日付:2006年1月の検索結果

雄牛を追え!~南インドの収穫祭・ポンガル~

2006年1月31日 カテゴリ: アジア情報世界のお祭り情報

060131先日「南インド大周遊14日間」より帰国致しました。通常なら13日間のこのコースですが、今回はポンガル祭というタミル・ナードゥ州の収穫祭をご案内するため一日長い旅となりました。
ポンガル祭はタミル・ナードゥの州でよく知られている収穫のお祭です。4日間に渡り行われるこのお祭りの見所は、なんと言っても3日目の「牛追い祭り(ジャリカットゥ)」です。マドライからバスで30~40分行くと、アランガナルーという小さな村があります。普段は穏やかで、取り立てて特別なことのないこの村も年に一度のポンガルとなれば一変します。

(さらに…)

心安らぐラオス

2006年1月30日 カテゴリ: アジア情報世界の宗教情報

060130 年末年始にラオスに行ってまいりました。

タイやカンボジアなど近隣の国々は訪れたことはあっても、東南アジアではラオスだけ行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。ラオスは観光客を本格的に受け入れ始めてまだ日の浅い国です。国の発展はまだまだこれからという感じですが、その分、人々は素朴で優しく、時間も穏やかにゆったりと流れています。

(さらに…)

エチオピアのお祭りにみる宗教観の違い

2006年1月27日 カテゴリ: 世界のお祭り情報中近東・北アフリカ情報

0127 先日、エチオピア物語から帰国しました。
西暦の1月はエチオピアでは「クリスマス」と「ティムカット」というエチオピア正教の大きなお祭りが2つあります。
今回はそのうちの「クリスマス」は雰囲気を味わい、に巡礼者で賑わう日曜日のミサを見学。「ティムカット」はタボットを教会に運び入れる瞬間に運良くめぐり合う事ができました。 

今日はそのティムカットの風景をご案内します。

(さらに…)

イエメンへの誘い

2006年1月26日 カテゴリ: 世界の文化情報中近東・北アフリカ情報

060126 年末年始に「イエメン摩天楼紀行10日間」の旅に添乗してきました。イエメンは今まさにベストシーズンを迎えています。

アラビア半島の南端に位置するイエメンは、北にサウジアラビア、東にオマーンと国境を接しています。面積55.5万平方キロメートル、日本の約1.5倍の国土を有するものの、人口は約1970万人と日本の6分の1となっています。国民のほとんどがアラブ人、国教はイスラム教と、まさにイスラム色の濃い国です。

(さらに…)

タンザニアで見つけた最後の楽園!!

2006年1月25日 カテゴリ: アフリカ情報世界の自然情報

0125 「わぁーかわいい!」

先日、タンザニアの添乗より戻ってきました。今回訪れたのは、動物たちの聖域、最後の楽園とも言えるセレンゲティ国立公園です。ここでは、何万頭もの野生の動物たちが、人間におびえることなく生き生きと暮しています。

ただいま乾期のタンザニアは、なんと言ってもサファリのベストシーズン!特に、このセレンゲティでは、毎年この時期にヌーの大移動が起きます。

(さらに…)

感激!!ボロブドゥールの初日の出

2006年1月24日 カテゴリ: アジア情報世界の文化情報

060123 年末年始の「歴史遺産の宝庫・ジャワ島周遊と芸術の島バリ」の添乗より帰国いたしました。今の季節、インドネシアは雨季ですが、幸運にも観光中に雨に降られることもほとんどなく、最高の年明けを迎えることができました。

このツアーでは、芸術の島・バリ島と多くの遺跡の残るジャワ島の2つの島を訪れます。バリ島では工芸を営んでいる村を訪ねたり、緑豊かなライステラスを見たり、今回はバリ・ヒンドゥー教の総本山のブサキ寺院まで足をのばしました。世界でもこのバリ島にしかないバリ・ヒンドゥー教の寺院や、そこに集まる多くのバリ人の信仰の深さには驚かされます。お参りに来る人々は皆、民俗衣装を着用し、沐浴をしたり、お供え物を持参したりと、寺院にはいつも多くの人が集まります。

