ブルガリアツアー、ルーマニアツアーの魅力

正教信仰と伝統的で素朴な生活が魅力のブルガリア、ルーマニア。地方まで足を延ばし、その魅力をご覧頂きます。

ブルガリア ソフィア リラの僧院
リラの僧院
ルーマニア/マラムレシュ地方の“陽気な墓”
マラムレシュ地方の“陽気な墓”
ルーマニア/ブラン城
ブラン城

伝統的な風習や文化などが今も強く残っているブルガリアとルーマニア。

ブルガリア人はシャイで寡黙ですが正直で人情に厚い人々。

一方ルーマニア人はルーマニア(ローマ人の土地の意)という国名からもわかるように、中欧・東欧で唯一ラテン系の血を引いていて、陽気で社交的。

対照的な魅力を持つ素朴な人々が待っています。

ブルガリア・ルーマニアで正教の信仰心に触れる

 ビザンチン帝国の強い影響下で発展し、深い歴史を持つブルガリア正教。その後も、モンゴル、オスマントルコなど様々な国に支配されながらも、独自の宗教を守り抜きました。

 一方のルーマニア正教もビザンツ帝国、隣国ブルガリア帝国、 ハンガリーなど周辺国からの支配を受けましたが、信仰を守り抜き、それを民族同一性の拠り所としました。

 数多くの苦難を乗り越え、現在も教会に残る素晴らしいフレスコ画やイコンは芸術的にも高い評価を得ています。

リラの僧院

 リラ山脈の奥地、10世紀に聖イオアンが修道院を建立し、その後多くの人々が彼を慕い集まり、共同生活の規模を拡大していきました。また、ヨーロッパからアトス山やエルサレムへの巡礼に向かう道中に位置していたことから、

巡礼者のための宿泊施設も併設されるようになりました。

 12世紀末からの第二次ブルガリア帝国時代には皇帝からの保護や寄進を受け、規模はさらに拡大。その後、14世紀末からのイスラム国家、オスマン・トルコ支配時代、多くのキリスト教施設が破壊される中、

十分な税を納めることで破壊を免れました。

 

 一番の見所は中央に位置する聖母教会です。アジア的な極彩色の壁画とビザンチンの教会建築様式が混じり、東西文明の融合地バルカンならではです。

 

 ブルガリア正教において最重要の教会として、1983年に世界文化遺産登録されました。

ブルガリアツアー、ブルガリア旅行
リラの僧院の天井画

マラムレシュ木造教会

 ルーマニア北部、ウクライナとの国境近くのマラムレシュでは、独特な木造教会群が目を引きます。高い塔は、敵の来襲を知る為の見張りの塔の役割や、急傾斜による積雪対策の効果もあります。また、ゴシック建築の尖塔のように、天国に近づくための信仰心のなせる業でもあります。

 

 ルーマニア北部独特の建築様式を代表するものとして、1999年、世界文化遺産に登録されました。

ルーマニアツアー、ルーマニア旅行
スルデシュティ村の木の教会

ブコヴィナ地方(モルダヴィア)5つの修道院

 ルーマニア北東部、ブコヴィナ地方で15、6世紀に建造された修道院群で、美しいフレスコ外壁画が特徴です。

文字を読むことができず、教会内に入ることも許されていなかった民衆のため、聖書の内容は絵画で、外壁に描かれました。

 

 ルーマニア北東部の黄金時代を象徴する建築群として、1993年、世界文化遺産に登録されました。

ルーマニアツアー、ルーマニア旅行
スチェヴィッツァ修道院

イヴァノヴォの岩窟教会

 ブルガリア北部、ルーマニア国境のほど近くの岩山、13世紀からこの岩山の洞窟で隠者が修道生活を送るようになりました。

 修道僧たちは洞窟内に、僧房、教会、礼拝堂などを造り、最盛期は40ほどの岩窟教会、300ほどの宗教関連施設が造られました。

 イヴァノヴォ岩窟教会の最大の見所は、13、4世紀に描かれたフレスコ壁画です。

洞窟内にあるため保存状態の良い、中世ブルガリア美術の傑作とも言える壁画が評価され、1979年、世界文化遺産に登録されました。

ブルガリアツアー、ブルガリア旅行
イヴァノヴォ岩窟教会/ブルガリア

ボヤナ教会

 ソフィア近郊のヴィトシャ山麓に佇む、素朴な外観の教会。11世紀に建てられた王室礼拝堂を元に、増築を繰り返され、19世紀に現在の姿に至りました。
 この教会の見所は内部のフレスコ壁画です。寄進者のカロヤン、教会の守護聖人・聖ニコラオスをはじめとして計240人が描かれるフレスコ画。そこでは、図像や形式を重んじたビザンツ様式を基本にしながらも、その枠を超えた人間的な表情が読みとれます。

