英国物語 15日間 WE15

スコットランドに5泊してたっぷり観光し、湖水地方で2泊、コッツウォルズで3連泊、そしてロンドンへ。英国縦断の旅、決定版です。

スコットランドのアーカート城

アーカート城(スコットランド)

イギリス、ツアー、コッツウォルズ、旅行

カッスルクーム/コッツウォルズ

ツアーのポイント

  • ●スコットランドに5泊し、ハイライトツアーではなかなか訪れない場所までたっぷりご案内します。
  • ●スコッチウイスキー蒸留所を見学します。
  • ●英国のカントリーサイドで人気が高い湖水地方に2連泊とコッツウォルズに3連泊します。
  • ●英国の庭園や村がさまざまな花で美しく彩られる時期です。
  • ●夏目漱石が滞在したダンダラックホテルにて昼食をお楽しみいただきます。
  • ●6/27発、7/11発では、スノースヒルのラベンダー畑にご案内します。
  • ●8/22発はチケット入手困難なスコットランドの夏の大祭典「ミリタリー・タトゥー」観覧です。
  • ●ブリティッシュ・エアウェイズで復路直行便利用。プレミアム・エコノミークラスは往復追加料金15万円です。ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □成田空港又は羽田空港に出発の2時間前に集合。 朝:×
昼:機
夕:×
【 エジンバラ 泊 】
東京 午前
飛行機
■午前、空路、ロンドン乗り継ぎ、スコットランドの首都エジンバラへ。
エジンバラ
2 エジンバラ滞在 午前
バス
■午前、エジンバラ市内観光。「◎エジンバラ城」、「●ホーリルード宮殿」、「●カールトン・ヒル」を見学します。 朝:○
昼:名
夕:○
【 エジンバラ 泊 】
★昼食は、ロイヤルマイルにある18世紀の面影残る歴史的造りの〝ラディソンブルホテル〞内のレストランにて、夕食は、バグパイプの演奏と伝統料理ハギスをお楽しみ下さい。
(※8/16出発は、バグパイプ演奏に替えてミリタリータトゥーにご案内します。)
■午後、ラファエロ、ボッティツエリらの作品を所蔵する「●スコットランド国立美術館」にご案内します。
3 エジンバラ
バス
■朝食後、日本人技師が建設に携わり、2015年に世界遺産に登録された「●フォース鉄道橋」に立ち寄ります。 朝:○
昼:名
夕:○
【 アヴィモア又は代替都市 泊 】
(セント・アンドリュース) ■その後、中世の面影が色濃く残る、セント・アンドリュース観光。「◎英国ゴルフ博物館」、「●オールドコース」「●大聖堂」へご案内します。
★昼食は、夏目漱石が滞在したダンダラックホテルにてスコティッシュサーモンをお召し上がりいただきます。
(ブレア城)
アヴィモア又は代替都市
夕刻 ■午後、田園風景の中にたたずむ白亜の美しい「◎ブレア城」に立ち寄り、ハイランド地方、スペイン渓谷のリゾート地アヴィモアへ向かいます。
4 アヴィモア又は代替都市滞在
(ウイスキー蒸留所)
(コーダー城)
(カローデンの古戦場)
午前
バス
■朝食後、「◎スコッチウイスキーの蒸留所」見学。また、シェイクスピアの名作〝マクベス〞の舞台として知られる「◎コーダー城」、スコットランド独立運動最後の戦場「●カローデンの古戦場」へご案内します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 アヴィモア又は代替都市 泊 】
5 アヴィモア又は代替都市 午前
バス
■朝食後、ネッシーが住むと言われる「●ネス湖」、ネス湖畔に建つ13世紀に建てられた後に廃墟と化した「●アーカート城」、フォート・オーガスタスにて「●カレドニアン運河」を見学します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 グラスゴー 泊 】
(アーカート城)
(グレンコー)
(ローモンド湖)
★昼食は、湖畔にあるホテルのレストランにてお召し上がり頂きます。
■午後、スコットランドで一番美しいと言われる渓谷グレンコーにて、「●スリーシスターズ」を見学し、〝妖精たちの湖〞と謳われる「●ローモンド湖」にご案内します。
グラスゴー 夕刻 ■スコットランドのビジネスと芸術の街グラスゴーへ
6 グラスゴー 午前
バス
■朝食後、グラスゴー市内観光。日本ウイスキーの父・竹鶴政孝氏が留学していた「●グラスゴー大学」、20世紀初頭に活躍した建築家マッキントッシュデザインの「◎ハウス・フォー・アン・アート・ラヴァー」、「●ジョージ広場」を見学します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 湖水地方 泊 】
★昼食は中華料理です。
(ハドリアヌスの城壁) ■その後、ローマ皇帝ハドリアヌスの命令により築かれた防壁跡「●ハドリアヌスの城壁」を見学し、イングランド北西部、湖水地方へ。
湖水地方 夕刻
7 湖水地方滞在 午前 ■朝食後、湖水地方の観光。イギリスを代表する詩人・ワーズワースの暮らした「◎ダブ・コテージとワーズワース博物館」、ピーター・ラビットの著者が住んでいたニア・ソーリー村の「◎ヒルトップ農場」、ウィンダミア湖クルーズをお楽しみ頂きます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 湖水地方 泊 】
8 湖水地方
(ファウンテンズ・アビー)

