カテゴリ:オセアニア情報の検索結果

太平洋の沈みゆく島ツバル・キリバスの今(ツバル・キリバス)

2018年8月23日 カテゴリ: オセアニア情報

先日、ツバル、キリバスと最後の秘境ナウル12日間のツアーから帰国しました。 訪れた7月は3~11月まで続く乾季のシーズン。3ヶ国とも赤道直下もしくは周辺の国なので、一年中熱帯の気候が続き、平均気温は30℃前後。小さなプロペラ機がキリバスの空港に着陸してタラップに降り立つと、肌を突き刺すようなジリジリ強烈な日差しと熱帯特有の肌にねっとりまとわりつくような湿気と蒸し暑さを感じました。まさにイメージ通り。半ば覚悟していた通りの熱帯の島々にはるばるやってきたことを実感しました。

ツバル、キリバスは両国とも平べったい島です。
実際に島を歩いていると足元の薄さ、標高の低さを実感できませんが、船で沖合にでて遠くから陸地を眺めてみると、本当にペラペラ。もちろん山はないし、丘などの起伏も坂道も全くなし。島全体を覆っているこんもりした椰子の木などの緑の茂みを取り払ったら、驚くほど薄いんだろうな、というのが想像できます。

ぺったんこのキリバス

ぺったんこのキリバス

 

両国を比較してみると、キリバスは人口11万人、面積は琵琶湖よりもシンガポールよりも大きく、京都市と同じくらいの大きさ。最高地点は標高81mの島もあります。人口が比較的多く、海に散らばる島々の範囲も広いので、人々の生活を見る限りそれほど海面上昇とか地球温暖化は気になっていない感じを受けました。しかし現地の役人に話を聞くとキリバス政府は将来、島が沈んだ際に国民が集団移住することを前提に動き出しているそうです。
既にフィジー政府との合意もあり、移住先であるフィジーのヴァヌア・レヴ島の土地購入も完了しているのだとか。のんびりとした人々の暮らしぶりや訪れた主島タラワ環礁の、のどかな風景からは国家存亡の危機を全く感じられませんでしたが、この土地購入の話を聞いて、やはり海面上昇により国が水没してしまう、どうしようもない現実を垣間見たような気がしました。

一方の小国ツバルの方が事態はより深刻です。
全人口が約1万人足らず、計9つの島の面積を合わせた大きさが羽田空港と成田空港を足した程度の大きさしかなく、海面からの高さは平均1~2mしかありません。

あっという間に高波でのまれそうなツバル

あっという間に高波でのまれそうなツバル

 

年に一度、2月頃に発生する大潮の時には、まるで洪水のように庭先や道路が水没し、至る所が水びたしになります。主食であるヤシ、バナナ、イモ畑の塩害も甚大で、年々水没する範囲が広がっているとの悲痛な話も耳にしました。食料自給率が低くなり、輸入食料(缶詰が多い)や清涼飲料水に偏り始めたことで糖尿病も激増しています。時期的な水没にせよ、昔から使っていた井戸が海水の流入で使えなくなったことに加え、住み易い町に人口が流入したことも重なり、生活用水は海水をろ過するプラント施設が必要になりました。そのプラントを稼働させる為に必要な電力はディーゼルによる火力発電。もちろん軽油や石油は100%輸入に頼っています。伝統的な食糧や生活道具が自然に還らないプラスチックが多く使われる輸入の食料品や 生活用品に代わったことによりゴミ処理問題が深刻になりました。ツバルは国際会議で二酸化炭素削減を訴えている立場もあってゴミ焼却が進まず、リサイクル施設も無い為に全てのゴミは野外のゴミ捨て場に野ざらしになっています。日本を含め各国からの援助は港湾や道路、水処理施設などのインフラ整備に偏っており、ツバル政府もゴミ問題には関心がないようです。

ツバルのゴミ最終処分場

ツバルのゴミ最終処分場

 

主島フナフチ環礁周辺の小島では完全に水没し消滅してしまった島もあります。ツバル政府の試算によるとこのままのスピードで海面上昇が続けば、あと50年で高波などの被害も加わり国土の大部分が水没する可能性があるそうです。実際にツバルやキリバスを訪れてみて、海面上昇は、さまざまな方面にわたり、悪のスパイラルを引き起こしていることを知りました。今回の訪問では、20年も前からツバルの現状や環境問題を世界に発信し続けている団体「ツバルオーバービュー」の協力でマングローブを植えてきました。マングローブは砂浜にしっかり根を張るため、高波・高潮からサンゴや砂浜の浸食を食い止める効果があるそうです。私たちの植えたマングローブが成長し、やがて大きく立派な根を張り、小さな島国ツバルの防波堤になることを願いを込めた、ツバルにとっても希望のマングローブです。

