日付:2008年8月の検索結果

「大迫力!バグパイプのメロディーに乗せて」

2008年8月29日 カテゴリ: 世界のお祭り情報世界の文化情報世界の歴史情報世界の民族情報西欧・南欧情報

003 スコットランドの夏の風物詩と言えば『ミリタリー・タトゥー』。タトゥーとは刺青、のことではなく軍の楽団のこと。スコットランドの首都、エジンバラで開催されるこのスペクタクルショーはもう50年以上の歴史を持っています。

(さらに…)

パプアニューギニアの心、シンシン!!

2008年8月28日 カテゴリ: オセアニア情報世界の民族情報

Photo 『パプアニューギニア大周遊 8日間』のツアーより帰国しました。
いろんな意味で遠いイメージのあるパプアニューギニアですが飛行機で約6時間弱、日本からまっすぐ南に5000キロ。時差も1時間しか違わない意外にも近い国なんです。

(さらに…)

夏のアルジェリアを満喫

2008年8月27日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Arujekou 先日「アルジェリア探検隊8日間」のツアーより帰国しました。アルジェリアは、東のチュニジアとリビア、西のモロッコに挟まれた北アフリカマグレブ諸国の1つ。
いつか行ってみたいけれど、何となくチャンスがない、と考えている方も多いのでしょうか?
アルジェリアは、まだ観光地化されていないけれど観光資源がとても豊富。1930年代の映画「望郷」の舞台となったアルジェのカスバは、時間が止まったかのごとくその姿を現代に残し、古代ローマ植民市として繁栄をした遺跡群、立方体住宅が密集するムザブの谷のユニークな建築様式など、今回の短いツアーでも見所目白押しでした。

(さらに…)

キャンディのペラヘラ祭(スリランカ)

2008年8月26日 カテゴリ: アジア情報世界のお祭り情報世界の宗教情報

Peraherabusshari 先日、スリランカより帰国しました。
“光り輝く島”という意味を持つスリランカ。北海道の8割ほどの大きさしかありませんが、民族・文化・地形など変化に富んだ魅力溢れる国で、見所満載の8日間でした。
今回のツアーの目玉は、なんといってもキャンディで行われたペラヘラ祭。キャンディはシンハラ王朝最後の都が置かれた古都で、仏陀の歯が祀られている仏歯寺があります。一年に一度、その仏舎利が納められた容器を象の背に載せ、キャンディの町を練り歩くのがペラヘラ(=行列)のお祭りです。

(さらに…)

マチュピチュに想いを馳せて

2008年8月25日 カテゴリ: 世界の文化情報中南米情報

Machu  先日、「ペルー、マチュピチュ・チチカカ湖とナスカの地上絵 10日間」より帰国いたしました。
マチュピチュ遺跡は日本人が行きたい世界遺産でも1位!しかしこの時期は日本人だけでなく、ヨーロッパやアジアなど本当にたくさんの国々の人達に出会いました。

(さらに…)

チュニジアンブルーの世界

2008年8月22日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Photo_3先日、「チュニジア周遊 10日間」のツアーより帰国致しました。

北アフリカに位置する小国チュニジア(日本の約5分の2の面積)。皆様はチュニジアと聞いて何を連想されるでしょうか?恐らく1度も訪れたことのない方は何も想像できないと思いますので、1つのキーワードを紹介させていただきます。そのキーワードとは「チュニジアンブルー」。とにかくチュニジアというところは青のきれいなところなのです。

(さらに…)

世界一への冒険、ギアナ高地へ。

2008年8月21日 カテゴリ: ハイキング情報世界の自然情報中南米情報

Angel_fall2 『緑の魔境ギアナ高地とテプイの懐深く』9日間のツアーより帰国しました。
乾季への移り変わりのこの時期の魅力は何といっても豊富な水量を湛えたエンジェルフォールです。世界最大の落差を誇る滝は見る角度で大きく印象が変わります。下から見上げる滝と上空から見る滝。ギアナ高地は未だ衛星写真で全体像を把握できていないと言われる程、雲のかかる地域なのでそう簡単に全景を見せてはくれません。人類未踏の場所もあるほどの自然に囲まれているので、気分はまさに冒険家です。

(さらに…)

ワイルド・アフリカ~ケニア、タンザニア

2008年8月20日 カテゴリ: アフリカ情報世界の自然情報

Ngorongor_tanzania 先日、「ケニア・タンザニア周遊と樹上ホテル、キリマンジャロ10日間」のツアーに添乗に行って参りました。観光シーズンを迎えた乾季の南半球、その中でも東アフリカの魅力は、何といっても自然・人・野生動物に尽きるのではないでしょうか。

(さらに…)

スキタイ文化とその秘宝を訪ねて(ウクライナ)

2008年8月19日 カテゴリ: 世界の歴史情報世界の民族情報中欧・東欧情報

Kiev 先日「ウクライナ周遊8日間」の旅より帰国して参りました。
”ウクライナ”と聞くと、ヤルタで有名なクリミア半島、ペチェルスカヤ修道院のある古都キエフを思い浮かべる方が多いかと思いますが、ここ黒海北岸地域は古代スキタイ民族が活躍した場所でもあります。スキタイ民族は紀元前6世紀から紀元前3世紀に、ウクライナを中心とする黒海北岸の草原地帯に勢力を築いた騎馬民族として知られています。また、ユーラシア草原地帯で最初の遊牧文化を育んだ民族でもあります。

(さらに…)

知られざる大遺跡、ジェラシュ

2008年8月18日 カテゴリ: 世界の文化情報世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

Jerash 先日、「薔薇色のペトラと、巨大遺跡パルミラを訪ねる旅 9日間」より帰国いたしました。帰国後に改めて驚かされたことは、日本の蒸し暑さです。シリア・ヨルダン共に日差しが強くて暑い!というイメージがありますが、実際に行ってみると、日差しは強いものの、湿気がないので汗がベタベタする事も無く日陰はかなり爽やかな空気で過ごすことができました。
 

(さらに…)

21件中:1~10件目まで表示中

2008年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