日付:2007年11月の検索結果

ボーヌ・栄光の3日間

2007年11月30日 カテゴリ: 世界のお祭り情報世界のお花・紅葉情報世界の文化情報世界の自然情報西欧・南欧情報

Beaune_fes1 この度、「フランスワイン街道の素朴な町や村」より帰国しました。シャンパーニュ、アルザス、ブルゴーニュといったワインばかりでなく、歴史や文化のある北東部を回るコースです。今回はブルゴーニュワインの首都とも言われるボーヌでのお祭りが含まれた為、14日間でのご案内となりました。

 ボーヌでの祭りはブルゴーニュ最大のもので、その名も「栄光の3日間」と言います。今年で147回目となる伝統があり、毎年11月の第三土曜日から3日間続きます。ワイン関係者や観光客が世界中から来る為、普段は静かな2万人の町はホテルを取るのも困難な程、賑わいます。私たちは二日目の祭りを楽しむことにしました。午前中はボーヌ慈善院であったオテル・デューの見学とワイン市場での試飲でした。この期間の試飲は通常とは違う特別なもので、10種類もの高価なワインがずらりと並び、ワイングラスを持って地下のカーブから順番に試飲していきます。60年代や70年代のワインを口にした時はまろやかな赤ワインの香りがふわっと広がり素晴らしかったと皆様に大好評でした。その場で試飲したワインを買うこともでき、日本ではなかなか手に入らないものばかりです。

(さらに…)

パナマ運河クルーズ(連載3/3):いよいよパナマ運河通過!

2007年11月29日 カテゴリ: 船の旅情報

Americabridge 本日は連載最後、「パナマ運河横断とカリブ海の船旅 18日間」のハイライトでもあるパナマ運河のお話をしたいと思います。大型客船が水門の壁すれすれで納まってとおりぬけていく様子は実際大型客船に乗ってみないと味わえない面白さです。こんな大きな船がどうやって水門を通っていくのだろうか。期待に胸を膨らませてその日を迎えました。

朝6時、遠くに高層ビルが建ち並ぶパナマシティーを見ながら、大きな客船はパナマ運河に入っていきます。しばらくすると、2004年まで南北アメリカをつなぐ唯一の橋だったアメリカ橋が見えてきました。61mの高さに掛けられている橋なので私達の船のような大型客船も悠々と下をくぐり抜けられます。壮大な橋をくぐってから約1時間、船はパナマ運河を進みます。

(さらに…)

パナマ運河クルーズ(連載2/3):優雅なクルーズライフ

2007年11月28日 カテゴリ: 船の旅情報

Solarium 本日は船内生活についてお話します。船の旅というと、時間をもてあましそう。と感じる方が多いと思います。ところが!実際は毎日が忙しいのです。

今回のツアーでは、14泊15日の船の旅のうち、終日航海日は7日間。終日航海日の間は船からは下りることができませんが、船の上は遊びの宝庫です。長さが300mの船で、全部で13階建て。運動でも遊びでも、まさに自由に自分の使いたいように時間が使える場所、それが船の旅です。

(さらに…)

パナマ運河クルーズ(連載1/3):寄港地観光の魅力

2007年11月27日 カテゴリ: 船の旅情報

Radianceship 先日、「パナマ運河横断とカリブ海の船旅」より帰国致しました。あまり知られざる船旅の魅力を寄港地観光、船内生活、そしてハイライトパナマ運河と、3日間にわたってお伝えします。本日は寄港地観光にスポットを当ててご紹介します。

この船旅の出発はロサンゼルスでした。メキシコの港を3箇所、コスタリカ、そしてパナマ運河を越えてコロンビアのカルタヘナへ寄航し、最後はマイアミすぐ近く、フォートローダデルというところで船の旅が終わります。各港に滞在できる時間は半日程度なので港からそんなに遠くへは足をのばせませんが、大型客船が停泊する港なので、見所も盛りだくさんです。

(さらに…)

インドで金運祈願!

