ダナキル砂漠と北エチオピアの世界遺産周遊 13日間 BCD3

【中級ハイキング】ダナキル砂漠、エルタ・アレ火山、北エチオピアの世界遺産を訪れます。ラリベラでは2連泊して第一と第二教会群をじっ
くり見学!

エチオピア、エチオピアツアー

エルタ・アレ火山

ユーラシア旅行社 エチオピア ラリベラ 聖ギオルギス(ジョージ)教会

聖ギオルギス(ジョージ)教会

ツアーのポイント

  • ●大地溝帯が造り出した自然の芸術、ダナキル砂漠、アフデラ湖を極める旅。アフデラ湖では浮遊体験も!
  • ●1月12日・14日出発はティムカット祭にもご案内。折角訪れるなら、神聖なるエチオピア正教の一面もご覧下さい。
  • ●6名催行、最大14名限定ツアー。
  • ●コンパクトな日程でダナキル砂漠を周遊。ダナキル砂漠に加え、エチオピア正教の聖地、ラリベラやアクスムも訪れます。
  • ●アハメッドエラのテント泊の際は、おひとり様1基テントをご用意致します。また、簡易お手洗いテントや簡易シャワーテントも設置し、秘境の中でも可能な限り快適にお過ごし頂けるよう最大限対応致します。
  • ●ミネラルウォーターを毎日、お1人様につき1本ご用意します。(航空機での移動日を除く)

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □成田空港に出発2時間前に集合。 朝:×
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
東京
飛行機
■夜、空路、香港経由、エチオピアの首都アディスアベバ乗り継ぎ、南エチオピア観光の拠点アルバミンチへ。
2 アルバミンチ 午後
バス
■着後、ロッジへ。 朝:機
昼:弁
夕:○
【 アルバミンチ/絶景を望むパラダイスロッジ 泊 】
3 アルバミンチ滞在
(コンソ族の村)
■朝食後、コンソに向かい、世界遺産にも登録された要塞化された集落からなる「●コンソ族の村」と石垣を備えた見事な「●段々畑」へご案内します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 アルバミンチ/絶景を望むパラダイスロッジ 泊 】
(チャモ湖) ■午後、ワニやカバなどが生息し、水鳥の宝庫とも称されるチャモ湖でボートサファリをお楽しみ下さい。
4 アルバミンチ
(ドルゼ族)

バス
■朝食後、チェンチャ村では、竹やニセバナナの葉で作った「●ドルゼ族特有の家」をご覧頂きます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 メケレ 泊 】
アルバミンチ 午後
飛行機
■午後、空路、アディスアベバ乗り継ぎ、エチオピア北部の町メケレへ向かいます。
メケレ
バス
■着後、ホテルへ。
5 メケレ
4WD
■早朝、4WDで、ダナキル砂漠北部のアハメッド・エラへ。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 アハメッド・エラ/テント 泊 】
アハメッド・エラ
(ダロール火山)
午後 ■着後、ダロール地区の観光。「●塩の採掘場」、ウユニ塩湖のような「●アサレ塩湖」、高さ50mもの「●塩の奇岩群」、極彩色の「●ダロール火山」の奇景を観光します。
6 アハメッド・エラ 早朝 ■早朝、塩のキャラバンルートを往くラクダの隊商を求めて散策。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 エルタ・アレ火山/野天 泊 】
午前
4WD
■朝食後、エルタ・アレ火山のエル・ドーム・ベースキャンプへ。
(エル・ドーム・ベースキャンプ) 徒歩 ■着後、エルタ・アレ火山山頂(標高613m)下キャンプ地へのトレッキング。(歩行距離:約11km、所要時間:約3.5時間、高低差:約360m)
エルタ・アレ ■着後、仮眠します。※その時の火山活動の状況に応じて、より溶岩をご覧頂ける可能性が高くなるよう行程や訪問火口(南又は新火口)を決定致します。
★天候に恵まれれば、満点の星空がご覧頂けます。
7 エルタ・アレ山頂 未明
徒歩
■未明、南火口又は新火口に上がり、暗がりから暁天にかけての火口の様子を眺望します。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 メケレ 泊 】
(エル・ドーム・ベースキャンプ) ■その後、エル・ドーム・ベースキャンプへ下山します。
午前
4WD
■下山後、ティグレ州の州都メケレへ向かいます。
(アファール族の村) 午後 ■途中、遊牧生活を続ける「●アファール族の村」、「●アフデラ塩湖」を見学します。
メケレ 夕刻 ☆ご希望の方は、アフデラ湖では、死海のような浮遊体験や川の天然プールで温泉体験をお楽しみ下さい。(水着は日本よりご持参下さい。)
8 メケレ
バス
■朝食後、古代アクスム王国の首都アクスムへ向かいます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 アクスム 泊 】
■途中、メケレ近郊にあるラリベラの岩窟教会群より以前に建造されたティグレの岩窟教会群の見学へ。内部に美しいフレスコ壁画が残る「●アブレハ・アツベハ教会」、ラリベラの岩窟教会群のモデルになったエチオピア最古の岩窟教会「●ウクロ・キルコス教会」にご案内します。
アクスム 午後
9 アクスム滞在 ■終日、エチオピア最古の王朝で当時繁栄を極めた古都アクスムの観光へ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 アクスム 泊 】
■世界最大級の一枚岩の謎の「●オベリスク」を見学。また、モーセが神から授かった〝十戒〞を刻んだ石版を収めたアークが秘蔵されていると云われる「●シオンの聖母大聖堂」にご案内します。
■また、6世紀頃に建造され、今もなお発掘作業が行われている「●カレブ王の地下墳墓」にも立ち寄ります。
10 アクスム
飛行機
■昼、空路、世にも稀な岩窟寺院で有名なラリベラへ向かいます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 ラリベラ 泊 】
ラリベラ
バス
■着後、驚異のラリベラ岩窟教会群の観光。「◎聖救世主教会を含む第1教会群」と、十字架の形をした「◎聖ギオルギス(ジョージ)教会」をご覧頂きます。
★ご夕食は、エチオピア音楽と舞踊を鑑賞しながらお召し上がり下さい。
11 ラリベラ滞在 ■朝食後、前日に引き続き、ラリベラ岩窟教会を観光。「◎聖マルコリオス教会や聖エマニュエル教会を含む第2教会群」を見学します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 ラリベラ 泊 】
■午後、ラリベラ郊外にある、洞窟をそのまま利用した「◎ナクタラブ教会」へご案内。又、敬虔なキリスト教徒の住む「●ラリベラの村」を訪れます。
★午後、エチオピアの伝統的なコーヒーセレモニーをお楽しみ下さい。
12 ラリベラ 午前
飛行機
■午前、空路、アディスアベバに向かいます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 機中泊 】
アディスアベバ 午前
バス
■着後、エチオピアの守護聖人を祀る「●聖ギオルギス教会」、二足歩行の原人の化石〝ルーシー〞が展示されている「◎考古学博物館」にご案内します。また、街を一望できる「●エントット山」にも立ち寄ります。
アディスアベバ 深夜
飛行機
■深夜、空路、香港経由、帰国の途へ。
13 東京 ■夜、成田空港着。通関後、解散。 朝:機
昼:機
夕:×

