日付:2009年8月の検索結果

豪華客船シリヤラインでスロートリップ!

2009年8月31日 カテゴリ: 船の旅情報西欧・南欧情報

04

先日「北欧物語15日間」のツアーより帰国致しました。今回は、北極圏に入ってからとても良い天気となり、日中は27℃になったことも!セーターが必要だったのは、雨に降られたオスロと、ヨーロッパ最北端の岬・ノールカップに行った時だけでした。
魅力的な場所がたくさんある北欧ですが、今回は、豪華客船シリヤラインについてご紹介したいと思います。

(さらに…)

マグレブスタイルの四角いミナレット ~モロッコでイスラムを感じる旅~

2009年8月28日 カテゴリ: 世界の宗教情報中近東・北アフリカ情報

Hassan2nd_2 先日「モロッコ・サマースペシャル 9日間」の添乗より帰国致しました。
 
現在モロッコは夏真っ盛り!なので気温も相当高くなるのでは?私もお客様も熱中症にならないか心配しましたが、いざ現地に行ってみると、フェズやワルザザードは30℃くらいで意外と過ごしやすかったです(ここで30℃なのになんで過ごしやすいの、と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、モロッコは日本と違って湿気があまりないので30℃でも過ごしやすいのです)。マラケシュは40℃近くまで気温が上がりましたが、それでも私は東京の40℃よりは過ごしやすいと思います。

さて、モロッコといえばイスラム教を信仰している国なので、街の至るところにモスクをご覧頂くことができます。そしてモスクには必ずミナレットがございます。ミナレットとは、1日5回の礼拝を呼びかける(アザーン)ために使われる尖塔のことであります。かつては人がミナレットの上に登って地声で呼びかけを行っていましたが、現在はミナレットの上に設置されたスピーカーを介して、付近の住民に呼びかけられています。ですので、イスラム教国にいらっしゃったことのある方は経験されていると思いますが、モロッコでもアザーンで目を覚ますという経験をすることができます。そして、そのミナレットの形ですが、同じイスラム教であっても、国によってはその形が違います。例えばイランでは均整のとれたすっきりした円塔で、中央アジアは色鮮やかな幾何学模様の円塔。トルコは非常に細長くて先が尖がっている、いわば鉛筆のような形をしています。ではモロッコのミナレットは?

(さらに…)

果てしない歴史の重みを感じる旅(シリア・ヨルダン)

2009年8月27日 カテゴリ: 世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

Kasion_4
先日「薔薇色のペトラと巨大遺跡パルミラを訪ねて 9日間」の添乗より帰国致しました。
今回のツアーは中東のシリアとヨルダンに残る巨大な遺跡群を巡る毎日がハイライトのツアーとなります。この辺りの歴史は旧約聖書の創世記から始まるとも言われています。エデンの園を追われたアダムとイブの息子であるカインとアベルの話です。舞台はシリアの首都ダマスカスに位置するカシオン山。ここで人類史上初の殺人事件がおき、人類最初の嘘がつかれたとされています。
というように、たった一ヶ所だけでも深い伝説・歴史が残り、このツアーは聖書の世界に満ち溢れています。また、聖書以降、ローマ時代、ビザンチン時代、イスラム時代、十字軍時代など立地上、聖地エルサレムに近く、東西シルクロード貿易の中継地点、軍事的な要衝として大いに栄えてきました。

(さらに…)

インド・ラダックのツェチュ祭

2009年8月26日 カテゴリ: アジア情報世界のお祭り情報世界の宗教情報世界の文化情報世界の民族情報

インドのラダックのツアーより帰国しました。 ラダックはインドSpitok_gompa_7最北部ジャンムー・カシミール州に属し、チベット本土よりチベットらしいと言われ、「小チベット」と呼ばれている地域です。 
首都のデリーを出発し、眼下にヒマラヤの山々を見下ろしながら飛行機で1時間ちょっと。ラダック地方の中心地レーに到着します。ラダックは大半が標高3000m以上の山岳・高原地帯で、レーの町も標高は約3500m。真夏の蒸し暑いデリーとは違い、レーの朝は寒いくらいの風が吹いていました。
ラダックでは、チベット仏教のゴンパ(僧院)を観光することが多いのですが、今回はレーの近郊にあるタクトク・ゴンパで開催されたツェチュ祭も見学しました。
Taktok_fes_cham_4 ツェチュというのは、チベット暦での月の10日目を意味します。チベット仏教ニンマ派の開祖グル・リンポチェ(パドマサンバヴァ)の誕生、悟り、悪鬼調伏などの事蹟はいずれも月の10日に起こったと信じられていて、ツェチュはグル・リンポチェの様々な事蹟を祝うお祭りです。

(さらに…)

遠くても近い?共通点があるところ。それが、「イースター島」(チリ)

2009年8月25日 カテゴリ: 中南米情報

Tongariki_2先日、「謎のイースター島と魅惑のタヒチ 8日間」の旅より帰国しました。今回の旅は、新・世界七不思議の1つとされる巨石文化のモアイ像と南太平洋のリゾート地!エメラルドグリーン色の海が眼前に広がるタヒチを満喫することが出来る贅沢な旅です。
タヒチはフランス領ポリネシア、イースター島はチリ領パスクア島であり、現在では国が異なりますが、その起源は同じポリネシア人になります。そして、更にその起源を辿りますと、何と!!私たち日本人と同じモンゴロイドであると考えられています。起源をモンゴロイドとする海洋民族が、東南アジアへ南下し、そして更に!!南下を続け、広大なポリネシア・トライアングルと呼ばれる領域を作り出したと考えられています。

(さらに…)