マングローブ植樹(フナファーラ島)

マングローブ植樹(フナファーラ島)

 

出発前に気になって調べてみたら、「地球温暖化」、「海面上昇」という言葉が盛んに飛び交うようになって、温室効果ガス(二酸化炭素など)排出削減を定めた京都議定書が発効されたのが、もう20年も前でした。自分の身のまわりの生活を改めて見回してみると、今夏はクーラーをフル稼働させ、夜の街には電気が煌々と灯り、電気の使用制限もクルマの走行制限もありません。「クールビズ」は相変わらず実践中ですが、地震後の「原発エネルギー問題」や猛暑の「熱中症」対策の前に節電・節約意識が薄れているような気もします。どれほど温室効果ガスは削減出来ているのか、果たして前進出来ているのか後退してしまっているのか、一般市民には全く実感できないのが現状です。しばらくは真っ白な砂浜と透明な海、風に揺れる椰子の葉の美しいツバルの島を思い出しながら、無理せず日々の生活の中で節約をしていこうと思います。(上田)

ツバルの美しい海(フナファーラ島)

ツバルの美しい海(フナファーラ島)

 

ユーラシア旅行社で行く南太平洋のツアーはこちら

黄葉が綺麗な秋のニュージーランドへ

2018年5月22日 カテゴリ: オセアニア情報

この度、「星空のニュージーランド!感動の南北ハイライト 8日間」から帰国しました。ニュージーランドには日本と同じように四季があり、1年を通して趣のある風景を楽しむことができますが、日本とニュージーランドとで異なる点は南半球の国だということ。それゆえ、北半球に位置する日本とは間逆で、現在は秋から冬へと季節が移り変わっているのです。

ニュージーランドでは、高くまっすぐに伸びるポプラの木や、風に吹かれて優しく揺れる柳の木が一般的です。これらの木々は主に、黄色に色づきますが、そのあまりの美しさから「ゴールデンイエロー」と表現されている程です。その為、日本ではモミジやナナカマド等赤く色づく木々が多いため「紅葉」といわれていますが、ニュージーランドでは「黄葉」と表現されており、美しい秋の景観を堪能することが出来ます。

ちなみに、写真はバンジージャンプ発祥の地であるカウラウ橋で撮影したものです。ニュージーランドにはいくつか黄葉が綺麗なポイントがありましたが、今回のツアーの中ではここが一番の私のお気に入りです。約1000年前に氷河によって削られた谷間に水が溜まってできたというワカティプ湖から流れ出るカウラウ川の麗しい青色とゴールデンイエローの木々が驚くほどマッチしていました。

日本には氷河湖というものがないので、このような特徴あるブルーは外国でしか見られません。その為、大変貴重な色のコンビネーションを堪能することができました。(堤)

 

 

 

ユーラシア旅行社で行くニュージーランドツアーの一覧はこちら 

ユニークな“泥人間の踊り”(パプアニューギニア)

2017年12月6日 カテゴリ: オセアニア情報

 

泥人間

泥人間

先日、「パプアニューギニア大周遊8日間」のツアーから帰国致しました。今回のツアーはタイトル通り、パプアニューギニアの代表的な観光地であるラバウルの戦跡をはじめ、アロタウ、民族色の強いゴロカをじっくりと周遊する旅です。

中でも一番印象的だったのが、“泥人間の踊り”。パプアニューギニアといえば、800を超える部族が存在し、各部族で違ったシンシンと呼ばれる民族舞踊があることで有名です。その一つ、ゴロカ近郊、アサロ渓谷の部族が踊るのが、“泥人間の踊り”。名前の通り、体中に泥を塗って、泥の仮面を被って踊ります。見た目からかなりユニークなこの踊り。昔、戦いに弱かった部族が、敵の部族から逃げていた際、沼地で転んでしまい、全身に泥をかぶってしまいました。すると、敵の部族が泥で白くなった姿を見て、亡霊だと思い、恐れて逃げてしまいました。これに味を占めて、自ら体に泥を塗るようになったのが、由来と言われています。