 作品に人間性や感情を表現したルネサンスの萌芽が、ここブルガリアで見られる貴重な例として1979年、世界文化遺産として登録されました。

ブルガリアツアー、ブルガリア旅行
ボヤナ教会

ブルガリア・ルーマニアの古都、地方の村

ネセバル

 紀元前2000年頃からトラキア人が住んでいた古代都市ネセバル。

 黒海に突き出した半島にあり、長さ400mの自然の堤防によって本土とつながれたこの町は、その地形ゆえに古くから交易の拠点、及び自然の要塞として争奪戦に遭ってきました。

 

 ビザンティン帝国、ブルガリア帝国、オスマン帝国時代に建てられた代表的な聖堂が数多く残っています。中世ビザンチン教会の宝庫として1983年、世界文化遺産に登録されました。

 

ブルガリア、ネセバルのパントクラトール聖堂
ブルガリア、ネセバルのパントクラトール聖堂

シギショアラ

 ルーマニアのちょうど中心に位置するトランシルヴァニア地方のシギショアラは、12世紀にドイツ系のザクセン人が入植し、手工業で栄えた町です。

 旧市街から見下ろすと、茶色い屋根の趣ある家々が広がり、「ルーマニアの宝石」と称えられるほどです。また、ドラキュラのモデルと言われるヴラド・ツェペシュ生誕の地であり、生家は現在レストランとなっています。

 

トランシルヴァニア・ザクセン文化の貴重な例として1999年、世界文化遺産に登録されました。

ルーマニア/シギショアラの街並み
シギショアラの街並み

ベリコ・タルノボ

 ベリコ・タルノボは12〜14世紀に第2次ブルガリア帝国の首都として繁栄し、政治、経済、文化、宗教の最重要拠点でした。古くから工房が軒を連ねる「職人街」には金銀細工、皮製品、木彫などの工房や手工芸品店などがございます。彼らの仕事ぶりを見ているだけでも楽しい場所です。

ブルガリアツアー、ブルガリア旅行
ベリコ・タルノボの職人街

アルバナシ村

 時が止まったような佇まいを残すアルバナシ村。

 そこに建つキリスト生誕教会は、オスマントルコ支配下の16〜17世紀の間に建てられたもので、外観は民家風で装飾も鐘楼もなく、教会とわかりにくいように建てられています。

 内部は鮮やかな壁画で覆われていて、3500人もの聖人が描かれた「人間の一生」が見事です。

ブルガリアツアー、ブルガリア旅行
アルバナシ村のキリスト生誕教会

バルナ

 ブルガリアの「海の首都」、「夏の首都」とも呼ばれる黒海沿岸の保養地。先史時代、古代トラキア時代から文明が起こり、紀元前7世紀にギリシア植民都市オデッソスとなりました。ギリシャ、トルコ、エジプト、パレスチナなどと盛んに貿易を行ない栄えました。

 バルナの最大の見所はローマ時代の公衆浴場跡です。

ブルガリア/バルナのローマ浴場跡
バルナのローマ浴場跡

マラムレシュ地方の陽気な墓

 ルーマニアのハートと呼ばれるマラムレシュ地方は、北部の標高1000m級の山々に囲まれています。

素朴で暖かい人々と、昔ながらの素顔のルーマニアに出会える土地です。


 そんなマラムレシュで必ず訪れたいのがサプンツァ村の墓地です。お墓と言っても、写真の通り野外博物館のよう。

1935年に木彫職人ヨアン・スタン・パトラシュ氏が墓地の十字架にユニークな彫刻をしたのが始まりで、生前の職業や人柄が偲ばれる絵柄や暖かい色使いには、全く悲壮感がありません。

 

 来世を信じ、死を恐れなかった古代ダキア人伝来の人生観の表れなのかも知れません。

ユーラシア旅行社のルーマニアツアー
マラムレシュ地方、サプンツァの陽気な墓

ブルガリア・ルーマニアのその他の世界遺産

ビエルタンの要塞聖堂

 ルーマニア中央部のトランシルヴァニア、ドイツからの入植たちによって多くの教会が建てられ、周辺民族の侵入に備えて要塞化されました。

 中でも、シギショアラから南西に約30kmほど郊外にあるビエルタンの要塞教会は対オスマントルコの為に整備された三重の防壁が見所です。

 1993年、ビエルタンの要塞聖堂が世界文化遺産に登録、その後、1999年に他の6つの村落が拡張登録されました。

ルーマニアツアー、ルーマニア旅行
ビエルタンの要塞聖堂

マダラの騎士像

 ブルガリア東部、黒海沿岸のバルナから内陸に100kmほど入ったマダラの断崖絶壁に、謎めいた彫刻「マダラの騎士」があります。地上23m、切り立った断崖の壁面に刻まれており、制作の手段、目的は未だ解明されていません。彫り込まれているのは、第一次ブルガリア帝国の皇帝の一人とする説が有力です。

