フランス物語 15日間 WF15

毎日がハイライト!モン・サン・ミシェル地区に宿泊し、11 の世界遺産を巡る旅

フランスツアー フランス旅行

モンサンミシェル新橋開通

フランスツアー、フランス旅行

シュノンソー城

ツアーのポイント

  • ●連泊中心(ニース、アルル、トゥール、パリ各2連泊)で11の世界遺産を巡ります。
  • ●モネ、ゴッホ、セザンヌなどが愛したジヴェルニー、オンフルールなど小さな町や村もご案内。
  • ●ブイヤベース、エスカルゴなどフランスを代表する名物料理をご堪能頂けます。
  • ●中世さながらの旧市街が残るカルカソンヌにも宿泊。ライトアップも見学!
  • ●パリ・ミュージアムパスを無料プレゼント!
  • ●“フランスの最も美しい村”レ・ボーにご案内します。

地図

» 地図を拡大して表示

日程表

訪問都市 時刻 日程内容 食事・宿泊地
1 □羽田又は成田空港に出発2時間前に集合。 朝:×
昼:機
夕:×
【 ニース 泊 】
東京 午前
飛行機
■空路、パリ又はアムステルダム乗り継ぎ、コート・ダジュールの中心地ニースへ。
ニース 深夜 ■着後、ホテルへ。
2 ニース滞在 
(サン・ポール・ド・ヴァンス)
■午前、マチスやシャガールなど数多くの芸術家に愛された、鷲の巣村サン・ポール・ド・ヴァンスへ。「●旧市街」を散策します。 朝:○
昼:名
夕:○
【 ニース 泊 】
★昼食には、ニース風サラダをお召し上がり下さい。
(エズ) ■午後、崖の上の町エズにて、「◎サボテン公園」から地中海の美しい眺望をお楽しみ頂きます。
(モナコ公国) ■その後、モナコ公国の観光。「●王宮広場」、「●大聖堂」、「●グラン・カジノ」にご案内します。
3 ニース 午前
バス
■午前、ニース市内観光。「◎シャガール美術館」にご案内します。 朝:○
昼:○
夕:○
【 マルセイユ又はエクス・アン・プロヴァンス 泊 】
■その後、セザンヌの故郷エクス・アン・プロヴァンスへ。
(エクス・アン・プロヴァンス) 夕刻 ■エクス・アン・プロヴァンス着後、市内観光。「◎セザンヌのアトリエ」、「●サン・ソヴール寺院」、町の中心「●ミラボー通り」にご案内します。
4 エクス・アン・プロヴァンス
(マルセイユ)
午前
バス
■午前、港町マルセイユの市内観光。「●旧港」や「●ノートルダム・ド・ラ・ギャルド寺院」へご案内します。 朝:○
昼:名
夕:名
【 アルル 泊 】
★昼食には、名物のブイヤベースをどうぞ。
■その後、ゴッホの愛した地、アルルへ向かいます。
アルル 午後 ■着後、アルル市内観光。「●サン・トロフィーム教会」、ゴッホが入院していた旧病院「◎エスパス・ヴァン・ゴッホ」、「●ゴッホのはね橋」、「●カフェ・ヴァン・ゴッホ」にご案内します。
★夕食には本場のラタトゥイユをお召し上がり頂きます。
5 アルル滞在 
(レ・ボー) 
(サン・レミ・ド・プロヴァンス)
■午前、レ・ボーやゴッホの病室が再現されている「◎サン・ポール・ド・モーゾール修道院」のあるサン・レミ・ド・プロヴァンスを経由し、ローマ以外で唯一法王庁の置かれたアヴィニョンへ。 朝:○
昼:○
夕:×
【 アルル 泊 】
(アヴィニョン) ■着後、アヴィニョン市内観光。「◎法王庁宮殿」「●サン・ベネゼ橋」にご案内します。
(ポン・デュ・ガール) ■その後、ローマ時代の巨大な水道橋「●ポン・デュ・ガール」に立ち寄ります。
6 アルル  午前
バス
■午前、完全な二重の城壁に囲まれた中世都市カルカソンヌへ。 朝:○
昼:名
夕:○
【 カルカソンヌ 泊 】
(ミディ運河) ■途中、大西洋岸と地中海岸をつなぐ「●ミディ運河」に立ち寄ります。
カルカソンヌ ■着後、カルカソンヌの観光。「◎コンタル城」、48の塔を持つ「●城壁」、「●サン・ナゼール教会」にご案内いたします。
★城壁の上を歩く機会も設けました!
★昼食は名物カスレ(いんげん豆と肉の煮込み)です。
☆夜、ご希望の方はカルカソンヌ城壁のライトアップ見学をお楽しみ下さい。
7 カルカソンヌ
(トゥールーズ)

