日付:2009年3月の検索結果

守られる自然・ニュージーランド

2009年3月31日 カテゴリ: オセアニア情報世界の自然情報

Milfordsound この度「ニュージーランド物語15日間」より帰国しました。

ニュージーランドは南半球にある国で、日本とちょっとだけ形が似ています。日本では本島に当たる南島と北海道のような北島という風にイメージしていただくと分りやすいかもしれません。ニュージーランド国土の20%以上は国立公園や原生林、自然保護区となっていて、原生林や森林などの植物、山、渓谷、氷河、河川、湖など変化に富んだ手付かずの大自然が残っています。

南島のハイライト・マウントクックでは、部屋から山が見えるハーミテッジホテルに2連泊し、ニュージーランド独自の植物や氷河湖を見ながらのハイキングを楽しみました。他にも数千年の氷河が刻んだ大自然の彫刻フィヨルド・ミルフォードサウンドのクルーズや、イエローアイドペンギンが見られる野性動物の宝庫・オタゴ半島などまさに自然満喫の南島です。また、移動はバスだけではなく、一部にタイエリ渓谷鉄道やトランツコースタル号など列車を利用しました。ニュージーランドの景色は、牧場・羊・山・川・空そしてまた羊といった緑・青・白の繰り返しですが、列車に乗ると同じ景色も新鮮に見えて来るから不思議です。

(さらに…)

無名の都市遺跡?!ジェラシュの魅力(ヨルダン)

2009年3月30日 カテゴリ: 世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

Forum 先日、「薔薇色のペトラと巨大遺跡パルミラを訪ねる旅 9日間」の添乗より帰国致しました。この時期は遺跡のあちこちで野花が咲き乱れ、日本より一足早い春の訪れを感じながらの観光となりました。
ペトラやパルミラは言わずと知れた観光名所ですが、本日は、「予想以上に良かった」と好評だった都市遺跡、ジェラシュについてご案内させて頂きます。
ジェラシュは、日本人にとってはほとんど無名に近い遺跡でしょう。しかし、ここジェラシュは、古代ローマ時代の街並みをほぼ完全に残す、ローマ遺跡の中でも貴重な遺跡です。しかも、ヨルダンにおいてペトラに次ぐ巨大な遺跡なのです。

(さらに…)

リビアの遺跡はでっかいよ

2009年3月27日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Sabrata1  先日「サハラのオアシス・ガダメスとリビア探訪12日間」のツアーより帰国致しました。
今回のツアーは地中海沿いに点在するリビアの主要な遺跡を巡る、遺跡満喫コース。リビアの北東部は主にギリシア人、北西部はフェニキア人によって造られた都市でそれぞれに見所がありますが、どちらも真っ青な海を背景に広大な遺跡が広がり、はっとするほど美しい風景を楽しめます。

(さらに…)

メキシコ中央高原はジャカランダが満開!(メキシコ)

2009年3月26日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報中南米情報

Photo001  先日、「メキシコ世界遺産大紀行18日間」より帰国しました。
今回の旅は、メキシコの中央高原からユカタン半島にかけてじっくり陸路で巡ることで、メシコの魅力を徹底的に満喫できるツアー。古代の遺跡からコロニアル都市まで様々な世界遺産を訪れました。

(さらに…)

冬のアラスカを満喫!

2009年3月25日 カテゴリ: アジア

 先日、冬のアラスカより帰国しました。
 到着した日のフェアバンクスの気温は氷点下16度。東京にいれば経験することのないような値を温度計が指し一瞬びっくりしてしまいますが、建物の中では室温がかなり高めに設定されており、逆にコートなど着ていられないほどです。
マッキンリーフライト  この時期、気温はマイナスであっても、現地の方にとっては、日差しがずいぶん暖かくなり、春が近いとワクワクする季節だとのことでした。所変われば、ずいぶんと「春」の印象も変わってくるものだなぁと納得しました。
 アラスカのフェアバンクスは、オーロラが一年に243日ほど見られるオーロラベルトに位置しています。今回のツアーの一番のハイライトは、やはり夜空を彩るオーロラの出現。果たして実際に現れるかと、少し気を揉みましたが、初日3日目と少しおとなしめではありましたが、薄緑色をしたオーロラが現れ、待望のオーロラにあちこちで歓声がこぼれました。

(さらに…)

ベンガル人は好奇心のかたまり!