 

 今はなき文明の謎を解く鍵として、また、難所になされた彫刻の巧みさから、1979年、世界文化遺産に登録されました。

ブルガリアツアー、ブルガリア旅行
マダラの騎士/ブルガリア

ブルガリア・ルーマニアの珠玉の町々を巡る

ルーマニアの首都ブカレスト

 15世紀半ば、後世にドラキュラ伯爵のモデルにされたワラキア公ヴラド・ツェペシュの時代に、ブカレストは初めて文書にその名が記されました。

 ルーマニアの首都としての歴史は19世紀からでフランス風の建築が並び、バルカンの小パリとも呼ばれました。

ルーマニア/ブカレストの国民の館
ブカレストの国民の館

カルパチアの真珠シナイア

 ルーマニアの中央を走るカルパチア山脈。その山間の渓谷の町シナイアは、首都ブカレストからも近く、夏の避暑地、冬のスキーリゾート地として人気です。19世紀後半には、時のルーマニア公で後に初代ルーマニア国王となるカール一世が夏の離宮をこのシナイアに築きました。

ルーマニア/シナイアのペレシュ城
シナイアのペレシュ城

ブルガリアの首都ソフィア

 ソフィアには紀元前8世紀ごろにはトラキア系のセルディ族が町を作り、ローマ時代には彼らにちなみセルディカと呼ばれました。主要な幹線道が交差する土地であり大いに栄えたものの、スラブやトルコなどの侵略により荒廃してしまいました。

 

 ブルガリアの首都になったのは1879年のことで以来、近代的な都市計画で開発が進む一方各時代を象徴する教会やモスクが混在する独特の景観が生まれました。

ブルガリア、ソフィアのイコン博物館
ブルガリア、ソフィアのイコン博物館

石畳が美しいプロブディフ

 ブルガリア第2の都市プロブディフ。トラキア人の町から発展し、前4世紀にアレキサンダー大王の父王に征服され

ローマ時代は今のブルガリア支配の重要な拠点として栄えました。東西の交易の要衝であったため、度々異民族の侵攻を受けましたが、どの時代においても、比較的重要な都市として栄えました。

 

 迷路のような石畳の町並みには古代ローマ時代の遺跡が点在していて有史以来の繁栄を伝えています。

ブルガリア/プロブディフのローマ劇場跡
プロブディフのローマ劇場跡

ブルガリアでトラキア人の黄金文化を巡る

 紀元前1000年頃、中央ヨーロッパに栄えたトラキア人。主にバルカン半島を拠点とし平地では農業、山間部では畜産を行い、優れた黄金加工技術も持っていました。

 

 後に沿岸部にはギリシャの殖民都市が栄え、前4世紀に古代マケドニア、後にローマの支配下に下ると次第に彼らの名前は歴史の中に埋もれていってしまいました。

 

カザンラクのトラキア人古墳とイスクラ歴史博物館

 ブルガリアの中部、カザンラクに紀元前4世紀のものと考えられる、大規模な古墳群があります。内部には儀式の様子や、馬、財宝などが描かれた見事な壁画が現存しています。発掘作業中の古墳からは古代トラキア人によるものと考えられている黄金細工が現在も発掘されています。

 

 現存するヘレニズム期のブルガリア美術の中でも最もよい保存状態が評価され、1979年、世界文化遺産に登録されました。

 

※フレスコ画保護のため内部は公開されていません。古墳内部を正確に再現したコピーの見学が可能です。

ブルガリアツアー、ブルガリア旅行
カザンラクのトラキア人古墳内部
ユーラシア旅行社のブルガリアツアー
トラキア時代の黄金マスク/カザンラクのイスクラ博物館

ルーマニアでドラキュラの謎に迫る

ブラド・ツェペシュ生家(シギショアラ)

 ワラキア公ヴラド・ツェペシュは、1431年にシギショアラで生を受けます。敵のみならず、自国民の処刑でも

串刺しという最も残酷な手段をとったため、オスマン・トルコの兵から「串刺し公」として、恐れられました。

後に、ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』などでドラキュラのモデルとして扱われました。

ルーマニアツアー、ルーマニア旅行
ブラド・ドラキュラの家

ブラン城

 ルーマニア中央部、ブラショフから南西に約30km。『吸血鬼ドラキュラ』でドラキュラの居城とされたブラン城が山上に聳え立っています。実際には、ドラキュラのモデル、ヴラド・ツェペシュは、ここに一時期身を置いただけで、ここを居城としたのは彼の祖父でした。しかしながら、緑豊かな山上に建ち、内部の調度品なども見事なお城は、『ドラキュラ』との関わりを抜きにしても十分に訪れる価値があります。

