ユーラシアの旅ブログ 添乗見聞録 世界を股にかけるユーラシア旅行社添乗員が世界各地の最新情報をお届けします。

極寒★ナイトを開催しました

2018年9月18日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

9月11日、吉祥寺にあるカフェロシアにて、「極寒★ナイト」を開催しました。極寒という言葉の影響力か、この日は暑さが和らぎ半袖では肌寒い夜になりました。

 

さて、オイミャコン、ムルマンスクという地名をご存知ですか。
世界最大の国土(日本の45倍)を持つロシア連邦ですが、その国土の4分の3はシベリアや極東という、冬には人の生存すら危ぶまれる厳しい気候条件を備えています。そんな地域で暮らす人々はどのような暮らしをしていて、どのような文化を持っているのでしょう。まずは、弊社添乗員より、ユーラシア旅行社の旅で訪れるロシアの極寒の地と言われる、
・ロシア北西部、オーロラが観測できる北極圏の都市『ムルマンスク』
・ロシア極東、居住地として世界最低気温を記録した長寿村『オイミャコン』
・ロシア南東部、琵琶湖の47倍もの広さが冬季には全面凍結する、世界最古の湖『バイカル湖』
の見どころ、現地情報をご紹介させて頂きました。

 

自然の造形物の美しさや、想像を絶する住民の生活に驚きの声がたくさん挙がっておりました。「オイミャコンあるある」と称してご紹介した例の一つに、洗濯物の乾かし方がありましたが、現地の人々は極寒の中洗濯物を外に干すそうです。マイナス50℃の世界ですから、もちろん洗濯物は一瞬で凍ります。そうしてできた表面の氷を払って、乾かし完了という訳です。日本での冬場の外干しの大変さを考えると、簡単で良いかも…と思わず考えてしまいますね。

 

続くお食事タイムでは、一般的なロシア料理を始め、シベリアやヤクーツクの料理をコースでお召し上がり頂きました。
☆の付いたものがヤクート(ヤクーツク)料理です。

・モルス(コケモモジュース)
・前菜5品(☆ストロガニナ、毛皮のコートを着たニシン、サーモンのブリヌイ包み、ブジェニーナ(ローストポーク)、キュウリのピクルス)
・ボルシチ(赤カブのスープ)
・ペリメニ(シベリア風餃子)
・ビーフストロガノフ
☆キョルチェフ(ヨーグルトのような生クリーム仕立てのベリーのデザート)

 

ストロガニナは凍った魚のスライスで、出した瞬間から溶けてしまうため、店長の計らいで他の前菜とは別に提供して頂きました。通常お店では出していない珍しいメニューもお楽しみ頂けるところは、ナイトシリーズならでは、です♪

 

そして最後に、プレゼント抽選会を行いました。景品は添乗員によるサハリンのお土産!昆布成分入りチョコレート(残念ながら昆布の味は感じられません)、キリル文字の日めくりカレンダー、蟹入り樺太産の昆布缶、そして目玉は今や日本で入手困難なクリミアワインです。皆様お楽しみ頂けたようで、最後まで話題が尽きない中の解散となりました。

 

ユーラシア旅行社で行く、極寒ツアー情報はこちら

今回利用したレストラン、カフェロシアはこちら

9/8旅フォーラム「魅惑のエジプトとマグレブの世界」を開催しました!

2018年9月14日 カテゴリ: アジア

9月8日(土)日本橋公会堂にて、旅フォーラム「魅惑のエジプトとマグレブの世界」を開催しました。

第一部では、エジプト考古学者で、名古屋大学 CHT共同研究員の河江肖剰氏にご登壇頂きました。


ドローンを用いたピラミッドの調査や、遺跡のレリーフに関しての説明をして頂きました。
最新のエジプト情報まで満載です。

つづいて第二部は、上智大学名誉教授である私市正年氏より西の果て「マグレブ」と言われるモロッコ・チュニジア・アルジェリアの魅力をお話頂きました。

マグレブの地域の歴史や暮らしについてご紹介頂きました。たくさんの写真を交えながらの紹介だったので、まるで旅をしているような感覚になりました。
また、たくさんの映画の舞台の地でもあり、お客様も興味をもたれたようです。

第二部後半では、エジプトの民族演舞であるタンヌーラショー。


エジプト文化省直属の国立舞踊団でステージに立っていたサイードさんによる迫力満点のパフォーマンスでした。
特に電飾を使ってのパフォーマンスはとても綺麗!
華やかな舞台でした。

