ベルギー、イーペルの猫祭り徹底解説

【猫祭り 2018】 3年に一度のベルギー、イーペルの猫祭り!イーペルの街を猫たちが埋め尽くします!

  • イーペルの猫まつりパレードに登場する王妃ミネケ・プス

  • イーペルの猫祭りで猫のお土産物を!

  • イーペルのホテル一例 室内イメージ

  • イーペルの猫祭りでは街中が猫一色

 

 

フランスとの国境近く、ベルギーのフランドル地方の町イーペル。
人口4万人ほどの小さな町で、3年に1度、5月の第2日曜日に、
1938年から続く「猫祭り」が開催されます。
普段は静かなイーペルの町もこの日は祭りムード一色。
世界でも珍しい猫祭りを見に世界中の猫好き、祭り好きの人々がイーペルに集まるのです。

イーペルの猫祭りの起源と歴史

  • かつて毛織物を保管し、猫に番をさせていた繊維会館(世界遺産)

    かつて毛織物を保管し、猫に番をさせていた繊維会館(世界遺産)

  • イーペルの猫祭りで再現される魔女の火あぶりの様子

    イーペルの猫祭りで再現される魔女の火あぶりの様子

  • 今ではイーペルの猫祭りで猫のぬいぐるみが投げ落とされます

    今ではイーペルの猫祭りで猫のぬいぐるみが投げ落とされます

12世紀~14世紀後半、イギリスから輸入した良質の羊毛から編んだ、高級毛織物を輸出する事で、フランドル地方は、目覚ましい発展を遂げました。
イーペルも周辺のゲント、ブルージュと肩を並べる毛織物の一大生産地でした。
当時、イーペルでは、倉庫に保管された毛織物をネズミの被害から守るために多くの猫が飼われました。

14世紀になると、ヨーロッパ各地でペストが流行します。
疾病や災いは、魔女の仕業という考えから魔女狩りが行われました。
そんな中、魔女の使いと信じられていた猫を可愛がっていたイーペルの人々は「異教徒」の疑いを晴らすため生きた猫を塔の上から投げ落として殺したそうです。
なお、猫が殺されたのは、不衛生なネズミや猫が病原菌を運ぶと考えられていたとも、猫に厄を負わせていたとも言われています。

その後、イーペルでは、一年に一度、「猫の水曜日」に生きた猫を投げ落とす行事が、1817年まで行われていました。

時が流れ、このような暗い歴史を忘れず、猫を悼むため、生きた猫の代わりに猫のぬいぐるみを落とす形で1938年にイーペルで猫祭りが開かれるようになったのです。

暗い歴史のある猫祭りですが、現在は、猫好きが集まる明るく、楽しいお祭りに生まれ変わっているのです。
 

イーペルの猫祭りの様子

イーペルの猫祭りパレード

  • イーペルの猫祭りのパレードに登場する王様シープル

    イーペルの猫祭りのパレードに登場する王様シープル

  • イーペルの猫祭りのパレードには化け猫も登場!

    イーペルの猫祭りのパレードには化け猫も登場!

  • イーペルの猫まつりパレードに登場する王妃ミネケ・プス

    イーペルの猫まつりパレードに登場する王妃ミネケ・プス

猫祭り当日のイーペルでは町中の人々が猫に変身!
顔に猫のペイントをした人、全身猫の着ぐるみを着た人などどこもかしこも猫だらけです。

イーペルの旧市街、かつて猫を落としたという繊維会館前のメインストリートでは、15,000匹(人)とも言われる
猫が登場する猫祭りパレードが行われます。
猫祭りパレードでは年毎に異なる、様々なテーマの巨大な山車が、次から次へと繰り出してきます。

例えば、魔女狩りや猫殺し等、イーペルの町の過去をテーマとしたパレードでは、苦しそうに叫びながら運ばれていく魔女を箒を手に追いかける人々に続き、仲間を沢山殺され怒りに燃えた巨大な化け猫の山車などが行進していきます。

最後には、王様シープルと王妃ミネケ・プスの全長50mを超える巨大な山車が登場し、パレードは最高潮を迎えます。
 

イーペルの猫祭りのハイライト!「猫投げ」

  • イーペルの猫祭りのクライマックス!猫投げに集う人々

    イーペルの猫祭りのクライマックス!猫投げに集う人々

  • イーペルの猫祭りで猫のお土産物を!

