サウスジョージア島と南極半島 23日間 TN23

キングペンギンの一大営巣地があるキングジョージ島を訪れる南極旅行の決定版!フォークランド諸島も訪れます。

キングペンギン サウスジョージア島にて

間近でキングペンギンに出会える、亜南極のサウスジョージア島

ペンギン,南極クルーズ,南極クルーズ旅行,

ゼンツーペンギン(弊社添乗員撮影)

ツアーのポイント

  • ●日本人コーディネーターが乗船。船内で行われる南極講座やリキャップを日本語同時通訳でお楽しみいただけます。
  • ●船内チップ(30,160円)も旅行代金に含まれていますので別途徴収致しません。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません)
  • <キャビン別旅行代金>(2名1室利用時のお一人様あたりの代金/トリプルは3名1室利用時、シングルルームは1名1室利用時のお一人様あたりの代金)
  • ◎丸窓ツイン(ツインベッド、シャワー付/10㎡/4階):2,980,000円(一人部屋利用追加代金1,200,000円)
  • ◎角窓ツイン(ツインベッド、シャワー付/10㎡/5階):3,180,000円(一人部屋利用追加代金1,300,000円)
  • ◎スーペリア・ツイン(角窓、ツインベッド、シャワー付/19㎡/5・7階):3,580,000円(一人部屋利用追加代金2,300,000円)
  • ◎シングルルーム(内側、シングルベッド、シャワー付/10㎡/5階):2,980,000円
  • ◎トリプルルーム(内側、ツインベッド+上段ベッド、シャワー付/15㎡/4階:2,880,000円
  • ★当ページの【仮予約】ボタンからお申込みの際には、<その他ご連絡事項>欄にご希望キャビンを入力して下さい。

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □成田空港に出発2時間前に集合。 朝:×
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
東京 午後
飛行機
■午後、空路、アメリカ内都市乗り継ぎ、ブエノスアイレスへ。
2 ブエノスアイレス 夕刻 ■着後、ホテルへ。 朝:×
昼:機
夕:×
【 ブエノスアイレス 泊 】
3 ブエノスアイレス 午前
飛行機
■午前、空路、〝世界最南端の街〞ウシュアイアへ向かいます。 朝:○
昼:×
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
ウシュアイア 午後 ■ウシュアイア着後、オーシャン・エンデバーに乗船。
※ブエノスアイレス~ウシュアイア間の航空便は、船会社のチャーター便を利用します。ウシュアイア着後、乗船まで時間がある場合は添乗員が昼食とウシュアイア市内散策にご案内します。(実費をご負担ください)
ウシュアイア 夕刻
船舶
■夕刻、ウシュアイア出港。
4 南大西洋クルーズ ■終日航海日。船内のガイダンスなどへご参加下さい。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
5 フォークランド諸島 【フォークランド諸島(5日目~6日目)】 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
■東フォークランド島と西フォークランド島を訪れます。イワトビペンギン、ゼンツーペンギン、マゼランペンギンなどの多くの営巣地や、亜南極のみで繁殖するキングペンギン、海鳥ではマユグロアホウドリやフォークランドツグミ、フォークランドフナガモなど多様な野生動物をご覧頂ける可能性がございます。
※東フォークランド島のポート・スタンレーには、教会や博物館、イングリッシュパブなどが点在し、町並みはイギリス風で〝辺境の町〞といった魅力があります。
6 フォークランド諸島 ※5日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
7 南極海クルーズ 【南極海クルーズ(7日目~8日目)】 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
■船は南に向かい、南極収束線を越えて航行します。寒冷な南極海流と、大西洋、太平洋、インド洋からくる温暖な海流が混じり合う為、栄養豊かな海となり、世界中の海で最もクジラやアザラシの観察に適しています。
8 南極海クルーズ ※7日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
9 サウスジョージア島 【サウスジョージア島(9日目~12日目)】 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
■南極地域の中でもサウスジョージア島には多種多様な野生動物が生息し、〝南極のガラパゴス〞と呼ばれています。海岸線には10万羽にもおよぶキングペンギンの一大営巣地があり、ミナミゾウアザラシやナンキョクオットセイも数多く生息しています。南極探検中に非業の死を遂げた偉大な探検家、アーネスト・シャクルトンが眠る墓地があります。ここでは、捕鯨基地跡や入植の前線基地跡などをも見学する予定です。
10 サウスジョージア島 ※9日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
11 サウスジョージア島 ※9日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
12 サウスジョージア島 ※9日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
13 南極海クルーズ 【南極海クルーズ(13日目~14日目)】 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
■南極大陸を目指します。条件が整えばこの行程でサウスオークニー諸島を訪れることもあります。
14 南極海クルーズ ※13日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
15 サウスシェトランド諸島・南極半島 【サウスシェトランド諸島・南極半島(15日目~18日目)】 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
■エクスペディション・チームの安全管理と案内のもとで南極の氷上を歩きます。上陸観光やゾディアック・クルージングで、ヒゲペンギン、ゼンツーペンギン、アデリーペンギン、ナンキョクオットセイ、ウェッデルアザラシ、カニクイアザラシ、ヒョウアザラシ、ミンククジラなど多くの野生動物たちを観察するチャンスがあります。
※アドベンチャー・オプションの〝カヤック〞で入り組んだ地形を探索することもできます(有料:目安は995USドル/経験者が対象)。ポーラー・プランジと呼ばれる南極海飛び込み大会も開催される予定です。
※南極では、天候が許す限り、上陸観光やゾディアックボート・クルージングを予定しています。また、船内ではエクスペディション・チームあるいは専門講師の講座が催されます。さらに夕食前には、その日の出来事や明日の予定、ハイライトに関してパワーポイントを使ったご案内があります。(英語で行われますが、日本人通訳が同時通訳致します。)
※操舵室(ブリッジ)は特別な場合を除きお客様に開放されており、雄大な南極の景色をご覧頂けます。
16 サウスシェトランド諸島・南極半島 ※15日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
17 サウスシェトランド諸島・南極半島 ※15日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
18 サウスシェトランド諸島・南極半島 ※15日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
19 ドレーク海峡横断クルーズ 【ドレーク海峡横断クルーズ(19日目~20日目)】 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
■2週間以上の野生動物探索を終え、ドレーク海峡を縦断し、再びウシュアイアへ戻ります。
20 ドレーク海峡横断クルーズ ※19日目に同じ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 クルーズ船 泊 】
21 ウシュアイア ■朝、ウシュアイア入港後、下船。 朝:○
昼:機
夕:機
【 機中泊 】
ウシュアイア 午後
飛行機
■午後、空路、ブエノスアイレス、アメリカ内都市乗り継ぎ、帰国の途へ。
22 ・・・日付変更線通過・・・ 朝:×
昼:×
夕:×
【 機中泊 】
23 東京 午後 ■午後、成田空港到着。通関後、解散。 朝:×
昼:機
夕:×