壁崩壊20周年に沸くベルリンへ

2009年8月24日 カテゴリ: 世界の文化情報世界の歴史情報世界の民族情報西欧・南欧情報

1p8060091
先日、「ドレスデンとベルリンの休日 8日間」のツアーより帰国致しました。
 ツアーは、まずベルリンに到着し音楽の都ライプツィヒを経由した後、南下し、古都ドレスデンにて2連泊し、その後、マイセン、ポツダムに立ち寄り、再びベルリンへ戻り3連泊するという、ドレスデンとベルリンをじっくり時間を掛けて堪能して頂けるコースです。

(さらに…)

皆既日食を観測して来ました!INブータン

2009年8月21日 カテゴリ: アジア情報世界の自然情報

02

先日、「ブータンの懐深く、ブムタン地方とパロとティンプー 10日間」のツアーより帰国致しました。
 今回のツアーは、通常の日程に加えて皆既日食を観測する特別企画!日本は、トカラ半島を始め一部が皆既帯に属していましたが、ブータンは、国全体がすっぽりと皆既帯に覆われている、世界でも珍しい場所となりました。国全体が皆既帯に覆われていますので、地理的にはブータン国内のどこからでも、皆既日食が見られるということになります。しかし、ブータンはヒマラヤ山脈に囲まれた、険しい山々の懐に広がる国。実際は、皆既日食を迎える午前5時58分に、聳えたつ山々から太陽が顔を出している場所でなければ観測が出来ません。私達は、ティンプー渓谷を一望できるテレビ塔を観測地として選びました。ここは、朝日や夕陽を眺めるために地元の人々が集まる展望ポイントになっていて、日の出直後の太陽を見るには最適の場所です。

(さらに…)

花いっぱい!カムチャツカのハイキング

2009年8月20日 カテゴリ: ハイキング情報世界のお花・紅葉情報世界の自然情報中欧・東欧情報

Vilyuchinsky 先日、7月22日出発「ゴレリー火山トレッキングと花のカムチャツカ」のツアーから帰国いたしました。日本の北にあり、飛行時間も直行便なら僅か三時間ほど。非常に近いカムチャッカは一年のうちで7月~8月の間がベストシーズン。短いベストシーズンですが、長い冬を終え、一気に植物が芽吹き、花が咲き乱れます。このツアーではヘリコプターの遊覧ではなくハイキングやトレッキングをしながら景色やお花を楽しむ旅。自分の足でカムチャツカの大地を踏みしめながら大自然を満喫できます。

(さらに…)

イスラエルでイエスの生涯を辿る

2009年8月19日 カテゴリ: 世界の宗教情報世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

1 先日、「イスラエル一周とシナイ山 11日間」の旅より帰国致しました。現在は治安も安定しているようで、観光客もあちこちで見かけられました。イスラエルへの入国はハラハラドキドキ。ここでスタンプを押されてしまうと、アラブ諸国へ旅行が出来なくなってしまう!ということで、「ノースタンプ、プリーズ!」と力強くお願い。ところが、スタンプを押して欲しい方もノースタンプになってしまうという、おかしなハプニングもありました(もう一度お願いして、スタンプを押してもらうことができました)。無事に入国を果たし、イスラエル在住なんど35年!の日本人ガイドさんと合流をして、早速観光スタートです。

イスラエルといえば、旧約聖書と新約聖書の世界。どの町へ行っても聖書の世界で染まっています。今回は、「イエスの足取り」に着目してご紹介させて頂きます。

(さらに…)

野生の宝庫~カムチャツカ~(ロシア)

2009年8月18日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報世界の自然情報中欧・東欧情報

 先日、極東の地カムチャツカより帰国いたしました。カムチャツカは「野生の宝庫」と呼ばれているように、日本では見られなくなってしまった動植物植が残る場所です。今回のツアーのポイントは何と言っても2回の「ヘリツアー」です。Photo
 カムチャツカの主要都市、ペテロパブロフスク・カムチャツキーを拠点にして、南方に位置する「南カムチャツカ禁猟区」「クリル湖」や北方にある「クロノツキー自然保護区」「ゲーゼル渓谷」へと100数キロをヘリコプターで移動します。移動中は、カムチャツカに無数にある火山群を眺めることができます。ツアーでは2日目・3日目にヘリツアーを計画していました。
 …ですが、ヘリコプターが飛ぶには天候が一番の重要ポイント!内心ハラハラしていたのですが、予想通りの霧と雨。ヘリポートからの連絡を待ちながら、飛べることを願っていたのですが、この日は無理との連絡が入り、急遽市内観光へ変更しました。
 そしてドキドキの3日目。起床し、部屋のカーテンを開けると…真っ青に晴れた空が!ヘリポートからの連絡もあり、OKとの事。お客様も喜んでいらっしゃいました。ヘリコプターは20人乗り。窓側・通路側となっていますので、不公平のないように行きと帰りで場所はスイッチします。ですから、皆様には十分に空からのカムチャツカを楽しんで頂けます。この日は北の「クロノツキー自然保護区」「ゲーゼル渓谷」を目指しました。ゲーゼル渓谷の見所は吹き上がる間欠泉の数々。木道を歩きながら、いくつもの間欠泉へとご案内します。青空の下には緑に輝く山々、そして谷間から温泉が吹き上げている景色は感動!の一言です。
Photo_2 この他にもウゾンカルデラへとご案内。ここは8000年前につくられたカルデラ。至る所でボコボコとマグマだまりが活動中。そんな時、ふと遠くを見ると…ヒグマを発見しました!しかも合計2頭も。ヘリコプターも飛び、ヒグマも見れてほっとしました。

(さらに…)

21件中:1~10件目まで表示中

2009年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