(さらに…)

ベストシーズン到来!パタゴニアでの出会い

2006年1月23日 カテゴリ: 世界の自然情報中南米情報

Dscf0147 先日、「南米最南端、パタゴニアの大自然とハイキング」の添乗より戻って参りました。 ベストシーズンのパタゴニアでは、様々な出会いが私たちを出迎えてくれました。
バルデス半島では、アシカ科のアタリアや、浜辺で気持ち良さそうに寝ている象アザラシ、マゼランペンギンも繁殖期を迎え、赤ちゃんの元気な姿を見ることができました。さらに、ダチョウの仲間のニャンドゥ、ラクダ科のグアナコも顔を見せてくれました。そして、メインのモレノ氷河の崩落!地響きのように鳴り響く轟音と、青く光り輝く氷の塊が崩れ落ちる様を肌で感じました。南米大陸最南端の町、ウシュアイア。そこは、大航海時代にマゼランが世界一周を目指し、突き進んだビーグル海峡のある場所です。いまではイワウミウやカイゾクカモメなどの海鳥の宝庫となっていました。

(さらに…)

アンコール・ワットの修復現場

2006年1月20日 カテゴリ: アジア情報世界の歴史情報

0120 「アンコール遺跡群を極める8日間」のツアーより帰国しました。今回は上智大学学長、石澤良昭先生が現地で3日間ご案内してくださるという特別企画でした。2003年末から毎年、石澤先生にご協力いただき、出発しているコースです。今回も多くのお客様にご参加いただきました。年末年始にかけてのカンボジアは、世界各国からの観光客でとても賑わっていました。最初はどこに行っても混んでいて大変なのでは、と少し心配しましたが、石澤先生のご提案で一番の見所のアンコール・トムとアンコール・ワットは、通常と少し回り方を変えたり工夫しました。その甲斐あって、以外とスムーズに両遺跡とも観光することができました。アンコール・ワットの見学は上智大学が中心となって修復している西参道修復現場から始まり、夕陽が射す第一回廊まで、たっぷりと3時間かけて先生と共に回りました。中でも興味深かったのは西参道の修復現場です。毎日カンボジア人達によって少しづつ修復が続けられています。

(さらに…)

真冬のあったかシルクロード

2006年1月19日 カテゴリ: 世界の歴史情報中国・モンゴル情報

060119 年末年始にかけて、中央アジアの旅に行ってまいりました。ツアーはカザフスタンから始まり、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタンの5ヶ国を巡ります。天山山脈やイシククル湖など、美しい自然の景色。メルブ遺跡、ペンジケント遺跡などのかつてシルクロードの交易で栄えた都市遺跡の数々。ヒワ、ブハラ、サマルカンドなど現在も続く歴史ある街々。中央アジアには様々な魅力がありました。

(さらに…)

最新バングラデシュお知らせします

2006年1月18日 カテゴリ: アジア情報世界の文化情報

0118 年末年始にバングラデシュ8日間のツアーに添乗してきました。バングラデシュという名前を聞いて何処の国で、どんな国なのかしらと思う方が多いのではないでしょうか。バングラデシュのガイドブックは数少なく、有名な地球の歩き方もバングラデシュ版はでていません。バングラデシュは、面積14万4000平方キロメートルと日本の約5分の2の広さに人口が約1億3700万人と日本とほぼ同じじです。さらに1年での人口増加はなんと400万人。そのような国に観光する場所なんてあるの、というお問合せを受けたことがありますが、答えはもちろんあります。それもたっくさんあります、と。
まず首都のダッカは、混沌と喧騒の町と言われています。特にオールドダッカは、英国植民地時代の古き建物が色あせて残り、そこにひしめいて車に負けじと走るリキシャの波は、そこに生きる人々の逞しさを感じられます。

(さらに…)

20件中:1~10件目まで表示中

2006年1月
    2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