バス
■午前、12世紀にシトー派の修道士が創設した修道院の廃墟「●ファウンテンズ・アビー」にご案内します。 朝:○
昼:名
夕:○
【 リヴァプール 泊 】
★昼食は、イギリス家庭料理の定番ヨークシャー・プディングとローストビーフです。
(ハワース) ■午後、〝嵐が丘〞で有名なブロンテ姉妹が住んでいた村、ハワースにて「◎ブロンテ博物館」を見学します。
★8/22、9/5発では、小説「嵐が丘」の舞台となったヒースの丘〝ペニストン・ヒル〞にご案内します。
■その後、世界遺産の海商都市であり、ビートルズゆかりの地リヴァプールへ向かいます。
リヴァプール 夕刻
9 リヴァプール
(チェスター)

バス
■朝食後、リヴァプール市内観光。イギリス最大の英国国教会の「●大聖堂」、港湾地区の「●アルバート・ドック」やビートルズゆかりの地が多く残る「●マシュー・ストリート」、ビートルズがホームグラウンドとしたライブハウス「●キャヴァーン」を訪れます。 朝:○
昼:名
夕:○
【 コッツウォルズ地方 泊 】
★昼食は、イギリスのパブ料理の代表、キドニーパイです。
■午後、チェスター市内観光。徒歩でローマ時代に建てられた「●城壁」、美しい木骨造りのアーケード街「●ザ・ロウズ」、「●大聖堂」を見学します。
■観光後、美しい村々が点在するコッツウォルズ地方へ向かいます。
コッツウォルズ地方 夕刻
10 コッツウォルズ地方滞在
(ストラットフォード・アポン・エイボン)

バス
■朝食後、ストラットフォード・アポン・エイボン市内観光。「◎シェイクスピアの生家」、彼の妻である「◎アン・ハザウェイの家」を見学します。 朝:○
昼:軽
夕:○
【 コッツウォルズ地方 泊 】
★昼食は、マナーハウスにて英国式アフタヌーンティーをお召し上がりください(軽食となります)。
(ボートン・オン・ザ・ウォーター)(バイブリー) ■また、丘陵地帯に点在するコッツウォルズの村訪問。リトルヴェニスの愛称を持つボードン・オン・ザ・ウォーターを散策します。その後、コッツウォルズの村、ウィリアム・モリスがイングランドで最も美しい村と称えたバイブリーを訪ねます。
11 コッツウォルズ地方滞在
(ブレナム宮殿)
午前
バス
■午前、元首相チャーチルが生まれた「◎ブレナム宮殿」を見学します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 コッツウォルズ地方 泊 】
(オックスフォード) ■午後、オックスフォード観光。「●クライストチャーチ」、「●マートンカレッジ」、「●聖メアリー教会」を見学します。
■午後、〝20世紀における最も素晴らしい庭園〞と言われる「◎ヒドコートマナー・ガーデン」にご案内します。(6/27発、7/11発はラベンダー畑が広がるスノーヒルにご案内します。)
12 コッツウォルズ地方
(カッスル・クーム)

