日付:2008年7月の検索結果

夏のロシアで水浴び?!

2008年7月31日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

Summerpalace2 先日、「ロシアの原風景、黄金の環と二大帝都9日間」の添乗より戻って参りました。
今回、私たちは、人口1000万人を越える国際都市モスクワからスタートし、中世ロシアの面影を残す古都・黄金の環へ、さらに華麗な歴史的建造物が立ち並び、文学・芸術の中心とされるサンクト・ペテルブルクへと、夏の陽気な雰囲気で包まれたロシアを訪ねてきました。
冬にもなれば、マイナス30℃にもなる極寒の地、ロシア。「とにかく寒そう」というイメージをお持ちの方も多いかも知れません。しかしロシアは今、短い夏を迎え、街のあちこちでは、咲き乱れる色鮮やかな草花が楽しめます。その華やかな情景からは、数ヶ月前までその地が真っ白な雪で覆われていたとはとても信じられない程。ロシアの人々は、この短い夏を「9ヶ月の地獄と3ヶ月の天国」と称し、思う存分に楽しもうと公園や教会に出向き、降り注ぐ日の光を一身に浴びます。
さて、そんなロシアの短い夏を一層盛り上げているのは、サンクト・ペテルブルクの夏の宮殿の庭園に点在するユニークな噴水の数々でしょう。

(さらに…)

進化の止まった猿が住む世界

2008年7月30日 カテゴリ: アフリカ情報世界の自然情報

 Madagascar 先日「バオバブの並木道とマダガスカル絶景ハイキング 12日間」の添乗に行ってまいりました。マダガスカルのツアーの楽しみの一つは進化のとまった原猿類にあえることです。添乗で何回か行かせて頂きましたが、何回いっても飽きないのは、彼らの世界の中に入っていけるからです。自然の中でこんな近くに会えるのかという感動と毎回毎回違う表情をみせてくれる愛くるしいキツネザルとの出会いに魅了される国です。

(さらに…)

国境を7回越えた先に出会う感動、中央アジア5カ国の旅

2008年7月29日 カテゴリ: アジア

08072902 先日、「中央アジア5カ国大周遊 17日間」より戻りました。カザフスタンから始まり、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタンの5つの国を巡る壮大なツアーです。

中央アジアと言えば、あまり馴染のない辺境の土地で、「危ないんじゃないの?」と思われることも少なくない国々ですが、実は危険なことなど無い、自然や田園風景、遊牧風景を楽しめる長閑なところなのです!

このツアーは国境を7回越えるというちょっと?ハードな面もありますが、少々ハードな関所を越えるからこそ、越えた先で見ることが出来る様々な時代の遺跡や大自然の姿は、感動そのものです。

(さらに…)

ハイライト中のハイライト・ペトラ遺跡(ヨルダン)

2008年7月28日 カテゴリ: 世界の文化情報世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

Elhazune 先日、「シリアヨルダン隊商の道13日間」の添乗より戻りました。暑い国には暑い時に行くのが一番!そんな粋な心意気をお持ちの方々とご一緒できた今回の旅は私にとっても大変思い出深いものとなりました。

(さらに…)

雄大なる自然を楽しむ アラスカクルーズ

2008年7月25日 カテゴリ: 世界の自然情報北米情報船の旅情報

Daiamondprinces 先日、「アラスカ氷河クルーズ、大自然と展望列車の旅 14日間」のツアーの添乗より帰国いたしました。今回のツアーはアラスカの大自然を堪能しながら、ウィッテアからカナダのバンクーバーまで7泊8日のクルーズを楽しむというもの。お花も咲き、緑の美しいアラスカをゆったりと船で過ごしながらお楽しみいただくことができます。

(さらに…)

花畑と美人に出会うなら、南仏プロヴァンスへ!

2008年7月24日 カテゴリ: 世界のお祭り情報世界のお花・紅葉情報世界の文化情報世界の歴史情報世界の民族情報西欧・南欧情報

Arles_festival 先日、南仏の添乗より帰国しました。今回の旅ではプロヴァンス地方を中心に、北部イタリアのチンクエテッレまで、小さな村々を訪問しました。ピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12ヶ月」の夏の紀行文を、まるで肌で感じるような旅でした。眩しい陽射しと爽やかな風に吹かれれば、気分は小説かです。また人懐っこい気取らないプロヴァンス地方の人たちに触れると、ピーター・メイルが描いた「ちょっとおせっかいな隣人」を思い出しました。

(さらに…)

「時の流れ」を忘れさせる、ホロンバイル草原(中国・内蒙古自治区)

2008年7月23日 カテゴリ: 世界の自然情報世界の鉄道情報中国・モンゴル情報

Photo01080723_3先日、「ハルピンから満洲里へ ~ホロンバイル草原を駈ける~ 9日間」より帰国しました。
鉄道を利用しながらの中国東北部の旅。そのルートは、1930~40年代、満洲国の統治下にあり、多くの日本人が居住した場所でもあります。ツアーでは、旧日本軍が戦時中に築いた要塞跡など、日本から遥か離れた場所に残る日本人ゆかりの場所も訪ねてゆきました。

しかしながら、この地域本来の魅力は、まず何よりも、雄大な自然と言えるでしょう。特に内蒙古自治区のホロンバイル草原の美しさは特筆すべきものです。モンゴル本国(外蒙古)にひけを取らない、むしろ、それ以上のスケールと手つかずの美しさを味わえる場所です。

(さらに…)

おとぎの島キジー島(ロシア)

2008年7月22日 カテゴリ: 世界の宗教情報世界の文化情報中欧・東欧情報

Kizhi 先日、「ロシア物語13日間」のツアーより帰国致しました。今回のツアーは、モスクワ~スズダリ~キジー島~サンクト・ペテルブルクと連泊中心にじっくりとロシアを周るハイライトコースです。
中でも、ペトロザヴォーツクより66Km離れたオネガ湖に浮かぶキジー島は必見です。キジー島は、ロシア伝統の木造建築が建ち並ぶ野外博物館であり、島
全体が景観保存地区にも指定されている程です。人口は、現在約50人で冬はオネガ湖は凍ってしまう為、町との交通はヘリコプターというから驚きです。

(さらに…)

新しい年のはじまり、乾期のマチュピチュ

2008年7月18日 カテゴリ: 世界の自然情報中南米情報

Machupichu 先日、南米周遊の旅より帰国しました。18日間と大変長い日程でしたが、一日も雨に降られることなく、南半球特有の強い日差しの下、空や大地、水と緑の大地が鮮やかに目に飛び込んできました。

(さらに…)

異色のシルクロード、黄土高原と知られざる石窟たち(中国)

2008年7月17日 カテゴリ: 世界の宗教情報世界の歴史情報世界の自然情報中国・モンゴル情報

Photo01080717_2 この度「黄土高原の風情と石窟を極める 11 日間」より帰国しました。 
黄土高原地帯として有名な陝西省、甘粛省をぐるっとバスで一回りし、黄土高原の荘厳さ、雄大さをたっぷり味わって頂き、かつその気候・風土に育ち、根付いた「石窟」や「ヤオトン」といった文化・風俗をご堪能頂くツアーです。

西安から出発し、一路中国共産党縁の地「延安」へ。バスを走らせればそこは全て黄土。黄土層の壁面を見ればなにやら黒い影があちこちに。この黒い影こそ、まさしく洞窟住居「ヤオトン」です。夏は涼しく・冬は暖かい。そんな洞窟住宅は、今もなお、改良が重ねられ、居住する人がいるのです。

(さらに…)

22件中:1~10件目まで表示中

2008年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