 

>>ユーラシア旅行社イベント・説明会情報はこちら
>>レバノンツアーの特集はこちら

>>モロッコツアーの特集はこちら

>>アルジェリアツアーの特集はこちら

>>エジプトツアーの特集はこちら

写真家むらいさち氏と行く信州のお花撮影ツアー終了

2018年9月10日 カテゴリ: イベント

9月9日(日)、まだまだ真夏の新宿駅を出発し、長野県・標高1250mの涼しい富士見高原リゾート「花の里」へ日帰り撮影旅行を初開催しました。
題して「第2回写真女子倶楽部 写真家むらいさち氏と行く信州お花撮影紀行」、おかげさまで満員御礼、25名様の女子の皆様にご参加いただきました。

<撮影スポット1か所目>
メインである花撮影が楽しめる富士見高原リゾート「花の里」。9月なのでシーズンの終わりではありましたが、たくさんの百日草やこの時期に珍しいアジサイなど、多くの花々とにらめっこしながら、大撮影大会。夏休みも終わったからか、見学客も少なく、ほとんど独占状態。むらいさちさんから、望遠で絞って~など指導を受けながら、お気に入りのお花を探しました。

<撮影スポット2か所目>
昼食も兼ねて「萌木の村」で撮影。ヨーロッパみたいな雑貨屋さん、森の中の可愛いメリーゴーランド、可愛いオブジェ、“映え”するシーンが盛りだくさん!時間が足りない~と名残惜しみながら、あっという間の滞在でした。突如現れるメリーゴーランドはシュール。

「さちさん、撮り方を教えて」

<撮影スポット3か所目>
最後は明治6年に建立された「津金学校」へ。古いレトロな建物、当時使われていたオルガン、黒板、机。自然、オブジェを撮って、最後は古い建物を撮影。昭和時代の校舎にあった地元のお野菜やドライフラワーなど、お買い物もお楽しみ頂いたよう。のどかな田園風景の中、リンゴの木も発見、さすが長野・山梨。

「古い教室でハイチーズ」

むらいさちさんの写真に表れている柔らかい雰囲気の中、和気あいあい、終始楽しい雰囲気でした。おひとりで参加の方も多数いらっしゃいましたが、女性限定ということもあり、会話が弾んでいたのも印象的です。

また、第2回目が無事に終了し、次回の第3回目を企画中。ご期待くださいませ。(坂岸)

大阪旅フォーラム「第一人者が語る世界の魅力」を開催しました!

2018年8月30日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のアジアツアーユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

8月25日(土)阪急梅田ホール(阪急百貨店9階ホール)にて大阪旅フォーラム「第一人者が語る世界の魅力」を開催しました。

第一部では、金沢大学名誉教授・宮下孝晴氏にご登壇いただきました。
ルネサンス美術の「作品の見方」のヒントや中世からルネサンス、ルネサンスからバロックと、建築・彫刻・絵画の「変化するポイント」をお話いただきました。

第二部は、上智大学名誉教授である私市正年氏のご講演です。
「古代ローマ・イスラーム・ヨーロッパの3つの文明が織りなす北アフリカ世界」と題し、お話をいただきました。
モロッコ、アルジェリア、チュニジア、エジプト、シリア、フランスなどで長期滞在し調査に従事されていた私市氏ならではの視点でマグリブ諸国の魅力をご紹介下さりました。

第二部後半では、「タキスン」によるフォルクローレ演奏です。
誰もが一度は耳にしたことがある「コンドルが飛んでゆく」など、どこか郷愁を誘う旋律5曲を演奏していただきました。
アンコールでは、皆様立ち上がってリズムにのってくださり、一体感に包まれました。

>>TAKISUNのCD・イベント情報はこちら

 

この度、ご来場いただきました皆様、暑い中本当に有難うございました。今後も、大阪フォーラムの開催を計画して参りますので、またの機会がございましたら是非おこしくださいませ。

 

>>ユーラシア旅行社イベント・説明会情報はこちら
>>大阪発着ツアー特集はこちら

タル・タル★ナイトを開催しました

2018年7月31日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

7月26日、吉祥寺にあるカフェロシアにて、「タル・タル★ナイト」を開催しました。
タルタル…ソース?その通り、タルタルソースの語源となったタタールスタン共和国の首都カザンはモスクワの東、800km程のところに位置します。共和国はロシア連邦に属しながらも、独自の議会や公用語を持っています。