実際どのような踊りなのかとわくわくして待っていると、茂みから泥人間が登場し、ゆっくりと近づいてきます。いくら待てども、のそりのそりと歩くだけ…。まるでスローモーションかのよう。そう!これが泥人間の踊りなのです!彼達は、前述のとおり、亡霊になりきっている為、激しい踊りは一切なし!いかに恐ろしげに這いよれるかが重要なのです。しかし、なぜか可愛く見えてしまうのは、私だけでしょうか…。仮面の顔がどう見てもチャーミング。
この踊りを見て驚いたことは2つ。1つ目は、泥人間が手に持っている葉っぱの意味。亡霊になりきる為の工夫?部族のシンボル?様々な意見が飛び交いました。答えは…虫よけ。亡霊も踊りも関係ないじゃない!よく見ると、手に持った葉っぱを顔の前で振るしぐさをしていました。確かに、ゆっくり動いていると、ハエや蚊がとまってしまいますよね。2つ目は、泥人間の仮面について。踊りが終わると、仮面を被らせてもらえました。驚いたのが、その重さ。大きな陶器の壺を被っている感覚。とにかく重い!この仮面を被ってしまっては、ゆっくりとしか動けないなと納得しました。
不気味なようで、可愛らしい…ユニークな泥人間の踊りに思わず笑みがこぼれてしまいました。(五島)

ユーラシア旅行社で行くパプアニューギニアツアーの魅力はこちら

島国なのにグルメの代表はヘルシーな牛肉!(バヌアツ)

2017年10月26日 カテゴリ: オセアニア情報世界の料理情報

南太平洋の島国バヌアツ。世界一火口近くで噴火が見られる活火山ヤスール火山やジュゴンのいる海、美しいブルーホールなど自然を楽しみに多くの人が訪れています。

今回のツアーでも大自然を堪能し、のんびりした島の暮らしを見学しました。
さて、日本と同じく火山活動によって生まれた島の連なりを国土とするバヌアツは、自然豊かで農業も盛んな国です。輸出品の多くも農作物です。南国らしいココナッツや近隣諸国で高品質と評判のカヴァ(胡椒科の植物、根を煎じて飲みます。伝統的な儀式では欠かせません)などが主品目ですが、それらと並ぶバヌアツの名産品が、牛肉です。
バヌアツ牛のステーキ(一例)
かつてフランス人が多く住んでいたエスピリトゥ・サント島(サント島、ジェームズ・ミッチェナー『南太平洋物語』の舞台)をはじめ、バヌアツのあちらこちらでココ椰子の木陰や大きな羊歯の木の間に放牧されている牛を見かけます。
バヌアツ、タンナ島で
かつて、サント島などの牧場のオーナーの多くはフランス人でしたが、今日では日本や中国など諸外国の企業が所有しているところも多いようです。
自然の中でのびのびと育てられ、良くしまった赤身のお肉は、そういった企業を通じてオーストラリアやニュージーランドなどへ輸出されています。
日本にも、バヌアツからの牛肉が輸入されていますが、残念ながらまだまだブランドとしての知名度が低く、商品名などに大きく謳われていることは稀です。
しかし近年の健康志向の波に乗れば、ヘルシーで臭みのないバヌアツ牛のブームもやってくるかもしれません。
その際にはぜひ美しい海と猛々しい火山の島国バヌアツに思いを馳せてみてください。
(山岸)

地上の南十字星(サザンクロス)を探す旅へ(オーストラリア)

2017年10月17日 カテゴリ: オセアニア情報

サザンクロス

先日、「花の西オーストラリアと七大国立公園物語 13日間」より帰国しました。
南半球のオーストラリアは現在春。世界一乾燥している大陸と呼ばれるオーストラリアで短い冬の間に降ったほんの僅な恵みの雨を頼りに可憐なワイルドフラワーを咲かせる光景は圧巻でした。

13日間のツアーではグレート・サザン地域や南西部地域も訪れます。オーストラリアらしい乾燥した風景が残る北とは異なり、雨が多いパース以南は20~30mのカリの木(ユーカリの一種)が聳え立つ北では見られなかった光景が続き、ついつい上を見てしまいます。しかし、南部に咲しか咲かないワイルドフラワーを見逃さずにはいられません。

北はリースレシュノルティアが有名ですが、南で有名なのがサザンクロス。
サザンクロスはオーストラリア西南部のスターリング山脈の麓に自生しており、南部まで行かないと中々見る事が出来ない花です。
日本ではミカン科で5弁花のクロウエアがサザンクロスとして知られていますが、5弁花のサザンクロスは日本でしか通用しない名称。

