【参加無料】2020年1月26日(日)芸術の旅フォーラム「~音楽の不思議と絵画の愉しみ~」開催

世界170カ国を取り扱うユーラシア旅行社が、旅の音楽と美術にフォーカスした無料旅フォーラムを開催します。

  • アテネの学堂(ラファエロ・サンティ)

  • 松浦弘明氏

  • 加畑嶺氏(ピアニスト)

  • 鈴木慶子氏(バイオリニスト)

  • 音楽は常に人を魅了し続けます。

 

 

第一部では、2020年に没後500周年を迎えるルネサンスの巨匠ラファエロの作品を中心に、イタリア美術に造詣の深い松浦弘明氏が美術の愉しみ方をご紹介します。第二部では、加畑嶺氏(ピアニスト)と鈴木慶子氏(バイオリニスト)のデュオによる欧州を旅するミニコンサートをお楽しみ頂き、第三部ではN響アワーの司会でも知られる作曲家の池辺晋一郎氏が音楽の不思議について講演します。

【開催要項】
2020年1月26日(日) 13:30~17:10
会場:有楽町朝日ホール アクセス方法
(JR・地下鉄有楽町駅徒歩1分、銀座駅徒歩2分 有楽町マリオン11F)

第一部「ルネサンス絵画の愉しみ方~ラファエロ没後500周年トリビュート~」
講師:松浦弘明氏(多摩美術大学教授)
第二部「欧州を旅するミニコンサート」
演奏:加畑嶺氏(ピアニスト)、鈴木慶子氏(バイオリニスト)
第三部「音楽の不思議~古今東西の音楽とともに~」
講師:池辺晋一郎氏(作曲家)

詳細とお申し込みは下記をご覧下さい。
※イベント中の入退場はご遠慮ください。

お申し込み(参加無料)はこちらから

第一部 松浦弘明氏講演「ルネサンス絵画の愉しみ方~ラファエロ没後500周年トリビュート~」

  • アテネの学堂(ラファエロ・サンティ)

    アテネの学堂(ラファエロ・サンティ)

  • 松浦先生

    松浦弘明氏

  • ラファエロ・サンティ(肖像画部分)

    ラファエロ・サンティ(肖像画部分)

美術史に大きな足跡を残したルネサンスのマエストロ、ラファエロ・サンティ。2020年に没後500周年を迎えても、その輝かしい作品は今も世界中の人々を魅了し続けています。今回はイタリア美術に造詣が深く、ルネサンス美術を長年に渡って研究してきた松浦弘明先生をお招きし、ラファエロの作品を中心に、初心者でも分かりやすいルネサンス美術の愉しみ方を語って頂きます。

講演者プロフィール・松浦弘明氏
多摩美術大学教授。東京藝術大学美術学部芸術学科を卒業後、イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学へ留学。フィレンツェ洗礼堂、アッシジのサン・フランチェスコ聖堂壁画等調査・研究を行う。帰国後は多摩美術大で教壇に立つ傍ら、日伊協会やカルチャーセンターでも西洋美術やイタリア語の講座を担当。著書は「イタリア・ルネサンス美術館」「図説イタリア・ルネサンス美術史」等多数。

第二部 加畑嶺氏(ピアニスト)、鈴木慶子氏(バイオリニスト)による「欧州を旅するミニコンサート」

  • 加畑嶺

    加畑嶺氏(ピアニスト)

  • 鈴木慶子

    鈴木慶子氏(バイオリニスト)

フランスからイタリア、スペイン、オーストリア、そしてベートーベン生誕250周年のドイツへ・・・。普段はソロで活動する加畑嶺氏と鈴木慶子氏による異色のピアノ・バイオリンデュオ「超絶イスカンダル」がお届けするスリリングかつ美しいハーモニーに乗って、旅するように音楽で巡ります。

演奏者プロフィール・加畑嶺氏(ピアニスト)
東京音楽大学付属高校卒業後、巨匠、ラザール・ベルマン氏に認められ、 オランダツアー中 アムステルダム、コンセルトへボウ小ホールデビュー。 1 年半のモスクワ留学を経てオランダ、デン・ハーグ王立音楽院ピアノ科にて研鑚を積む。 2013 年に自身が率いるタンゴ・フュージョン・クロスオーバー・ ユニット「ジャクロタングス」において歌手、庄野真代とのコラボレーション・アルバム“ CINEMATIQUE ~シネマティーク を 日本コロムビア系レーベル、オーマガトキよりリリース。 豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」カムチャッカ・ツアーにてソロ・リサイタル開催。 2015 年 岡幸二郎×日本フィルハーモニー交響楽団と共演。 2019 年テレビ朝日「題名の
ない音楽会」に出演。数多くのアーティストとの共演、レコーディング等、その精緻かつ大胆な表現、圧倒的な迫力、核心を衝く解釈により、クラシックのみならず幅広いジャンルでも活動の場を広げている 。

