カテゴリ:中南米情報の検索結果

ガイアナ三国ってどんな国でしょう?(ガイアナ、スリナム、仏領ギアナ)

2018年9月27日 カテゴリ: 中南米情報

先日、「南米最後の秘境、ガイアナ三国を巡る」の旅から戻りました。
・・・ガイアナ三国ってどこでしょう?どんなところでしょう?

ガイアナ三国の位置を確認(GoogleMAPより)

ガイアナ三国の位置を確認(GoogleMAPより)

 

 

まずは位置から。南米大陸の地図を見てみましょう。中央にどーんと鎮座するブラジル、その上の方に小さな国が3つ並んでいます。そこが今回訪れたガイアナ三国です。大航海時代に大陸の多くがスペインのものとなり、現在のブラジルである広大な領土はポルトガルのものとなった中、英国・オランダ・フランスがちょびっとだけ手中に収めたのがガイアナ(ギアナ)と呼ばれる場所で、現在はガイアナ・スリナム・仏領ギアナとなっています。ガイアナとスリナムは独立済み、仏領ギアナはフランスの海外県、要するにフランスです。
三国とも国土の8割以上は熱帯雨林で、南部にはベネズエラから続くギアナ高地が広がります。生活圏は大西洋沿いの僅かな地域に集中しています。北緯5度とあって、日中はそれはそれは蒸し暑く、夜は熱帯夜です。

 

 

スリナムとガイアナの国境コーレンティン川をフェリーで越える

スリナムとガイアナの国境コーレンティン川をフェリーで越える

 

 

ガイアナとスリナム、スリナムと仏領ギアナ、それぞれの国境は「川」。陸路国境超え…というか、船でのどかに川渡りをして国境超えをします。どちらも橋はありません。また、公式な国境はどちらも1か所のみです。経済的な繋がりは旧宗主国やアメリカが大きく、横の繋がりはあまりないそう。その為、お互いの国への物資輸送もなく、このような国境でも不都合はないそうです。

 

 

南米大陸に存在しながら、カリブ諸国との繋がりが深いのも特筆すべきでしょう。ガイアナ・スリナムは「カリブ共同体(カリコム)」に加盟し、その事務局はガイアナの首都ジョージタウンにあるというから驚きです。空港や国境の入国・出国審査場では、「カリコムの住民か、それ以外か」で列が分けられていて、南米の住民かどうか?そんなの関係ないね!という感じ。それは植民地時代、宗主国主導のサトウキビ・タバコ・カカオのプランテーション産業が行われ、労働力としてアフリカから多くの奴隷が連れてこられた歴史の中で、先住民と移民が交じり合って新たな文化が紡がれてきたことが共通項としてあるようです。

 

 

英語がもっとも通じるというのも南米っぽくないところ。ガイアナにおいては公用語です。スリナムはオランダ語圏ですが、英語もよく通じます。仏領ギアナは当然フランス語で、いずれの国も、南米と言えばスペイン語でしょ!とはいきません。

 

 

食事は南米ともカリブとも異なり、アジアンテイストが至る所に。移民としてやってきた中国、インドネシアの人々がもたらした食文化が根づいていて、焼きそばや炒飯のような料理が良く出ました。おかずの味付けも何となく醤油風味だったりして食べやすかったです。この辺りではエビ漁が盛んで輸出産業のひとつだそうですが、それを食す機会にも恵まれました。なかなか大ぶりで、プリプリして美味しかったです。

 

 

ギアナ高地を流れ落ちるカイエチュールの滝(ガイアナ)

ギアナ高地を流れ落ちるカイエチュールの滝(ガイアナ)

 

 

そんな三国の旅の見どころはそれぞれ。仏領ギアナには、映画『パピヨン』の舞台として知られる流刑地のサリュー諸島や、欧州が共同で利用しているギアナ宇宙センターがあり、スリナムには、オランダ時代の街並みが世界遺産として残るパラマリボの町があります。旅のハイライトは、ガイアナのギアナ高地にあるカイエチュールの滝。ギアナ高地の滝と言えばエンジェルフォールが有名ですが、カイエチュールの滝は知られざる滝とでも言いましょうか…。首都ジョージタウンからセスナで約1時間飛ぶと、周囲にテプイが見え始め、熱帯雨林の中に突如として滝が現れます。落差226m、幅100mの滝をセスナから眺めたあとは、地上へ下り、展望台から迫力ある眺めを楽しめます。