世界中で知られているサザンクロスはセリ科で高さ30~50cmほどの多年草で、5個の小さな花を抱くように数枚の白い苞が囲み、その後十字形になるたいへんにユニークな花形をします。
まさに、南半球だけで見られ、オーストラリアの国旗にもデザインされている南十字星(サザンクロス)と同じ名にふさわしい十字形です。
リースレシュノルティアも可愛らしい花ですが、サザンクロスも清楚な雰囲気のある花であるため、お客様の期待値も高いように感じられました。
「いつになったらあるのかなぁ」という声がある中ついに南部の都市アルバニーで発見!
発見したと同時に、皆様写真タイム。サザンクロスの中には4つの苞だけでなく、5つや6つの苞を持つ花も。まるで、童心に帰って4つ葉のクローバーを探しているような光景でした。

サザンクロスを探して

花の開花の時期はその年の雨や気温などの自然現象に左右されますが、今年南部は雨が多かったため、当たり年だったそう。
行く前は本当に見つかるか心配になってしまいましたが、お目当てのサザンクロスも見つけることが出来て大満足だったようです。(三浦)

オーストラリア、ロットネスト島のクオッカを愛でる

2017年10月13日 カテゴリ: オセアニア情報

先日、「春のワイルドフラワーとゆったりパースの休日 8日間」より帰国しました。花盛りの西オーストラリア、公園にも民家の庭にも路肩にも空き地にも、それはもうたくさんのワイルドフラワーが咲いており、香り高く、素晴らしかったです。しかしながら、花は関係ないのですが、なにより私の心を掴んだのは、西オーストラリア州の州都パースからさらに西に約20km沖にある島、ロットネスト島でした。なんの変哲もない小さな小さな島で、この島の見張りの役を与えられた人は退屈過ぎて自殺するということが続いた程の、何もない島なのですが、実は現在、この島はパースで1番の人気観光地になっています。なぜか・・・?それは、この島含むオーストラリアの一部の島にしか生息していない、ある動物に会えるからです。その名もクオッカ。
ロットネスト島のクオッカ
ぱっと見はネズミです。でも本当はカンガルーと同じ有袋類で、雌はお腹に袋があり、産後はここに子供をいれて生活します。約19平方キロメートルの小さな島のあちこちを、このクオッカが走ったり、葉っぱを食べたり、寝たりして無防備に暮らしています。この島にはクオッカの天敵となる動物がいないので、全く無防備になってしまったようです。私たちがクオッカに近づくと、クオッカも寄ってきて、くんくん匂いを嗅いで来たりするもんですから、お客様たちと一緒にメロメロになってしまいました。
寄ってくるクオッカ
クオッカは口角が上がっていて、いつも笑っているように見えるので、「世界一幸せな動物」とも呼ばれています。とにかく可愛く、このクオッカと自撮りをするのがブームで、にっこり笑ったクオッカと写真を撮りたいとたくさんの人が訪れています。私たちも挑戦しましたが、注意しなくてはならないことがあります!今後もし訪問を検討される方は注意してくださいね。①クオッカを蹴らない・触らないこと。クオッカは無防備で寄ってきますが、触ると人間のにおいがついて、群れの中で生きていけなくなってしまうそうです。島内にはクオッカポリスが3人いて、クオッカに触っている観光客がいると厳しく取り締まります。罰金は150オーストラリアドルです。②カメラのフラッシュをたかない。クオッカは目が弱い生き物で、実際ほとんど何も見えていないそうです。フラッシュをたくとクオッカが失明してしまうようなので、ご注意ください!!③クオッカに食べ物を与えない。クオッカは好奇心旺盛で、もらったものは食べてしまいます。食べる様子の可愛さは尋常ではありませんが、人間の食べ物を食べると、クオッカは毛が抜けおち、元気がなくなってしまいます。島内でも抜け毛の激しいクオッカを見かけました。可哀そうなので、エサは絶対にあげないでください。
ベンチの下で眠るクオッカ
上記の注意事項を守れば、楽しいクオッカとのひと時を楽しむことができるでしょう。無防備なくせになんて儚い生き物なんだろうと、より一層クオッカが好きになってしまいますね。さて、クオッカも可愛いですが、ロットネスト島は海や浜もとても美しく、ゆったりと過ごすことのできる島です。西オーストラリア訪問の際には、是非ロットネスト島にも足を延ばしてみてください。(留置)

世界一美しい海岸道路「グレートオーシャンロード」(オーストラリア)

