オランダ・ベルギー旅行・ツアー・観光特集~絵本のような光景広がる国々~

オランダ・ベルギーのツアーの見所は、なんといっても美しい花々。そして数々の巨匠が生んだ珠玉の名画です。

  • キューケンホフ公園/オランダ

  • アールヌーボー建築のラーケン/ベルギー

  • マウリッツハウス美術館/オランダ

  • ホワイトアスパラガス料理/オランダ

  • オルヴァルビールとチーズ/ベルギー

 

 

オランダと言えば、チューリップと風車を思い浮かべる方も多いと思います。ヨーロッパの寒さ厳しい冬が終わると、待ちわびたかのように一斉に花々のつぼみが開き、鮮やかなカーペットが敷かれたように色で満たされた大地をご覧いただける美しい季節がやってきます。
オランダやベルギーで花の産業が盛んな理由は諸説ありますが、暗く寒い冬が長い分、明るくみずみずしい花々を愛でる文化が発達するのもわかる気がします。
そしてもう1つ、忘れてはならないベネルクスの魅力はオランダ黄金時代の絵画です。ゴッホやフェルメール、レンブラントにボス…。大航海時代、商人の経済力を背景に花開いた芸術を見ずに、この地を離れるわけにはいきません。


オランダとは?ベルギーとは?

オランダ・ベルギー基本情報

【正式名称】オランダ王国
【面積】41,864平方キロメートル(九州とほぼ同じ)
【人口】1,738.4万人(2019年9月 オランダ中央統計局)
【首都】アムステルダム(Amsterdam)(政治機能所在地はハーグ)
【民族】ゲルマン系83%、その他17%
【言語】オランダ語
【宗教】キリスト教(カトリック24.4%,プロテスタント15.8%),イスラム教(4.9%),ヒンズー教(0.6%),仏教(0.5%),無宗教・その他(53.8%)(2015年 オランダ中央統計局)
【時差】日本よりマイナス8時間(サマータイム時マイナス7時間)

オランダ特集ページ

【正式名称】ベルギー王国
【面積】30,528平方キロメートル(日本の約12分の1)
【人口】1,149.2万人(2019年9月,ベルギー内務省)
【首都】ブリュッセル(Brussels)
【民族】オランダ語を話すフランデレン人が58%、フランス語を話すワロン人が31%、その他混血などが11%
【言語】オランダ語(フラマン語),フランス語,ドイツ語
【宗教】伝統的にはカトリックだが,近年はムスリム移民が増加
【時差】日本よりマイナス8時間(サマータイム時マイナス7時間)

ベルギー特集ページ
 

 

春の訪れを祝うかのように咲き乱れる花々を見る

色とりどりのチューリップが咲く、美しい季節が到来

チューリップ畑/オランダ チューリップ畑/オランダ

春のオランダの代名詞・チューリップが一面に広がる光景は、思わずため息が出るほどです。丁寧に手入れされていることで魅力が増すチューリップ畑ですが、球根の出荷用に栽培されたチューリップ畑は、時期が来ると刈り取られてしまいます。ツアーでは、広大なチューリップ畑にご案内します。(4月出発のツアーのみ)(農家のチューリップ畑は、気象状況によりつぼみ、または刈取り状態となる場合もございます。できる限り咲いている畑へご案内致しますが、その年の気象条件によりますので予めご了承ください。)

世界最大の花の公園、キューケンホフ公園(オランダ)

キューケンホフ公園/オランダ キューケンホフ公園/オランダ

32ヘクタールもの広大な敷地いっぱいにチューリップやヒヤシンスなど色鮮やかな花が咲くキューケンホフ公園では、思う存分花を楽しんでいただくためツアー中はたっぷり3時間滞在します。

そして、園内(もしくは道中)で軽食を購入し、700万株ものお花に囲まれながらピクニックランチをお楽しみ下さい!(ツアーでは例年4月発・5月発のツアーでご案内となります。)
 

青い妖精が住む、「ブルーベルの森(ハルの森)」(ベルギー)

ブルーベルの森(ハルの森)/ベルギー ブルーベルの森(ハルの森)/ベルギー

ブリュッセルの南、外国人はめったに訪れない森の中に、人知れず青に染まる花の名所があります。4月中旬~下旬にかけて青紫の小さな花が咲き乱れ、森の中が一面青色になるのです。地面が見えないくらいの青の絨毯を見ると、今にも妖精が出てきそう、と思ってしまいます。個人では行きにくいところにあり、ユーラシアの旅行社ならではの訪問地です。是非訪れていただきたい、企画者おすすめの絶景の1つです。
 

春の限定公開、ラーケン王宮植物園とブリュッセル・フロラリア(ベルギー)

