日付:2010年3月の検索結果

モアイと暮らす人々(チリ・イースター島)

2010年3月31日 カテゴリ: オセアニア情報世界の文化情報

タハイ村のモアイ/イースター島

先日、「謎のイースター島探訪と魅惑のタヒチ 8日間」の添乗に行ってまいりました。

モアイで有名なイースター島。
滞在中は「モアイ製造工場」ラノ・ララクや日本のクレーンメーカー「タダノ」の協力によって15体のモアイが復活を遂げた「トンガリキ」などで、たくさんのモアイと出会い、不思議な歴史と、ユーモラスなのにどこか哀愁漂う姿を目にすることができました。

写真は、夕日を背に佇むタハイ村のモアイです。
厚い雲が風に流れ、水平線に沈む太陽を島が横切っていく…
そんな情景を眺めていると、
太陽が沈む西に背を向けて、太陽が生まれる東の海へと船を進めた、遥か東南アジアからこの島へ渡ってきたという、彼らの先祖たちに思いを馳せずにはいられませんでした。

(さらに…)

日本人の心を虜にするアーモンドの花(モロッコ)

2010年3月30日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報中近東・北アフリカ情報

Kasba_2

先日「モロッコ王国周遊の旅 10日間」の添乗より帰国致しました。
 
このコースは、現在の首都ラバト、古都メクネス、「世界最大の迷路」と呼ばれる旧市街を擁するフェズ、雄大なるサハラ砂漠、映画の舞台にもなったアイト・ベン・ハッドゥ、様々な大道芸を見ることのできるマラケシュなどモロッコの主な観光地を効率よく回るというものですが、さらにこの時期はアーモンドの花もちょうど見頃でした。

アーモンドと言えば大概の方が、チョコレートの中に入っているあの香ばしいナッツを連想されるかと思います。ではアーモンドの花とは?こう言われてもなかなかピント来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は私たち日本人の心を強く揺さぶる、かの桜の花とよく似ています。これらの花は、モロッコの中でも「カスバ街道」と呼ばれるところで多く咲いています。カスバとは、土と藁などを混ぜ合わせて壁や屋根を造る作るマグレブ地方で多く見られる建築様式で、カスバそのものは「城砦」という意味があります。そのカスバが特に多く立ち並んでいるのがティネリールからワルザザードの間の街道沿い、つまり「カスバ街道」なのです。

(さらに…)

片田舎で華やかな生活を送る人々(ベトナム)

2010年3月29日 カテゴリ: アジア情報世界の民族情報

Cave このたびベトナム物語16日間のツアーから帰国いたしました。
 ベトナムと言いましたら、もう身近な観光地として大変人気があります。しかし、「16日間もベトナムだけで観光するところあるの?」と思われる方も少なくないはずです。
これだけメジャーな観光国ですが、まだまだ知られていないところがたくさんあるんです!
よく街で見かけるベトナムのツアーコースといえば、北部にある首都のハノイと近郊の世界遺産ハロン湾、プラスして南部の大都会ホーチミンの組み合わせだったり、上記のコースに加えて中部の古都フエとホイアン、ミーソン遺跡が入ったものも最近ではよく目にします。
しかし、弊社では北部のハノイから寝台列車に乗って、ベトナムとの国境まで足を伸ばし、山岳地帯に住む少数民族の町や、ベトナムで5番目に世界自然遺産に登録されたフォンニャケバンなども訪れます。今回はそんな辺境に住む少数民族の花モン族をご紹介します。

(さらに…)

南インドで南国気分を満喫!

2010年3月26日 カテゴリ: アジア情報

Hampi_3

先日南インドのツアーより帰国しました。インドの面積は約300万km²、世界7位の大きさで、27もの世界遺産があります。この広い国土に見所がたくさん散らばっていますので、1度の訪問では到底制覇することはできません。
既にタージマハルやベナレス、カジュラホなどの有名な観光地が在る北部インドを観光して、インドという国に魅了された方は是非とも南インドへ。
インドはインドでも北部地方とは気候、文化、言語、民族など全てが違います。また、イスラム勢力の影響をほとんど受けずにきたために、元来、南インドに住んでいたドラヴィダ民族が造ったユニークな寺院や王都の建築物群などの純インド的なものが数多く残っています。一方で、ヨーロッパへの扉が開かれた15世紀末の大航海時代~植民地時代に多くの教会や西欧風の建物が建てられ、アラビア海沿岸の町ゴアやコチンではその面影を見ることができます。

(さらに…)

ナイル流れるヒエログリフ

2010年3月25日 カテゴリ: 世界の文化情報中近東・北アフリカ情報

Photo

先日、エジプトより帰国しました。私が添乗させて頂いたのはエジプトツアーの決定版「エジプト大紀行19日間」。友人達に話すと、皆決まって「長いねぇ」と驚きます。けれども、どうして、全くそんなことはないのです。19日間一緒にエジプトの大地を旅なさったお客様方に尋ねてみると、本当に「あっという間だったねぇ」とほとんどの方がおっしゃいました。楽しんで下さったお客様に感謝すると同時に、それほどエジプトには、訪れる者を夢中にさせ、時間が経つのも忘れさせる魅力が詰まっているのだな、と改めて気付いたものでした。

さて、エジプトには訪れるべき観光地がたくさんあります。無数にあります。もう、それこそ古代エジプト人が眺めた夜空の星の数ほどもあります。ですから、さすがに19日間といえどもエジプトの全てを味わうことはできません。けれども、忙しく主要な観光地を走り抜けるツアーとは一味も二味も違った旅の楽しみを見つけることができるのがこの「エジプト大紀行19日間」の大きな魅力でありました。

(さらに…)