 

 

南米大陸で見落とされがちなガイアナ三国…派手さはないかもしれませんが、目からウロコなことが色々見つかる場所です。(江間)

 

 

ユーラシア旅行社で行くガイアナ三国ツアーはこちら

大迫力のエンジェルフォールを大満喫(ベネズエラ、ギアナ高地)

2018年9月13日 カテゴリ: 世界の自然情報中南米情報

先日、「緑の魔境ギアナ高地とエンジェルフォール満喫の旅 9日間」の添乗より帰国致しました。地球最後の秘境と言われるギアナ高地。そう呼ばれる通り、ツアーもなかなかのアドベンチャーツアーです。

ラトンシート島へボートでの移動

ラトンシート島へボートでの移動

ツアーの一番の目的でもあるエンジェルフォールの展望台までは、まずカナイマ到着後、ボートに乗って川をさかのぼりラトンシート島を目指します。屋根も壁もない、カヌー型の木製ボートで水しぶきを浴びながら進んでいくと東京23区と同じ大きさを誇るアウヤンテプイ(卓状台地)が目の前に迫ります。雨季で雨が多く降るとテプイのいたるところから名もなき滝が流れ落ち、エンジェルフォールはまだかまだかと期待に胸が高鳴ります。そしてついに、ボートからエンジェルフォールが見えた時には歓声が上がります。世界最大の落差で979mの滝はそれまで目にしてきた名もなき滝とは比べ物にならないほどの迫力です。

エンジェルフォール(ロッジからの眺め)

エンジェルフォール(ロッジからの眺め)

また、今回のツアーではエンジェルフォールをたっぷり満喫するために滝の麓のロッジに宿泊しました。ロッジといっても、設備は必要最低限。部屋にはベッドがあるだけで、お手洗いと水シャワーは共同、部屋数も少ないので2~6名様の相部屋です。出発前にご不安に思われていた方もいらっしゃいましたが、実際に過ごしてみると、なんだか修学旅行でキャンプに来た気分でワクワク。何より、立地は最高で目の前にはエンジェルフォール!お天気に恵まれれば、いつでも絶景を眺めることができます。

エンジェルフォール、展望台より

エンジェルフォール、展望台より

このロッジからエンジェルフォールの展望台まではジャングルの中を歩いていきますが、今回は前日から雨が降りやまず、ジャングルの中は想像以上に足場は悪くなっていました。至る所から飛び出す木の根、苔で滑りやすくなった岩、普段は水たまり程度の場所が、雨で増水し小川のようになってしまっていたりと、私自身も必死に片道約2時間の道を歩きました。しかし、そんな苦労も展望台につけばエンジェルフォールのしぶきとともに洗い流されるようでした。雨で水量が増えたエンジェルフォールの迫力は、三大瀑布と肩を並べるほどでした。落差がある分、それ以上だったかもしれません。大変な思いをした分、達成感や満足感で満たされて旅を終えました。(市川)

ユーラシア旅行社のギアナ高地ツアーの魅力はこちら

エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

2018年8月14日 カテゴリ: 中南米情報

ロッジ付近から眺めたエンジェルフォール

ロッジ付近から眺めたエンジェルフォール

先日、「緑の魔境ギアナ高地とエンジェルフォール満喫の旅 9日間」より帰国致しました。いざ、エンジェルフォールへ!今季は麓のラトンシート島に宿泊する為、天候さえ良ければ滞在中いつでもエンジェルフォールを眺められる!!という何とも贅沢な日程です。通常エンジェルフォールへは、早朝にカナイマを出発し夕刻に戻るという、体力的には少々ハードな日帰りの日程でしたが、ラトンシート島に宿泊することにより早朝出発もなく、身体への負担も軽減されます。
さて、エンジェルフォールへの道のりについては、過去のブログに多数登場しているので、今回は、「エンジェルフォール・ロッジ」泊についてご紹介させて頂きます。
エンジェルフォール・ロッジまでは、カナイマからボートで約4~5時間かかります。ラピドと呼ばれる急流を幾つも越え、川を遡って行きます。水しぶきを浴びながら、やっと到着したロッジの目の前には、あの雄大なエンジェルフォールが聳えていました!ギアナ高地に流れ落ちている何千という滝の中で最も落差が大きく、東京タワーの3個分の979メートルの落差を誇ります。初めて、このエンジェルフォールを目にしたアメリカ人のパイロットのジミー・エンジェルは、さぞかし驚いたことであろう!と思います。
天候によっては目の前でも見えないこともあるのですが、今日は、少しではありますが姿を見せてくれています。隠れたと思ったら、現れたり。と恥ずかしがり屋なのか、中々全貌を見せてはくれません。ですが、暫くしてやっと全貌を顕わにしてくれました!!霧がかった中に聳えるエンジェルフォールは、神秘的で神々しくもあり感謝の気持ちさえ出てきます。そして、このエンジェルフォールの目の前で泊まれる有り難さは、ここで宿泊した人にしか味わえないでしょう。