  • アールヌーボー建築のラーケン/ベルギー

    アールヌーボー建築のラーケン/ベルギー

  • ラーケン王宮植物園/ベルギー

    ラーケン王宮植物園/ベルギー

  • ブリュッセル・フロラリア/ベルギー

    ブリュッセル・フロラリア/ベルギー

ベルギー王室所有のラーケン植物園は、花満開の季節に期間限定で一般公開されます。世界中の花々に満ち溢れた園内はまるで花の迷宮!花もさることながら、皇帝レオポルトの命で作られ、アールヌーヴォー様式の先駆けにもなった温室も見どころです。

また、ブリュッセルのグロート・ベイハールデン城で行われるブリュッセル・フロラリアでも、18世紀に造られた庭園が春の1か月だけ限定で公開されます。100万株以上ものチューリップやヒヤシンスなどの花々と中世の雰囲気が残る城の競演はとても絵になります。
 

季節ごとに人々を盛り上げる、様々な催し

花パレード(オランダ)

花パレード/オランダ 花パレード/オランダ

チューリップが満開を迎える4月には、オランダの春の風物詩である花のパレードが行われます。生花で飾られた様々な山車がパレードを行い、通る度にふわっとやさしい花の香りに包まれる、春を感じるのに最適なイベントです。沿道も色鮮やかな花々で埋め尽くされます。
 

2年に一度の祭典!ブリュッセルのフラワーカーペット(ベルギー)

  • ベルギー、ブリュッセル、グランプラス、フラワーカーペット

    市庁舎から見下ろすフラワーカーペット(ブリュッセル)/ベルギー

  • ベルギー、ブリュッセル、グランプラス、フラワーカーペット

    フラワーカーペット(ブリュッセル)/ベルギー

爽やかな夏、ブリュッセルのグランプラスにて開催される2年に一度の花の祭典「フラワーカーペット」。ツアーでは、市庁舎のバルコニーからカーペットをゆっくりご覧頂きます。
2020年は、第22回目を迎えます(8/13~8/16まで公開)。

ユーラシアの旅のこだわり

マウリッツハウス美術館は「優先入場」でご案内(オランダ)

マウリッツハウス美術館/オランダ マウリッツハウス美術館/オランダ

かの有名なフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』やレンブラントの『テュルプ博士の解剖学講義』などを所蔵するマウリッツハウス美術館は、混雑を避け「優先入場」でご案内します。オランダ絵画の黄金時代の作品をじっくりご覧いただけます。(4月出発のツアーのみ)
 

クレーラーミューラー美術館(オランダ)

クレラーミューラー美術館/オランダ クレラーミューラー美術館/オランダ

No.2のゴッホ・コレクションを誇るクレラー・ミューラー美術館(ゴッホの森美術館)は個人では訪れにくい場所ですが、ユーラシアの旅行では全コースでご案内します。
 

フェルメールゆかりの地、デルフトも訪問

  • デルフト焼き工房にて昼食©ROYAL DELFT

    デルフト焼き工房にてご昼食♪/オランダ©Royal Delft

  • デルフト焼き絵付け体験©ROYAL DELFT

    デルフト焼き絵付け体験/オランダ©Royal Delft

デルフト焼で有名なデルフトの町の訪問も、ユーラシアのツアーのポイントの1つです。フェルメールが生まれ、その生涯を過ごしたこの町は、名画『デルフトの眺望』が描かれた街でもあります。15日間のコース(WB15)ではその絵が描かれたとされる場所やフェルメールのアトリエ跡の観光を含め、デルフト焼きの絵付け体験とデルフト焼き陶器のご昼食もお楽しみください。

お食事にもこだわりを

  • ホワイトアスパラガス料理/オランダ

    ホワイトアスパラガス料理/オランダ

  • ベルギー名物ムール貝のワイン蒸し

    ベルギー名物ムール貝のワイン蒸し

  • オルヴァルビールとチーズ/ベルギー

    オルヴァルビールとチーズ/ベルギー

旅の思い出を彩るお食事にもこだわりました。ベルギーのクリームシチュー「ワーテルゾーイ」、ムール貝のワイン蒸しやワッフルにオランダではニシン料理やクロケット(コロッケ)…。郷土料理や名物料理など、その土地の味をご堪能下さい。また、春には旬のホワイトアスパラをどうぞ。


*ご旅行金額につきまして*
旅行代金は全て総額表示です。
空港税・宿泊税や燃油サーチャージは追加徴収いたしません。
出発前の大幅な追加請求や空港税・宿泊税の支払いのために旅行中に手元の残金を気にかける必要がありません。
また、「キャンセル料半額制度」、「リピーター割引制度」も設けており、現在「早期割引キャンペーン」を実施中です。詳しくはこちらをご覧ください。

 

おすすめ海外モデルプランおすすめ自由旅行モデルプラン

  • ブルージュ宿泊 専用車で巡るベルギーの古都 7日間

    ブルージュ宿泊 専用車で巡るベルギーの古都 7日間

  • 日本語ガイドがご案内するベルギーの古都と、専用車で巡るアルデンヌ地方 7日間

    日本語ガイドがご案内するベルギーの古都と、専用車で巡るアルデンヌ地方 7日間