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約16,540円(17年01月20日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
早割りキャンペーン実施中!» 詳細はこちら
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
17年11月22日 丸窓ツイン 2,980,000円 1,200,000円 +700,000円 早150: 6/23 仮予約

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円(税別)
利用予定航空会社 デルタ航空、ユナイテッド航空、アメリカン航空
利用予定ホテル <ブエノスアイレス>NHシティホテル又は同等クラス
<クルーズ船>オーシャン・エンデバー
食事回数 朝食:19回・昼食:17回・夕食:18回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 8名(最大16名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 必要(アメリカ)
渡航手続手数料:5500円(税別)、実費US$14
必要書類:
●旅券(パスポート)コピー (※ESTA申請をご自身でされる方は不要)
旅券の顔写真・旅券番号・姓名・生年月日などが記載されているページの鮮明な見開きコピ-をご出発の2ヶ月前までにお送りください。

注意事項:
●米国事前電子渡航認証システム(ESTA)申請について
 お申し込み頂いたツアーは米国入国に際し、ESTA申請が必要となります。詳しくはパンフレットをご覧ください。
【ご注意】
2016年1月21日、米国は「ビザ免除プログラムの改定」の施行を開始しました。
この改定により、下記に該当する渡航者はビザ免除プログラム(ESTA)を利用して渡米(経由を含む)することはできません。大使館・領事館にて通常のビザ申請及び取得が必要です。
・2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、イエメン、ソマリアに渡航したことがある。
・上記7ヶ国との二重国籍者
ESTAを既にお持ちの方は、ESTA承認が有効かどうかをCBPのウェブサイトesta.cbp.dhs.govで確認してください。また、詳細はパンフレットをご覧ください。
旅券残存有効期間 帰国時(2017年12月14日)6ヶ月以上必要
査証欄余白 1頁以上必要

重要事項

  • ※現地での観光、宿泊、利用予定航空会社、クルーズでの注意事項については、パンフレットをご請求下さい。
  • ※ビジネスクラス利用区間:東京⇔ブエノスアイレス
  • ※当コースの申込金はお一人様につき50万円です。
  • ※当コースは弊社が設けているキャンセル料半額制度が適用されません。クルーズ保険にご加入頂きますことをお勧め致します。
  • ※移動の為に使用する全てのバスは他のクルーズ乗客と混載になる場合がございます。
  • ※極地航路は安全が何よりも優先され、航路は天候や氷の状況によって変更されます。航路はその都度、船長によって決定されます。また、上陸地点や訪問順序、訪問場所が変更されることもあります。皆様の旅がより感動深いものとなりますよう、スタッフ一同全力を尽くしますが、日程はあくまでも目安として頂きますようお願い致します。
  • 【取消料に関する規定は以下の通りになりますのでご注意ください】
  • 旅行開始日の前日から起算して120日前~91日前まで:お支払対象旅行代金の25%、90日前~出発当日まで:お支払対象旅行代金の50%、旅行開始後の解除及び無連絡の不参加の場合:お支払い対象旅行代金の100%。
  • 【トリプルルーム】トリプルルームは3人部屋で、旅行代金はお一人様あたりの代金です。日本人以外の乗客と同室になる場合がございますので、予めご了承の上でお申込みください。なお、トリプルルームの1人利用及び2人利用はできません。
  • 【丸窓ツイン、角窓ツイン】ご出発の121日前まで相部屋希望を承りますが、日本人以外の乗客と同室になる場合がございます。予めご了承の上でお申込みください。

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1440
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加