フィリピン大周遊 10日間 AP10

ルソン島、セブ島、ボホール島の3島を巡り、フィリピンの歴史・自然・文化に触れる旅

ユーラシア旅行社のフィリピン バナウェ

バナウェの棚田

ユーラシア旅行社のフィリピン ビガン

パワイ教会

ツアーのポイント

  • ●バナウェのライステラスや古都ビガン、バロック教会群など、ルソン島北部に点在する世界遺産を丁寧に訪問。
  • ●ボホール島では、好評のイルカ・ウォッチングクルーズにもご案内。絶景チョコレートヒルズや世界最小サイズの猿「ターシャ」にも出会えます。
  • ●子豚の丸焼きレチョンや、フィリピン人のおふくろの味、シニガンスープなど趣向を凝らした名物料理をお楽しみください。
  • ●最少催行人員10名~最大15名の少人数ツアーです。

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □成田空港に出発約2時間前に集合。 朝:×
昼:機
夕:×
【 ラワグ又は代替都市 泊 】
東京 午前
飛行機
■午前、空路、フィリピン航空にて、マニラで乗り継ぎ、ルソン島北部の玄関口ラワグへ。
ラワグ
2 ラワグ 午前
バス
■朝食後、ラワグの市内観光『北のマラカニアン宮殿』、「聖ウィリアム大聖堂」世界遺産に指定されている「パワイ教会(サン・オウガスチン教会)」にご案内します。 朝:○
昼:名
夕:○
【 バギオ 泊 】
(ビガン) ■その後、16世紀後半の植民地の町で、保存状態の良いスペイン建築が残る世界遺産の古都ビガンの散策もお楽しみ下さい。
※ご希望の方は、ビガンにて馬車(カレッサ)にもお乗り頂きます。
★昼食は、ビガン市内レストランにて国魚バゴスをご用意。
夕刻 ■また、サンタ・マリアにある装飾や建築にイスラムや中国の影響が見られる世界遺産の「アスンシオン教会」を見学します。
(サンタ・マリア)
バギオ
■その後、高原の町バギオへ。
3 バギオ 午前
バス
■朝食後、バギオ市内観光。「バギオ大聖堂」「マインズ・ビュー・パーク」「ザ・マンション」にご案内します。その後、高原の町サガダへ。 朝:○
昼:名
夕:名
【 サガダ 泊 】
サガダ 夕刻 ★昼食はフィリピン庶民の味シニガンスープ、夕食は、サガダ名物の鶏肉料理ピニックピカンです。
4 サガダ 午前
バス
■朝食後、100年以上前にサガダ独特の埋葬方法で埋葬された棺「ハンギング・コフィン」やサガダに暮らすイグロット民族独特の模様を織る「織物工房」の見学にご案内します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 バナウエ 泊 】
■その後、バナウェに向けて出発します。
(ボンドック) ■途中、『ボントック博物館』に立ち寄り、イフガオ族の歴史展示品をご覧頂きます。
バナウェ 午後 ■到着後、世界遺産の「コルディリェーラ棚田(バナウェのライステラス」を見渡せる「バナウェビューポイント」にご案内します。
★夕食後、地元の民族舞踏ショーをお楽しみ下さい。
5 バナウェ滞在
(棚田ウォーキング)
■午前、「タムアン村」へのウォーキングにご案内します(片道約15分)。その後、再び世界遺産・「コルディリェーラ棚田(バナウェのライステラス」を見渡せる「バナウェ・ビュー・ポイント」へご案内します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 バナウエ 泊 】
■午後、フィリピン人独特の乗り合いバス(ジープ二ー)をチャーターして、「バンアガン村(イフガオ族の村)」」を訪れます。美しい棚田を愛でながら、ウォーキングをお楽しみ頂きます(片道約40分)。
6 バナウェ
バス
■朝食後、マニラへ向かいます。 朝:○
昼:○
夕:名
【 マニラ 泊 】
(キアンガン)
(バレテ峠)
■途中、キアンガンの「山下大将降伏の碑」やバレテ峠の「戦争記念碑」をご覧頂きます。
マニラ 夕刻 ★夕食は、スペイン料理をお楽しみ下さい。
7 マニラ ■午前、マニラ市内観光へ。「リサール公園」「サンチャゴ要塞」や『カサ・マニラ』「マニラ大聖堂」、世界遺産の「サン・オウガスチン教会」にご案内致します。 朝:○
昼:○
夕:名
【 ボホール島(パングラオ島) 泊 】
★夕食は、シーフード料理をお召し上がり下さい。
午後
飛行機
■午後、空路、青い海と白いビーチが美しい、ボホール島へ。
ボホール島 午後
8 ボホール島滞在 ■早朝、ドルフィン(イルカ)・ウォッチングクルーズにご案内します(約2時間)。(※クルーズは他のグループのお客様との混載です。荒天の際はクルーズが中止になることもございます。また、動物はご覧頂けない場合もございます。) 朝:○
昼:○
夕:○
【 ボホール島 (パングラオ島)泊 】
■朝食後、「チョコレートヒルズ」にご案内します。高さ30~40mの円錐形の小山が1200個連なり、独特の景観が広がります。
★昼食はロボク川のリバークルーズを楽しみながらお召し上がり頂きます。爽快な風に吹かれて、両岸にそびえるココナツやニッパヤシを愛でながら、約1時間のクルーズです。
■また、コレリャ村にある、世界最小といわれる原始猿『ターシャの保護施設』にご案内します。
9 ボホール島 午前
船舶
■朝食後、フェリーでセブ島に向かいます。 朝:○
昼:○
夕:名
【 セブ(セブシティ又はマクタン島) 泊 】
セブ島 午前 ■着後、セブ市内観光にご案内します。
■奇跡を呼ぶと信じられた「マゼランクロス」「サントニーニョ教会」、フィリピン最少最古の要塞「サンペドロ要塞」「カンボンマーケット」「州庁舎」にご案内します。
★夕食はセブ島名物レチョン(子豚の丸焼き)とデザートにハロハロ(フィリピン風かき氷)をお楽しみ下さい。
10 セブ島
飛行機
■朝、空路(マニラ乗り継ぎ)、帰国の途へ。 朝:弁
昼:機
夕:×
東京 ■昼、成田空港到着。通関後、解散。(※手配の都合上、夜、成田着の航空便となる場合もございます。)

