【自由旅行】南米ペルーへの旅を自由旅行としてプランニングしてみましょう!

「ところで、ペルーってどうやって行くの?」「何日くらい休みは必要?」「●●●だけ見るにはどうすれば?」、と言った質問を皆様から良く頂きます。

ペルーツアー ペルー旅行
チチカカ湖、ウロス島
ペルーツアー ペルー旅行
ナスカの地上絵

例年、9・10月は多くの日本人が南米大陸を訪れています。

その理由としては、南半球の国々が春を迎え、

気温が温かくなる時期である事や、

各地で雨季と乾季が入れ替わる時期となり、

観光地によってはシーズン最後の観光チャンスである事

も影響しています。

今回の特集では、日本の秋(現地の春)の時期に

おススメするペルーの旅を、

海外を初めて訪れる方でもプランニングが出来るように

ご紹介をさせて頂きたいと思います。

ペルーツアー ペルー旅行
クスコ・アルマス広場とラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会

空中都市・マチュピチュに行ってみよう!

どうやって、どれくらいの日数で行けるの?

ペルーツアー ペルー旅行
マチュピチュとオリャンタイタンボ間の列車

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられ、ペルーと言う国名は

知らなくても、マチュピチュは知ってる!

という人が多くなるほどに人気となったマチュピチュ。

でも、実際に日本からそこまでどうやって行くのか・・・

はあまり取り上げられていません。

 

日本から行くとなると、一般的な行き方はアメリカ経由

が主流であり、1~2回の乗り継ぎと、

20~24時間の所要時間が必要となります。

 

初日、時差の関係で初日の深夜にリマに到着。

翌朝、国内線でクスコへ移動し、列車に乗るために、

オリャンタイタンボ駅まで移動します(約2時間弱)。

列車に揺られること1時間半、マチュピチュの麓に到着。

3日目、山の上の遺跡までシャトルバスで約30分。

日本を出て3日目にして、

ようやく念願のマチュピチュとご対面となります。

 

つまり、帰りの日数も考えますと、

最短でも6日間は必要となる訳です。

マチュピチュの見学にかかる時間はどれくらい?

一般的な見学ルート1周に要する時間は約2時間半。

写真を撮りつつのんびり巡りますと、約半日です。

でも、ここまで苦労して辿り着いたのですから、

ぜひマチュピチュの麓に1泊はしましょう。

そして翌日、遺跡からインカ古道へ足をのばして、

太陽の門・インティプンク(往復約2時間)も

見学すれば、マチュピチュをたっぷり楽しめます。

ペルーツアー ペルー旅行
インカ古道

日本語ガイドはお願いできるの?

実は、マチュピチュ遺跡で日本語ガイドが常駐していません。

一般的には、クスコで日本語ガイドを雇い、一緒にマチュピチュまで旅をして貰うことになります。

もちろんマチュピチュで英語ガイドを雇えば、費用は抑えられます。

しかし、本当に旅の目的としている場所であれば、多少の費用が追加になったとしても、日本語ガイドを雇うことで旅の目的が達成出来るのではないでしょうか。

大いなる謎・ナスカの地上絵を観たいのだけど・・・。

どうやって行くの?

ペルーツアー ペルー旅行
ナスカの地上絵
ペルーツアー ペルー旅行
ナスカ・ミラドール

見学する方法としては以下の通りです。

 

一般的な行き方はピスコからの遊覧飛行です。

ピスコ空港はリマから車で約3時間半(約250km)南です。

ピスコからの遊覧飛行でも主要な地上絵は見学できます。

また、夜にはリマに戻り、所要1日で見学出来るので、

旅にあまり長い日数を取れない人にはお勧めです。

 

もう一つの方法は、「空と陸」の両方から、

ナスカの地上絵を堪能する方法です。

リマから約7時間半、450kmほど南のナスカの街。

そこを拠点に見学すれば、地上絵はたっぷり味わえます。

難点としては、日数として丸々2日必要になることです。

それでも、陸からでしか見ることの出来ない地上絵

もあるので、ペルーへの目的が地上絵見学の人は、

ナスカの街まで行くことをおススメします!

マチュピチュと組み合わせると何日必要なのか?

マチュピチュだけで6日は必要ですので、地上絵観光と組み合わせますと最短でも7日間。陸路を利用するなら8日間は必要となります。

天空の湖・チチカカ湖へのルートは?

どうやって行くの?

チチカカ湖はボリビアとの国境に跨る場所にあります。

見学に要するに日数は2日間もあれば十分ですが、

湖畔の街・プーノには空港がありません・・・。

アクセス方法は以下の3パターン。

 

空路、リマから約1時間45分のフライトでフリアカへ。

到着後、約45km離れたプーノへ車で移動します。

 

陸路で行く方法は3つあります。

1つ目はクスコからの観光路線バスを利用する方法です。

社内では英語のアナウンスだけですが、

主要な観光地ではバスは停車しますので、

見学する事も可能です。

また、値段も一番リーズナブルです。

2つ目はバスと同じルートですが、専用車での移動です。

専用車ならではの道草を楽しめますし、

ガイドを同行させれば、道中の案内をして貰えます。

ただし、専用車なので、路線バスよりは高くなります。

 

どちらも、約400km、10時間の高山ドライブで、

途中のラ・ラヤ峠は標高約4300m!