2007年11月26日 カテゴリ: アジア情報世界のお祭り情報世界の宗教情報世界の文化情報

Analterinvaranasi 先日、「インド悠久文明の旅 13日間」のツアーより帰国致しました。
今回のツアーでは、インドの三大祭りのひとつと言われる「ディーワリー」のお祭りに参加することが出来ました。「ディーワリー」とは、ヒンズー教の富と幸運の女神ラクシュミーと商売繁盛の神ガネーシャを祝うお祭りで、ヒンズー教徒はもちろん、ちょうどその日がシーク教やジャイナ教の預言者の誕生日にも当たるということで、この日は宗教の垣根を越えてインドの国中で5日間に渡りお祭りが開催されます。

(さらに…)

桂林の山水は天下一品

2007年11月22日 カテゴリ: 世界の自然情報中国・モンゴル情報

Yosaku

 この度、「山水画の世界を極める 9日間」より帰国致しました。このツアーでは昔から観光地として名高い桂林と長江三峡クルーズを観光します。

 「桂林山水甲天下(桂林の山水は天下一品である)」といわれるように、日本人にとっても中国人にとっても憧れの地である桂林。その中でも代表的な観光地は何といっても漓江下りで、このツアーでも遊覧船にて美しい山水画の風景をご覧頂くことができます。なお、この遊覧船では桂林より少し下流に行った竹江から陽朔まで4~5時間かけて下ります。普通のツアーは陽朔到着後、そのままバスで桂林に戻ってしまいますが、このツアーは陽朔にとどまり3泊致します。いや、桂林の魅力はむしろ陽朔近郊に凝縮されているといっても過言ではありません。何せ、「陽朔堪称甲桂林(陽朔の山水は桂林の中でも特に美しい)」といわれるぐらいですから。 先述の通り、陽朔にて3泊するので、その間陽朔およびその近郊をゆっくりとご覧頂くことができます。その中でも今回は早朝に観光する機会が2回ありました。

 

(さらに…)

祝!西参道修復工事第1工区完成 (カンボジア)

2007年11月21日 カテゴリ: アジア情報世界の宗教情報世界の文化情報

Angkor_ceremony_2 寒風吹く冬が到来する昨今ですが、11月1日発「アンコール遺跡群を極める旅 6日間」のカンボジアの添乗より戻りました。雨季の終わりたてで、過ごしやすい気温のなか観光してきました。
今回のツアーでは、アンコール遺跡群の観光に加え、「西参道修復工事第1工区完成式典」へも出席してきました(実はユーラシア旅行社もこの式典の運営に携わってきました)。みなさまがカンボジアといったら思い浮かべる遺跡、アンコールワット。その玄関口である西参道にむかって左半分を日本の上智大学が修復工事を担当していました。その上智大学の職員が現地のカンボジア人の人たちと共に修復していることをご存じでしょうか。西参道の長さは約200m。2000年から解体工事を始め7年間の歳月をかけて、100mがこのたび完成しました。7年間でやっと半分。それには理由があります。

(さらに…)

南半球のフラワーショー(ニュージーランド)

2007年11月20日 カテゴリ: オセアニア情報世界の自然情報

Mount_cook 先日、『ニュージーランド周遊とパノラマ鉄道の旅』から帰国いたしました。
通常、13日間で北島と南島を回るこのコースですが、今回はプラス1日。オークランドで催されている花の祭典・エラズリーフラワーショーをご案内するため、一日長い14日間でご案内させていただきました。

(さらに…)

沙漠と海の国より、異界へ旅する(チュニジア・リビア)

2007年11月19日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Bedwin 先日「チュニジア・リビア物語」より帰国いたしました。紀元前より海の商人フェニキア人たちの交易拠点として栄え、ポエニ戦争でのカルタゴ没落を経て、ローマ時代には殖民都市として大いに栄えた沿岸部の諸都市は、ヴァンダル族によって東ローマ帝国支配に終止符が打たれた後、1000年以上の時をひっそりと砂の中で過ごしていました。

(さらに…)

カスピ海で遊覧ボート(イラン)

2007年11月16日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Anzari_2 先日「イラン歴史物語15日間」より帰国しました。
イランで皆さま想像するのはペルシャ帝国の壮大な遺跡ペルセポリスや、華やかなイスラム建築の傑作が集まったイスファハンでしょうか。もちろんそのような華美で見ごたえのある街は素晴らしいのですが、イランの見所はそれだけではありません。なかなか観光客が訪れない地域、北西部にも数々の遺跡が点在し、田舎ならではの素朴な村々や暖かい人々が迎えてくれます。

(さらに…)

21件中:1~10件目まで表示中

2007年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