エチオピア、ダナキル砂漠、エルタアレ火山旅行・ツアー・観光特集

世界一過酷な地と称されるアファールトライアングルのダナキル砂漠(エチオピア)には地球とは思えない驚きの絶景が広がります

  • ダロール火山(イメージ)

  • エルタアレ火山の火口/2019年1月撮影(※赤い溶岩はご覧頂けない場合がございます。)

  • エルタアレ火山からの下山の様子(イメージ)

  • アフデラ塩湖にて浮遊体験

  • コック同行で食事も安心!

 

 

エチオピア北東部、エリトリア、ジブチにまたがるアファールトライアングルの中心、ダナキル砂漠。アフリカの大地溝帯の内部に位置し、海抜マイナス約116メートル。世界屈指の低地でもあり、「地球上で最も過酷な土地」とも言われています。
砂漠とは言いますが、ここでは砂地だけではなく、地球が創り出した様々な絶景に出会うことができます。


 

まるで異世界に来たかのような極彩色に満ちたダロール火山の絶景

  • ダロール地区

    ダロール火山(イメージ)

  • ダロール地区

    ダロール火山のソルトマッシュルーム(イメージ)

ダナキル砂漠の大きな見所であるダロール火山(ダロール地区・ダロール地溝帯)には極彩色の絶景が待っています。
塩分や硫黄、カリウムなどを含む温泉が、地表に噴出し、黄色や緑など鮮やかな結晶となり、不思議な奇岩群や間欠泉を形成します。また、間欠泉の中で結晶化した塩化カリウムが酷暑と長年の年月で干し上がり形成されたのがソルト・マッシュルーム。2016年後半からの火山活動活発化に伴い、その色合いはますます鮮やかになったと言われています。
 

地球の鼓動を感じる場所、ダナキル砂漠のエルタアレ火山

世界でも最も活発な火山にも数えられるエルタアレの山頂へ

  • エルタアレ

    エルタアレ火山の火口/2019年1月撮影(※赤い溶岩はご覧頂けない場合がございます。)

  • エルタアレ火山

    エルタアレ火山からの下山の様子(イメージ)

太古に始まった火山活動が今も続くエルタアレ火山。約2時間の登山で山頂へ。山頂付近には複数の火口が口を広げています。火口の景色は毎年のように姿を変えている為見え方はその都度変わります。
​​​​​​​
★エルタアレ火山へのトレッキングが楽になりました!
昨シーズンより登山開始地点であるベースキャンプの位置が変わり、頂上への所要時間がこれまでの片道約4時間から約半分の2時間となりました。砂利まじりの緩やかな登り道を約1時間、その後、溶岩大地の登り道を約1時間歩くと、山頂付近に到着。想像よりも楽に歩けたという感想を多くいただいております。

※エルタアレ火山の溶岩はご覧いただけない場合もございます。また、安全の為火口付近に近づけない可能性もございます。昨今の火山活動の状況を鑑みますと、火山ガスが溶岩湖を覆い溶岩が見られない可能性もございます。何分自然現象でございますので、ご理解をお願い申し上げます。

ダナキル砂漠の二大塩湖、アサレ塩湖とアフデラ塩湖

アフリカのウユニ塩湖!?アサレ塩湖

BCD8・アサレ湖 アサレ塩湖にて(イメージ)

『アフリカのウユニ塩湖』ともいわれるアサレ塩湖。ここ数年はエルニーニョの影響でダナキル砂漠のシーズンである11-2月にも水が塩湖に張っていました。水が張っていない時も湖面に独特の塩の模様が現れ、この様子もウユニ塩湖にそっくりです。
近隣にはアファール族というイスラム教徒の遊牧民が住み、この白い大地からキャラバンで巨大な塩塊を都市へ運び出します。運が良ければ、塩湖を渡るラクダの隊列にも出会えるかもしれません。

死海のように塩分濃度が高いアフデラ湖で浮遊と温泉体験!

アフデラ塩湖にて浮遊体験 アフデラ塩湖にて浮遊体験

ダナキル砂漠のあるアファール盆地の南部に位置するアフデラ塩湖。面積約100平方キロメートル、海抜マイナス102メートルのこの湖はその名の通り、濃度が高い塩湖です。アフデラ湖からアフデラの村にある蒸発池へ塩水が汲み上げられ、ここで塩が作られます。
ここでは死海のようなような浮遊体験もできます。
また、脇には川湯のような温泉があり、入浴(水着着用)も出来ます。トレッキングの後の体が休まります。

ユーラシア旅行社で行くダナキル砂漠ツアーのこだわり

◆ 酷暑を避けて比較的涼しい時間帯に登山へ、夜と朝2回の火口見学チャンス!

◆最大14名様の少人数限定でのご案内です。

◆トレッキングの際の荷物はラクダに任せて身軽に登山!ガスマスクも無料で貸出!

◆四輪駆動は 全席窓側のお席をご用意!

◆テント泊は可能な限り少なく、 そしてより快適に!(アハメッド・エラ泊)

  • アハメッド・エラのテント(利用一例)

    アハメッド・エラのキャンプサイトにて(イメージ)

  • コック同行でダナキル砂漠へ。

    コック同行で食事も安心!

  • エルタアレのラクダ

    登山の際荷物はラクダが運びます(イメージ)

世界一過酷な地でなるべく無理なくご旅行出来るよう、お手伝い致します!
1.テント・野天泊は最小限にしてダナキル砂漠を効率よく巡ります。
2.寝袋は日本からのご持参は不要!現地でご用意します。
3.テント泊は現地でお一人様一基テントをご用意します。(アハメッドエラ)
4.テント内部には簡易ベッドとマットレスをお一人様一つずつご用意。(アハメッドエラ)
5.シャワールーム、簡易トイレを設置します。(アハメッドエラ)
6.ダナキル砂漠ツアー中は専属コックが同行して料理をその場でご用意。
7.カメラ・ビデオの充電が可能なコンセントをご用意。(数には限りがあります。)
 

その他の地域についての特集はこちらをご覧ください。→エチオピア旅行・ツアー・観光特集~正教と歴史が息づく神秘の国へ~


*ご旅行金額につきまして*
旅行代金は全て総額表示です。
空港税・宿泊税や燃油サーチャージは追加徴収いたしません。
出発前の大幅な追加請求や空港税・宿泊税の支払いのために旅行中に手元の残金を気にかける必要がありません。
また、「キャンセル料半額制度」、「リピーター割引制度」も設けており、現在「早期割引キャンペーン」を実施中です。詳しくはこちらをご覧ください。

おすすめ海外ツアーおすすめ海外ツアー

  • ダナキル砂漠、エルタアレ火山とエチオピア絶景紀行 8日間

    ダナキル砂漠、エルタアレ火山とエチオピア絶景紀行 8日間

  • ダナキル砂漠、エルタアレ火山と聖地ラリベラ 10日間

    ダナキル砂漠、エルタアレ火山と聖地ラリベラ 10日間

  • ダナキル砂漠、アファールトライアングルとジブチハイライト 10日間

    ダナキル砂漠、アファールトライアングルとジブチハイライト 10日間

電子パンフレット

  • 2020年4月~12月 ワイルドアフリカ

    2020年4月~12月 ワイルドアフリカ

一覧を見る