今年の春は、どこへ行こうか?寒い冬の日は、暖かい場所を思い浮かべましょう。

ユーラシア旅行社自由旅行部おすすめのベストシーズン特集!

ユーラシア旅行社
タ・ピーヌ教会/マルタ・ゴゾ島
ユーラシア旅行社
アルガンの木に登るヤギ/モロッコ
ユーラシア旅行社
ウズベキスタンの子供たち

カーニバルが冬の終わりを告げ、ヨーロッパに春を

連れて来ます。また、イランのバラや中央アジアの

赤いケシなど大地に華やかな彩りが添えられます。

モロッコでは、陽気につられヤギが木に登ってる

光景に出会うかもしれません・・・。

 

今年の春はどこで過ごさそうか?と思案中の方へ、

3~6月に旅行の「旬」を迎える場所をご案内します。

 

下記にてご案内の特集ページは、

弊社の添乗員付きツアー向けに作成しております。

そのため、自由旅行で旅に行かれた際に、

特集でご案内しているサービスや日程の全てが、

ご案内させて頂ける訳ではございませんが、

自由旅行を企画する際の参考にして頂ければ幸いです。

 

【ユーラシア旅行社海外自由旅行トップページに戻る】

 

ベストシーズン情報一覧表は以下より

 

ユーラシア旅行社
ハーフェズ廟/イラン・シラーズ

【南ヨーロッパの旅は、陽射しが人々を陽気にする春がおすすめ!】

・シチリア島(イタリア・シシリー)/・マルタ島

シチリアでは1月からアーモンでの花が咲き始め、

2・3月はカーニバルが島に春をもたらし、

3~5月にかけて、島は野花に包まれます。

西地中海にぽっかり浮かぶ騎士団の島・マルタも、

3~5月は野花に抱かれます。

 

春、西地中海の島めぐりは如何でしょうか?

ユーラシア旅行社
マルタのカーニバル

・ギリシヤ

北部を除けば冬もそれほど寒くはありませんが、

やっぱりギリシヤに行くのであれば、青い空・青い海を

満喫できる4月~10月のシーズンがおすすめです。

 

アテネやテッサロニキなど本土の観光は6月頃まで、

島々のクルージングは夏真っ盛りに行くのがおすすめ。

4・5月は各地で野花も楽しめます!

ユーラシア旅行社
メテオラの春/ギリシヤ

・サンティアゴへの巡礼の道

フランスからスペインへ続く数多の巡礼の道。

近年、その巡礼の道を、一つ一つ歩いて巡る旅も脚光を

浴びつつあります。

 

ヨーロッパの美しき小さな町や村に残された、

ロマネスク様式の教会を巡る旅は、

すでにフランスやスペインを旅した方にもおすすめです。

ユーラシア旅行社
ボイの谷/北スペイン

・ポルトガル

1月下旬、南部から開花を始めるアーモンドの花。

徐々に北上を続け、3月には北部でも開花が始まります。

 

花が咲く時期なので降水量は多いですが、

ユーラシア大陸の最西端・ロカ岬や、

かつての黄金時代を彷彿とさせるリスボンの歴史的建造物

を楽しみに、出かけてみるのは如何でしょう!

ユーラシア旅行社
ロカ岬/ポルトガル

【中東の国々の、赤茶けたイメージを一変する時期!】

・ヨルダン

南のほうにある温かそうなイメージの国ですが、

首都のアンマンは標高800mの高原の国。

そのため、冬は雪が降るなど冷え込みが厳しいです。

旅に出るなら3月からがおすすめです。

 

各地で野花が咲き誇り、

夏や秋とは違った景色をお楽しみ頂けます。

ユーラシア旅行社
アルテミス神殿/ジェラシュ・ヨルダン

・トルコ

ベストシーズンは3~11月頃までになりますが、

アンカラやカッパドキア、パムッカレなど中部地域は

冬は積雪もあるので、5~10月がおすすめ。

ノアの箱舟で有名なアララト山など東部地域は夏限定。

一方、地中海沿いの南部地域は冬も楽しむことが出来ます。

 

各地で春の訪れは異なりますが、野花の美しさは共通です!

ユーラシア旅行社
ブルーモスク/イスタンブール

・イラン

テヘランなど主要な観光地は内陸の高地にあたるため、

ベストシーズンは、3月後半~6月までの春と、

9~11月までの秋の2回となります。

夏は40度にも達するので、避けるほうが無難でしょう。

 

春先は、各地で野花が咲き誇り美しい時期ですが、

とりわけ5~6月には薔薇の開花時期でも一押しです!

ユーラシア旅行社
サーディ廟/シラーズ・イラン

・モロッコとチュニジア

春、サハラ砂漠で天の営みに抱かれつつ、野花を愛でる!

 

3月20日、4月19日、5月18日は新月なので、

その前後は砂漠で満天の星空をお楽しみ頂けます。

3月6日、4月4日、5月4日は満月ですので、

その前後は煌々と月明かりが照らす砂漠を堪能出来ます。

 

モロッコでは5月にジャカランダの花も楽しめます。

ユーラシア旅行社
マラケシュのジャカランダ

【ユーラシア大陸の「ヘソ」に訪れた春に会いに行く!】

・ウズベキスタンとカザフスタン、トルクメニスタン

ユーラシア大陸のど真ん中、中央アジア諸国への旅は

3~10月がおすすめです。

 

なかでも3~5月の春の季節は各地で野花が咲き誇り、

歴史遺産と野花を同時に楽しめるので一挙両得です!

