マダガスカル大周遊大ツィンギー巨大バオバブとサザンクロス街道 17日間 BM17

マダガスカルを縦断する“サザンクロス街道”ことルート7を縦断し、各地の国立公園や沿道の町々を訪れます。もちろんツィンギーやバオバ
ブも堪能!

サザンクロス街道とボネ・ド・パップ(奥)

サザンクロス街道とボネ・ド・パップ(奥)

アンドヴァドアカの巨大バオバブ

アンドヴァドアカの巨大バオバブ

ツアーのポイント

  • ●沿道に様々な国立公園や絶景が並び、人々の暮らしにも触れる事ができる“サザンクロス街道”ことルート7を完全走破します。
  • ●石灰石が侵食されて形成された独特の景観が見られる、近年人気の観光地ベマラハ国立公園では、大ツィンギー・コースのハイキングにご案内します。(ご不安な方はガイドが小ツィンギーにご案内致します)
  • ●ムルンダヴァに加え、アンドンビリーやアンダヴァドアカに群生する巨大なバオバブもご覧頂きます。通常のバオバブの並木道とは違う、巨大なバオバブ〝太っちょバオバブ″の群生地帯はまさに絶景!
  • ●マダガスカルのエアーズロックと称されるボネ・ド・パップのあるラヌマファナ国立公園にもご案内!
  • ●ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき一本ご用意いたします。(航空機での移動日を除く)

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □成田空港に出発2時間前に集合。 朝:×
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
東京
飛行機
■夜、空路、香港経由、アディスアベバ乗継ぎ、マダガスカルの首都アンタナナリヴへ。
2 アンタナナリヴ 午後 ■着後、ホテルへ。 朝:機
昼:×
夕:○
【 アンタナナリヴ 泊 】
3 アンタナナリヴ 午前
バス
■朝食後、アンタナナリヴ市内観光。マダガスカルを統一したメリナ王朝の首都があったアンブヒマンガの丘の王領地を訪ね、たった一部屋しかない王宮跡「●ルバ」にご案内します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 アンツィラベ 泊 】
アンツィラベ ■その後、サザンクロス街道の中継地アンツィラベへ。
4 アンツィラベ バス ■朝食後、バオバブの並木道で有名なムルンダヴァへ。
★中央高原のアンツィラベ(海抜約1,500m)から海岸線のムルンダヴァまで徐々に下り、刻々と変わりゆくマダガスカルの風景を車窓からお楽しみください。"
朝:○
昼:弁
夕:○
【 ムルンダヴァ 泊 】
ムルンダヴァ ■着後、「●双子のバオバブ」、「●愛し合うバオバブ」もご覧頂きます。
★天候に恵まれれば、幻想的な夕焼けに染まるバオバブの並木道もご覧頂けます。
5 ムルンダヴァ
(ベタニア漁村)
朝:○
昼:○
夕:○
【 ベクパカ 泊 】
4WD ■その後、4WDにて、ツィンギー観光の拠点となる町ベクパカに向かいます。(途中、渡し舟に車を乗せ、2つの川を渡ります。)
ベクパカ
6 ベクパカ滞在
(べマラハ国立公園)
4WD ■朝、ベマラハ国立公園へ。無数の針山のような奇岩が広がる大ツィンギー・コースのハイキングをお楽しみ下さい。(歩行時間約4~5時間、歩行距離約4㎞、標高差約200m) 朝:○
昼:弁
夕:○
【 ベクパカ 泊 】
★大絶景の吊橋を渡ったり、洞窟の中を歩いたり、針山を上り下りしながら大ツィンギーをご堪能下さい。
★大ツィンギーへのご参加がご心配な方は、専門ガイドと小ツィンギー・コース(所要時間1~2時間)のハイキングとマナンブル川のカヌークルーズにご案内します。(その場合、添乗員は同行しません)
7 ベクパカ
4WD
■朝食後、4WDにて、ムルンダヴァに戻ります。(途中、渡し舟に車を乗せ、2つの川を渡ります。) 朝:○
昼:○
夕:名
【 ムルンダヴァ 泊 】
ムルンダヴァ
(ベタニア漁村)
■着後、ピローグ(丸木船)に乗ってベタニア漁村を訪問し、素朴な人々の暮らしをご覧頂きます。
ムルンダヴァ ★夕食はシーフード料理をお召し上がり下さい。
8 ムルンダヴァ 4WD ■朝食後、ムルンダヴァ近郊の観光。〝星の王子様〟の名脇役「●バオバブの並木道」へご案内します。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 マンジャ 泊 】
■観光後、マンジャに向かいます。
マンジャ
9 マンジャ 4WD ■朝食後、巨大バオバブの観光拠点、アンダヴァドアカへ向かいます。(途中、渡し舟に車を乗せ、川を渡ります。) 朝:○
昼:○
夕:○
【 アンダヴァドアカ 泊 】
(アンドンビリー) ■途中、世界最大級のバオバブが見られるアンドンビリーにて、「●樽型のバオバブ」をご覧頂きます。
アンダヴァドアカ
10 アンダヴァドアカ滞在 4WD ■朝食後、終日、アンダヴァドアカ周辺の観光。 朝:○
昼:○
夕:○
【 アンダヴァドアカ 泊 】
■アンダヴァドアカ近郊の巨大バオバブの群生地へ。ユニークな姿のバオバブが点在しています。
★天候に恵まれれば、巨大バオバブの群生地にて夕日を見学します。
11 アンダヴァドアカ 4WD ■朝食後、西海岸の街、チュレアールへ向かいます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 チュレアール 泊 】
★ご昼食は、インド洋の美しい海に面したサラリーベイにてお召し上がり下さい。
チュレアール ■着後、簡単な市内散策をお楽しみ下さい。
12 チュレアール バス ■朝食後、アンタナナリヴまで続くサザンクロス街道に入り、イサロ国立公園を目指します。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 ラノヒラ 泊 】
(イサロ国立公園) ■着後、マダガスカルの〝グランドキャニオン〞と称される雄大な峡谷風景の中をハイキングし、パノラマ広がる「●展望台」や神秘的な「●ナチュラルプール」にご案内します。(歩行時間約4時間、歩行距離約6km)
ラノヒラ
13 ラノヒラ バス ■朝食後、サザンクロス街道の北上を続け、フィアナランツァを目指します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 フィアナランツア 泊 】
■途中、マダガスカルのエアーズロックと呼ばれる「●ボネ・ド・パップ」を望みます。
■また、特徴的な模様を持つマダガスカルの紙工房に立ち寄ります。
フィアナランツア
14 フィアナランツア
(ラヌマファナ国立公園)
■午前、ラヌマファナ国立公園内でジャングルウォークにご案内します。(歩行時間約2.5時間、歩行距離約6km、標高差200m)) 朝:○
昼:○
夕:○
【 フィアナランツア 泊 】
■午後、シデクザムのティープランテーションにご案内します。
フィアナランツア
15 フィアナランツア ■朝食後、サザンクロス街道の最終区間を通ってアンタナナリヴに戻ります。 朝:○
昼:○
夕:○
【 アンタナナリヴ 泊 】
★起伏の多いこの一帯には、のどかな棚田風景がところどころ車窓からご覧頂けるでしょう。
アンタナナリヴ
16 アンタナナリヴ ■朝食後、マダガカスカルの固有動植物が見られる「◎ツィンバザザ動植物園」にご案内します。 朝:○
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
アンタナナリヴ 午後
飛行機
■午後、空路、アディスアベバ乗継ぎ、香港経由帰国の途へ。
17 東京 ■夜、成田空港到着。通関後、解散。 朝:機
昼:×
夕:×