ユーラシア旅行社で行くルーマニアツアー
ブラン城

ブルガリア・ルーマニアで楽しむ伝統の祭

ブルガリア・バラの谷カザンラクのバラ祭

 世界的に有名な高級ブランドなどの香水に使用される薫り高いバラのうち7~8割はブルガリア産のバラと言われるほど世界屈指のバラの産地であるブルガリア。

 なかでも、バルカン山脈とスレドナ・ゴラ山脈に挟まれたブルガリア中部の「バラの谷」は中心都市カザンラクを始め谷中でバラを栽培しています。

 

 毎年5~6月がバラの収穫時期にあたり芳しい香りがバラの谷を包み込みます。

 バラの収穫を祝い、バラの谷の中心カザンラクで開催されるバラ祭には、毎年数万人の観光客で賑わい、ブルガリアの金と称されるバラ一色のお祭です。

ユーラシア旅行社で行くプライベート・バラ祭り。カザンラクの香り高きバラ
香り高きバラ
ユーラシア旅行社ブルガリアツアー
カザンラクのバラ祭にて

ブルガリア・バラの谷のプライベートバラ祭

 創業当時より東欧の旅を手がけブルガリアツアーにも長年のノウハウとこだわりをもつユーラシア旅行社では、

ブルガリアのバラと素朴な人々とのふれあいを楽しめる「プライベート・バラ祭」にご案内するブルガリアツアーを設けています。

 

 バラの谷の小さな村の人々のおもてなしはブルガリアの旅を一際思い出深いものとしてくれるものでしょう。

 

 

ユーラシア旅行社で行くブルガリアのプライペート・バラ祭り
カザンラクの村人たち
ユーラシア旅行社でいくプライベート・バラ祭り。村人たちがバラのレイを首にかけてくれます。
村人たちがバラのレイを首にかけて歓迎してくれます。
ユーラシア旅行社でいくブルガリアツアー
バラ摘みにも挑戦!村人たちがお手伝いします
ユーラシア旅行社でいくブルガリアツアー
香高いバラを使ったローズティーやリキュールを味わってみましょう
ユーラシア旅行社でいくブルガリアのバラ祭り。プライベートバラ祭りで一緒楽しみましょう
村人たちがダンスを披露します
ユーラシア旅行社でいくブルガリアツアー
楽しかった時間は、あっという間に過ぎていきます。いつまでも手を振ってお別れです
ユーラシア旅行社でいくブルガリアのバラ祭り。バラ風呂に入って優雅な気分に。
お土産のバラで、バラ風呂はいかがでしょうか?薫り高く優雅な気分に浸れます。

ルーマニア・マラムレシュの復活祭

 未だに荷馬車が通りを往来するような、素朴な暮らしが残るマラムレシュ地方の復活祭。

 前夜の深夜ミサではひとかけのパンと聖なる火を灯したロウソクを持ち帰り、朝になると食べ物を入れたバスケットを持ち教会を訪れます。ミサで司祭が聖水や香をバスケットに施し、人々はこれを持ち帰り朝食を食べるのです。


 『クリストス、アンビアータ!(キリストが復活したね!)』


 ぜひこのあいさつを覚えて、一緒に復活祭を祝いましょう。

ルーマニア・復活祭で祝福されたバスケットを持つ少年
祝福されたバスケットを持つ少年

ルーマニア・シビエル村のイスパス祭

 キリスト昇天祭であるイスパス祭。

 若者達が司祭を出迎えミサが始まります。独特なのはレオシュタンというセロリの葉っぱで互いの頭を叩いて無病息災を祈ること。昔ながらのルーマニアを感じる田舎の小さな村祭りです。

ルーマニア/イスパス祭
イスパス祭

ブルガリア・ルーマニアで味わう名物料理

ブルガリアの名物料理

ブルガリア料理/水牛のヨーグルト(イメージ)
水牛のヨーグルト(イメージ)
ブルガリア料理/ムサカ(イメージ)
ムサカ(イメージ)
ブルガリア料理/カヴァルマ(イメージ)
カヴァルマ(イメージ)

ルーマニアの名物料理

ルーマニア料理/サルマーレ(イメージ)
サルマーレ(イメージ)
ルーマニア料理/ママリガとサルマーレ(イメージ)
ママリガとサルマーレ(イメージ)
ルーマニア料理/パパナッシュ(イメージ)
パパナッシュ(イメージ)
ルーマニア/ドラキュラ生家でのドラキュラメニュー(イメージ)
ドラキュラ生家でのドラキュラメニュー(イメージ)
ルーマニア/ドラキュラ生家でのドラキュラメニュー(イメージ)
ドラキュラ生家でのドラキュラメニュー(イメージ)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット