知られざる南部アフリカ7ヶ国大周遊~ウガンダ・ルワンダ・モザンビーク・マラウィ・レソト・スワジランドとドラケンスバーグ~ 15日間 BWS5

南部アフリカの知られざる国々と、雄大な山々が連なるドラケンスバーグ、世界遺産イシマンガリソ湿地公園へご案内する、南部アフリカの決
定版ツアー。ウガンダではナイルの源流も訪問します。

モザンビークツアー、モザンビーク旅行

モザンビーク島にて(イメージ)

ドラケンスバーグのツアーはユーラシア旅行社で

ドラケンスバーグの山並み(C)Diriye Amey(CC BY 2.0)

ツアーのポイント

  • ●南部アフリカ2回目の方にお勧め!小国4ヵ国をしっかり巡ります。
  • ●ウガンダではナイル河の源流にもご案内します。
  • ●多くの固有種が生息するアフリカ第3の淡水湖マラウィ湖でのクルーズにご案内。
  • ●世界遺産モザンビーク島でも宿泊してたっぷり観光。
  • ●天空の国、アフリカのスイスと呼ばれるレソトへは日帰りで観光!
  • ●スワジランドでは王国の文化や伝統にも触れます。
  • ●マンゴチ、マプト、ドラケンスバーグでは2連泊!
  • ●早割120キャンペーン実施中!早割120:-10,000円
  • ●ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき一本ご用意します。(航空機での移動日を除く)

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □成田空港に出発の2時間前に集合。 朝:×
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
東京
飛行機
■夜、空路、香港経由、アディスアベバ乗り継ぎ、ルワンダの首都キガリに向かいます。
2 キガリ
バス
■着後、キガリ市内観光。ツチ族とフツ族の悲劇を後世に伝える「◎虐殺記念館」、映画〝ホテル・ルワンダ〞のモデルとなった「●ホテル・ミルコリンズ」にご案内します。 朝:機
昼:×
夕:○
【 キガリ 泊 】
3 キガリ
飛行機
■朝、空路、ウガンダのエンテベへ向かいます。 朝:弁
昼:○
夕:○
【 カンパラ 泊 】
エンテベ
(ジンジャ)
午前
バス
■着後、ビクトリア湖畔のジンジャへ。
午後
船舶
■午後、ボートに乗って、ビクトリア湖と白ナイルの境とされる「●ソース・オブ・ザ・ナイル(ナイルの源流)」にご案内。
午後
バス
■観光後、ウガンダの首都カンパラへ。
■途中、19世紀に栄えたブガンダ王国の歴代の王が祀られている「●カスビドーム」に立ち寄ります。
カンパラ 夕刻
4 エンデベ
飛行機
■朝、空路、ナイロビ乗り継ぎ、マラウィの首都リロングウェへ。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 マンゴチ 泊 】
リロングウェ
バス
■着後、マラウィ湖観光の拠点となるマンゴチへ向かいます。
マンゴチ 夕刻
5 マンゴチ滞在
船舶
■朝食後、数多くの固有種を含む500種類以上もの魚類が生息しているマラウィ湖にて、ボートクルーズをお楽しみ頂きます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 マンゴチ 泊 】
□午後、自由時間。ホテルでお休み下さい。
6 マンゴチ
バス
■朝食後、国境を越え、モザンビークのリシンガへ向かいます。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 リシンガ 泊 】
リシンガ 夕刻
7 リシンガ 午前
飛行機
■午前、空路、ナンプラへ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 モザンビーク島 泊 】
ナンプラ
バス
■着後、世界遺産にも登録されているモザンビーク島へ向かいます。
モザンビーク島 夕刻
8 モザンビーク島
バス
■朝食後、モザンビーク島を散策します。 朝:○
昼:○
夕:弁
【 マプト 泊 】
午前 ■観光後、ナンプラへ戻ります。
ナンプラ
飛行機
■夜、空路、モザンビークの首都マプトへ向かいます。
マプト
9 マプト滞在 ■朝食後、終日マプトの市内観光。ゾウの胎児のホルマリン漬けで有名な「◎自然歴史博物館」へご案内します。 朝:○
昼:○
夕:名
【 マプト 泊 】
■午後、「●ノセ・セニョーラ要塞」、「●マプト駅」、エッフェルが設計した「●鉄の家」に立ち寄ります。
★ご夕食はモザンビーク名物のエビをご用意しました。
10 マプト
バス
■観光後、国境を越え、スワジランドの首都ムババーネに向かいます。 朝:○
昼:弁
夕:○
【 ムババーネ/エズルウィニ地区 泊 】
(ロバンバ) 午後 ■途中、郊外の村ロバンバの簡単な観光へ。「●キング・ソブーサ像」、高さ350mの巨大な花崗岩の岩山「●シベベ・ロック」も訪れます。
★キング・ソブーサは、61年間にわたり即位した人物です。崩御するまで、君主として世界最長の記録を保持しました。
■着後、スワジ王家の都にある「●スワジ文化村」へご案内します。
ムババーネ 夕刻
11 ムババーネ
バス
■朝食後、国境を越え、南アフリカのシュルシュルウェ・ウンフォロージ公園へ向かいます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 シュルシュルウェ・ウンフォロージ公園近郊 泊 】
シュルシュルウェ・ウンフォロージ公園 午後
バス
■着後、ドライブサファリをお楽しみ下さい。
★近隣諸国のサバンナとは異なった緑溢れる公園で、インド洋沿岸に位置するズールーランドで唯一ビッグファイブが生息していることで有名です。
12 シュルシュルウェ・ウンフォロージ公園
バス
■朝食後、ドライブサファリをしながら南北80kmにもわたる広大な敷地面積を誇るグレーター・セント・ルシア(イシマンガリソ)湿地公園へ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 ドラケンスバーグ近郊アンダーバーグ 泊 】
イシマンガリソ湿地公園 午後 ■着後、クルーズサファリをお楽しみ下さい。
★インド洋沿いに広がる公園内では500種以上もの鳥が観来され、バードサンクチュアリとも称されています。
午後
バス
■観光後、ドラケンスバーグ山脈の麓に佇むアンダーバーグに向かいます。
★南アフリカとレソトとの国境を分けるドラケンスバーグ山脈は、その美しき自然とサン族の文化が残り、世界複合遺産にも登録されています。
アンダーバーグ 夕刻 ★宿泊は敷地からドラケンスバーグの偉容を仰げるアンダーバーグに2連泊。
13 アンダーバーグ バス ■朝食後、南アフリカの峻険なる山々の景勝地ドラケンスバーグを通過し、国境を越え、〝アフリカのスイス〞と呼ばれるレソトへ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 ドラケンスバーグ近郊アンダーバーグ 泊 】
(サニ・パス峠) ★サニ・パス(3256m)の峠を越え、レソトへ入国します。美しき山岳風景を車窓からご覧下さい。息を呑む絶景が続きます。
(バソト族の村) ■途中、「バソト族の村」に立ち寄ります。
★年間で300日も晴天に恵まれるレソト王国。標高も平均1500m程で、アフリカのスイスと呼ばれています。
14 アンダーバーグ
バス
■朝食後、ダーバンへ向かいます。 朝:○
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
ダーバン
飛行機
■午後、空路、アディスアベバ乗り継ぎ、香港経由、帰国の途へ。
15 東京 ■夜、成田空港着。通関後、解散。 朝:×
昼:機
夕:×