エンジェルフォール・ロッジ

エンジェルフォール・ロッジ

宿は、ジャングルの中にあるロッジなので、非常に簡易的な宿泊施設です。シャワー、トイレは共同で相部屋となり、停電もありますし、様々な虫達も出る事もあります。が、ジャングルの中に宿泊等、なかなか出来ない貴重な体験が出来ますし、目の前にはエンジェルフォールが聳えているので、好きな時にいつでもエンジェルフォールを臨める!というこの上ない贅沢が楽しめます。翌朝の朝食時には、再び、バッチリ!!と全貌を見せてくれました。しかも、晴天の中!昨日の霧掛かったエンジェルフォールと青空のエンジェルフォールと全く違う顔を見せてくれました。様々な表情を始終楽しめるのもエンジェルフォール・ロッジに宿泊するからこそです!!(井手)

ユーラシア旅行社で行くギアナ高地ツアーの魅力はこちら

秋めくフィッツロイ(アルゼンチン)

2018年4月26日 カテゴリ: 中南米情報

先日「パタゴニア三大氷河とパイネ、ウシュアイア、フィッツロイ14日間」の添乗より帰国致しました。

今回は、アルゼンチンとチリ2ヶ国にまたがる南パタゴニア地方を巡りました。
日本では桜満開の時期でしたが、現地の季節は、暑い夏が終わりこれから秋を迎えようとする時期。各所で南極ブナが赤や黄色に染まり始めていました。
今回特に印象深かったのは、エル・チャルテンという小さな町からスタートするカプリ湖へのハイキング。
ハイキングスタート時点では、どんよりとした曇り空。果たしてフィッツロイ山は見られるのかと不安になりながらのスタートになりました。
ハイキングは、パタゴニア地方にのみ生息する植物に囲まれながら進み、途中から南極ブナの林へ。

南極ブナの葉は、進む足を止めて眺めていたいと思うほど真っ赤や黄色に見事に染まっていました。

その後、目的地点のカプリ湖へ到着。幸い雲が頂上よりも低い位置にあったため、見事なフィッツロイ山の全景が姿を現してくれました。
又、今回素晴らしかったのは、紅葉+カプリ湖+フィッツロイ山というこの時期にしかない光景を見ることが出来たということです。
通常であれば氷河湖であるカプリ湖とフィッツロイ山だけでも十分絶景ですが、南極ブナの紅葉が加わりより贅沢な景色になっていました。
お昼のお弁当を絶景を見ながら堪能し、エルチャルテンの町へと下りて行きました。(山下)

ユーラシア旅行社で行くパタゴニアツアーの魅力はこちら

アタカマ高地で(疑似)宇宙旅行をしてきました(チリ)

2018年4月12日 カテゴリ: 世界の自然情報中南米情報

先日、「宝石の道、三色の湖とアタカマ・ウユニ塩湖 10日間」のツアーより帰国しました。今回のツアーのハイライトは、アタカマ高地です。アタカマ高地は、チリ北部にある砂漠地帯で、標高1000km~4500kmの高原に位置し、銅やリチウム、鉄など鉱物資源が豊富な場所。また、アンデス山脈と海沿いの山脈に挟まれており、アンデス山脈で湿った空気が遮断されるため、「世界で最も乾燥した場所」として知られています。
そんなアタカマ高地での疑似宇宙旅行第一ポイントは、月の谷です。

月の谷(チリ)

月の谷(チリ)

