日付:2007年5月の検索結果

エレベーターに乗って仙境の世界へ~張家界・天子山~

2007年5月31日 カテゴリ: 世界の自然情報中国・モンゴル情報

Hashi この度、「仙境物語15日間」のツアーより帰国致しました。

このツアーで行く地域の緯度は、日本と同じくらいか南に位置するため、日中の最高気温は30度前後で、日本よりも一足早い夏を迎えたところです。

このツアーで訪れる「仙境」は、張家界(湖南省)、黄山(安徽省)、武夷山(福建省)とありますが、その中でも今回は張家界の天子山観光(第3日目)について取り上げてみたいと思います。

(さらに…)

変わらぬ自然と変わりつつあるアイルランド

2007年5月30日 カテゴリ: 世界の自然情報西欧・南欧情報

Photo_3 「北アイルランド・南アイルランド周遊13日間」のツアーから帰国しました。アイルランドを旅していると高層ビルがなく、都心からちょっと離れるだけで緑豊か、その緑の平原と同じように空には青の平原が広がっていて、世界が広く感じられます。

アイルランドのイメージや日本で流れてくるわずかな情報のなかには、1980年代の失業率20%越え、年間5万人を越える移民が世界各地に職を求めたことや内部紛争で南北がもめている、というものがあり、どことなくアイルランドという国は、自然が豊かだけど、どこか内情は不安では・・・と思う方も居るかもしれません。

(さらに…)

2007年プラハの春音楽祭

2007年5月29日 カテゴリ: 世界の芸術情報中欧・東欧情報

Prahaspring チェコ、スロヴァキア、ポーランド、ハンガリー、そしてブルガリア、ルーマニアの東欧6カ国をバスで大周遊する当社ならではのコース、「麗しの東欧古都巡り 15日間」の旅に行ってまいりました。今年は異常気象で菜の花が例年より1ヶ月早く開花してしまいハンガリーはそろそろ終わりかけでしたが、ポーランド、チェコでは見事な黄金色のカーペットと、ところどころに赤く咲くアマポーラが私たちを歓迎してくれました。自然が豊かに残る中欧・東欧の旅は、四季の美しい景色が彩りを添え、本当に楽しいものです。

(さらに…)

紺碧のエーゲ海で優雅な休日

2007年5月28日 カテゴリ: 世界の文化情報西欧・南欧情報

Santorini 先日、「サントリーニ島とミコノス島の休日」のツアーから帰ってまいりました。ゴールデンウィークでどこも大混雑の日本を抜け出し、エーゲ海の美しい島での休日をお過ごしいただきました。

アテネに一泊し、サントリーニ島に到着すると、快晴の空と紺碧の海に迎えられ、心はまさにリゾート気分。そしてその日はギリシアで最も美しいと言われる、イアの夕陽を見に行く日です。イアの町は夕陽が美しいだけでなく、真っ白の壁の家々と、白壁とブルーの屋根のコントラストが美しく可愛らしい教会、また島全体の眺めなど、素晴らしい街並みと風景でいっぱいです。

 

(さらに…)

空想と現実の交錯する街・マラケシュ

2007年5月25日 カテゴリ: 世界の文化情報中近東・北アフリカ情報

R0013137 先日、モロッコの添乗から帰ってまいりました。 この国では、先住民ベルベルの文化に、アラブやスペイン、フランスの影響を受けて多様性の深い文化が築かれてきました。 その独特な文化が世界中の旅人や芸術家の心を捉え、昔から多くの人々がインスピレーションを求めてこの地を訪れたといいます。

今回の旅の終盤で私たちが訪れた古都マラケシュはモロッコの中でもそうした雰囲気を深く感じさせます。オートアトラス山脈に背後を守られた平地にあり、山からの水の恵みを受けるマラケシュは、過去に3度王朝が置かれ、迷宮都市フェズと並んでモロッコの京都・奈良のような歴史の深い街です。