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約7,590円(16年09月05日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
17年04月05日 限定出発 998,000円 98,000円 +450,000円 決 要問合せ 仮予約

ツアー詳細

発着地 東京発着※国内線手配不可
利用予定航空会社 エチオピア航空
利用予定ホテル <キガリ>ミルコリンズ又は同等クラス
<カンパラ>グランドインペリアル又は同等クラス
<マンゴチ>マココラ リトリート(旧クラブマココラ)又は同等クラス
<リシンガ>ホテルギラッソル又は同等クラス
<マプト>サザンサンマプト又は同等クラス
<モザンビーク島>ホテルオムヒティティ又は同等クラス
<ムババーネ>ルゴゴサン又は同等クラス
<シュルシュルウェ>ズールーニャラ・ヘリテージサファリロッジ又は同等クラス
<アンダーバーグ/ドラケンスバーグ山脈>サニパス又は同等クラス
食事回数 朝食:12回・昼食:11回・夕食:12回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 10名(最大20名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 必要(モザンビーク,マラウイ,ウガンダ,ルワンダ)
渡航手続手数料:5,500円(税別)、査証代計:26,260円
必要書類:
●旅券(パスポート)
●証明写真:8枚(4.5cm×3.5cm)
注意事項:
★必要書類をご出発の3週間前までに届くよう簡易書留郵便にてご送付下さい。
到着が遅れますと、ビザを取得できない場合がございますのでご注意下さい。
旅券残存有効期間 レソト入国時(13日目)6か月以上
査証欄余白 10頁以上(うち見開き2頁X2ヶ所、連続4頁×1ヶ所)

重要事項

  • ※早割120キャンペーン実施中!詳しくパンフレットをご覧ください。
  • ※旅券、写真はご出発の1ヶ月前を目処にご準備下さい。査証取得に3週間以上かかる場合もございます。また、一度、お預かりしました旅券はご出発当日までご返却できません。
  • ※黄熱病予防接種証明(イエローカード)が必要です。詳しくは、パンフレットをご覧下さい。
  • ※予防接種、予防薬については、パンフレットをご覧ください。
  • ※ビジネスクラス、宿泊地、利用予定航空会社、現地での観光、食事に関しましてはパンフレットを必ずお読みください。
  • ※土地柄、小型~中型バスでの移動となります。
  • ※土地柄、ご夫婦でのご参加の場合、ダブルベッド利用になる場合がございます。
  • ※マラウィ湖、イシマンガリソ湿地公園での観光は他のお客様との混乗となる可能性もございます。予めご了承ください。
  • ※モザンビーク島の観光は、宗教行事などにより急な閉館もございます。その場合は代替観光にご案内致しますので予めご了承下さい。
  • ※ムババーネ市内は写真撮影が禁止されている場所が多くあります。ガイドや添乗員の指示に従って頂きますようお願い致します。
  • ※ドラケンスバーグの移動は4WDに分乗して頂きます。また、リシンガ周辺の移動も分乗となる場合がございます。その場合、添乗員が同乗しない場合もございますので予めご了承下さい。
  • ※ほとんどの宿泊地では、ほとんどお湯ではなく、水かぬるま湯のシャワーのみとなります。ロッジによっては、夜間は自家発電設備を止める為、停電致しますので懐中電灯をご準備下さい。
  • ※ミネラルウォーターを毎日、お一人様につき一本ご用意します。(航空機での移動日を除く)

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1450
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加