名前の通り、月面に来たと錯覚に陥る景色が広がります。粘土と岩塩が風食で削られ、このような地形となりました。バスを降りてあたりを散策すると、まるで月面散歩。ニール・アームストロング船長になった気分でした。実は“月の谷”は、ボリビアのラパスなど他の国にもあるのですが、アタカマの月の谷の方がスケールが大きく、まさしく月面といった印象です。
そして、疑似宇宙旅行第二ポイントは、星空観賞です。

アタカマ高地での星空観賞

アタカマ高地での星空観賞

世界で一番乾燥しているといわれ、その乾燥から晴天率が非常に高いため、世界の天文台が集中しています。日本も参加しているアルマ望遠鏡プロジェクトは有名です。そんな場所で見る星空は格別!まるで宇宙の中にいるような感覚でした。また、大きな望遠鏡で天の川や南十字星をアップで観察も。満天の星を写真に撮っても、言葉に表すのは難しいですね。実際に見ることでしか味わえない感動があります。
アタカマ高地は、NASAが火星探査の探査機のテストも行う場所。ある意味、宇宙に一番近い場所かもしれない、と感じました。(五島)

ユーラシア旅行社で行くチリツアーの一覧はこちら

春分の日の奇跡、ククルカン降臨(メキシコ)

2018年4月4日 カテゴリ: 世界の歴史情報中南米情報

 

先日、「春分の2つの奇跡を目撃!太陽のメキシコ紀行」より帰国しました。

 

メキシコの古代遺跡をオアハカからユカタン半島まで丁寧に巡るとともに、春分の日と秋分の日にだけ起こると言われている、古代マヤ人の造りあげた高度な天文学による奇跡を見に行きました。

 

今回のツアーでは、ユカタン半島にあるチチェンイッツア遺跡のピラミッドに奇跡が現れました。

 

奇跡が起こるのは、チチェンイッツアの中のカスティージョと呼ばれるトルテカ様式のピラミッドです。高さは24mあり、1面に91段の階段があり、91段×4面で364段あります。そして、1番上の階段を加えると365段になり、太陽暦の1年間を表していると言われています。

 

このカスティージョに、太陽の光があたり、北東側の階段に波打つ蛇の体の陰影をつくり、地上の蛇の頭と繋がります。この蛇は、マヤ語でククルカンと呼ばれ、羽毛の生えた蛇を意味しています。メキシコ中央高原で古くから信仰されている重要な神様です。

 

当日は、お天気に恵まれ真っ青な空の中、ククルカンが現れるのを今か今かと待ちました。少しでも雲が出ると見られなくなってしまうので、期待と不安でその時を向かえました。

 

午後4時過ぎ、真っ直ぐな陰影が段々と美しいククルカンの形に。ククルカンが、体から生えた羽毛で、まさに空から地上へ降臨してきたような姿は迫力満点でした。高度な天文学、数学を操っていた、未だ謎多きマヤ文明。古代へのロマンがかき立てられました。(南雲)

 

ユーラシア旅行社で行くメキシコツアーの魅力はこちら

白い天空の世界へ~ウユニ塩湖~

2018年3月30日 カテゴリ: 中南米情報

鏡のようなウユニ塩湖

鏡のようなウユニ塩湖

 

先日、「宝石の道、三色の湖とアタカマ・ウユニ塩湖 10日間」のツアーより帰国しました。お天気に恵まれ、毎日がウユニ日和。真っ白な大地も青い空も大きな鏡も、きれいに染まる夕日も手に届きそうな星空も。全てが素晴らしく。「きれいだな。」どれだけ連発したことか。そんな単語では収まりきらない景色に大満足なウユニ塩湖でした。そんなウユニ塩湖にも変化が?!

何度かウユニ塩湖に添乗させて頂きましたが、一番最初に行ったのは10年位前になるでしょうか。そう、少しご無沙汰だった事もあり、ここ数年で大きく変わったウユニを取り巻く環境には色々驚くばかりでした。

びっくりした事その①は塩のホテルが結構立派なホテルになっていた事。
ウユニと言えば、名物?の塩のホテルに宿泊するのがお決まりですが、いやはや、聞いてはいたし、写真とかでも見てはいたが、これまで立派なホテルに成長するとは・・・。
見た目もそうだが中身も違う!頭の上から足のつま先まで冷え切って、ダウンを着用。毛糸の帽子を被って白い息を吐きながら眠ったのは昔の話?部屋では厚手のシャツ一枚で快適に、寝るときだって電気毛布の暖かさに包まれぐっすり。断水してお湯どころか水もでない事も多々あったのに今ではシャワーが浴びられるほど熱いお湯。
もちろん、全部が完璧と言うわけではないが、数年でこんなにも変わるんだなぁ。と感心しきりでした。