    イーペルの猫祭りで猫のお土産物を!

イーペルの猫祭りのクライマックスは、イーペルのシンボルカラーの赤と白の服を着た道化師が、繊維会館の鐘楼から
黒猫のぬいぐるみを投げ落とす儀式です。
このぬいぐるみをキャッチできた人には幸福が訪れるそうです。

町の人々は「我こそは!」と、手を伸ばしたり、ジャンプをしたり、誰もが猫のぬいぐるみをその手にすべく必死になるのです。
 

ユーラシア旅行社で行く、イーペルの猫祭りツアーのポイント

ユーラシア旅行社のイーペルの猫祭りツアーでは、観覧席をご用意

イーペルの猫祭りを観覧席で見学します イーペルの猫祭りを観覧席で見学します

ユーラシア旅行社で行くイーペルの猫祭りツアーでは、猫祭りのパレードもよく見える観覧席をご用意しています。
場所取りの必要がないので、パレードの空き時間にお買い物に出かけるなど、自由に出入りができるのです。

イーペルの猫祭りツアーではイーペルに二連泊

イーペルのホテル一例 室内イメージ イーペルのホテル一例 室内イメージ

ユーラシア旅行社で行くイーペルの猫祭りツアーでは、イーペルの町に2連泊するコースもご用意しています。

猫祭りを一日じっくりと堪能できることはもちろん、朝や夜も祭りで盛り上がる町の雰囲気をお楽しみ頂けます。
 

イーペルの猫祭りの前夜祭を楽しむ

  • イーペルの猫祭り前夜祭

    イーペルの猫祭りの前夜祭にて

  • イーペルの猫祭りでは街中が猫一色

    イーペルの猫祭りでは街中が猫一色

イーペル2連泊のコースでは、イーペルの猫祭りの前夜祭もお楽しみ頂けます。

イーペルの猫祭りの前夜祭では、開会宣言、ミニパレード、花火などが行われます。

パレードに参加する人々のリハーサルの様子や、お土産屋さんの店の準備など、明日の本番に向けての町の緊張感も伝わってきます。
「明日はいよいよ待ちに待ったお祭りだ!」とワクワクドキドキしてきます。

魔女裁判と火あぶりの刑を見学

  • 魔女の人形を燃やし、イーペルの猫祭りが終わります

    魔女の人形を燃やし、イーペルの猫祭りが終わります

  • イーペルの猫祭りのフィナーレ

    イーペルの猫祭りのフィナーレ

イーペルの猫祭りツアーでは、イーペルの猫祭りの締め括り、魔女裁判と火あぶりの刑もご覧いただきます。

猫投げが終わる頃、猫祭りの会場の中心に藁や木を積んで魔女の火あぶりの準備が整えられます。 

魔女と疑われた女性と魔女を裁く司祭が登場し、魔女裁判の寸劇が始まります。
魔女役の女性の悲痛な叫びは言葉がわからなくても観客に伝わってきます。
最後に悲しい音楽が流れる中、燃え盛る炎の中に魔女の人形を入れ火あぶりにして祭りは終焉を迎えるのです。

3年に1度しかないイーペルの猫祭り。
せっかく行くならこだわりのツアーにご参加ください。
 

おすすめ海外ツアーおすすめ海外ツアー

  • ベネルクス物語 15日間

    ベネルクス物語 15日間

  • 連泊で楽しむ 花のオランダ・ベルギーの旅 10日間

    連泊で楽しむ 花のオランダ・ベルギーの旅 10日間

  • イーペルの猫祭りとベルギーハイライト 7日間

    イーペルの猫祭りとベルギーハイライト 7日間

  • イーペルの猫祭りとオランダ・ベルギー周遊 10日間

    イーペルの猫祭りとオランダ・ベルギー周遊 10日間

  • 【ビジネスクラスで行く旅】イーペルの猫祭りとオランダ・ベルギー・アルデンヌの森 11日間

    【ビジネスクラスで行く旅】イーペルの猫祭りとオランダ・ベルギー・アルデンヌの森 11日間

電子パンフレット

  • 2018年 春・夏・秋 オランダ・ベルギー・ルクセンブルク

    2018年 春・夏・秋 オランダ・ベルギー・ルクセンブルク

一覧を見る