まずは、弊社添乗員より、ユーラシア旅行社で行くロシアの小さな6つの共和国(タタールスタン共和国、マリ・エル共和国、チュヴァシ共和国、モルドヴィア共和国、バシコルトスタン共和国、ウドムルト共和国)の見どころ、現地情報を紹介させて頂きました。
聞き慣れない地名、未知の国々に興味津津という雰囲気が伝わってきました。

そして、お待ちかねのお食事タイムです!
彩りも料理の美味しさを決める大事な要素。タタール料理には地味な色合いのものが多いため、シェフがロシア料理を組み合わせたコース料理を考えて下さいました。☆の付いたものがタタール料理です。

・前菜5品(サーモンのブリヌイ包み、ニシンのマリネ、森のキノコのマリネ、パプリカのトマトソース煮、ルリャーディ)
☆オシポシマック(三角形のピロシキ)
・ボルシチ(赤カブのスープ)
☆アズー(肉じゃがに似た、ジャガイモの煮込み料理)
☆シェクシェク/チャクチャク(かりんとうに似た、はちみつでコーティングされた油菓子)

   

ロシア料理は日本人の口に合うと言われておりますが、タタール料理もしかり。ジョージア(旧グルジア。コーカサス三国のひとつ。コーカサス三国についてはこちら)のワインと共に、お食事が進みます。共和国の人々の生活や国民意識などに関するご質問があったり、さすがご旅行通の皆様、和気あいあいとお話を楽しんでいらっしゃいました。

ロシアの小さな共和国を巡るツアーはこちら★
今回利用したレストラン、カフェロシアはこちら

7/28シチリアXシチリア~シチリア・ガイドトークと本格シチリア料理~

2018年7月30日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

7月28日、東銀座にあるシチリア料理店CENTO  ANNI GINZA(チェントアンニ銀座)にて「シチリア×シチリア~シチリア・ガイドと本格シチリア料理~」を開催しました。店内には古いイタリアの写真が並び、こじんまりしていて落ち着いた雰囲気。まるでシチリアの食堂に居るかのような錯覚を味わえる居心地の良い場所での開催となりました。本日のスペシャルゲストはイタリアシチリア島の州都パレルモで公認日本語公認ガイドとしてご活躍中のえり奈さん。シチリア島の歴史、観光地の見所、グルメ、シチリア島ならではのお土産等についてガイドさんならではの視点も交えシチリアの魅力を存分に語って頂きました。

さて、皆様お待ちかねのシチリア料理の時間です。シチリアはギリシャ、ローマ、アラブ、ノルマンディー、スペイン人等がこの地に踏み込み様々な歴史を背景に持つイタリア随一の島。その為、使う食材や料理自体も一般的なイタリア料理とは少し異なるのが特徴です。今回お召し上がり頂いたシチリア料理は下記の通りです。

・シチリア料理定番の前菜4種 (写真上左から)

生ハム、パネッレ(ヒヨコ豆粉のフリッテッラ)、トマト(オリーブオイル添え)、イワシのマリネ、カポナータ、タコのマリネ

(写真左下)

・ノルマ風パスタ(揚げたナスをからめたソースであえたパスタにさらにあげた茄子を置き、その上にリコッタチーズをかけたもの、シチリア島の定番パスタ)

(写真右)

・カジキマグロのグリル(シチリアは魚介類が豊富で、カジキマグロをはじめマグロやアンチョビーやイワシ等が良く食べられるそうです)

そして最後の〆はシチリアのデザートの定番、カンノーロ。今回、ご参加されたお客様の中にも「これ、ゴットファーザーに出てくるお菓子ですよね?」と仰られていらっしゃいましたが、映画でご存じの方も多いかもしれません。カンノーロの生地は、小麦粉、砂糖、卵、ラードとシチリア名産のマルサラ酒などを使ってできています。カラッと揚げ、中に甘みをつけたリコッタチーズなどを詰めたものが定番です。

料理はどれもおいしく皆様ほぼ完食!さらにえり奈さんから、シチリア島でのお土産の定番「モディカのチョコレート」の差し入れもあり最後は大いに盛り上がりました。食事は美味しく、見た目も美しく、又、えり奈さんのご案内も興味深くアッという間の2時間となりました。

 

 

シチリア島を訪れるツアー情報はこちら

今回利用したレストランチェントアンニ公式はこちら

 

 

 

 

 