2017年5月17日 カテゴリ: オセアニア情報

先日、「往復直行便利用!暮らすように旅する!美都メルボルンの休日6日間」のツアーより帰国致しました。コンパクトな日程ながらメルボルン郊外まで足を延ばす充実度の高い内容でした。
ビクトリア州の州都メルボルンは、シドニーに次ぐ国内第二の大都市で、英国エコノミスト誌が選ぶ「世界一住みやすい街」に選出、また旅行先としても人気の都市です。郊外には、大自然が広がり、海岸線に沿って約260kmに渡り続くグレートオーシャンロードは、誰もが一度は行きたい観光地のひとつです。
メルボルン中心から、バスで山間部を抜け、グレートオーシャンロード最大の見所「十二使徒の岩」までは約4時間。ビジターセンターから延びる遊歩道を奥に進むと、一際、風が強くなり、目の前に断崖絶壁に波が打つ寄せる様子がみえました。思わず、歓声が上がるほど素晴らしいダイナミックな自然が作り出した絶景です。

十二使徒の岩

1000~2000万年前までは本土の絶壁と陸続きでしたが、崖と波と風に削られ、40m以上の柱が残りました。12の岩々が並ぶ姿からキリストと十二人の使徒の弟子たちになぞらえて十二使徒と命名されましたが、年間約2㎝の速度で浸食が続き、今日では8つのみ残っています。見渡す限り広がる絶景に、地球の偉大さを感じたひと時でした。(大和田)ユーラシア旅行社で行くオーストラリアツアーの一覧はこちら

ニュージーランド最高峰マウント・クックを愉しむ1日!(ニュージーランド)

2017年2月21日 カテゴリ: オセアニア情報

先日、「ニュージーランド周遊、パノラマ鉄道と星空の旅 13日間」より帰国致しました。南島では、テカポ湖の星空、世界遺産のマウント・クックやミルフォード・サウンド、氷河など見所を網羅し、旅の後半は北島へ移動。トンガリロ国立公園やロトルアの間欠泉、マオリ族の舞踊などニュージーランドの大自然をたっぷりお楽しみ頂きました。
ニュージーランドの南島には、世界で唯一温帯に氷河があり、氷河から供給された川の水が湖に流れ込み、氷河湖によって独特な青色をもたらします。特に天気が良いと太陽の光に反射し、見事なミルキーブルーの湖がみられます。

テカポ湖

星空で有名なテカポからニュージーランド最高峰マウント・クックへの道中、30分程すると、右手にマッケンジー盆地の北端に沿って南北に伸びている氷河湖プカキ湖が目に飛び込んできます。湖面が太陽光に反射し、キラキラと光り、見る者を虜にします。プカキ湖の後方には、ニュージーランド最高峰のマウント・クックが顔を出しています。雲一つない晴天の為、くっきりとその姿を見せ、誰もが期待に胸を膨らませ、先を急ぎました。

マウント・クック(1)

マウント・クック到着後は、誰もが手軽に楽しめるケアポイントのハイキングへ向かいました。ホテルの裏口からそのままトレイルに入り、歩道を進みます。しばらくはなだらかな道が続き、野花を愛でながらハイキングを楽しみます。ラストスパート、急な坂道を10~15分程登ると、あんなにも遠かったマウント・クックが目の前に!

マウント・クック(2)

終始、雲に隠れる事なくマウント・クックの姿を拝む事ができ、本当にラッキーでした。お天気に恵まれ、様々な場所から、様々な角度からマウント・クックを楽しめた1日でした。(大和田)

ユーラシア旅行社で行くニュージーランドツアーの魅力はこちら

太平洋戦争の激戦地ペリリュー島を訪ねて(パラオ共和国)

2017年2月2日 カテゴリ: オセアニア情報

ゼロ戦

先日、「太平洋の宝石、パラオとペリリュー島 5日間」から帰国致しました。
パラオ共和国と聞くとあまり馴染みがないかも知れませんが、ペリリュー島と聞くとご存じの方も多いかもしれません。2015年には天皇陛下も訪問されました。パラオ共和国の一番大きな島コロール島からとても綺麗なエメラルドグリーンの海をボートで進むこと約1時間、太平洋戦争の激戦地ペリリュー島に到着です。ペリリュー島に到着してすぐ目につくのは、「ペリリューへようこそ」と日本語で書かれた大きな看板です。ここペリリュー島は第一次世界大戦後、日本の占領下にあり、今でも多くの日本語が現地語として残っていたり、日本語表記のものも沢山残っていたりします。ここには第二次世界大戦の際に使われた戦闘機や戦車もそのまま残っており、その悲惨さや平和の有難みをひしひしと感じる地でした。
 まずツアーは洞窟の中を進むところから始まります。ペリリュー島の戦いは、この無数の洞窟を利用した持久戦を日本兵が初めて行いました。アメリカ兵は3日で占領するつもりがこの予想外の持久戦で70日間も戦い続けることになりました。当時、日本兵1000人が生活していた千人洞窟。中には当時のビール瓶などが今も残っています。中は真っ暗、そして私たちは20人のグループで中に入りましたが、それだけでむわっとした空気で息苦しく感じます。洞窟を抜け、その他にも島に残る戦跡を巡りました。