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約16,750円(17年01月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
17年10月04日 追加設定・ジャカランダ 608,000円 79,000円 +450,000円 決 残席僅か 仮予約
17年10月11日 2万円値下げ・ジャカランダ 608,000円 79,000円 +450,000円 決 要問合せ 仮予約

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 エチオピア航空
利用予定ホテル <アンタナナリヴ>カールトン又は同等クラス
<アンツィラベ>フラワー・パレス又は同等クラス
<ムルンダヴァ>バオバブカフェ又は同等クラス
<ベクパカ>オルンプ・デュ・ベマラハ又は同等クラス
<ムルンダヴァ>バオバブカフェ又は同等クラス
<マンジャ>カント又は同等クラス
<アンダヴァドアカ>ラグーナ・ブル又は同等クラス
<チュレアール>アマゾンホテル又は同等クラス
<ラノヒラ>サトラナ ロッジ又は同等クラス
<フィアナランツア>スアフィア オテル又は同等クラス
<アンタナナリヴ>カールトン又は同等クラス
食事回数 朝食:14回・昼食:13回・夕食:14回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 10名(最大18名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 必要(マダガスカル)
渡航手続手数料:5500円(税別)、査証代計:2990円
必要書類:
●旅券(パスポート)※ご出発の3週間前を目処にお送り下さい。

証明写真:1枚(3.5cm×4.5cmまたは5cm×5cm)
注意事項:
★必要書類をご出発の3週間前までに届くよう簡易書留郵便にてご送付下さい。
到着が遅れますと、ビザを取得できない場合がございますのでご注意下さい。
旅券残存有効期間 査証申請時6ヶ月以上
査証欄余白 見開き2頁以上

重要事項

  • ※旅券・写真は出発1ヶ月前を目処にご準備下さい。又、お預かりしました旅券はご出発日までご返却できません。
  • ※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
  • ※アンタナナリヴを除くホテルでは、場所柄、基本的にぬるま湯のシャワーのみとなります。また給水や電力制限がある場合がございます。
  • ※日程内表記および写真を掲載した野生動植物は、ツアー中にご覧頂けない場合もございます。ご了承下さい。
  • ※10月11日の出発日ではアンタナナリヴでジャカランダの花が見頃を迎えます。(ジャカランダはその年毎の様々な気象や天候の変動に伴って、花の時期は前後します。その為、必ずしも満開の花をご覧頂けるとは限りませんので、予めご了承下さい。)
  • ※ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき一本ご用意いたします。(航空機での移動日を除く)
  • ※当コースはハイキング初級コースとなりますが、小ツィンギーにご参加される場合は歩行時間は約1~2時間です。また、大ツィンギーに参加される方は、リュックサック、軍手、歩きやすい靴をお持ち下さい。
  • ※バオバブの並木道の夕焼けは天候によりご覧頂けない場合もございます。予めご了承下さい。
  • ※ビジネスクラスをご希望の方はパンフレットをご請求下さい。
  • ●8日目マンジャの宿泊は、土地柄簡易な宿泊施設にお泊り頂きます。

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1450
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加