ヨーロッパ旅フォーラム~ケルト文明を通して見るヨーロッパ~

2018年2月3日(土)開催 古代から現代へ、ヨーロッパの根底・深淵に息づくケルト。その魅力と褪せない芸術の輝きを紹介します

  • 精緻な装飾がほどこされたタラブローチ/ダブリン、国立博物館蔵

  • 伝統的なケルトの円環とキリスト教の十字架と信仰が融合した「石の十字架」/モナスターボイス

  • 『ケルズの書』を所蔵するオールドライブラリー/ダブリン

  • ケルト楽団 tricolor(トリコロール)

 

 

世界で最も美しい本『ケルズの書』や石の十字架に刻まれた、渦巻や組紐や動物たちのケルト文様の神秘。
ピラミッドより古い巨石と墳丘。
哀愁漂う伝統音楽のメロディーとパワフルなダンス。
古代・中世から現代にいたるまでヨーロッパの大陸と西の島国で民族的個性を受け継いできたケルト文明。
彼らはいつ・どこで・どのように生きてきたのか?
日本におけるケルト研究の第一人者をお招きし、謎多きケルト文明に迫ります。

ヨーロッパ旅フォーラム~ケルト文明を通して見るヨーロッパ~

日時:2018年2月3日(土)
時間:13:00~16:00(☆午前中には各国説明会も開催します)
場所:牛込箪笥ホール
   都営地下鉄「牛込神楽坂」駅徒歩0分
定員:300名
参加無料・事前予約制(お申し込みはこちらから

第一部:講演「ケルト文化とヨーロッパ」

  • 精緻な装飾がほどこされたタラブローチ/ダブリン、国立博物館蔵

    精緻な装飾がほどこされたタラブローチ/ダブリン、国立博物館蔵

  • レリーフが美しいモナスターボイス

    伝統的なケルトの円環とキリスト教の十字架と信仰が融合した「石の十字架」/モナスターボイス

  • ケルズの書所蔵オールドライブラリー

    『ケルズの書』を所蔵するオールドライブラリー/ダブリン

講師:鶴岡真弓氏(多摩美術大学 芸術人類学研究所所長・芸術学科教授、日本ケルト協会顧問)

鶴岡真弓氏プロフィール
 美術文明史家。ケルト芸術文化、およびユーロ=アジア装飾デザイン交流史研究者。早稲田大学大学院修了後、アイルランド、ダブリン大学トリニティ・カレッジ留学。処女作『ケルト/ 装飾的思考』( 筑摩書房)で、わが国でのケルト文明/ 芸術理解の火付け役となる。 西はアイルランド、東はシベリア・日本列島まで「ユーロ=アジア文明の生命デザイン」を追跡中。主著に『ケルト/装飾的思考』『ケルト美術』(ちくま学芸文庫)、『ケルトの歴史(共著)』(河出書房新社)、『「装飾」の美術文明史』(NHK 出版)、『ケルト 再生の思想』(ちくま新書)、『ケルト/生と死をつなぐ螺旋 終末からの始まり』青土社(近日発売)など多数。 NHKテレビ「人間大学」、「極上美の饗宴」。ドキュメンタリー映画『地球交響曲第1番』( 龍村仁監督)でアイルランドの歌姫エンヤと共演。

第二部:旅で触れるヨーロッパ古代文明(弊社添乗員による紹介)

ヨーロッパ各地に点在するケルトの痕跡。
ケルトの文化が脈々と受け継がれているアイルランドを中心に、イングランドやフランス・ノルマンディー地方など、ツアーでご案内するケルト文化圏の魅力をご紹介します。

第三部:ケルト音楽演奏会

tricolor、トリコロール、180203フォーラム出演者、長尾晃司 ケルト楽団 tricolor(トリコロール)

