日付:2007年1月の検索結果

マヤ最大の神殿都市、ティカール遺跡へ

2007年1月31日 カテゴリ: 世界の歴史情報中南米情報

070131 本日、「古代マヤ文明を極める」のツアーから帰国致しました。14日間かけて、メキシコ・グアテマラ・ホンジュラス・ベリーズに残るマヤ遺跡をじっくりと見てきました。 なかでも、やはり圧巻はグアテマラが世界に誇るティカール遺跡です。

グアテマラ北部の広大なジャングルに眠っていたティカール遺跡は、1696年にスペインの宣教師らによって偶然発見されました。8世紀頃には人口が数万人にもなるマヤ最大の都市国家となり、ユカタン半島全域に大きな影響を及ぼしたといわれています。現在確認されているだけでも、約16平方kmの敷地に3000を超す様々な建造物が確認されていますが、まだその多くが謎に包まれたままです。

(さらに…)

宮殿ホテルで優雅なインド体験

2007年1月30日 カテゴリ: アジア情報世界の文化情報

070130 先日、「魅惑の北インド周遊と宮殿ホテル」のツアーより帰国しました。

首都デリーより聖地ベナレスや官能的な彫刻で知られるカジュラホ、タージ・マハールで有名なアグラ、赤砂岩の建物が並ぶジャイプールといった北インドのハイライトともいえる観光名所をまわる9日間のコースです。アグラとジャイプールでは宮殿ホテルに宿泊するというのがこのコースでの楽しみのひとつ。特にジャイプールの宮殿ホテル、ジャイ・マハール・パレスでは2連泊で、ゆったりとマハラジャ気分を楽しむことができました。それから、女性はサリー、男性はクルタを着て夕食を頂くという体験もしました。

(さらに…)

チュニジアとマルタ 色彩豊かな「色」探し

2007年1月29日 カテゴリ: 世界の自然情報西欧・南欧情報

070129 先日、「マルタ島、ゴゾ島とチュニジア周遊12日間」の旅より帰国いたしました。 チュニジア共和国とマルタ共和国、2つの国を訪れ、見所をいっぺんに巡ってしまおうというのがこのツアー。では、「チュニジアと○○ 違い探しの旅」パート2です!(前回はチュニジアとリビアでした)と言いたいところですが、今回は違ったところだらけなので、共通点を挙げることの方が難しいです。ですので、2カ国の比較をしながら、今回はマルタを中心にご紹介いたします。

(さらに…)

ガンダーラをご存知ですか?

2007年1月26日 カテゴリ: アジア情報世界の歴史情報

070126 「ガンダーラ」をご存知ですか?

誰しもが何か分からずとも「ガンダーラ」という言葉を聴いた事があるのではないでしょうか?教科書や歌のフレーズで登場した記憶がありませんか?

「ガンダーラ」とは、古に栄えた仏教の中心地の名です。この地域は、インダス川とその支流に囲まれたペシャワル盆地を中心に、北側の山岳地帯にかけて広がっていました。これは現在のパキスタン北西辺境州中部に位置します。この地は紀元前から東西文化圏の交流の場でもありました。かの有名なアレクサンドロス大王の軍隊と玄奘三蔵もこの地を訪れたことがあります。

(さらに…)

桃源郷タナ・トラジャを訪ねて

2007年1月25日 カテゴリ: アジア情報世界の文化情報

070125 先日、「インドネシア大周遊10日間」の旅より帰国いたしました。このコースの特徴は何と言っても、バリ島、スラウェシ島、ジャワ島の3島を巡ることです。

たくさんの島と民族で成り立っているインドネシアは今回訪れた島だけでもそれぞれ独特の雰囲気を持っていることが大変興味深かったです。特に日本人観光客がまだ訪れることが少ないスラウェシ島、タナ・トラジャ地方では初めて知る独自の文化、建築を目の当たりにしただ、ただ驚くばかりでした。

(さらに…)

シチリア島で日本晴れ!?