 

(さらに…)

大きなバオバブの木の下で

2007年5月24日 カテゴリ: アフリカ情報世界の自然情報

Bao 先日、「ペリネの森とマダガスカル楽園紀行」のツアーより帰国しました。マダガスカルは日本と同じ島国です。アフリカ大陸の横で大きな存在感を持っていますが、「その島=マダガスカル」と結び付けられる人はまだまだ少ないようです。グリーンランド、ニューギニア、ボルネオ島に続き世界で4番目に大きい島で、西はわずか400㎞でアフリカ大陸。モザンビーク海峡によって隔てられています。これだけ近いのだからアフリカにいるような動物がみられるのでは?と思われる方も多いはず。

(さらに…)

文明の十字路 ウズベキスタン

2007年5月23日 カテゴリ: アジア情報世界の民族情報

Buhara1 先日、ウズベキスタンの添乗より戻りました。 5月で既に30度近くまで気温があがり、気候では夏を感じる今回のウズベキスタンではありましたが、目前に広がる風景は、レッドポピーや黄色の野の花たちが咲き、春の陽気の暖かさを感じさせてくれました。
シルクロードの交易商人であったソグド人の住居跡・ペンジケント。ザラフシャン山脈とトルキスタン山脈に挟まれているので、遺跡から見る山の景色はとても美しいものです。3月の時には、ザラフシャン山脈の雪景色が、とても美しく、そして今回は、一面の草原には緑が青々と生い茂り、また花も咲き誇っており、前回とはまた違った初夏の爽やかさと春の花が、私たちを迎えてくれました。
 

(さらに…)

バイク・バイク・バイクの渦

2007年5月22日 カテゴリ: アジア情報世界の文化情報

Dsc00187 先日、4月29日発「華麗なるベトナム紀行7日間」より帰国しました。今回のベトナムの首都ハノイから南部最大の都市ホーチミンまで北から南を縦断して、見所の街々や遺跡を押さえたハイライトの旅。奇景ハロン湾や、昔ながらの趣の残る古都ホイアンなど数多くの見所と、中国料理とフランス料理の影響を受けたおいしい料理に囲まれ、まさにベトナムのいいところ取りといった日々でした。またバスの車窓から見下ろす田園風景やのんびりと優しい人々の表情はいっとき日本の喧騒の日々を忘れさせ、いつまでも眺めていたいと感じさせてくれます。

(さらに…)

満開の花と花火

2007年5月21日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報西欧・南欧情報

Img_3620 先日「のんびりマルタとチュニス」のツアーより帰国しました。
今回は、遺跡の観光中や、バスの移動中の車窓からなど、至るところで沢山の野花が咲いているのが見え、特にチュニジアは花粉症になってしまうほどに満開で、そんな春真っ盛りの季節でした。

(さらに…)

北イタリアの田舎町へ

2007年5月18日 カテゴリ: 西欧・南欧情報

060429siv9 先日、『魅惑のイタリア北東部とヴェネツィアの休日 8日間』の添乗より戻りました。ベストシーズンのイタリアは花々や深緑に溢れ、まさに夢のようなひと時でした。

今回の旅は、通常の観光では足を踏み入れない北イタリアの東部端っこにある、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリアーノ州とヴェネト州の田舎町をじっくりと廻る旅でした。まだ、日本人観光客には馴染みの薄いところですが、実は様々な魅力がつまっている場所なのです。

まずは、ハプスブルグ縁の町トリエステから旅はスタートしました。マリアテレジアの時代に区画整備された整然としたオーストリア風の街並みは、他のイタリアの街ではない雰囲気で、まるで別の国ではないかと感じるほどです。皇帝マクシミリアンの居城として建設された、アドリア海を望む城、白亜の城ミラマ-レでは藤の花がまっさかりでした。

(さらに…)

22件中:1~10件目まで表示中

2007年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