日付:2008年10月の検索結果

天才画家カラヴァッジョの足跡をたどる

2008年10月31日 カテゴリ: アジア

Caravaggio_mathews この度「カラヴァッジョの道」のツアーより帰国しました。このツアーは弊社企画ツアーの中でも特徴のある内容で、17世紀初頭に活躍した天才画家カラヴァッジョの足跡を辿りながら絵画を鑑賞することを目的としたツアーでした。

カラヴァッジョの生誕地はミラノの近郊ですが、残されている作品の多いローマからツアーは始まりました。ローマで事件を起こしたカラヴァッジョは、ナポリへ逃れ、その後はマルタ、シチリアへと逃亡生活を続け、行く先々で作品を残しました。現代の交通手段の都合でシチリアとマルタの順番が入れ替わっているものの、今回の旅ではローマからナポリ、メッシーナ、シラクーサ、そしてマルタを巡りました。カラヴァッジョの足跡を辿ることで、彼の心中を感じながら偉大なる作品を鑑賞することができました。
 

(さらに…)

砂漠の下にある意外なもの・・・リビアの国家プロジェクト視察記

2008年10月30日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Gmr  「サハラのオアシス・ガダメスとリビア探訪 12日間」のツアーより帰国しました。北アフリカに位置するリビアはこの秋でも陽射しが強く、日中の最高気温は30℃近くまであがりますが、カラッとしていて観光にはちょうど良い気候でした。今回の旅の前半では地中海沿岸部に沿って点在するギリシア・ローマの巨大遺跡を歩き、後半は南下して幻想的なサハラ砂漠を体験してきました。
 ところで、リビアは国土の90%以上を砂漠が占めているのをご存知でしょうか?地域によっては海岸のすぐ傍まで砂漠が迫っています。このリビアの広大な砂漠の地下には石油と共に、ある驚くべき、意外なものが眠っているのです。
 
 それは巨大な地底湖です。
 しかも太古の昔から長い年月をかけて貯まっているので「化石水」と呼ばれています。実は、この膨大な化石水を汲み上げて、巨大パイプで地中海沿岸部までひき、緑豊かな農地を広げようという驚くべき壮大な計画(GREAT MAN MADE RIVER,略してGMR)が指導者カダフィさんによって実行されており、しかも工事も終盤を迎えているというのです。サハラ砂漠に向かう移動中に工事現場を視察してきました。

(さらに…)

アドリア海の恵と美しき紅葉、充実のスロヴェニア、クロアチア、ボスニアヘルツェゴビナ3ヶ国周遊の旅

2008年10月29日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報世界の文化情報世界の自然情報中欧・東欧情報

Dvb この度「スロヴェニア・クロアチア周遊とボスニア・ヘルツェゴビナ 13日間」の旅より帰国致しました。
この3ヶ国は合わせても日本の3分の1ほどの面積ですが、それぞれの都市にぎっしり見所がつまっていて、独自の魅力に毎日飽きる事がありません。
ポレッチ・プーラなどのイストラ半島の街、ダルマチア地方のスプリット・トロギル、そして「アドリア海の真珠」ドブロブニクなどのアドリア海沿岸の都市は、海からの爽やかな風が吹き、明るい太陽に照らされ、まるで初夏のような陽気でした。石畳を歩き、古代ローマの遺跡や中世初期のロマネスク教会、オーストリア・ハンガリー帝国統治時代の建物などを見学しながら中世の人々の生活に思いを馳せます。観光後のバスの移動中も寝てはいられません。海岸線沿いを走るバスの車窓から外を除けば、アドリア海の揺らめく水面がいつでもキラキラと輝いています。

(さらに…)

動物達が生み出すドラマと出会う旅

2008年10月28日 カテゴリ: アフリカ情報

Photo  先日、「ケニア・タンザニア周遊とキリマンジャロ、樹上ホテル10日間」の旅より帰国致しました。
 今回のツアーはサファリづくし!動物達の活動がより多い明け方・夕方の時間帯にそれぞれ約2時間ほどのサファリをお楽しみいただきました。やはり出会ってみたい動物といえば、「ビッグファイブ」と呼ばれる動物達。ライオン・ゾウ・サイ・ヒョウ・バッファローのことを指し、サバンナの人気者です。すべてと出会いたい!という気持ちもありますが、なにぶん自然に生きる彼らのことを思えばなかなか思うようにはいかないこともあります。それゆえに、皆様が心待ちにしていた動物達に出会えたときの感動・喜びはひとしおでした。
 今回のツアー中に出会えたのはライオン・ゾウ・バッファロー。偶然にも、最近はなかなか出会えないヒョウに出会えた方もいらっしゃいました。ビッグファイブではありませんが、とても人気があったのはキリンです。サバンナにスッと立ちつくす姿、長い足で優雅に歩く姿は「美しい!」の一言でした。