バス
■午前、〝英国で最も古い町並みが保存されている村コンテスト〞で何度も表彰を受けている村カッスル・クームを訪れます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 ロンドン 泊 】
(バース) ■午後、世界遺産の町バース市内観光。「◎ローマ浴場跡」、英国一美しい集合住宅「●ロイヤル・クレセント」にご案内します。
(ストーンヘンジ) ■また、謎の巨石遺跡「●ストーンヘンジ」も見学します。
■ロンドンに向かいます。
ロンドン 夕刻
13 ロンドン滞在 □朝食後、自由時間。ご希望の方は添乗員が大英博物館へご案内します(実費)。また、5~7月上旬の出発日ではリージェントパーク内のクイーンメアリ―庭園、8月~9月の出発日ではバッキンガム宮殿の入場観光にオプショナルツアー(別途料金)にてご案内致します。 朝:○
昼:×
夕:×
【 ロンドン 泊 】
14 ロンドン
飛行機
■昼、空路、直行便にて帰国の途へ。 朝:○
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
15 東京 ■成田空港又は羽田空港到着。通関後、解散。 朝:機
昼:×
夕:×

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約22,760円(17年12月01日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
早割りキャンペーン実施中!» 詳細はこちら
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
18年06月12日 658,000円 192,000円 +350,000円 早120: 2/ 9 仮予約
18年06月27日 658,000円 192,000円 +350,000円 早120: 2/27 仮予約
18年07月11日 658,000円 192,000円 +350,000円 早120: 3/13 仮予約
18年08月22日 ミリタリータトゥー 718,000円 192,000円 +350,000円 早120: 4/24 仮予約
18年09月05日 698,000円 192,000円 +350,000円 早120: 5/ 8 仮予約

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌・を含む35都市)
国内線手配料金:往復:20,000円、片道:10,000円
(税別)
利用予定航空会社 ブリティッシュエアウェイズ
利用予定ホテル <エジンバラ>ホリデイ・イン・エジンバラ(郊外)又は同等クラス
<アヴィモア>マクドナルド・ハイランド又は同等クラス
<グラスゴー>ヒルトン又は同等クラス
<湖水地方(ウィンダミア)>マクドナルド オールド イングランド又は同等クラス
<リヴァプール>マリオットシティセンター又は同等クラス
<チェルトナム>ジュリーズイン (旧シスル)又は同等クラス
<ロンドン>ヒルトン オリンピア又は同等クラス
食事回数 朝食:13回・昼食:10回・夕食:11回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名(最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 不要
旅券残存有効期間 帰国時まで

重要事項

  • ※詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので事前にご確認のうえお申し込みください。
  • ※ビジネスクラス及びプレミアムエコノミークラスご利用区間:東京⇔ヨーロッパ内都市
  • ※第2日目、ラディソンブルホテルのレストランが休業、その他現地事情によりご案内出来ない場合は他都市の歴史的建築内にあるレストランでの昼食にご案内致します。
  • ※第6日目、グラスゴーのハウス・フォー・アン・アート・ラヴァーは、イベントで内部入場ができない場合がございます。その場合、代替としてケルビングローブ美術館&博物館にご案内します。
  • ※第12日目、ストーンヘンジは、特別な宗教行事やイベントなどで敷地内に入場できない場合もございます。その場合、エイブベリーへご案内致します。
  • ※花の開花については、気象条件により多少前後することを予めお含みおき下さい。
  • ※朝食はビュッフェ又はアメリカンスタイルです。

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1640
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加