2009年3月24日 カテゴリ: アジア情報世界の文化情報世界の歴史情報世界の民族情報

01 先日「バングラデシュ歴史文化探訪とシュンドルボンクルーズ」の旅より帰国しました。世界遺産にもなっている世界最大のマングローブ林を有するシュンドルボン国立公園を始めとする豊かな自然があり、伝統的なかわうそ漁を見たり、懐かしい田園風景、草のにおいなどが日々の生活で張り詰めてしまった緊張の糸を緩めてくれます。

(さらに…)

20億年前の扉を開けた瞬間・・・・(ベネズエラ)

2009年3月23日 カテゴリ: ハイキング情報世界の自然情報中南米情報

Roraima001  先日、「20億年前の台地 ロライマトレッキングとエンジェルフォール」の旅から帰国しました。今回のハイライトは、やはりロライマ。地球の裏側にある失われた世界、ギアナ高地に100あるといわれるテーブルマウンテン。

(さらに…)

エジプトまるかじり!

2009年3月19日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

B  先日、「エジプト大紀行 19日間」の添乗より帰国致しました。
19日間という非常に長い旅となりましたが、その分エジプトの魅力も存分に味わって頂くことができます。
通常、エジプトのツアーですと、カイロ近郊にあるギザのピラミッドやスフィンクス、エジプト中部のルクソール、南部のアスワンやアブシンベルに行きますがそれだけではありません。

(さらに…)

太平洋最後の小さな王国、トンガ

2009年3月18日 カテゴリ: オセアニア情報世界の文化情報世界の民族情報世界の自然情報

潮吹き岩  先日南太平洋5ヶ国大周遊の旅から帰国しました。今回の旅では南太平洋に浮かぶ、ソロモン諸島から始まり、バヌアツ、フィジー、サモア、トンガを13日間かけて巡ってきました。

今回の旅で、私が一番印象に残ったのはトンガ王国という国でした。トンガは太平洋最後の王国として900年の歴史があり、先代の国王ジョージ・ツポウ4世は大変な親日家としても知られています。私達が訪れた首都のヌクアロファは日本でいうところの、「小さな町」といった印象です。道行く人々は大きな体を揺すりながら、大変ゆっくりとしたペースで歩いており、行き交う車、そして私達の乗ったバスでさえも時速40~50キロと超スローペース。今までどこの国でも体感したことのない時間の流れ。まるでスローモーションの映像を見ているかのようです。

(さらに…)

パルミラ遺跡でお墓参り(シリア・ヨルダン)

2009年3月17日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

3 2月21日発「薔薇色のペトラと巨大遺跡パルミラを訪ねる旅 9日間」の添乗より戻りました。中東のヨルダンとシリアというと、暑いイメージがありますが、2月下旬の2カ国は日本の2月下旬と同じくらいの気温で、曇れば12度、晴れれば18度、雨なら8度。私達が到着する3日前くらいにはシリアの山には雪が降ったので、標高2800mのアンチ・レバノン山脈には山のてっぺんは白くなっていました。
ヨルダンもシリアも日本より小さい国土であり、しかも国土の大半が半砂漠。その小さく資源も乏しく思われる国には、紀元前3000年前からの遺跡、はるか昔の交易路で繁栄を現代にもイメージを髣髴とさせられる巨大で広大な遺跡、聖書に記述されている場所とあちこちに見所がある国。毎日がハイライトの日々で、どれもこれもが伝えたくなるような場所ですが、そのなかで一つ取り上げますのは、パルミラの遺跡のお墓にしてみます。

(さらに…)

20件中:1~10件目まで表示中

2009年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