日付:2010年11月の検索結果

初秋のトスカーナで珠玉の絵画と美味しい秋に出会いました(イタリア)

2010年11月30日 カテゴリ: 世界の芸術情報西欧・南欧情報

001_2

10月下旬、色づきかけた黄葉が爽やかな初秋のトスカーナ地方を旅してきました。このツアーのテーマの一つが「芸術三昧」、その言葉の通り、特に旅の前半は地方の小さな街や村で、初期ルネサンスの画家達の珠玉の作品に触れました。後半はフィレツェ4連泊で芸術にたっぷり浸った旅。ご参加者の多くは訪伊3度目、4度目というイタリアを愛する皆様で、弊社月刊誌の宮下孝晴先生の連載を毎月とても楽しみに熟読しているという美術好きの方々でしたが、中でも最も楽しみにされていたのがピエロ・デラ・フランチェスカ作『聖十字架伝説』でした。アレッツォ(映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のロケ地でもあります!)のサン・フランチェスカ教会、内部に入るとその壁画の色彩が真っ先に目に飛び込んでくるのですが、感動を一気に味わいたくて、はやる気持ちを抑えて何となく目をそらしつつ、前に進んだ添乗員と皆様。入場券を渡していよいよ内陣の中へ…ようやくそこで思い切って顔を上げました!その一瞬、誰もが声を失ったかのような沈黙に包まれました。下から仰ぎ見た聖十字架の物語。一つ一つのテーマは、豊かで優美な色遣いで表され、登場人物はギリシャ彫刻のように高貴な表情。その大きさに圧倒され、三方を取り囲む伝説の世界に吸い込まれました。『聖十字架伝説』は、ピエロ・デラ・フランチェスカの最高傑作でありながら、壁画であるためここアレッツォを訪れないと見ることができない作品。けれでもこの一点を見るためだけにでもアレッツォを訪れる価値があります。アレッツォの他に出身地サンセポルクロやモンテルキなど小さな街や村に1つずつ、或いは数点ずつ点在するフランチェスカの作品を辿る楽しみもあります。また、フラ・アンジェリコの『受胎告知』をコルトーナの司教区美術館とフィレンツェサンマルコ美術館で見比べるなど、美術好きのお客様には特に興味深いツアーであったと思います。

(さらに…)

トルクメニスタンを学ぼう!

2010年11月29日 カテゴリ: アジア情報

B1template_2

先日、「中央アジア5カ国大周遊17日間」 より帰国致しました。この時期は、ポプラの黄葉が始まり、テーブルにはメロン・スイカ・ぶどう・りんご・なし・柿などのフルーツが並び、毎回の食事が楽しみな季節でもあります。

5カ国の中には、カザフスタン・キルギス・ウズベキスタン・トルクメニスタン・タジキスタンが含まれますが、今回はまだ日本ではあまり知られておらず、一番印象に残ったトルクメニスタンについてご紹介させて頂きたいと思います。

今回の旅では、トルクメニスタンへはウズベキスタンのヒワから1時間ほどの街より陸路国境を越えて入国しました。ちょうど10月27日の独立記念日の直前で、私たちが訪れたタシャウズの街ではフェスティバルが開かれていました。正装をして、大きな国旗を持ってお祭の会場へ行く人の様子やまた打ち上げ花火も見ることができました。男性は西洋式のスーツですが、女性は民族衣装を着用している方も多いです。暑い砂漠の気候にも対応できるように軽い生地で、鮮やかな色のスカーフと細身のロングドレスはきちんとコーディネートされていて素敵でした。

(さらに…)

心癒されるミャンマーの旅

2010年11月26日 カテゴリ: アジア情報ハイキング情報世界のお祭り情報世界の宗教情報世界の文化情報世界の料理情報世界の歴史情報世界の民族情報世界の自然情報世界の芸術情報