2007年1月24日 カテゴリ: 世界の歴史情報西欧・南欧情報

Taormina_teatro 先日「南イタリアとシチリア島」の添乗から帰ってきました。

今年は暖冬で 1 月のシチリア島は日中 20 度を越すほどのポカポカ陽気。文明の交差したシチリア島では行く先々で、遺跡や教会など、異なる文明の観光名所に出会います。

遺跡だけでなく、美しい海や山の景色もまたシチリアの見所です。

(さらに…)

様々な表情を持つ国、チュニジア

2007年1月23日 カテゴリ: 世界の文化情報中近東・北アフリカ情報

061224 先日「チュニジア物語 14日間」より帰国いたしました。チュニジアの北部は地中海に面しており、また、フランス統治下であった歴史も持つことからヨーロッパの文化の香りが漂います。反対に南部へ行くと、サハラ砂漠が広がり、北部アフリカの先住民族であるベルベル人の暮らしぶりを垣間見ることが出来ます。その一部をご紹介しましょう。

北部の地中海沿岸に多くのリゾート地が集中しています。なかでも、ハマメットのカスバからご覧いただける地中海の眺めは格別!ヨーロッパのリゾート地にも勝るとも劣らぬ美しさです。この地中海のブルーは「チュニジアン・ブルー」と呼ばれるものの一つです。また、同じくハマメットのメディナではもう一つのチュニジアン・ブルーである「ブルーの扉の家々」もご覧いただけます。白い壁にブルーが映え、今アフリカにいるのだという事を思わず忘れそうになる瞬間です。

(さらに…)

ネパールでヒマラヤの初日の出!

2007年1月22日 カテゴリ: アジア情報世界の自然情報

0122 先日、ヒマラヤの麓の国、ネパールより帰国しました。

今回の旅では、御来光は御来光でも2007年元旦の初日の出を8000メートル級のアンナプルナ山系の麓サランコットの丘よりのぞみました。

いよいよ元旦の早朝、辺りがまだ真っ暗闇の中、ホテルを出発。小型のワゴンに乗り込んで、一路ポカラ近郊の見晴台サランコットの丘へ。ネパールには○○コットとつく地名がたくさんありますが、1768年ネパールが一つの王国に統一されるまで各地に群雄割拠していた時代に置かれていた砦に由来します。その名に違わず、サランコットも北方にアンナプルナ山系を控え、雲海のポカラ盆地、瑞々しい緑の棚田と360度の眺望が楽しめました。

(さらに…)

喜望峰で希望豊?!

2007年1月19日 カテゴリ: アフリカ情報世界の歴史情報

Kibouhou1 昔からヨーロッパとインドや東アジアなどの間では、シルクロードや海の道を通じて交易や文化の伝播が行われてきましたが、15世紀後半、インドへの進出を考えていたポルトガルの国王は、使命感溢れる宣教師や探検家を航海に命じ、その航路を模索しておりました。そして1488年、ポルトガルの探検家であるバルトロメデュー・ディアスがアフリカの最南端である喜望峰(本当はここから150キロ離れたアグラス岬が最南端になりますが)に到着。インド航路の開拓をぐっと身近にさせました。

さて、この時ディアスがたどり着いた「喜望峰」、最初は「嵐の岬」と名づけられたそうです。

(さらに…)

シーズン到来 東・南インド

2007年1月18日 カテゴリ: アジア情報世界の宗教情報

0126_000 先日「東インドと南インド、ヒンドゥ文化の神髄」の添乗より戻りました。インドのシーズンが到来しました。南・東インドも一年で一番過ごしやすい季節に入り、どこもかしこも観光客で賑わっていました。

南インドといえばドラヴィダ語族による文化が育まれ、北インドでは見られない独特な寺院が多く残っているのが一つの特徴でしょう。中でも一番印象深いのはマドゥライのミナークシ寺院。寺院の規模のみならず、塔門の美しさは一生記憶から離れないインパクトを与えてくれます。

(さらに…)

20件中:1~10件目まで表示中

2007年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