写真家むらいさち氏が語る「ポルトガルの魅力を語る夕べ」開催

2018年7月11日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

昨日、渋谷のポルトガル料理店マヌエルにて写真家むらいさち氏とのコラボレーション企画「ポルトガルの魅力を語る夕べ」を初開催しました。美味しいポルトガル料理に舌鼓を打ちながら、むらいさちさんのポルトガル撮影旅行のお写真を堪能するという贅沢な内容です。


今回はご参加者を女性に限定して(男性の皆様ごめんなさい!)、ユーラシア写真女子倶楽部と称して写真を趣味とする方々にご参加頂きました。 お料理のメニューはバカリャオ(タラ)のコロッケ、魚介のマリネ、砂肝の煮物、イベリコ豚のハムという前菜の盛り合わせから始まり、メインはローストポークのオレンジソースがけ、〆めはポルトガル名物タコのリゾット、手作りプリン。美味しいだけではなく、写真映えする品々が並びました。

(↑皆さんでお料理撮影中)

むらいさちさんからは、単色のお料理は前にして撮影、縦写真がお勧めなど少しご指導頂きながら、知らない方同士でも同じ趣味がある方々がその場で会話を楽しみ、そして最後はむらいさちさんのポルトガル撮影ツアーの行程、秘話なんかを聞きながら、思わず笑顔になってしまうお写真、つい感嘆が漏れるお写真、可愛いお花の写真などをご覧頂き、温かい幸せな気持ちになってイベントは終了しました。

(↑ポルトガルの魅力を語るむらいさちさん)

ご来場いただいた皆様からは、「次回もあったら行くので又シェアさせて下さい!」「ポルトガル撮影ツアーに行きたいです」等と前向きなご感想を多数いただけ、私たちスタッフもやり甲斐を感じると共に非常に嬉しい夜になりました。 今後、大勢のお客様にご来場頂けるような旅フォーラムはもちろん、同じご趣味をお持ちの方々のコミュニティを作るような小さなイベントも積極的に開催し、いつかは一緒に海外に行ける機会を応援したいと思っています。是非、こんなイベントが欲しい、こんな趣味応援ツアーに行ってみたい、そんなご意見があれば教えてください。(坂岸)

新発表!第2回写真女子倶楽部 写真家むらいさち氏と行く信州お花撮影紀行 日帰りはこちらから

 

バルカン★ナイトを開催しました

2018年5月24日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

5月22日、セルビア大使館にて、「バルカン★ナイト」を開催しました。
今回の会場は大使館ということで、特別な雰囲気を強く感じる中での開催となりました。

まずは、大使館職員の方よりセルビアの魅力についてお話を頂きました。日本人職員の方だけではなく現地の方から直接魅力を語っていただけたことは大変貴重だったのではないでしょうか。
続いて弊社添乗員より、ユーラシア旅行社で行くバルカン諸国(セルビア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニア、マケドニア)のツアーの魅力をご紹介させていただきました。

その後、お待ちかねのセルビア料理の時間です。今回は、各国・郷土料理研究家の青木ゆり子氏をお招きし、見た目にも美しいセルビア料理の数々をお楽しみいただきました!
今回お召し上がりいただいたセルビア料理は以下の通りです。

・フェタチーズと野菜のサラダ
・チェバブチチ(セルビアのひき肉グリル)
・アイバル&ソムン(ピタパンとパプリカのソース)
・ギバニッツァ(フェタチーズと卵のパイ)
・なまけもののパイ(リンゴパイ)
・クルミのクッキー
・セルビアワイン(赤:トプリチキ、白:イヴァノヴィッチ)

今回は日本ではなかなかお目にかかれないセルビアワインもご用意させていただきました。赤白どちらも、セルビアの固有種が使用されており、セルビアの風土を表現しているようなワインなのではないでしょうか?

熱心に料理のレシピをお聞きになる姿や大使館の方々と談笑する姿がとても印象的な2時間でした。大使館の職員の方々や青木氏を交え、素敵な時間を過ごすことができました。

ベラルーシ・モルドバ・ウクライナ★ナイトを開催しました

2018年5月18日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

4月24日、六本木にあるベラルーシ家庭料理店「ミンスクの台所」にて「ベラルーシ・モルドバ・ウクライナ★ナイト」を開催しました。

珍しいベラルーシ料理店でのイベントという事もあり、キャンセル待ちが出るほどの大盛況でした。
弊社添乗員より、ユーラシア旅行社で行くベラルーシ、モルドバ、ウクライナ三ヵ国の見どころを紹介させて頂き、その後は皆様でおしゃべりしながらお食事タイム。
まずは白樺のウォッカで乾杯!