Ikadablogtemplate  先日「ミャンマー物語15日間」より帰国致しました。インダー族のいかだ祭。タイとの国境近くの山奥まで民族との触れ合い。三大仏教遺跡バガン。自然、遺跡、民族、祭りとミャンマーをたっぷり堪能する内容盛り沢山のツアーです。
「ミャンマー?大丈夫なの??」「軍事政権じゃないの??」
と思った方。たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
 今月7日に行われた総選挙の影響で、日本では連日のようにミャンマーのニュースが流れています。ミャンマーに魅了されて帰ってきた私にとって、ミャンマーの報道を少し悲しくShanzokublog_2感じます。三大仏教遺跡バガン他、魅力溢れるミャンマーに興味をもつ方が少なくなってしまうのではないかと心配しています。旅行会社の人間だからこのように言っていると思うかもしれませんが、その立場を抜きにしても、個人的にもう一度訪れたい国です。理由は弊社社員のミャンマー人、キンキンテーのこのブログ記事にも載っておりますので、ご興味のある方は一度読んでいただければと思います。
一度ミャンマーを訪れて好きになり、何度もキャンマーに行くという日本人も少なくないそうです。
 実はミャンマー人と日本人は一部民族によっては顔も似ています。特にバングラデシュとの国境沿いの高地に住んでいる民族は、本当にそっくり。ミャンマーは超多民族国家なので、ミャンマー人でも住んでいる地域によって顔やその服装は多種多様です。かの有名なタイに住んでいる首長族は、もともとミャンマーに住んでいたとも言われます。

(さらに…)

隠れた世界遺産のロマネスクとグルメ(フランス)

2010年11月25日 カテゴリ: 世界の芸術情報西欧・南欧情報

「秘宝カニグー修道院とミディ・ピレネー、アキテーヌ紀行」より帰国しました。
実に3年振りのツアーでしたが、このツアー最大のハイライト、カニグー修道院のことは3年前のブログ(2007年11月12日)に書きましたので、今回は別の視点からレポートしたいと思います。
フランス山中にひっそりと佇むロマネスク教会群を巡ってきましたが、中でも印象に残った教会をご紹介致します。

ソルド・ラ・ベイ「サン・ジャン教会」大西洋に面したビアリッツに近いソルド・ラ・ベイという町に「サン・ジャン教会」という教会があるのですが、見落としてしまいそうな程さりげなくユネスコマークがあるように、実は世界遺産なのです。
ここに向かう手前の町には水曜市が立ち、季節柄フォアグラ市と化していて、近郊から車でやってきた大勢の人々で静かな町が賑わっていました。
しかし教会には誰一人おらずひっそりとしていて、私達で独占して祭壇に残るロマネスクのモザイクを堪能しました。動物やブドウの木など、どこかオリエントの影響が窺えます。
そして併設してある修道院がここの見所で、珍しいことに地下がある修道院でした。

ソルド・ラ・ベイ「サン・ジャン教会」地下

建物の裏に川があり、かつて食料などの荷物は全て川から荷揚げをしていたので、その関係で修道院に倉庫用の地下が作られたのです。
地上部分は倒壊が激しく廃墟同然の姿ですが、地下部分は中世の面影がきれいに残っているので、本当にタイムスリップしたかのような空間でした。

(さらに…)

トルコの秋を満喫!

2010年11月24日 カテゴリ: 世界の文化情報世界の料理情報世界の自然情報中近東・北アフリカ情報

Zakuro

先月末「トルコ自然・歴史遺産と古都サフランボルを訪ねる12日間」の旅より戻りました。
このツアーは、サフランボルとカッパドキアを含めたトルコの西側をじっくりと回ります。道中、木々が色づいている所があり、紅葉も楽しめました。
さて、トルコの秋の風物詩といえばザクロジュース。休憩に立ち寄るドライブインや遺跡の出入り口など旅行中、どこでも店先にザクロをゴロゴロ並べたジュース屋さんを見かけました。トルコのザクロはソフトボールほどの大きさ。注文するとその場ですぐに絞ってくれます。ザクロの可食部はわずか20パーセントと言われており、一杯のコップを満たすために一個半以上使用します。それでたったの5リラ(約300円)しない位ですから安いですよね。味は甘酸っぱく、美容に良さそうな栄養がギュッと濃縮された感じです。イスタンブールでは最近、サラダにザクロドレッシングをかけるのが流行っているとも聞きました。日本でも一時ブームになったこのザクロ、秋に訪れたらぜひ試してみてください。
ツアーの食事にも秋らしいデザートが出てきました。

(さらに…)

夢心地?アブシンベルの奇跡(エジプト)

2010年11月22日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Abusimbel

先日、「アブシンベル朝日の奇跡とエジプト周遊 10日間」より帰国しました。ツアータイトルにある通り、南エジプトの花形“アブシンベル神殿”に朝日が差し込む奇跡を見られる特別設定のツアーです。いったい何が奇跡なのでしょう。実際に朝日の奇跡を見た私が実況中継風にご案内しましょう。

