ガイド・運転手へのチップに関して当社自由旅行部からのご案内と考え方

お客様から良くご質問を頂きます、海外旅行における「チップ」の支払い方とその考え方について

(1) 当社のガイド・運転手に関する「チップ」のご案内の現状

ホームページ及びパンフレット等における、
チップに目安額のご案内は下記の通りです。
●当社ホームページ上に掲載のモデルプランでは、
 重要事項欄にて「目安合計額と詳細」を記載しています。
●自由旅行編のパンフレットでは、
 旅行代金欄のそばに目安合計額をご案内しています。
●オーダーメイドのツアーを提案させていただく場合には、
 見積書提出時に目安合計額をご案内しています。
●「旅のしおり」の「現地情報」の中で、
 お客様のツアーにあわせた目安額をご案内しています。
 
自由旅行部の旅のしおり
「旅のしおり」記載の「現地情報」にてチップ目安額の詳細をご案内しています。

(2) ガイド・運転手の報酬体系の成り立ち

空港のお出迎え
空港ではお客様のお名前を掲げてお待ちしていますのでご安心ください。
●ガイドや運転手への報酬体系は、国にもよりますが、
 おおむね、サービスの提供を受けたお客様からある程度、
 チップが支払われることを前提に規定されています。
●つまり、ガイド・運転手の総収入
 =「基本手当て」+「チップ」となります。
●ガイドや運転手に基本手当てを支払うのは、
 多くの場合、私どものパートナーで、ガイドや
 運転手を直接雇用する「現地手配会社」です。
 
※一部の国や地域で、お土産屋からのコミッション(お連れしたお客様が買い物をした場合に売上の一部がガイドや運転手に還元される場合の、その金額)も、結果的にはガイド・運転手の収入の一部となりますが、当社ではお客様をお土産屋にお連れしない前提で雇用契約を結びますので、ここで触れる「報酬体系」「総収入」の概念では対象としません。

(3) 私どもがご案内する、「チップの目安額」

●観光ガイドや運転手へのチップは、入場観光や下車観光
 など、「契約内容が履行された」ならば、規定の額が
 ほぼ確実に支払われている現状があります。
●当社がお客様にご案内する国・地域ごとの「目安額」も、
 それぞれの国のガイドや運転手が、契約内容を履行した
 場合、「一般的に受け取っている額」が基本です。
●目安額は、当社パートナーであり、ガイドを直接雇用する
 現地手配会社からの提案に基づき、協議の上で決定します
 (原則、現地提案を下回ることはありません)。
●お客様の実際の支払い額は、提供されたサービスの
 内容次第で増減することがあってよいです。
 万が一、お客様に不快感を与えるようなサービスが提供
 された場合、目安額から減額いいただいて結構ですし、
 逆に、ガイドのサービスが大変素晴らしいものであった
 場合には、追加していただいてもよいと思います。
ミャンマーガイド
ミャンマーでのご案内はお任せください。

(4) 「チップを支払う理想のタイミング」

この「タイミング」は多くのお客様からご質問をいただきます。

 

●そのガイドや運転手の、お客様に対する「予定されている全サービスの終了時」です。

●半日観光であれば観光終了時、7 日間の全行程同行ガイドであれば、

 7日目のサービス終了時に7日間分をまとめてお支払いいただくのがよいです。

(5) 「現地でお支払い」をお願いする理由(原則、会社間精算としない理由)

サファリカー
ケニアのサファリツアーは四輪駆動車でご案内します。
●当社では、チップは「現地にて」お客様から「直接」
 お支払いいただくことをお願いしています。
●最も大きな理由は、多くの国で、このスタイルが商習慣
 として確立されているからです。彼らを雇用する現地手配
 会社がそのように希望しますし、
 ガイド・運転手の希望でもあることが多いです。
●ちなみに、当社の添乗員付きツアーにおいても、
 添乗員が必ず「現地で」、「直接」支払います。
●チップを「現地で」「(サービス終了時に)直接渡す」
 ことのメリットとしては、ガイドや運転手の緊張感が
 維持され、より質の高いサービス提供が担保される可能性
 が高まることも挙げられます。
●過去に、現地手配会社との間で、当社の希望により
 (通常は現地払いのところを)、会社間精算とする契約を
 交わしたケースがありました。それにもかかわらず、
 お客様が現場でガイドからチップを請求されるということ
 が一度ならずありました。原因は現地のオペレーションの
 確度の低さでした。つまり、特定の案件について
 「チップはお客様から支払われないことをガイドに予め
 認識させること」、あわせて、「チップの支払いが現地
 手配会社により確実に履行される」といった、
 オペレーションに問題が生じたのです。
●一般的となり、定着している「あり方」には、その他にも
 円滑さを助ける多くの意味があるとも考え
 私どもでは「現地で」「お客様より直接」お支払いいただ
 くことがよりよいあり方と考えます。

