ユーラシアの旅ブログ 添乗見聞録 世界を股にかけるユーラシア旅行社添乗員が世界各地の最新情報をお届けします。

【おすすめ映画】皇帝ペンギン ただいま

2018年8月14日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のお勧め映画ユーラシア旅行社社員が世界の自然を語る船の旅

暑い日が続く夏…。

是非お勧めしたい映画があります。

8月25日公開の『皇帝ペンギン ただいま』

コウテイペンギンは身長が1-1.3mもある世界最大のペンギン。
多くのペンギンが夏の南極で子育てに従事する中、なぜか極寒の地、冬の南極で子育てを行うのです。

映画はそんなコウテイペンギンの世界を生き生きと映し出しました。

映画では43歳の雄のコウテイペンギンが主役です。
彼が海から繁殖地へ戻ります。
氷原をゆっくりゆっくり歩き、いつもの場所で相手を捜し、相手を見つけます。
そうして卵を雌から受け取り、4か月近い絶食の中、極寒に耐えながら卵を守り雛を孵します。

映画では、つがいのペンギンが、お互いの動きをゆっくりシンクロさせていく姿や、雛の為に餌を取りに行く為に彼らが築き上げた海までの道のりが、温暖化によって夏が近づくにつれ氷が凹凸が激しくなり、クレバスに阻まれるシーンなども出てきて、可愛らしい雛の成長物語だけでは終わりません。
圧巻なのが海の中の皇帝ペンギンたちの勇姿。

地上に立っているだけでも迫力のあるコウテイペンギンですが、海の中の知られざるスマートな姿に思わず感歎の声を上げてしまいました。

もちろん、雛達の苦難も描き出されます。
カモメに襲われたり、クレバスに落ちてしまったり、氷が溶けて水がたまっているところへ落ちたり、雛達は親鳥が餌を取りに行っている間にたくさんの試練を受けます。

最後、巣立ちの時、母ペンギンが立ち去り、父ペンギンは雛達に海へ向かうよう示唆するかのような行動をとりながら雛から離れます。
雛の集団はやがて海へ旅立つのです。

生きることにこれほどまでに真摯なコウテイペンギン。
極寒の地で自らの命を削りながら、次世代の生命を繋ぐコウテイペンギンの姿に生命の煌めきを改めて感じさせてくれ、そして映像の美しさに心が震えること間違いないでしょう。

水族館では出会えない彼らのカッコいい姿をみに映画館へ足を運びませんか?

南極特集こちら

(南極担当 齋藤晃子)

2019年1月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    ユーラシア旅行社で行く!死ぬまでに行きたいと評判の世界の絶景へのツアー

    ユーラシア旅行社で行く!死ぬまでに行きたいと評判の世界の絶景へのツアー

  • 2

    シンシンとリーリーの故郷、四川省雅安のパンダセンター(中国)

    シンシンとリーリーの故郷、四川省雅安のパンダセンター(中国)

  • 3

    ウィーン、美術史美術館

    美術三昧、ウィーンの休日

  • 4

    超絶景!イタリアのストロンボリ火山(ユーラシア旅行社で行く世界の絶景ツアー、ストロンボリ火山ツアー)

    超絶景!イタリアのストロンボリ火山(ユーラシア旅行社で行く世界の絶景ツアー、ストロンボリ火山ツアー)

  • 5

    「現代の恐竜」コモドドラゴン

    「現代の恐竜」コモドドラゴン

  • 6

    ポーラ美術館開館15周年記念展-100点の名画でめぐる100年の旅

    ポーラ美術館開館15周年記念展-100点の名画でめぐる100年の旅

  • 7

    【おすすめ映画】ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ

    【おすすめ映画】ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ

  • 8

    茶卞(チャカ)塩湖(中国・青海省)

    茶卞(チャカ)塩湖(中国・青海省)

  • 9

    世界最大の花、ラフレシア・アーノルディ(ボルネオ)

    世界最大の花、ラフレシア・アーノルディ(ボルネオ)

  • 10

    「ツアーグランプリ2016」国内・訪日旅行部門 グランプリ受賞!

    「ツアーグランプリ2016」国内・訪日旅行部門 グランプリ受賞!

ユーラシア旅行社の社員ブログ