ツアーの最後はこの激戦の指揮官だった中川大佐の自決の地で終わるのですがこの悲劇は二度と繰り返してはいけないと強く感じました。そして今回訪れた当時の軍司令部やゼロ戦などは劣化が進みいつまで見られるかわからないそうです。もっと多くの日本人がこの地を訪れこの地で戦った日本人がいることを忘れずに伝えていけたらと感じました。(竜崎)

ユーラシア旅行社で行くパラオツアーの一覧はこちら

感動のトンガリロ・クロッシング(ニュージーランド)

2016年12月8日 カテゴリ: オセアニア情報

トンガリロ・クロッシング

先日、春限定「春のニュージーランド絶景ハイキング紀行~南北三大国立公園を歩く~ 13日間」のツアーより帰国しました。今回のツアーでは、南島、北島ともに訪れ、南ではルートバーントラックやミルフォードトラックの一部を。マウントクックリリーがきれいなマウントクック国立公園をフッカー氷河まで。また、ルピナスがちょうど見頃なテカポ湖畔を歩いてみたり。。。雨の降る日もありましたが緑豊かなニュージーランドを色々な植物の案内を聞きながら楽しむことが出来ました。そんな中で一番の興奮は何と言ってもツアーのハイライト、ニュージーランドのトレッキングコースの中でも人気の高いトンガリロ・クロッシングでした。
マウントクックリリー
ニュージーランドで最初の国立公園でもあるトンガリロ国立公園は北島の環太平洋火山地帯の最南端に位置し、ルアぺフ山、ナウルホエ山、トンガリロ山の3つの活火山3兄弟を中心に、南島に見られるような緑に包まれた癒しの景色とは異なり赤茶けた荒々しい大地が広がり、すさまじいその息吹さえも聞こえてきそうな雰囲気です。約18.5キロを縦走。雨続きだった天気予報も当日は曇りのち晴れ予定。都合良く信じたり信じなかったりの天気予報ですが明日は信じる!!強く念じながら翌朝目覚めると・・・「おやっ?」今にも泣きだしそうな空。スタート地点までのバスでは早くもフロントガラスが雨に濡れていました。そんなぁ~(涙)心で叫びながらそれでも晴れることを信じて元気よく出発。緩やかに登りながらナウルホエ山とトンガリロ山の間を抜けて行きましたが一体、山はどこ?真っ白な霧に覆われた私たち。山は見えなくても周辺の噴火の際の軽石や溶岩の流れた跡などTHE・火山地帯とも言うべき景色が広がります。その後どんどんと急勾配の道を行きます。
絶景目指してハイキング
何やらだんだん怪しい風?!大きな石の麓で少し待つも風がやむ様子はなし。風速何メートル?台風なんて目じゃない程の強風に手と手を取り合いながら、互いのリュックを掴みながら最高地点であるレッドクレーターに到着。蒸気が立ちのぼり硫黄の匂いがほんのり。ですが、この立っているのがやっとの状態で長居は無用。更に先に足を前に進めると。不思議とふっと風がやんだと思ったら雲の隙間から青空がきらり。真下を見ると何とも美しく輝くエメラルドレイクが飛び込んできました。まさに奇跡のような瞬間。あの雲は、あの風はどこへいったの?頑張ってここまで歩いたご褒美なのでしょうか、決して他では見ることのない絶景が広がっていました。
エメラルドレイク
美しい景色が最高のおかずとなってお弁当を食したらその後はトンガリロのいろは坂。九十九折の道。タウポ湖等絶景を見ながらひたすら下ると・・・。全員、でゴーーール!!
ビールとワインとコーラで乾杯♪トンガリロ・クロッシングを無事歩ききったあとの最高の瞬間でした。(岩間)

67件中:1~10件目まで表示中

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    トルコの今

    トルコの今

  • 5

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 6

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 7

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 8

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 9

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 10

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

ユーラシア旅行社の社員ブログ