(さらに…)

秋の九寨溝・黄龍に行ってきました!(中国)

2008年10月27日 カテゴリ: アジア情報ハイキング情報世界のお花・紅葉情報世界の自然情報

Koryu 去る5月に発生した四川省大地震の影響が心配された九寨溝・黄龍。8月から既に国内外の観光客に開放されていましたが、実際にどうなっているのか少しの不安を抱えて出発しました。
今回の旅では西安から一気に飛行機で九寨溝に入ります。天気は快晴。山間の空港に近づくにつれ、白銀に輝く鋭い岩山の連なりが眼下に現れました。その瞬間、機内には「お~っ」という歓声が。いよいよ中国奥地にきたという気持ちが高まります。

(さらに…)

トランブランの紅葉に魅せられて(カナダ)

2008年10月24日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報世界の自然情報北米情報

Monttremblan  先日、「紅葉のカナダ、シャトーホテルとモン・トランブランの休日 8日間」のツアーより帰国致しました。今回のツアーは、ナイアガラフォールズ~カナダの首都のオタワ~ローレンシャン高原のモン・トランブランまでのメープル街道を北上して行くコースです。

(さらに…)

秋の巡礼路(スペイン・フランス)

2008年10月23日 カテゴリ: 世界の宗教情報西欧・南欧情報

Pilgrimage 先日「ル・ピュイから聖地サンティアゴへ」12日間から帰国しました。近年再び注目を集めている聖地サンティアゴ巡礼ですが、今回の出発点はフランスのル・ピュイから。巡礼は約1,600㎞を通常2ヶ月から2ヶ月半かけて歩く長~い道のり。今回のツアーでは主に数ある巡礼路の中、「ル・ピュイの道」を中心に途中巡礼ハイキングもしつつ聖地サンティアゴ・デ・コンポステラを目指すツアーです。

今回の季節は黄葉の真っ只中!2日目にリヨンからル・ピュイへ行く道中から、辺りの自然は色付き、美しい景色は最後のサンティアゴまで続くことに。やはり黄葉はヨーロッパの醍醐味でもあると再確認しつつ、南西フランスと北スペインの自然美に感謝の耐えない日程となりました。

(さらに…)

「何もない」を楽しむサハラ砂漠での体験(リビア)

2008年10月22日 カテゴリ: 世界の自然情報中近東・北アフリカ情報

Libya_camp 先日、10月11日出発「リビアの神髄 10日間」の旅より帰国いたしました。リビアといえば、カダフィ大佐、緑の書、などがキーワードでしょうか。ここは現在観光地化が進んでおりますが、多くの人が押し寄せてくる前に是非とも訪れて頂きたい国です。このツアー、リビア出身のローマ皇帝、セプテミウス・セウェルス帝が造ったレプティス・マグナや地中海沿いのサブラタ遺跡、そして砂漠でのテント泊がみどころです。

 そんな今回のツアーの醍醐味のひとつ、「何もないこと」を味わう、砂漠でのテント泊についてご紹介したいと思います。

(さらに…)

黄金の秋、ショパンの故郷を訪ねて(ポーランド)

2008年10月21日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報世界の文化情報中欧・東欧情報

003 国土のうち標高300m以下の土地が約90%の平原の国、ポーランド。北海道の北に位置するカムチャツカ半島と同緯度の為10月が黄葉のシーズンです。ポーランドを含む所謂中欧ヨーロッパでは多くの葉が黄色く色付きます。ポーランドはその黄葉の素晴らしさから「黄金の秋」と称えられますが、今回の訪問はまさに黄葉のピーク!はらはらと舞い落ちる葉の美しさに、思わず溜息が出てしまいます。

(さらに…)

6047キロのカナダ大陸横断鉄道の旅

2008年10月20日 カテゴリ: 世界の鉄道情報北米情報

  先日「カナダ横断鉄道大紀行18日間」のツアーから帰国致しました。東部カナダの短い紅葉の時期に合わせた出発日限定のツアーで、東はプリンスエドワード島から全て陸路で大陸を横断し、バンクーバー島のビクトリアまで列車で移動する旅でした。

Viarail2 日本の27倍の面積があるカナダ。

時差もカナダで6つの時間帯に別れています。

人口はたった3000万強。

毎日、明るい人々に囲まれてゴトゴト列車で揺られながら進んで行きました。

「オールアボードー!」(皆さん乗車して下さーい)

(さらに…)

22件中:1~10件目まで表示中

2008年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