さぁやって参りましたアブシンベル。ここアブシンベルはアブシンベル神殿と観光客用のホテルが数軒あるだけの辺境な場所です。約3200年前アブシンベル神殿は古代エジプトのファラオ“ラムセス2世”の命によって岩山を削ったその内部に建造されました。建築王の異名を持つラムセス2世の数ある傑作の中でも最高傑作と言えるほどのスケールの大きさと神秘性。神殿の最深部にはラムセス2世を含めた4体の神像が納められている至聖所があり、年に2回だけ至聖所に朝日が差し込みます。さらに4体のうちの1体、闇を好むプタハ神だけは光が当たらないというこだわりようです。緻密な設計技術と天文学の知識があってこその演出です。

(さらに…)

ブルガリア人の心の故郷・リラの僧院~秋の訪れを感じて~

2010年11月19日 カテゴリ: 世界の宗教情報中欧・東欧情報

Mtrira

先日、秋真っ盛り『ルーマニア・ブルガリア物語16日間』のツアーより帰国いたしました。
ヨーロッパの秋は、黄金の季節と呼ばれています。それは、木々が黄色に色づく黄葉のためです。
到着した頃は、所々黄色くなりかけているといったところでしたが、ツアーも終盤に入ってくるとかなり秋は深まり、山全体が色づき黄金の季節と呼ぶにふさわしい景色が広がっていました。一年の中でも、この季節はそれほど気温も低くなく、また観光客でごった返すこともないので、観光するにはとてもいい時季と言えます。
特に、ツアー最後に訪れたリラの僧院のあるリラ山はとても素晴しく色づいていました。
リラの僧院は首都ソフィアから南に約65kmのところにあります。リラ山に入ると、両側をトンネルのように覆う木々が、黄色、または所々に赤く色づき、まるで黄金のトンネルのような道をバスは進んでいきます。

(さらに…)

タルチョは風に翻り、経が天へ読み上げられる(チベット)

2010年11月18日 カテゴリ: 世界の宗教情報中国・モンゴル情報

Potara

 先日、「青海チベット鉄道で行く!チベット大周遊12日間」より帰国致しました。
 旅は青海省の省都の西寧より始まり、青海省の大自然へもご案内します。 青海湖や茶カ塩湖など、雄大な自然を観光した後、 醍醐味の一つである青海チベット鉄道にて、太陽の都ラサ入りします。

 チベットを旅行する上でチベット仏教の理解は必須です。 五体投地をしながらラサのジョカン寺を目指す人々、 タルチョという経文が書かれているカラフルな布が掛けられ、それが風に棚引く様子、 バター燈明にバターをくべてたり祈りを全霊で捧げる人々の信心深さには本当に驚かされます。

(さらに…)

黄葉のチェスキー・クルムロフ

2010年11月17日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

Photo  先日「チェコ一周とプラハの休日 10日間より帰国しました。ツアーでは隣国のスロヴァキアやオーストリア等とあわせて訪れることも多いチェコですが、今回はチェコ一カ国をじっくりご覧頂くコース。ぐるりと一周して各地に点在する10の世界遺産を巡りました。日本より一足お先に秋も深まったチェコでは黄葉の中のドライブ。どこを走っても車窓の外には絵になる風景が広がります。のどかな農村地帯に建つ家々はどの家も可愛らしく、うすいピンクやブルー、黄色などカラフルな外壁によく手入れされた草花が彩りを添え、おとぎの国のよう。チェコ全体がディズニーランドみたいねとはお客様の感想でした。

(さらに…)

ルートヴィッヒ二世ゆかりの城を訪ねて

2010年11月16日 カテゴリ: ハイキング情報世界の歴史情報西欧・南欧情報

03

先日、「南ドイツアルプスと歴史街道の旅 13日間」より帰国致しました。この秋は季節はずれの暖かさがあったかと思えばその後、急に寒波が来たとのことで私達が訪れた10月中旬から下旬は黄葉が例年より遅く大変綺麗でした。それにしても、近年は日本もそうですが、予め気候を考えて服装を選ぶのはなかなか難しいものです。今回は真冬のような寒さもあり、南ドイツアルプスの麓の街、ガルミッシュ・パルテンキルヘンでは夜、雪が降ったほどです。翌朝は見事に晴れ渡り、登山電車に乗ってドイツ最高峰のツークシュピッツェ(標高2964m)の頂上展望台からは雪を被ったドイツ、オーストリアのアルプスの山々が見事に見渡すことができました。このように、南ドイツの自然を存分に楽しみ、街道沿いの大小の街々を巡りますが、このコースの特徴的なところは、バイエルン王ルートヴィッヒ二世が建てた三つの全ての城を訪ねることです。

(さらに…)

20件中:1~10件目まで表示中

2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