 

サファリガイド
長年の経験と豊富な知識でサファリの満足感を高めます。

(6) 当社のガイド・運転手のチップ支払いに対する考え方

アンコールガイド
長い歴史を持つアンコール遺跡の観光はお任せ下さい。
●ガイドが同行する旅においては、旅やその土地の印象は
 同行ガイドによって大きく左右されることがあります。
 私どもはその重要性を理解しており、慎重にガイドの選定
 を行っています。
●また、よい結果を残してくれる優秀なガイドとは長期に
 わたり良い関係を築きたいと考えますし、当社と働くこと
 (当社のお客様を迎えること)に少しでも多くの喜びを
 感じてもらいたいと考えます。人が直接提供するサービス
 は、そういう部分が実際のサービスの良し悪しに小さく
 ない影響を及ぼすと考えるからです。
●一方で、国や都市にもよりますが、言葉(日本語)の能力
 とホスピタリティの双方を高いレベルで提供できるガイド
 は決して多くはありません。むしろ、私どもが扱う地域で
 は、都市や町に1人しかいない、
 というようなことも少なくありません。
●また、現地のガイドは、日本のある旅行会社との間で、
 専従雇用契約を結んで働くケースは極めてまれで、私ども
 が得意とする「日本人訪問が少ない地域」では特に、
 フリーランスなどの立場で、様々な旅行会社及び、
 そのお客様と働くことが一般的です。
ヨーロッパドライバー
服装も雰囲気も、ヨーロッパの古街に合わせます。
ヨーロッパドライバー
太陽きらめく南イタリアならではの運転手でもご案内します。
●こういったガイドや運転手に、他でも無い、当社のお客様
 のために、確実に良い仕事をしてもらうためには、彼らの
 当社に対する印象が他の旅行会社に対するものよりも良い
 ものであるに越したことはありませんし、間違っても他の
 旅行会社よりも悪いものであってはなりません。
●そのために私どもが気を配るべきことは様々あります。
 彼らの雇用先会社とよい関係が築けていなかったり、
 手配会社を通じた彼らへの支払い(基本手当て)が他社
 よりも低かったりすることはあってはなりません。
●そして、チップもしかりです。観光業のガイドや運転手
 が受け取るチップについて、「ほぼ確実に支払われ、
 余程のことがない限り目安額から減額されない」ことが、
 概ね既定の事実となっているのであれば、当社のお客様
 へのご案内が、実現されるものであるべきと考えます。
●このような事実に目を向けず、例えば、私どもが、
 お客様の出費を少しでも少なく見せようとして、お客様
 に対して「チップはあくまでもチップであり、
 支払わなくてもよいですよ」といった点を強調するよう
 なご案内をし、結果、支払わないお客様が多くなってし
 まうようなことがあれば、ガイドは私どもと働くことに
 喜びを感じなくなってしまうでしょう。
 「また、ユーラシア旅行社のお客様か・・」と、最悪の
 心持ちでお客様を迎えることになってしまいますし、
 優秀なガイドを長期にわたって確保していくことも
 難しくなってしまいます。
 
ヨーロッパドライバー
お仲間旅行でも大丈夫。ワゴン車でお出迎えします!
【最後に私どもの考えをまとめます】
 
 以上を踏まえ、当社のガイド、運転手へのチップに関するご案内は、
「払っても払わなくてもどちらでもよいです」というものではなく、
「ある程度満足の行くサービスが提供された場合には、
原則、目安額を確実にお支払いください」というものになります。
 一方、チップ支払いの情報が、お客様のお申込み後に、突然、表出するのは
お客様に対して公平ではありません。そこで、私どもが旅行代金をご案内する際には、
ツアー中に必要となる「チップ目安合計額」をあわせて提示するようにしています。
旅行代金同様に、実質支払いが必要になるもの(旅行に必要な金額)として、
きちんとご覧いただけるようにとの考えに基づきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。