 

もう一つのびっくりした事その②は、トリック写真の進化。ウユニの白い世界や水が張った大きな鏡を使って、様々な写真を撮って遊ぶのですが、これがまた色んなアイディアがあるのです。皆が驚くようなアイディアに貧困な私は、他の人が撮ったものを見ながら研究。是非、これをやるぞ!と張りきっても、なかなかうまくいかないのです。しかし、既に研究を重ねたお客様や、毎度、色んな写真を撮っているドライバーさんやガイドさんはプロのカメラマンのように上手。こんなポーズも、あんなポーズも何でもござれ。一昔前?のトリックとは格段にレベルが違う撮影会!皆様とわいわいと子供のように戻って楽しみました。

色んな変化があるけれど、変わらないものもある。それは目の前に広がる風景が途方もなく素晴らしいと言うこと。それだけは間違いない。(岩間)

ユーラシア旅行社で行くウユニ塩湖ツアーの魅力はこちら

 

雨季のウユニ塩湖、悪天候時の楽しみ方

2018年3月23日 カテゴリ: 世界のお祭り情報中南米情報

この度、ユーラシア旅行社の「天空の鏡、ウユニ塩湖ハイライト」から帰国しました。

天空の鏡ウユニ塩湖

天空の鏡ウユニ塩湖

このツアーはウユニ塩湖に3泊してしっかりと観光を楽しみますが、ウユニ塩湖だけではなく、古都スクレや銀山の町ポトシを観光するので、ボリビアの人々の暮らしを垣間見る事が出来ました。2月中旬、カトリックの国々はちょうどカーニバル時期です。カーニバルと言えば、ブラジルのリオのカーニバルが有名ですが、実はボリビアのオルロという町(ウユニ塩湖から320㎞)のカーニバルも南米3大カーニバルのひとつなんです。
スクレはそれらに比べれば地味でこじんまりとしていますが、地元の人達が顔にペイントをしたり、音楽を演奏しながら楽しそうに町を歩いたり、なかなか盛り上がっていました。
カーニバルではお菓子や花を投げたりすることがよくありますが、スクレは水かけが盛んなようで、水鉄砲やゴム風船を投げてはしゃいでいる子供達が沢山いました。卵を投げている人もいました。それはただの卵ではなくて、卵の中身を抜いたものに香りの液体を入れた物でした。昔は、男の子が気に入った女の子の足元に投げつけたりして、好意を伝えたそうです。

雨季のウユニ塩湖

雨季のウユニ塩湖

2月は雨季。ウユニ塩湖でも当然雨が降ります。雨だと何も見えないのでは?と不安に思う方もいるかも知れませんが、雨は夜に振る事が多いので、昼はテレビや雑誌で目にするような美しい景色を見る事ができます。
一日の中でも天気が変わり易く、雨が降ってもそれは一時的なものなので、その自然が造りだす変化を楽しむ事をお勧めします。風が強い時は茶色い水にさざ波が立ち、車は湖の中にどっぷり浸かってしまったような感覚になります。ちょっとアドベンチャーな体験が出来た気になりますね。
また、曇天の時は天も地も全てが灰色の世界。これから龍か魔女が現れそう!そんな妄想ごっこも楽しめます。時には雷の時もあります。自分のいる所は晴れているのに水平線の先に稲妻が見るという事もあります。360℃見渡せるので、本当にすごい迫力です。
夜の星空は、条件が良ければ湖面に満天の星が映って、自分が地球を離れて宇宙に浮いているように感じられます。

