで奥深い魅力を、弊社添乗員がご紹介します。

 

スコットランド特集はこちら

ダンダラックホテル
ジョン・ヘンリー・ディクソンの別荘を利用したホテル「ダンダラック」
スタッファ島
スタッファ島
アイリーン・ドナン城
アイリーン・ドナン城
スカイ島ポートリー
スカイ島、ポートリー

第三部:アイリッシュダンスショー(タカ・ハヤシ)

英国と異なる文化を持ちながら、長く英国領下にあったアイルランド。

文化統合のため剥奪された自分たちの文化・アイデンティティを密かに継承するために生まれたのが、アイリッシュ・ダンスでした。

一人で演じたり複数人で演じたり、様々な型はありますが、いずれも上半身は動かさず下半身で複雑なリズムを刻む芸術的な舞踊です。

 

出演:タカ・ハヤシ×アイリッシュダンスカンパニー

タカ・ハヤシ氏プロフィール

ダンサー・振付家。

2006年・2009年にNewsweek日本版「世界で尊敬される日本人100」に選ばれる。

現代的にアレンジされたアイリッシュダンス「リバーダンス」に出演したこともあるダンサー(アジア生まれでは唯一のダンサー)。

 

2002年よりアイルランドのローナン・マコーマックに師事。半年後にはスペシャル・オリンピックス開会式リバーダンスの100人のダンサーの一人に選ばれる等、実力を発揮。アイルランド4州のひとつレンスター地区の大会では2位となり世界選手権にも出場した。

卒業後はリバーダンスの世界ツアーメンバーとして日本へも凱旋。アジア各国で公演を行った。

 

現在は後進の育成に励むとともに、コンサートやイベントの振り付け指導、パフォーマンス活動を行っている。

 

タカ・ハヤシ氏公式サイトはこちら

 

タカ・ハヤシ
タカ・ハヤシ氏

同時開催!各国ツアー説明会

春~秋のヨーロッパ各地のツアー説明会を開催します。

弊社添乗員が各地の見どころや現地情報を映像を交えてご案内します。

具体的なご検討やご質問がある方にお勧めです。

 

会場:スペースまる八 ※会場が変更になりました

   東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩2分

定員:各回20名・要予約

 

 

イメージ説明会
説明会(イメージ)

10:15~11:00 各国説明会(1)~(4)

説明会(1)ロシア・2大帝都とキジ島や黄金の環(ご予約はこちら

説明会(2)ギリシャ・古代遺跡とエーゲ海の島々(ご予約はこちら

説明会(3)スペイン周遊(ご予約はこちら

説明会(4)フランス周遊 プロヴァンス、古城巡りとパリ(ご予約はこちら

 

※1~4の中で重複してのお申し込みはできません

※参加無料・予約制

 

>各国のツアー一覧、おすすめの特集はこちら

ロシアツアー ロシアの魅力

ギリシャツアー ギリシャの魅力

スペインツアー パラドールの魅力 バスク地方の魅力 サンティアゴ巡礼路の魅力

フランスツアー フランスの季節の風景と祭の魅力

11:15~12:00 各国説明会(A)~(D)

説明会(A)ドイツ周遊・古城と中世の街々(ご予約はこちら

説明会(B)スロベニア・クロアチア(ご予約はこちら

説明会(C)ポルトガル周遊とかわいらしい村々(ご予約はこちら

説明会(D)フランス南西部の村々と東部ワイン街道(ご予約はこちら

 

※A~Dの中で重複してのお申し込みはできません。

※参加無料・予約制

 

>各国のツアー一覧、おすすめの特集はこちら

ドイツツアー 北ドイツの魅力 ドイツのお祭りの魅力

スロベニアツアークロアチアツアー スロベニア・クロアチアの魅力

ポルトガルツアー ポルトガルの魅力

フランスツアー フランスの美しい村の魅力 バスク地方の魅力 ロマネスク芸術の魅力

海外旅行情報誌「EURASIA」を無料で2年間お届けします

東京大学名誉教授・樺山紘一氏をはじめ一流執筆陣の書き下ろしや旅の最新情報を満載した月刊誌です。 
合わせて、世界160ヵ国、各方面のパンフレット等もお送りさせて頂きますので、お気軽にご請求下さい。 
  
月刊EURASIA
月刊EURASIA

世界160カ国を取り扱うユーラシア旅行社とは・・・

旅慣れた方はヨーロッパは個人旅行で大丈夫!とお思いになるかもしれません。
しかし、東欧諸国など未だ英語が通じにくい国々や、公共交通機関では訪れにくい小さな村や人里離れた教会など、大都市以外の見どころを訪れるには、やはりパッケージツアーが効率がよく、便利です。
 
2016年2月に創業30周年を迎えた弊社ですが、創業当時は社名の通りユーラシア大陸、今でいうところの旧ソ連の国々を主に取り扱っていました。
今でこそ秘境ツアーのイメージが強いユーラシア旅行社ですが、ヨーロッパの旅も、他社に先駆け、旧ユーゴの国々や東欧のツアーを手掛けてきた長年の信頼と手配経験がある弊社にお任せ下さい。 
  
現在では世界160カ国以上の国と地域を取り扱うユーラシア旅行社は、観光第一主義で地域ごとの魅力を深く掘り下げる旅を企画しています。 
貴重な観光時間を奪う免税店やおみやげ屋への訪問を強制する旅行会社が多い中、弊社は創業以来、そうした旅行のあり方を否定してきました。
イヤホンサービスや添乗員の旅日記など、今業界のスタンダードとなりつつあるサービスも、他に先駆けて実施していきました。
ご旅行のご検討の段より、空港諸税や都市の宿泊税なども含んだ総額表示がわかりやすいと好評です。
これからも新しいツアーやサービスを開拓し、皆様にご満足頂けるような旅作りを続けて参ります。
ユーラシア旅行社、社員
お気軽にお問い合わせ下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

関連するリンク