ケルト楽団tricolor (トリコロール) の長尾晃司さん(写真左)、中藤有花さん(写真中)によるケルト音楽演奏会をお楽しみ下さい。

tricolor (トリコロール) プロフィール
緑で囲まれた小さな島国アイルランドの日常から生まれた音楽と、その伝統音楽への共感を下敷きにしたオリジナル曲を、3人それぞれの色を混ぜながら演奏している。様々な規模の音楽フェスや野外イベントから、カフェや古書店、電車内ライブや結婚式での演奏、さらにはアイルランド大使館関連の公的イベントまで、「場所と人」「人と人」の出会いやつながりを大切にし、独自の活動を展開中。
2009年4月、お花見パーティでの演奏をきっかけに結成。その後テーマの異なる、しかしサウンドはどこまでもtricolor感たっぷりのCDアルバムを5作発表。2014年NHK連続テレビ小説「マッサン」の楽曲演奏を担当し注目を集める。2016年11月より、NHK Eテレ「シャキーン!」にて、森ゆにと共作での書き下ろし曲「じかきうた」が放映。映像にも出演する。
(公式ホームページ)

同時開催!各国ツアー説明会

春~秋のヨーロッパ各地のツアー説明会を開催します。
弊社添乗員が各地の見所や現地情報を映像を交えてご案内します。
具体的なご検討やご質問がある方にお勧めです。

会場:飯田橋レインボーホール
   東京メトロ東西線・南北線・有楽町線、都営地下鉄大江戸線、JR総武線「飯田橋」駅 徒歩5~10分
定員:各回20名・要予約

9:45~10:35 各国説明会(1)~(4)

ウェールズ/コンウィ城 コンウィ城/ウェールズ

説明会(1)英国(イングランド・ウェールズ・スコットランド)
説明会(2)バルト三国・ポーランド
説明会(3)スロベニア・クロアチア
説明会(4)スペイン周遊

※1~4の中で重複してのお申し込みはできません
※参加無料・予約制(ご予約はこちらから

10:50~11:40 各国説明会(A)~(D)

フランス、コンク フランス南西部の美しい村、コンク

説明会(A)ルーマニア・ブルガリア
説明会(B)2度目のフランス(南西フランス・東フランス)
説明会(C)チェコ・ハンガリー・オーストリア
説明会(D)ギリシャ

※A~Dの中で重複してのお申し込みはできません
※参加無料・予約制(ご予約はこちらから

海外旅行情報誌『EURASIA』を毎月無料で2年間お届けします

東京大学名誉教授・樺山紘一氏をはじめ、一流執筆陣の書き下ろしや、旅の最新情報を満載した月刊誌です。あわせて、世界160か国、各方面のパンフレットなどもお送りさせていただきます。どうぞ、お気軽にご請求ください。

ご希望の方は、こちらのフォームよりお申し込みください

 

世界160か国を取り扱うユーラシア旅行社とは?

心をこめてご案内いたします 心をこめてご案内いたします

旅慣れた方は、ヨーロッパは個人旅行で大丈夫!とお思いになるかもしれません。しかし、公共交通機関では訪れにくい小さな村や、人里離れた教会、離島などの、大都市以外の見所を巡りには、やはり、パッケージツアーが効率よく、便利です。

2016年に創業30周年を迎え、日々成長を続けるユーラシア旅行社。現在では、世界160か国以上の国と地域の旅を取り扱っています。創業以来、観光第一主義を貫き、地域ごとの魅力を深く掘り下げる旅を企画しています。貴重な観光時間を奪う免税店やお土産屋への訪問を強制する旅行会社が多い中、弊社は創業以来、そういった旅行の在り方を否定してきました。
イヤホンサービスや添乗員による旅日記の配布など、今日では業界のスタンダードとなりつつあるサービスも、他に先駆けて実施してまいりました。また、高騰傾向にある燃油サーチャージや、空港諸税、ヨーロッパで増えつつある各都市の宿泊税などは、あらかじめご旅行代金に含んだ総額表示でご案内しており、ご検討くださるお客様にも、わかりやすいとご好評をいただいております。

これからも、新しいツアーやサービスを開拓し、皆様にご満足いただけるような旅づくりを続けてまいります。