Tbilisi as it really is! 「トビリシありのまま」

【オンライン講座】ジョージアの首都トビリシへ

  • トビリシありのまま

  • アバノトゥバニ、トビリシ旧市街

  • スヴェティツホヴェリ教会、ムツヘタ

  • シャトー・ムクラニ(トビリシ北40km)

  • ジョージア料理、ヒンカリ

 

 

ジョージア(グルジア)の首都、トビリシ。紀元前4000年からこの地に人類が暮らし始め、サーサーン朝、ビザンチン、、ウマイヤ朝、セルジューク朝、モンゴル帝国、ティムール、サファヴィー朝、ロシア帝国と幾多の征服者がこのトビリシを従えた。ジョージアは337年に史上2番目にキリスト教を国教としたがトビリシにはジョージア正教の教会のみならず、アルメニア正教、ユダヤ教のシナゴーグ、そしてイスラム教のモスクがある。波乱万丈の歴史はアジアとヨーロッパの文化が絶妙に混じり合った風景を作り出している。
そんなトビリシを、旧市街の街並み、キリスト教、料理、ワイン、最新の流行などを切り口に紹介していきます。

オンデマンド配信購入と視聴の流れ

トビリシありのまま トビリシありのまま

【第1回】東方正教会最古、ジョージア正教の世界
【第2回】ワイン発祥の地ジョージアのワインを探検
【第3回】旨い!ジョージア料理の秘密を知る
【第4回】新進気鋭のデザイナーが競うトビリシのファッション

各回購入(ダウンロードも可)960円
まとめ購入(ダウンロードも可)2960円

※まとめ購入は、ライブ配信時より約40%割引販売中でお得です!
※オンデマンド視聴に関しては下部もご参照ください。

■オンデマンド視聴の流れ<単品購入・ストリーミング(レンタル)のみも可、登録要のVimeo>
1.Vimeoのオンデマンド視聴ページに遷移し、全4回か単一回、購入(ダウンロード可能)を選択します。

2.Vimeoのアカウントを作成するか、facebook又はgoogleのアカウントでログインします。

3.クレジットカード情報を登録して決済。

4.選択した形態で視聴します。

■オンデマンド視聴の流れ(まとめ購入のみ可、登録不要のStores)
1.Storesのオンデマンド視聴ページに遷移し、購入(まとめ購入のみ)を選択します。

2.ゲスト購入を選択します。(Storesでアカウントをお持ちの方はログインしても結構です)

3.名前、メールアドレス、クレジットカード情報を登録して決済。(コンビニ決済、楽天ペイ利用可)

4.視聴用テキスト(デジタル商品)をダウンロード

5.テキストに記載のurlとパスワードでオンラインツアー・講座を視聴

※視聴はPC、タブレット、スマートフォンのいずれでも可能ですが、PCをお勧めします。尚、PCでの視聴に特別なインストールは必要ありません。タブレットやスマートフォンで視聴する場合は、下記リンクよりVimeoのアプリを入手の上、ご視聴ください。
Apple StoreでVimeoアプリ入手
Google PlayでVimeoアプリ入手

Vimeoの視聴でトラブルが起こった場合には、ヘルプセンターもご参照ください。

【無料特別回】欧亜が絶妙に融け合うトビリシ旧市街を巡る

アバノトゥバニ、トビリシ アバノトゥバニ、トビリシ旧市街

【無料特別回】「欧亜が絶妙に融け合うトビリシ旧市街を巡る」

紀元前4000年からこの地に人類が暮らし始めてから幾多の征服者が通過していった街トビリシ。波乱万丈の歴史はアジアとヨーロッパの文化が絶妙に混じり合った風景を作り出している。

↓↓視聴はこちらから↓↓
 

【第1回】東方正教会最古、ジョージア正教の世界

スヴェティツホヴェリ教会_ムツヘタ_ジョージア_コーカサス スヴェティツホヴェリ教会、ムツヘタ

【第1回】「東方正教会最古、ジョージア正教の世界」
アルメニア(301年)ローマ帝国(313年)に次いで、337年にキリスト教を国教としたジョージア。
東方正教の国では最も長い歴史を持つ。聖ニノ(グルジアの亜使徒光照者ニノ(グルジアのあしとこうしょうしゃニノ))を信仰し、葡萄十字(「グルジアの十字架」や「聖ニノの十字架」)がシンボルという独特な面を持つ。
3月24日(水)はトビリシの教会は閉鎖とのことで、古都ムツヘタから中継します。ムツヘタ市内を散策し、スヴェティツホヴェリ教会を見学します。スヴェティツホヴェリ教会はジョージア最古の教会且つ正教の総主教座が置かれ、王の戴冠式などがこの教会で行われました。ユネスコ世界遺産に指定されています。

【第2回】ワイン発祥の地ジョージアのワインを探検

シャトー・ムクラニ(ジョージア) シャトー・ムクラニ(トビリシ北40km)