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約9,550円(17年05月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
17年12月22日 ジャカランダ 628,000円 48,000円 +370,000円 決 要問合せ 仮予約
18年01月12日 ティムカット祭・新月周辺 618,000円 48,000円 +370,000円 決 残席僅か 仮予約
18年02月09日 新月周辺 618,000円 48,000円 +370,000円 決 残席僅か 仮予約

別日程の旅行料金表

出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 日程
詳細
18年01月14日 追加設定・ティムカット祭 618,000円 48,000円 +370,000円 決 残席僅か 日程

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 エチオピア航空
利用予定ホテル <アルバミンチ>パラダイス ロッジ
<メケレ>プラネット又は同等クラス
<アハメッド・エラ>テント
<エルタ・アレ火山>野天
<アクスム>サビアン インターナショナル ホテル又は同等クラス
<ラリベラ>ロハ又は同等クラス
食事回数 朝食:10回・昼食:11回・夕食:11回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 6名(最大14名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 必要(エチオピア)
渡航手続手数料:5500円(税別)、査証代計:US$52
必要書類:
●旅券(パスポート)のコピー(カラー)
旅券の顔写真・旅券番号・姓名・生年月日などが記載されているページの見開きのカラーコピ-

証明写真:1枚(縦4.5cm×横3.5cm)
※3ヶ月以内に撮影したもの。スナップ写真などの素人写真不可。

注意事項:
★必要書類をご出発の3週間前までに届くよう簡易書留郵便にてご送付下さい。
到着が遅れますと、ビザを取得できない場合がございますのでご注意下さい。
旅券残存有効期間 入国時6ヶ月以上
査証欄余白 2頁以上必要

重要事項

  • ※出入国手続き上、黄熱病予防接種証明書(イエローカード)は不要ですが、予防接種をお受けになられることをお勧めします。詳しくはパンフレットをご請求下さい。
  • ※2016年秋からエルタ・アレの火山活動活発化に伴い、溶岩湖(火口部)の変形が見られ、2017年1月には新火口も出現しております。2月以降も火口付近の地形が頻繁に変形している為、ツアーでは安全を第一に、その時の火山活動の状況によって南火口又は新火口にご案内致します。
  • ※火山活動が活発化している為に、溶岩(溶岩流)の噴出回数も増加傾向にありますが、自然現象の為、溶岩の噴出や溶岩流がご覧頂けない場合もある事をお含みおき下さい。
  • ※ダロール地区のダロール火山及びアサレ湖に溜まる水は、前後の雨量により、写真と同様の風景をご覧頂けない場合もございます。予めご了承下さい。
  • ※12月22日出発では例年アディスアベバ市内でジャカランダが見頃を迎えます。ジャカランダは、その年毎の様々な気象や天候に伴って、花の時期は前後します。その為必ずしも満開の花をご覧頂けるとは限りませんので予めご了承下さい。
  • ※エチオピア国内線のスケジュールは非常に流動的です。変更、遅延等により観光順序が変更となったり、観光内容が変わる場合がございます。予めご了承下さい。
  • ※新月周辺の出発日は、新月の前後3日間にダナキル砂漠(アハメッド・エラ又はエルタ・アレ火山山頂)にご宿泊です。天候に恵まれれば星空観賞もお楽しみください。(気象条件によってはご覧頂けない場合もございます。予めご了承下さい。)
  • ※現地での観光、宿泊地、利用ホテル、利用航空会社につきましては、パンフレットをご請求下さい。
  • ※イヤホンは使用しません。
  • ※トレッキングに関しましては、パンフレットをご請求下さい。
  • ※ビジネスクラスをご希望の方は、パンフレットをご請求下さい。ビジネスクラスご利用区間は成田⇔アディスアベバ間のみです。
  • ※当ツアーのご参加にあたりパンフレットの「ご案内とご注意」を必ずご一読下さい。
  • ※テント泊及び野天泊では寝袋(夏用)が必要です。お持ちでない方には有料で貸し出し致します。詳細は催行決定時にご案内します。
  • ※ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき1本ご用意します。(航空機での移動日を除く)

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1450
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加