バス
■朝食後、かつての巡礼路の中継地トゥールーズに立ち寄り、「●ジャコバン修道院」、「●サン・セルナン寺院」にご案内します。その後、フランス最大のワイン産地ボルドーへ。 朝:○
昼:名
夕:○
【 ボルドー 泊 】
★昼食はフォアグラの前菜をお楽しみ下さい。
(サンテミリオン) ★途中、上質のワインを産するサンテミリオンに立ち寄り、シャトーにてワインの試飲をお楽しみ頂きます。
ボルドー
8 ボルドー 午前
バス
■午前、〝月の港〞と称される世界遺産の町ボルドー市内観光。「●大聖堂」、「●カンコンス広場」、「●ブルス広場」を訪ねます。 朝:○
昼:○
夕:○
【 トゥール 泊 】
(ポワティエ)
トゥール
■午後、ポワティエに立ち寄ります。ロマネスク様式のファサードが美しい「●ノートルダム・ラ・グランド教会」がある「●旧市街」を散策します。ロワール河畔のトゥールへ。
9 トゥール滞在 ■終日、ロワール流域の古城めぐりへ。 朝:○
昼:○
夕:○
【 トゥール 泊 】
(ロワールの古城) ■宗教戦争の舞台「●アンボワーズ城」、シェール川の上に架かる「◎シュノンソー城」、広大な森の中の「●シャンボール城」、「◎ブロワ城」をめぐります。
★シャンボール城又はシュノンソー城の敷地内のレストランにて昼食をお召し上がり頂きます。
10 トゥール 
(モン・サン・ミシェル)
午前
バス
■朝食後、海の中にそびえる「●モン・サン・ミシェル」へ。着後、「◎僧院」へご案内します。 朝:○
昼:名
夕:名
【 モン・サン・ミッシェル地区 泊 】
★昼食は名物のオムレツ料理と海辺の草を食べて育った子羊プレ・サレです。
モン・サン・ミシェル地区  ★夕食はシードル(リンゴ酒)とともにお召し上がり下さい。
11 モン・サン・ミシェル地区
バス
■朝食後、印象派の画家たちが愛した港町オンフルールへ向かいます。 朝:○
昼:名
夕:○
【 ルーアン 泊 】
(オンフルール) ■着後、オンフルールの観光。「●旧市街」へご案内します。
★昼食には新鮮なシーフード料理をお召しあがり頂きます。
ルーアン 午後 ■午後、ルーアンへ。着後、ルーアンの観光。モネの描いた「●大聖堂」へご案内します。  
★当時モネがアトリエとして使用し、「◎30点もの連作を描いた場所」からも大聖堂をご覧頂きます。
12 ルーアン
(ジヴェルニー)

バス
■朝食後、ジヴェルニーへ向かいます。着後、「◎モネの庭」の睡蓮の池へご案内します。 朝:○
昼:名
夕:○
【 パリ 泊 】
★昼食は、エスカルゴをご賞味下さい。
(ヴェルサイユ) ■午後、華麗なるフランス宮廷文化の舞台「◎ヴェルサイユ宮殿」にご案内します。マリー・アントワネット好んだ「●プチ・トリアノン」や、田舎風生活を真似た「●王妃の村里ルアモー」にもご案内します。
■その後、花の都パリへ向かいます。
パリ 夕刻
13 パリ滞在 □終日、自由時間。※美術館巡りに便利なフリーパス〝パリ・ミュージアム・パス〞をお配りします。 朝:○
昼:×
夕:×
【 パリ 泊 】
☆ご希望の方には、添乗員がパリのメトロ(実費)を利用して(切符の買い方などもご案内、午後の自由時間も安心です)セザンヌらの作品が所蔵されているオルセー美術館(6/28、8/2発は休館日にあたります)や、パリの町の散策にご案内します。(実費)
14 パリ 午前
飛行機
■昼、空路、エールフランス航空直行便にて、帰国の途へ。 朝:○
昼:×
夕:機
【 機中泊 】
15 東京 午前 ■午前、羽田又は成田空港到着。通関後、解散。
(※夕刻到着便となる場合もございます)
朝:機
昼:×
夕:×