【第2回】ワイン発祥の地ジョージアのワインを探検
葡萄酒をあらわす言葉は、古代ジョージア語のღვივილი ghvivili(グヴィヴイリ)がジョージア語ღვინო ghvino(グヴィノ)になり、vinum(羅語)vino(伊語)вино(露語)vin(仏語)wine(英語)などヨーロッパ各国語になっていきました。
トビリシから30キロほど離れガダチリリ・ゴラと呼ばれる遺跡から、紀元前6000年頃の世界最古のワイン醸造跡がみつかってます。
ジョージアには「ルカツィテリRkatsiteli რქაწითელი」「ムツヴァネ Mtsvane მწვანე კახური」「サペラヴィSeparavi საფერავი」など固有種をはじめ400を超えるブドウの原種が栽培されているそうです。そして現在でもクヴェヴリქვევრი Kvevriと呼ばれる大きな壺に入れて醸造しています。
また、葡萄のお菓子「チュルチュヘラ Churchkhela ჩურჩხელა」も紹介します。
今回は、トビリシから北40kmにある、シャトー・ムクラニにて、ぶどう畑やワインの醸造所をご覧いただきます。

【第3回】旨い!ジョージア料理の秘密を知る

ジョージア料理、ヒンカリ ジョージア料理、ヒンカリ

【第3回】旨い!ジョージア料理の秘密を知る
某チェーン店の限定メニュー「シュクメルリ შქმერული shkmeruli」(チキンのガーリックソース)で一挙に身近になったジョージア料理。
ハチャプリ「ხაჭაპური Khachapuri」(チーズ入りパン)、「ヒンカリ ხინკალი Khinkali」(大きな小籠包)、「
ハルチョー ხარჩო Kharcho」(牛肉とお米が入ったスパイシーなスープ)などなど美味しいものがいっぱい。中央アジアで食べられる「シャシリク შაშლიკი Shashlik」(肉の串焼き)もコーカサスが発祥の地と言われています。
ソ連時代は「ご馳走」と言ったらジョージア料理、お祝い事や親戚が集まると街のジョージア料理店へ繰り出したそうです。

【第4回】新進気鋭のデザイナーが競うトビリシのファッション

トビリシ、ブティック(ANOUKI) トビリシ、ブティック(ANOUKI)

【第4回】新進気鋭のデザイナーが競うトビリシのファッション
⇒ 2015年から開催されているトビリシのファッションショー「メルセデス・ファッション・ウイーク・トビリシ MBFWT」には各国のジャーナリスト、バイヤーが集うVOGUEやELLE、SPURなどのファッション誌の日本版にも特集が組まれるほど。
パリでVETEMENTS(ヴェトモン)というブランドを立ち上げたデムナ・ヴァザリアDemna Gvasaliaの故郷としてジョージアがファッション界に注目された。エルメス(HERMES)やロエベ(LOEWE)でデザイナーをしているジョージア人もいる。そんなデザイナーたちがジョージアへ戻ってきて、自分のブランドを立ち上げはじめた。
そんなファッションが熱いトビリシを探訪してみます。

講師プロフィール

Ms. Nino Gloveli(ゴレベリ・ニノさん)他

Ms. Nino Gloveli(ジョージアガイド) Ms. Nino Gloveli(ゴレベリ・ニノさん)

コーカサストラベル(http://www.caucasustravel.com/?lan=ja)

ユーラシア旅行社のオンライン体験(カルチャー講座、旅行、観光、ツアー等)で旅気分

オンラインツアー一覧 おうちで旅気分、オンライン講座

創業以来、安・近・短の旅行やショッピング目的の旅ではなく、「自然と人間と文明を見つめる旅」をテーマに、心に湧き起こる好奇心の目で世界を丁寧に見つめ直し、探究心をくすぐるような、旅づくりに励んで参りました。
-知的好奇心を刺激し、価値観を揺さぶる。旅の感動が人生そのものを豊かにしていく-ユーラシア旅行社が追い求める「旅」のありかたです。

コロナ禍で人の移動がままならず、海外旅行を気軽に楽しめない中でも楽しい旅気分を味わえるよう、ユーラシア旅行社が創業以来30年以上に渡って海外と直接取引しながら培って来たパートナー達の協力のもと、知的好奇心を刺激するオンライン講座を始めました!残念ながら観光の仕事がなくなった海外のパートナー達への応援にもなりますので、自宅にいる貴方と海外にいる旅行のスペシャリスト達を繋ぐオンライン体験(カルチャー講座、旅行、観光、ツアー等)をどうぞお楽しみください!

その他のオンライン講座一覧はこちらから
オンデマンド視聴講座一覧はこちら<購入・ストリーミング(レンタル)も可、登録要のVimeo>
オンデマンド視聴講座一覧はこちら<購入のみ可、登録不要のStores>