演奏者プロフィール・鈴木慶子氏(バイオリニスト)
桐朋学園大学音楽学部を卒業後、イタリア国立サンタ・チェチーリア音楽院にてディプロマを取得。第53 回全日本学生音楽コンクール東京大会 奨励賞受賞。第13 回日本クラシック音楽コンクール大学の部、最高位。 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト、サイトウキネンフェスティバル松本での演奏会等に参加。2015年、福島テレビ主催「 FTV ジュニアオーケストラ NEW YEAR CONCERT 」にソリストとして出演。
近年では「BOØWY 」の楽曲をバイオリンでカバーした動画が YouTube で話題となり、プロレスラー中邑真輔のテーマ曲を演奏した動画は、国内外のネット記事にも掲載され、 200 万回を超える再生回数で海 外からも多数の反響を得る。 2010 年よりアルゼンチンタンゴの演奏も始め、現在はクラシック、タンゴのみならず、伸びやかで聴衆を惹き付ける音色と豊かな音楽性で多方面から定評を得ている。

第三部 池辺晋一郎氏講演「音楽の不思議~古今東西の音楽とともに~」

  • ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート

    音楽は常に人を魅了し続けます。

  • 池辺晋一郎

    池辺晋一郎氏 (C)東京オペラシティ文化財団 撮影:武藤章

音楽は人の歴史と共に育まれ、さらに歩み、その長い歴史の中で世界各地において多様な発展も遂げてきました。現代においても、我々の生活と切っても切り離せない関係にある音楽とその不思議を、NHK「N響アワー」の司会を13年間務め、長年に渡って日本音楽界に大きな足跡を刻んでいらした作曲家の池辺晋一郎氏を講師にお迎えして語って頂きます。

講演者プロフィール・池辺晋一郎氏(作曲家)
作曲家。1943年生まれ。1971年東京藝術大学大学院修了。1966年日本音楽コンクール第1位。ザルツブルクTVオペラ祭優秀賞、イタリア放送協会賞3度、尾高賞3度、毎日映画音楽賞3度、日本アカデミー賞優秀音楽賞9度、放送文化賞、2015年姫路市芸術文化大賞など受賞歴多数。
紫綬褒章受章。文化功労者。作曲:交響曲10曲、オペラ10曲、映画・演劇・放送音楽など、著書も多数。現在東京音大名誉教授。
石川県立音楽堂洋楽監督、姫路市文化国際交流財団芸術監督。

参加申し込み(無料)

ご参加希望の方は、こちらから
※事前予約なしでの当日参加は承っておりません。


 

同日開催!世界を巡る弊社添乗員が生の声をお伝えする旅の魅力説明会

当日有楽町マリオン11階スクエア会場では地域別の説明会も同時開催します。世界を巡る弊社添乗員が最新情報と最深情報を生でお伝えします。

■スクエアA(各回定員80名)
10:00-11:00 北スペイン・バスク地方
巷ではチーズケーキが話題のバスクですが、もとよりヨーロッパを代表する美食の地として知られていました。また、ビルバオ・グッゲンハイムやゲルニカ、アルタミラ洞窟等バスクや北スペインの魅力を思う存分お伝えします。

11:15-12:15 南西フランス
「フランスの最も美しい村」が多く点在する南西フランス。ロカマドゥール、コンク、サン・シル・ラ・ポピー等中世から時が止まったままかのような村が点在する南西フランスの旅の魅力に迫ります。

■スクエアB(定員100名)
10:00-11:00 ドイツ
2020年、ベートーベン生誕250周年の記念イヤーを迎えるドイツ。ベルリン、ドレスデン等東部からラインの街々、北部のハンザ都市群、南部の古城までたっぷりとドイツの魅力を語ります。

11:15-12:15 北イタリア
各地の都市国家が繁栄を極めた中世、ルネサンスという絵画革命が生まれたイタリア。フィレンツェ、ミラノ、ヴァチカン等実際に現地を訪れて出会える作品やアートな街々の素顔を添乗員がじっくりとお伝えします。

■スクエアC(定員80名)
10:00-11:00 中央アジア(ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、トルクメニスタン、タジキスタン)
シルクロード上に位置し、歴史を通じて東西文化の影響を受けながら発展してきた中央アジア諸国。青の都サマルカンド、ダルヴァザの地獄の門他、日本ではまだあまり知られていない各国のみどころをご紹介します。

11:15-12:15 早く行きたい!南半球の絶景25選
我々の想像を超える光景が広がる南米、アフリカ、オセアニア。世界各地を巡る添乗員が厳選した南半球の絶景25選と何故行くべきかを熱く語ります。

各説明会のお申込みはこちら