夜のトリック写真

夜のトリック写真

夜、星空が見えない時は夜ならではのトリック写真を撮影すると楽しいですよ。ツアーの皆様と協力して「UYUNI」「JAPAN」など光文字を作りました。いつの間にかみんな夢中になっていて、まるで学生時代の部活のように、うまく出来るまで「もう一回!」、「がんばれ!」と熱くなって声を出していました。100円ショップで購入したカラースティックをみんなでタイミングを合わせて振って文字を作ります。カメラのシャッタースピードは5秒くらい(三脚があれば10秒)に設定して撮影します。シャッタースピードを長くすれば明るい写真になり、スティックを振っている人も写るので、好みに合わせて時間を変えて下さい。夜、湖に行く前、明るい場所にいるうちにカメラを設定しておけばバッチリ!カメラに詳しくない方でも簡単に撮影する事ができます。
その他にもウユニ塩湖でのトリック写真が沢山あります。雑誌やテレビSNS等で紹介されているのを撮影するだけでも楽しいですが、これからウユニに行く方は、是非、自分のアイディアでオリジナルトリック写真を撮ってみて下さい。(関根)

ユーラシア旅行社で行くボリビアのツアーの魅力はこちら

ロープウェイから眺めるラパスの景色(ボリビア)

2018年3月8日 カテゴリ: 中南米情報

ラパス市内のロープウェイ

ラパス市内のロープウェイ

 

先日「マチュピチュ、ナスカの地上絵とウユニ塩湖11日間」のツアーより戻りました。ペルーのナスカの地上絵やマチュピチュの絶景は素晴らしく、ウユニ塩湖でも雨季の為、鏡張りの景色をみることができました。ブログに書きたいことだらけのツアーで今回特に印象に残ったのは、ボリビア最後の観光、ラパスの市内観光です。

 

ラパスはボリビアの事実上の首都とされ(憲法上はスクレ)、標高約3100~4100mに位置します。特徴はすり鉢状の地形です。また、空港は世界一高い場所にあることでも有名です。
まずはロープウェイに乗り、ラパス市内をご覧頂きました。面白いのは景色の移り変わりがはっきりしている点。貧困層は標高の高い所に住み、富裕層は標高の低い所に住む特徴があり、最初は同じような色の小さい家々が密集しているのに対し、標高が下がるにつれて、高層ビルやサッカー場、スーパーに、様々の色の立派な家々が見えてきました。また、予想以上に発展しており、ここまで都会と思わなかったと感じたお客様も沢山いらっしゃいました。
その後、月面世界と呼ばれる月の谷や中心部のアルマス広場、キリキリ展望台にご案内しました。

月の谷

月の谷

 

沢山の絶景を愉しめるこのツアーで最後のラパス市内の観光は、強く印象に残りました。(森)

 

ユーラシア旅行社で行くボリビアツアーの魅力はこちら 

キューバの賑やかな音楽とお酒

2018年3月7日 カテゴリ: 中南米情報

先日「カリブの楽園、じっくりキューバ8都市周遊 9日間」より帰国致しました。

キューバのイメージと言えば、革命・リゾート・音楽・コロニアルな街並み…
様々なものが思い浮かぶかと思います。
そんな中でも、キューバのお酒、ラム酒が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

ラム酒はサトウキビから蒸留されるお酒。
キューバでは、昔からこの原料となるサトウキビの栽培が盛んだったため、ラム酒がたくさん作られ、今でもよく飲まれています。

キューバのラム酒で有名なのが、日本でも売っている「ハバナクラブ」。
ハバナクラブのラム酒は3年、7年、10年など年代別になっており、キューバ人からも人気があります。

ツアー中もラム酒の入ったモヒートやダイキリなどのカクテルを楽しむことができます。

モヒート

モヒート

特にお客様からの人気が高かったのが、パイナップルの容器に入ったピニャコラーダ。
パイナップルの中をくりぬき、パイナップルジュースとココナッツミルク、そこにラム酒を入れてストローをさし、完成です。

ピニャコラーダ

ピニャコラーダ

見た目もかわいく、味もおいしい!
ラム酒は後から入れるので量の調整が出来るのもいいところ。もちろんアルコールが苦手な方は抜くことも出来ます。

キューバの中で最も高さが高い橋、バクナヤグア橋の展望台で景色を見ながらライブミュージックを聞き、おいしいピニャコラーダを飲むキューバならではの時間をお楽しみ頂きました。(椎野)

 

ユーラシア旅行社で行くキューバツアーの魅力はこちら

290件中:1~10件目まで表示中

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    トルコの今

    トルコの今

  • 5

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 6

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 7

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 8

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 9

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 10

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

ユーラシア旅行社の社員ブログ