また、5月には赤いケシが大地を染め、まさに絶景です!

 

また、最近、「地獄の門」という変わった地名が知名度を

上げているトルクメニスタン。

真夏は砂漠地帯の気温が高くなり、

観光には厳しい季節となりますので、

訪れるのであれば春か秋に訪れるのがおすすめです。

 

キルギスも3~10月に訪れることは出来ますが、

ベストシーズンは6~9月頃になります。

ユーラシア旅行社
ウズベキスタン・カザフスタン国境付近
地獄の門ツアー、地獄の門旅行
ダルヴァザ 地獄の門

【中国シルクロード漫遊と天空列車で世界の屋根チベットへ】

・中国シルクロード

内陸部に位置して、冬の冷え込みが厳しい地域なので、

気温が上がる3~10月に、旅に行きましょう。

西安や敦煌、河西回廊の石窟見学、また、ウルムチや

各地のオアシス都市はシーズンを通して楽しめます。

 

砂漠体験に真夏は不向きですが、天山山中の湖見学や

アルタイ地域などは、真夏の6~8月がおすすめです。

ユーラシア旅行社
拉梢寺/中国・甘粛省

・チベット(青海チベット鉄道)

ラサの標高3600mと聞くと、皆様冬はさぞかし寒い

のだろうと思うようですが、実は昼間は結構温かいです。

ただ、朝晩の冷え込みは相当なので、やはりチベットを

満喫するなら5~10月に出かけましょう。

 

高山植物のピークは7・8月になります。

春先はまだ人出が少ないため、おすすめの時期です。

 

ユーラシア旅行社
ナクチュ駅/青海チベット鉄道にて

【春を迎えたヒマラヤ山脈の懐、ネパールとブータン】

10月~GW頃までが乾季となります。天候が安定し、

カトマンズ郊外やポカラからヒマラヤの山々が良く見える

時期は、11~2月になります。

 

3月に入ると少しずつ雨量が増えるため、

3・4月はハイキングなどで野花を楽しむことが出来る

シーズンとなります。

ユーラシア旅行社
サランコットの丘ハイキング

・ブータン

旅のシーズンは乾季の3~5月、9~11月です。

 

雨季は6~9月となり、一般的な観光には不向きですが、

ブルーポピーなど高山植物が目的の人はこの時期限定!

11~2月も乾季ですが、氷点下まで下がります。

真冬と雨季の時期は、オフシーズンとなり、旅行代金は

下がりますが、旅の計画時には検討が必要です。

ユーラシア旅行社
ブナカゾンの春

【乾季を迎えた中米の国々への旅は春先もおすすめです】

・グアテマラ

屋外でのマヤ遺跡見学が日程の中心となりますので、

観光には11~4月の乾季に訪れるのが良いでしょう。

また、メキシコと同じくハリケーンが来襲する

9・10月だけは避けた方が良いでしょう。

グアテマラに行かれたら、隣国のホンジュラスやベリーズ

パナマやエルサルバドルなど、中米諸国を一緒に見学する

周遊ツアーもおすすめです!

ユーラシア旅行社
グアテマラの親子

・コスタリカ

中央アメリカの南部に位置するコスタリカ。

カリブ海沿岸のビーチが広がるイメージの国ですが、

実は首都のサンホセは標高1170mの高原の国です。

 

エコツーリズム発症の地として熱帯雨林のハイキングを

楽しむなら、乾季の12~4月です。幻の鳥ケツァル

が美しい羽を保持しているのは、GW頃までです。

コスタリカツアー、コスタリカ旅行
ケツァル(イメージ)

【コスタリカの特集ページはこちら】

 

【自由旅行で行く、コスタリカのモデルプラン】

現在、モデルプランのご用意はしておりませんが、

ご検討の方には個別プランをご用意いたしますので、

お気軽にお問合せ下さい。

 

★一覧表のトップへ戻る

 

【マチュピチュが一番の目的なら、春から秋がおすすめ!】

・ペルー

マチュピチュやチチカカ湖の旅は、4~10月の乾季が

シーズンとなります。石の階段や山道が濡れてないので

歩きやすく、見学には適しています。

 

一方、海沿いに広がるナスカの地上絵見学も可能ですが、

海からの霧の影響が出やすい時期になりますので、

スケジュールには余裕を持ったほうが無難です。

ペルーツアー、ペルー旅行
ペルーのマチュピチュ遺跡

【ナミブ砂漠を訪れるなら、春(現地は秋)はおすすめのシーズンです】

・ナミビア

11~2月(現地の夏)雨季に降った雨が、新芽を芽吹か

せる4~6月は、気候も安定しおすすめの時期です。

また、9月~気温が上がりすぎない11月頃(現地の春)

までも、砂漠の見学には適した時期となります。

 

サファリを楽しむのでしたら5~10月の乾季。

水場に動物が集まるので探しやすくなります。

ユーラシア旅行社
デッドフレイ/ナミブ砂漠
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

関連するリンク