旅行料金表

旅行代金には燃油サーチャージ及び空港諸税【約27,960円(15年12月01日を基準とした目安)】が含まれています。(今後、金額が変動しても差額の徴収や返金はございません。)
出発日 ポイント 旅行代金 お一人部屋
利用追加代金
ビジネスクラス
利用追加代金
催行欄 早割期限 仮予約
17年09月25日 モンマルトル葡萄祭・大潮 538,000円 122,000円 +350,000円 予 残席僅か 仮予約
17年10月16日 黄葉 498,000円 122,000円 +350,000円 予 残席僅か 仮予約

ツアー詳細

発着地 東京発着
国内線手配可能(大阪・名古屋・福岡・札幌・※お問合せ下さい)
国内線手配料金:片道10,000 往復20,000(税別)
利用予定航空会社 エールフランス航空、KLMオランダ航空
利用予定ホテル <ニース>NH ニース又は同等クラス
<エクサン・プロヴァンス>メルキュール・マルセイユ・サントル又は同等クラス
<アルル>アルル・プラザ(旧カマルグ)又は同等クラス
<カルカソンヌ>テルミナス又は同等クラス
<ボルドー>イビススタイルズ・メリアデック又は同等クラス
<トゥール>ル・グラン又は同等クラス
<モン・サン・ミシェル>ディグ又は同等クラス
<ルーアン>メルキュール シャン・ド・マルス又は同等クラス
<パリ>プルマン・パリ・モンパルナス又は同等クラス
食事回数 朝食:13回・昼食:11回・夕食:10回
(食事回数に機内食は含まれておりません。)
最少催行人員 13名(最大22名)
添乗員 全行程同行してお世話します。
査証等 不要
旅券残存有効期間 帰国時3カ月以上

重要事項

  • ※「モン・サン・ミッシェル大潮」の出発日は、大潮前後のモン・サン・ミッシェルを訪れます。
  • ※8/2発はカルカソンヌ滞在時、満月に近く、月夜のカルカソンヌの雰囲気をお楽しみ頂けます。
  • ※6/29発はアルル時代祭へご案内、一部観光順序が変更となります。
  • ※9/26発はご希望の方をパリの自由時間を利用して「モンマルトルぶどう収穫祭」へご案内します。
  • ※「モン・サン・ミシェル地区」はモン・サン・ミシェル対岸地区又は島内の宿泊となります。
  • ※5~6月はジヴェルニーの睡蓮、7月はプロヴァンスのラヴェンダー、ひまわり、10月は黄葉の季節です。花や黄葉は気候条件により多少前後する場合がございます。
  • ※11日目ルーアン観光の際、モネが大聖堂を描いた場所は、現在ルーアン観光局の施設の一部となっており、観光局の事情により、入場できない場合がございます。
  • ※朝食はビュッフェまたはアメリカン・スタイルです。
  • ※現地での観光、利用航空会社、国内線、ビジネスクラス利用、宿泊地、利用ホテルについては、パンフレットをご覧下さい。
  • ※エールフランス航空利用の場合はプレミアムエコノミークラスのご希望を承ります。(追加料金:往復150,000円)
  • ※日程表内観光表記 ◎=入場観光、●=下車観光(外観)
  • ※ビジネスクラスご利用区間:東京⇔パリ又はアムステルダム

日程表の見かた

◎=入場観光、●=下車観光(外観)

早朝 4:00 - 6:00、朝 6:00 - 8:00、午前 8:00 - 11:00、昼 11:00 - 14:00、午後 14:00 - 17:00
夕刻 17:00 - 19:00、夜 19:00 - 22:00、深夜 22:00 - 24:00、未明 24:00 - 04:00

航空機 :航空機、 バス :バス、 電車 :電車、 船舶 :船舶、 4WD :4WD

お電話でのお問い合わせ
03-3265-1640
受付時間:平日 10:00 ~ 18:00
旅行企画・実施:


株式会社ユーラシア旅行社
観光庁長官登録旅行業第975号
〒102-8642 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館 4階
このエントリーをはてなブックマークに追加