プライベート・バラ祭り~バラに囲まれて幸せな気分に~(ブルガリア)

2018年6月7日 カテゴリ: ヨーロッパ

先日、「プライベート・バラ祭りとブルガリア紀行 10日間」より帰国しました。
このツアーはカザンラクの小さな村の村人たちが、ユーラシアの旅にご参加のお客様だけのために開催する特別なバラ祭りです。御陰様で毎年開催され、今年で11回目を迎えます。

 幸運にも、天候に恵まれ、レジェナ村に到着すると村人たちがバラの首飾りを持ってお出迎え。

何度も開催されているレジェナ村の村人たちは入念に準備をしてくれ、私たちが来ることを心から待ち続けてくれています。
子供たちの歌とダンスで歓迎を受けたら、村人たちが手を取ってくれ、バラ畑の中へ。
ブルガリアのバラは香りの女王と呼ばれ、世界中のバラの香料の7割作られ、質・量とともに世界一です。特にカザンラクのバラの精油は最も品質が高いです。
 村人たちがバラの摘み方を教えてくれ、“バラの中のバラ”と言われる最高級のダマスクローズのバラを摘んでいきます。摘み終わったら、一人一人摘んだバラの計量を。中には籠から溢れるほどバラを摘んだお客様もいらっしゃいました。

バラ摘みの後は、村人たちによるブルガリアの伝統的な踊りレッスンへ。簡単なステップから難しいステップまで教えてもらいました。そして、村人たちと輪になって一緒に踊り、皆様ノリノリで楽しそうでした。

これで終わりではありません。楽しい時間はまだまだ続きます。ブルガリア語と日本語講座、ブルガリアの歌と民族舞踊、村人たちとの写真撮影など、思い思いの交流を楽しみました。最後におばあさんから織物のプレゼントを頂き、村人総出のお見送りを受けながら、名残惜しく、レジェナ村を後にしました。バスの中は摘んだバラの匂いでいっぱいになっています。

そして、摘んだバラは持ち帰ることができ、バラ風呂にしたり、ドライフラワーにしたり、押し花にもできます。

バラ摘みと村人たちとの交流でお腹がすいたら、ご昼食はレストランのテラス席からプロの人々によるブルガリア伝統舞踊をご覧頂きながら、五感で楽しむバラ特製メニューをお召し上がり頂きました。
村人との楽しい交流、バラづくしの時間を過ごすことができ心温まり幸せな気分でした。
バスが離れる時村人たちは「また来年!」と皆手を振っていました。(金井)

https://www.eurasia.co.jp/attraction/feature/bulgaria-rose-festival

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    トルコの今

    トルコの今

  • 5

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 6

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 7

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 8

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

  • 9

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 10

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

ユーラシア旅行社の社員ブログ