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約3,550円(16年06月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
18年03月09日 378,000円 69,000円 +150,000円 予 残席僅か 仮予約

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌)
国内線手配料金:往復20,000円 片道10,000円(税別)
利用予定航空会社 フィリピン航空
利用予定ホテル <ラワグ>フォート イロカンディア又は同等クラス
<バギオ>プリンス・プラザ・ホテル又は同等クラス
<サガダ>イゴロット・イン又は同等クラス
<バナウエ>バナウェホテル又は同等クラス
<マニラ>ヘリテージ又は同等クラス
<ボホール島>アマレラ・リゾート又は同等クラス
<セブ>マルコポーロ・プラザ・セブ又は同等クラス
食事回数 朝食:9回・昼食:8回・夕食:8回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 10名(最大15名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 不要
旅券残存有効期間 フィリピン出国時6ヶ月以上必要
査証欄余白 見開き2ページ以上

重要事項

  • ※ビジネスクラスをご利用区間は成田~マニラ、セブ~成田間となります。詳しくはパンフレットをご覧下さい。
  • ※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、事前にご確認のうえお申し込みください。
  • ※1/14発は、シヌログ祭にご案内します。逆回りの日程となりセブ島2泊、ボホール島1泊です。セブ市内観とカサマニラの観光は割愛します。帰国便は成田空港に夜到着です。
  • ※第8日目に訪れる原始猿ターシャの保護施設では、場合によってはターシャを間近でご覧いただけない場合もございますので予めご了承下さい。
  • ※本ツアーでは、未舗装の山道などを通行することが多いため、、15~22名乗りの中型バス(コースター)を利用します。
  • ※第4日目のボントック博物館は事前の予告なく閉館となる場合がございます。予めご了承下さい。
  • ※ミネラルウォーターを1日1本ご用意します。(航空機での移動日を除く)

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1440
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加