世界の絶景ツアー -添乗員のおすすめ10選 2017年上半期編-

世界各地を訪れた添乗員がおすすめする世界の絶景への旅

ランペドゥーザ島ツアー、ランペドゥーザ島旅行
ランペドゥーザ島にて(イメージ)
青い街シャウエン(モロッコ)
青い街シャウエン(モロッコ)
マンギスタウ旅行、マンギスタウツアー
乾いたトゥズバイル塩湖
 世界160カ国を舞台にしたユーラシアの旅で世界各地を訪れている添乗員がおすすめする世界の絶景10選をお届けします。

レンソイス白砂漠(ブラジル)

レンソイス白砂漠
レンソイス白砂漠

 レンソイスとは、ポルトガル語で「シーツ」という意味。その名の通り真っ白なシーツを広げたような景色が広がります。真っ白の砂丘に雨季の間に降った雨が溜まってできたエメラルドグリーンのラグーンが連なり、そのコントラストは得も言われぬ美しさ。地上から、上空から、奇跡のような光景をお楽しみください。(岩間)

レンソイスツアー特集はこちら
 

ヤスール火山(バヌアツ)

ヤスール火山(イメージ)
ヤスール火山(イメージ)

 南太平洋に浮かぶ大小83の島々からなる国、バヌアツ。ここにあるヤスール火山は、“地球上で最も火口に近づける活火山”として有名です。といっても大変な山登りは一切不要、10分程度登るだけで、火口の淵に到着です。暗闇の中、真っ赤な溶岩が吹き上がる姿は大迫力!まさに生きている地球を実感できる場所です。(川井)

ランペドゥーザ島(イタリア)

ランペドゥーザ島/イゾラ・ディ・コニッリ(うさぎの島)にて
ランペドゥーザ島/イゾラ・ディ・コニッリ(うさぎの島)にて
 「いざ空の旅へ!と小舟が水面からふわりと浮かび上がった」そのようなフレーズが当てはまる景色を実際に目にするランペドゥーザ島の海。ターコイズ、エメラルドグリーンと宝石のような輝きの水面を眺め、透明度の高い美しい海の上で食べるイタリアンフードとワイン、照りつける日差しの下での遊泳を楽しむクルーズ中は楽園にいる気分になります。(高橋)
 

添乗員レポート「絶景は自然による浄化が生み出した奇跡!ランペドゥーザ島」はこちら
ランペドゥーザ島特集はこちら

トロルの舌(ノルウェー)

断崖絶壁から突き出す「トロルの舌」
断崖絶壁から突き出す「トロルの舌」
 ノルウェーで老若男女に愛されている妖精「トロル」が、あっかんべーと「舌」を出したように見える断崖絶壁に突き出た岩塊「トロルの舌」。現地の言葉で「トロルトゥンガ」と呼ばれます。片道約11㎞の険しい道を乗り越えた人のみが味わう達成感と絶景です。約11時間を歩ける健脚と体力が必要です。(三浦)

 

シャウエン(モロッコ)

シャウエンツアー、シャウエン旅行
シャウエンにて

 モロッコ北部の山麓に佇む小さな町シャウエン。家の壁や路地が美しい青色で彩られた旧市街は、まるでおとぎ話の世界に迷い込んだような幻想的な空間です。1930年頃、ユダヤ教徒が神聖な色として街を青く塗った風習が今日まで続いています。(大木)

添乗員レポート「おとぎの国は本当だった!」はこちら
モロッコツアー特集はこちら
 

門源の菜の花(中国・青海省)

門源「油菜花海」(イメージ)
門源「油菜花海」(イメージ)
 1年に1度の奇跡。中国・青海省の門源では、例年7月上旬~下旬に幅10km、長さ50kmにも渡る広大な土地に菜の花が咲き乱れ、まるで菜の花の海のような光景が広がります。青海省はチベット高原の上にあり、他にも中国のウユニ塩湖といわれるチャカ塩湖や高山植物の名所オラ山峠など、まだ日本では知られていない絶景が目白押しの場所です。(坂田)

七彩山(中国)

ユーラシア旅行社のシルクロードツアーで行く七彩山
七彩山(張掖丹霞地質公園)

 中国シルクロード河西回廊の張掖近郊に、総面積約510平方kmにもわたり岩山が続く七彩山(丹霞地質公園)があります。赤い堆積岩で形成されたカルスト地形が広がり、光の当たり具合によって刻々と色が変化し、色彩豊かな景観を作り上げています。(影山)

中国シルクロードツアー特集はこちら
 

トゥズバイル塩湖とウスチュルト台地(カザフスタン)

ウスチュルト台地の絶景ポイント、ボスジラ
ウスチュルト台地の絶景ポイント、ボスジラ
  カザフスタンの西部に位置するマンギスタウ州。その大半を占めるのが白亜のウスチュルト台地です。地殻変動で隆起し、長い年月をかけて作り出された奇岩が織りなす、白い風景が延々と続いています。断崖絶壁の一枚岩がそそり立つボスジラや、白亜の断崖が10km以上に渡って続くトゥズバイル塩湖など、絶景ポイントを四輪駆動車でめぐります。(江間)
 
 

地獄の門(トルクメニスタン)

地獄の門ツアー、地獄の門旅行
ダルヴァザ 地獄の門
 トルクメニスタンのカラクム砂漠にある巨大なガス・クレーター「地獄の門」。天然ガスの調査中に落盤事故が起き、直径約60mもの大きな穴が開いたといわれています。ガスの放出を防ぐため点火され、45年以上たった今も燃え続けています。夜には、闇に浮かび上がる迫力の光景を見ることができます。(岡山)

添乗員レポート「天然ガスの宝庫!トルクメニスタン 地獄の門」はこちら
中央アジアツアー特集はこちら

バングルバングル(オーストラリア)

バングルバングル
バングルバングル

 ビーハイブ(蜜蜂の巣)と呼ばれるドーム状の岩山が、どこまでも果てしなく連なるバングルバングル。この奇岩群は約3億5千万年前に形成され、風雨の浸食を受け現在の姿になりました。地球上で唯一無二の奇景は1982年に初めて西洋人がこの地に入り“発見”されたため、「地球最後の秘境」とも言われます。(上田)

ユーラシアの旅で行く世界の絶景ツアー「絶景の中の絶景」

世界の絶景を訪れる旅を選りすぐった「絶景の中の絶景」パンフレットはまもなく完成です!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。