周囲に見えるアンデスの山々は

5000~6000m級なので景観は抜群です。

 

3つ目は、クスコから豪華観光列車を利用する方法です。

所要約10時間、車に比べると値段は高くなりますが、

のんびりと旅するには最高の手段です。

ちなみにこの列車、南米の鉄道最高所駅である、

ラ・ラヤ駅(4,335m)に停車します。

ペルーツアー ペルー旅行
ララヤ峠

湖の見学ってどうすればいいの?

ペルーツアー ペルー旅行
チチカカ湖

プーノの桟橋から有名な浮島・ウロス島まで、

モーターボート利用で約40分かかります。

さらに、他の2・3の島も巡ると半日は必要となります。

 

英語ガイド同行の混載ボートで行くと、費用は抑えられ、

また、各国の旅人と出会えるのは魅力です。

しかし、ツアーは自分のペースでは見学できません。

せっかくここまで長い移動を経て来たのですから、

専用ガイドと専用ボートを手配して、

自分のペースで旅を楽しむのは如何でしょうか?

ペルーの他の観光地との組み合わせ方は?

チチカカ湖畔の街プーノは標高が高い(3,827m)ので、

一番最初に見学するのはお勧めしません。

先にマチュピチュを見学してからであれば、

身体に負担がかかり難くなります。

 

日数としては、マチュピチュとの組合せでしたら

7~9日間。

ナスカとマチュピチュも組合せるのでしたら

8~10日間は必要になります。

 

チチカカ湖も見学するのであれば、

少し時間に余裕を持って日程を組む必要があります。

ペルーツアー ペルー旅行
チチカカ湖

高山病っていったい何だろう?

高山病って病気なの?

高地に順応していない人が、海抜2500m以上の高地へ時間を空けずに移動した際に、その低酸素環境によって急性の呼吸・循環・中枢神経症状を発症することです。

例えるなら、富士山の麓からヘリコプターで一瞬にして頂上に行けば、同様の症状が起きると言うことです。

高山病ってどうやって治すの?

現在の医療では、高山病の発症を正確に予測することは出来ません。逆に言えば、発症した理由も明確でないので、そのまま寝ていても治らないと言えます。

具体的な治療法は、体調に変化を感じた際には無理をせず、病院へ行き、酸素吸入や点滴など治療を受ける事が大切となります。また、適切に高度順応が出来ない場合は、医師の指示に従い、速やかに標高が低い場所へ移動することが最大の治療となります。

高山病って防ぐことは出来ないの?

はっきりとした症状の予測が建てられないが現状ですが、幾つかの具体策は高山病予防の対策として有効であると考えられています。

 

・無理な日程で急速に標高を上げない。

・高地では走らない・大声を出さない。

・高地ではアルコールの摂取を控える。

・通常よりも水分補給の回数を増やす。

・十分な睡眠を取って疲れをためない。

高地を旅する際に大切なことがあります

ペルーツアー ペルー旅行
コカ茶

実は、添乗員だって高山病になります。

なぜなら、頭痛や軽い吐き気は、

老若男女誰にでも起こりうる普通の症状なのです。

それゆえ、先に述べた予防策を心掛けて行動すれば、

通常は数日で身体が高度順応し、

観光を楽しむことが出来るようになります。

 

また、油断は絶対にしてはいけませんが、高山病を

気にしすぎ、ストレスを抱え込むのは良くありません。

 

出発前に日程を十分に検討し、

イザという時の為に海外旅行保険に加入し、

現地では日々の予防策を心掛けて行動したら、

あとは高山病に有効と言われるコカ茶飲みながら、

のんびり旅行を楽しむ事が一番効果的かもしれません。

 

高山病対策として、高地順応が行いやすいモデルプランもございます。

特徴としては、通常はマチュピチュへ行く前にはクスコ(3,399m)に宿泊するのですが、それをウルバンバ(2,871m)宿泊にしている点です。

 

【お薦めのウルバンバ宿泊コース】

謎の空中都市マチュピチュ、世界遺産クスコ市街とインカの聖なる谷 7日間 0LPB

謎の空中都市マチュピチュとチチカカ湖、世界遺産クスコ市街と聖なる谷 8日間 0LPH

謎の空中都市マチュピチュ2連泊とチチカカ湖、世界遺産クスコ市街 8日間 0LPK

ナスカの地上絵、マチュピチュ、チチカカ湖、世界遺産クスコ市街と聖なる谷 9日間 0LPN

 

ちょっと技あり、ペルーの旅を更にアレンジしてみませんか?

ペルーまではるばるやって来たのですから、

お隣の国・ボリビアまで足を延ばしてみませんか?

ボリビアには人気急上昇中のウユニ塩湖があります!

 

ペルーとボリビアのラパスへの移動方法としては、

空路なら2つ、陸路なら1つあります。

 

空路は、リマから約3時間。クスコから約2時間。

陸路は、プーノから国境を越え約7時間です。

 

ウユニ塩湖までは、ラパスから空路で約45分。

通常は2泊3日の行程で旅をします。

 

南米各国を結ぶ国際線はかなり料金が高いので、

組み合わせると一見旅行代金が高く感じられますが、

日本から何度も訪れることを考えれば、

日数も値段もお得になるのではないでしょうか?

ウユニ塩湖ツアー、ウユニ塩湖旅行
ウユニ塩湖

ペルーの各観光地特集はこちらをご覧下さい

特集内容は、添乗員付きツアーを前提にしておりますが、現地を訪れた添乗員の情報を元にしておりますので、

きっとお役に立つと思います。

 

ユーラシア旅行社のペルーツアーは世界遺産マチュピチュ観光にこだわります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。