点と線 -インド旅行の醍醐味は移動にあり!?-

2010年3月24日 カテゴリ: アジア情報世界の宗教情報世界の文化情報

 インド世界遺産紀行10日間の旅より帰国しました。
ムンバイ(ボンベイ)から始まりエローラ、アジャンタ、ジャンシー、オルチャ、カジュラホ、バラナシ(ベナレス)、アグラ、デリーといった歴史都市を、飛行機・バス・列車を上手く組

Vanarasigandisriver

み合わせて効率よく巡るこのツアー。10日間というコンパクトな日程でインドにある世界文化遺産21つの内の8つを観光いたします。断崖をくり抜いて造られたアジャンタの石窟寺院群、官能的な天女や神々の彫像で有名なカジュラホの東西寺院群、最も美しいイスラム建築のひとつと言われるタージマハールなどなど、充実した観光が連日続きます。

Elephanta_island

 弊社のインドツアー、遺跡や観光場所が充実していることはもちろんですが、お楽しみはそれだけではありません。移動中にもインドを巡る旅の醍醐味は詰まっているのです。
移動も兼ねた列車の車中泊が二泊あります。車内では地元の方と隣り合わせになることもあり、一夜を共にするご縁から仲良しになることも。今回のツアーでご一緒させていただいたお客様の中にも、乗り合わせたインド人のおばあさんと和気あいあいになり、それぞれの国の言葉で唄をプレゼントしあってらっしゃいました。言語は違えど、言葉を唄にのせることで通じ合えるものが確かにあるのですね。こうした人々との出逢いだけでなく、車窓から見えるインドの牧歌的な風景もきっと皆様の心に焼きつくものがあるかと思います。

(さらに…)

熱帯雨林に潜むアルトゥン・ハ遺跡(ベリーズ)

2010年3月23日 カテゴリ: 世界の歴史情報中南米情報

 先日、「古代マヤ文明を徹底的に極める旅 15日間」より帰国致しました。こちらのコースは、メキシコ、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラスと4カ国にあるマヤ文明の主要な遺跡群を15日掛けじっくりと訪れて行きます。更には、遺跡だけに留まらず、メキシコ、グアテマラの主要都市等も訪れ遺跡と都市観光がバランス良く組み込まれ中米を初めて訪方する方には最適と言えるコースです。
001  今回は、ツアータイトル通りマヤ遺跡を徹底的に巡りますが、マヤ遺跡と言うと、メキシコのテオティワカンやチチェンイッツア、グアテマラのティカルといった遺跡群は以前から情報も多いでしょうし、イメージもすぐにつく方も多いとは思います。今回巡るベリーズは単独で周るツアーもないですし、長い周遊コースでないと入っていないということもあり、なかなか訪れづらい観光地ではありますが、これから注目株であると思いますので、今回はベリーズにあるアルトゥンハ遺跡についてご案内致します。

(さらに…)

観測率85%以上!アラスカのオーロラとご対面

2010年3月19日 カテゴリ: 世界の自然情報

Photo_24

先日、「アラスカ大自然紀行とオーロラ 7日間」の添乗より帰国しました。2月の最低気温はマイナス30℃、もしくはそれ以下になる日もあるアラスカですが、私たちが訪れた2月中旬は最低気温マイナス15℃と、例年よりもだいぶ暖かい気候でのアラスカ観光となりました。マイナス15℃なんて想像もつかないくらいの寒さと思われる方も多いかと思います。しかし実際にその温度を体験してみると、空気がとても乾燥しているので、凍えるほどの寒さを感じる日は一日もありませんでした。また、アラスカのオーロラツアーでは、極地探検隊も使用している厚手で寒さに強い防寒具を借りての観測となるため、2時間くらいは寒さを感じずに野外で観測ができるほど、快適に過ごすことが出来ました。

(さらに…)

世界遺産バナウェの棚田をハイキング(フィリピン)

2010年3月18日 カテゴリ: アジア情報ハイキング情報世界の自然情報

Banawe_3  先日、「麗しのフィリピン大周遊 10日間」のツアーより帰国いたしました。
 フィリピンといえば、セブ島に代表されるような美しいビーチばかりが注目されがちですが、実は、それ以外にも、沢山の魅力があることをご存知でしょうか。例えば、ルソン島北部の広大なライステラス(棚田)を愛でながらのハイキングや、ボホール島でしか見られない動物や奇景との出会い、スペインの影響を受けた古都ビガンの馬車での散策など、他の東南アジアではなかなかお目にかかれないような、ちょっと変わった体験や出会いが待っているのです。もちろん、趣向を凝らした名物料理やよく熟れたトロピカルフルーツに舌鼓を打ち、素朴でホスピタリティ溢れる人々と交流するも楽しみのひとつとなることでしょう。

(さらに…)

晴天のマウントクック

2010年3月17日 カテゴリ: オセアニア情報

Photo_8

 先日、「ニュージーランド周遊とパノラマ鉄道の旅 13日間」より帰国致しました。日本とは季節が逆になるニュージーランドは只今夏。とはいえ北海道と同じくらいの緯度の南島は涼しく、とてもさわやかな気候。北島に入りようやく夏らしい日差しを感じるようになりました。
 ツアー中は、3度の鉄道乗車でニュージーランドのパノラマをお楽しみ頂き、国内最高峰、マウントクックでは国立公園内の唯一のホテル、ハ-ミテッジに宿泊。クライストチャーチでは年に一度の花の祭典にご案内し、観光最終日では土ボタルの光が幻想的な洞窟を見学と、最初から最後まで見所満載でしたが、今回はその中でも参加者の方々に好評を頂いたマウントクックでの宿泊についてお話させて頂きます。

(さらに…)

22件中:1~10件目まで表示中

2010年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