アルコール度数の高い蒸留酒ということもあり、今回が初めてのチャレンジという方も多かったのですが、皆様「意外と飲める」「さっぱりして美味しい」と、楽しんでいらっしゃいました。
お酒も入って気分も盛り上がり、皆様、初めて会った方ばかりとは思えないほどに会話がはずみ、まるでツアーで現地に行った時の雰囲気そのままでした。

食事は東欧諸国の家庭の味です。酸味の効いた前菜や心も体も温まるボルシチ、そしてそばの実を使った壺焼き、パプリカの肉詰めなどです。日本人の口にも合い、またとても可愛らしい盛り付けで見た目にも美味しいものばかりでした。


また、食事の最中に現地の事をもう少し知ってもらおうと、東欧の美女やことわざ紹介などさせて頂きました。
ベラルーシ、モルドバ、ウクライナの3ヶ国を知るには、情報を得てイメージするだけではまだまだ足りません。行ってみて初めて「こういう国なのかぁ~」と分かる事が沢山あります。
こんどはぜひ現地の空気とともに味わっていただければと思います!

コーカサス★ナイトを開催しました

2018年5月18日 カテゴリ: ユーラシア旅行社のヨーロッパツアー

 

先日4/17、吉祥寺にあるカフェロシアにて、「コーカサス★ナイト」を開催しました。
カフェロシアと聞くとロシア料理屋さんかな?と思いがちですが、なんとここは、日本国内でも珍しい、コーカサス料理が食べられるお店なのです!
コーカサス3国はアゼルバイジャン、アルメニア、ジョージア(グルジア)で、この日イベントのゲストとしてお越しいただいたのは、元ジョージアガイドのトルニケさんでした。

2015年まではグルジアと呼ばれていたジョージア。 世界のどの言語系統にもあてはまらない独特なことばや文化を持つ国です。民族舞踊、大衆のお酒文化、とっても美味しいワインやお料理(もちろん、カフェロシアのお料理をお召上がり頂きながら)などなど…ジョージアの魅力をたっくさんお話しいただきました。

当日、皆様にお召上がり頂いたコーカサス料理は以下のとおりです。

毛皮のコートを着たニシン(ビーツとニシンのサラダ)
ハチャプリ(ジョージア風チーズパイ)
ヒンカリ(ジョージア風水餃子)
スブラキ(串焼きお肉)

ハチャプリとジョージアの白ワイン、とってもおすすめです!

あまり知られていませんが、ジョージアはワイン発祥の国と言われています。
古くから各家庭にワインを作るクヴェグリと呼ばれる醸造壺があり、 沢山の人を家に呼んで酒盛りをする習慣があります。酒飲みの国ですね。
宴席の一人を取り仕切りを行う「タマダ」に定めて、乾杯を行います。
健康に乾杯!平和に乾杯!その時々のテーマで乾杯!を繰り返すのだそうです。

トルニケさんに教えてもらった乾杯の合図で、ジョージアワインをおいしく頂き、楽しい夜となりました。

37件中:1~10件目まで表示中

人気の記事ランキング

  • 1

    ヨーロッパ旅フォーラム「ケルト文明を通して見るヨーロッパ」を開催しました

  • 2

    ベラルーシ・モルドバ・ウクライナ★ナイトを開催しました

  • 3

    バルカン★ナイトを開催しました

  • 4

    イタリア旅フォーラムを開催しました。

    イタリア旅フォーラムを開催しました。

  • 5

    コーカサス★ナイトを開催しました

  • 6

    「コーカサス★ナイトinカフェロシア」を開催しました

    「コーカサス★ナイトinカフェロシア」を開催しました

  • 7

    旅フェスティバル「中国大陸から中央アジアへ~王朝と民族の興亡史~」 同時開催「私にもできる!?ドローン空撮の魅力」を開催致しました。

    旅フェスティバル「中国大陸から中央アジアへ~王朝と民族の興亡史~」 同時開催「私にもできる!?ドローン空撮の魅力」を開催致しました。

  • 8

    写真家むらいさち氏が語る「ポルトガルの魅力を語る夕べ」開催

    写真家むらいさち氏が語る「ポルトガルの魅力を語る夕べ」開催

  • 9

    タル・タル★ナイトを開催しました

  • 10

    ラテンアメリカ二大文明フォーラムを開催しました

    ラテンアメリカ二大文明フォーラムを開催しました

ユーラシア旅行社の社員ブログ