ユーラシア旅行社で訪ねる2017年新登録世界遺産

ユーラシア旅行社のツアーで訪問することができる2017年に新たに登録された世界遺産を紹介いたします

ユーラシア旅行社で行く福建省ツアー
コロンス島にて
アフロディシャス(トルコ)
アフロディシャス(トルコ)
英国湖水地方
英国湖水地方

2017年7月にポーランドで開催されたユネスコ世界遺産委員会で、今年も新たに世界遺産が登録されました。

このうち、ユーラシア旅行社の旅で訪れるお勧めの新世界遺産をご紹介いたします。

『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群(国内)

九州・宗像本土より約60kmの玄界灘沖に浮かぶ沖ノ島。“海の正倉院”と呼ばれ、4世紀後半より500年に亘り、大陸との交流が行われ、また、航海の安全を祈願し、大量の奉献品を用いた大規模な祭祀が執り行われました。8万点にも及ぶ奉献品は全て国宝に指定されています。現在でも、島全体が信仰の対象とされ、保護・管理され、信仰の伝承を物語る物証として、九州本土・宗像の関連遺産とともに、新世界遺産に登録されました。

【沖ノ島を訪れるツアー】

祝!世界遺産決定!沖ノ島・宗像を極める旅 3日間

沖津宮遥拝所/大島 提供:宗像大社
沖津宮遥拝所/大島 提供:宗像大社

古都アハマダバード(インド)

15世紀、時のスルタンによって建設された城塞都市アハマダバード。現在は西インド・グジャラート州の州都で、サーバルマティー川両岸に広がる町には、珠玉の建築群が見られます。数多くのモスク、ヒンドゥー寺院、ジャイナ寺院があり、階段井戸が幾世紀を超えて往時の栄華を今に伝えます。また、ル・コルビュジエの建築作品があることでも知られます。
アハマダバードは、マハトマ・ガンジーがインドの独立運動を始めた都市で、民族運動発祥の地でもあります。
ハティーシン・ジャイナ教寺院
ハティーシン・ジャイナ教寺院

サンボール・プレイクック(カンボジア)

カンボジアの中央部、シェムリアップと首都プノンペンの中間部分に位置するサンボール・プレイクック。
7世紀初頭、チェンラ王国(真臘)の王都イーシャナプラとされる都城遺跡群です。「豊かな密林」の意味の通り、樹木が青々と生い茂る自然の中に佇みます。
サンポール・プレイクックの代表的な建築様式は、八角形の祠堂。また、上半身が鷲、下半身がライオンのグリフォン像の彫刻が見られ、ヘレニズム文化がこの地にまで及んだ可能性が指摘されています。
真臘が扶南を呑み込み強大化したプレ・アンコール期。サンボール・プレイクックは、あの「大唐西域記」にも伊賞那補羅国(イーシャナプラ)として登場し、当時、国外にも広くその繁栄が知れわたっていた様子がうかがわれます。
サンボール・プレイクック
サンボール・プレイクック

【サンボール・プレイクックを訪れるツアー】

全日空プノンペン直行便利用 アンコール遺跡を極める旅 9日間

コロンス島(中国・福建省)

福建省南東部、台湾の対岸に浮かぶ面積2平方キロ足らずの小島がコロンス島。アモイから船で20分の距離にあります。一年を通して温暖な気候とその街並みの美しさから「海上花園」とも称されます。
アヘン戦争後の南京条約によってアモイが開港された際、コロンス島には諸外国の公館や商館が軒並み建てられました。現在も、伝統的な建物から、租界時代の歴史的建造物まで、様々な建築様式の建物が残り、まるで建築の博物館の様相です。
コロンス島は著名ピアニストを輩出した音楽の島としても知られます。
ユーラシア旅行社で行く福建省ツアー
コロンス島の海天堂講

古都ヤズド(イラン)

イランの中心部にあり、シルクロードの交易で古くから栄えてきました。
砂漠の厳しい気候の条件下、カナートと呼ばれる地下水路と風取り塔バードギールによる天然の冷房設備が考案されて独自の発展を遂げます。各家に配備されたバードギールはベージュ色のこの町のアクセントともなっています。
近代化の波から逃れたヤズド。伝統的住居やハマム、バザール、モスク等が往時をしのばせます。
ヤズドはまたゾロアスター教の聖地でもあり、拝火教寺院をはじめ、沈黙の塔がある町としても知られます。
金曜日のモスク(イラン)
金曜日のモスク(イラン)

アフロディシャス(トルコ)

トルコ南東部にあり、愛と美の女神アフロディーテにちなんで名付けられた古代遺跡です。町のシンボル、アフロディーテ神殿の建造は紀元前3世紀にさかのぼり、その約一世紀後にアフロディシャスの町が建設が始まります。
アフロディシャスは、近郊で良質の大理石が産出されることで繁栄しました。その後、何世紀もの間、山土が遺跡を覆いかぶさったことで、損傷から免れました。数万人を収容できるローマ式競技場をはじめ、神殿群やアゴラや浴場、また発掘された彫像も保存状態の良さが目を引きます。
アフロディシャス(トルコ)
アフロディシャス(トルコ)

【アフロディシャスを訪れるツアー】

トルコ物語 ~東西文明の十字路トルコを極める~ 15日間

湖水地方(英国)

氷河活動によって生成された湖のほとりに人々が住み、見事に自然と人工物が融合した景観を生み出したイギリスの湖水地方。湖畔には素朴な農村、馬や羊が憩います。ワーズワースはじめ多くの芸術家を魅了してきました。
ピーターラビットでおなじみのビアトリクス・ポターが愛し、守り、他界後もナショナル・トラストにその保護を任せたことでも有名です。
湖水地方
湖水地方にて

【湖水地方を訪れるツアーはこちら】

イギリスツアー一覧

15~17世紀ベネツィアの防衛施設(ザダル、シーベニック、コルチュラ/クロアチア)

古来より多くの民族が行き交い覇権を争ったアドリア海。中世、十字軍との連携で勢力を大きく拡大したのがベネツィアでした。目まぐるしく変わる周辺国との勢力図の中で、より支配を盤石とするために、当時の最先端の軍事技術をもって築いたのがザダル、シーベニックの市壁やコルチュラの街(現在の旧市街)でした。
マルコ・ポーロのルーツであるコルチュラや、15~16世紀ルネサンス様式の聖ヤコブ教会が既に世界遺産のシーベニックはそんな歴史の証人であり、今も趣ある街を散策すれば往時に思い馳せることができるでしょう。
コルチュラ島
コルチュラ島、ヴェネツィアの紋章が刻まれた門

【コルチュラ島も訪れるツアーはこちら】

スロベニア・クロアチア物語 16日間

 

【ザダル、シーベニックを訪れるツアーはこちら】

クロアチアツアー一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーラシア旅行社の
海外ツアー、海外旅行
「ユーラシアの旅」

旅本来の満足を追究しその喜びがお客様の人生の隅々まで行き渡ることが私たちの願いです。

 

電子パンフレット