日付:2010年7月の検索結果

中世にタイムスリップ体験、チェスキー・クルムロフ

2010年7月30日 カテゴリ: 世界のお祭り情報世界の宗教情報世界の文化情報中欧・東欧情報

Pragh

先日、「チェコ周遊とプラハの休日 10日間」の添乗より戻って参りました。
この度のツアーでは、街中どこを切り取っても絵になる景観が溢れる首都プラハや“農村バロッグの真珠”と言われるホラショヴィツェをはじめ、計10ヵ所の世界遺産を巡り、かつて欧州の中心だった中欧のチェコの歴史ある建造物や文化、食などの魅力を存分に満喫しました。
加えてこの度のツアーでは、年に一度の南ボヘミアのチェスキー・クルムロフで行われた薔薇祭も見学しました。世界的に有名なブルガリアの薔薇祭は、実際に咲き誇るバラの花をご覧頂きますが、チェスキ

Chesky

ー・クルムロフの薔薇祭は実物のバラの花がメインではありません。このお祭は、もともとこの地を治めていたロジェンベルク家の紋章の5弁の赤い薔薇に由来し、当時の服装に身を包んだ人々が一同に美しき中世の街並みをパレードするのが、このお祭のメインイベントになっています。

(さらに…)

グランドティートンが“グランド”な理由(アメリカ西部の国立公園)

2010年7月29日 カテゴリ: 世界の自然情報北米情報

002  先日、「アメリカ西部国立公園物語~十大国立公園制覇~」の添乗より戻りました。

 地球の鼓動と微生物の営みが生み出した神秘の風景を堪能できるイエローストーン国立公園。国立公園ではないものの、西部劇の荒野に迷い込んだような先住民ナバホ族の聖地モニュメントバレー。氷河に削り取られた圧巻の景色と巨木マリポサグローブの森を訪ねるヨセミテ公園。地球の営みの3分の1、19億年という時間の流れが刻み込まれたグランドキャニオン。などなど、このツアーの見所を数え上げればきりがございません。

 しかし、敢えて一箇所のみ取り上げるとしたら、どこにしましょう? 私は、今回グランドティートン国立公園を押したいと思います。最近はテレビで取り上げられることが増えたこともあり、アメリカ西部の国立公園の日本での知名度はずいぶん高まったように思います。しかし、やはりそれはヨセミテやグランドキャニオンやイエローストーンといった国立公園への話題がほとんどでしょう。

 しかしながら、今回ご案内したお客様に「今回一番印象に残った訪問地はどこですか?」と訊ねれば、

 きっと何人ものお客様から、こうお答え頂けるはずです。「うん、それはやっぱりグランドティ-トンだね」と。

(さらに…)

中国仏教の聖地、峨眉山

2010年7月28日 カテゴリ: 世界の宗教情報中国・モンゴル情報

N2blogtemplate

先日、「四川省世界遺産周遊10日間」より帰国致しました。このコースは四川省にある6つの世界遺産(九寨溝・黄龍・峨眉山・楽山・都江堰・青山城)を訪問するという充実した内容です。その中で、本年はこのコースのみでご案内している峨眉山について紹介させていただきたいと思います。

峨眉山は仏教の聖地として知られ、今も風景区内にはいくつものお寺があります。ミニバスとロープウェイを使ってお寺の見学をした後、私たちの最終目的地である標高3077mの金頂に向けて出発します。ミニバスでくねくねの山道を行くと、駐車場のある雷洞坪(標高2430m)に到着します。観光バスはここまでしか私たちを乗せてくれないので、金頂に行くためにはここからが少し大変です。その先にあるゴンドラ乗り場まで、約30分かけて石段を上がります。

(さらに…)

ハイキングお好きな方にお勧め!ノルウェーの絶景フィヨルド・ハイキング

2010年7月27日 カテゴリ: ハイキング情報世界の自然情報西欧・南欧情報

001_2

北欧の美しい国、ノルウェーでハイキングを楽しんでまいりました!私が撮影した左の写真を見てください。空中に突き出た岩のテーブルの上に沢山人が乗っかっているこの光景、うわー怖い、でも行ってみたい!と思われませんか?これはプレーケストレーン(教会の説教壇)と呼ばれる平らな岩場で、海面から604mの断崖絶壁。世界遺産のリーセフィヨルドに出っ張っているのです。実は、ここに行くには片道2時間半、往復5時間のハイキングをしなければなりません。地元のノルウェーの人々も訪れ、ハイキングトレイルは整備されているものの、途中にはなかなか大変な岩場もあります。でも、初夏のノルウェーはお天気も上々、足元にはワタスゲやヒメシャクナゲ、ミズアオイなどの可愛い花々、緑の木々に囲まれてマイナスイオンたっぷりの気持ちのいいハイキングになること請け合いです。そして何より、念願のプレーケストレーンに立った時の感激!これは自分の足で頑張って上ったからこそのご褒美です。その昔、氷河が浸食してできた“フィヨルド”は深く細長い入江の形、両脇の山は断崖絶壁となって海と陸をくっきりと切り分けています。空の青と雲の白、水の青、山々の緑のコントラストはこれぞ絶景。これらを眼下に一望できるプレーケストレーンは、ありきたりな表現ですがまさに美しい一枚の絵を目の前に置いているかのようで、2時間半の疲れは一気にどこかに行ってしまいました。この岩場に腰掛けて食べたお弁当のサンドイッチと林檎の美味しさも、つけ加えておきましょう。今回のツアーではご参加の皆様全員が元気に登頂されたこともあり、嬉しさもひとしおのハイキングでした。

(さらに…)

南仏の米どころ、カマルグ平原

2010年7月26日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報世界の宗教情報世界の文化情報世界の料理情報世界の歴史情報世界の自然情報西欧・南欧情報

先日、フランス・ロマネスクの旅より帰国致しました。
初夏のフランスは何と言っても、田園風景が美しい季節。

Sunflower_2

新緑の葡萄畑や収穫を間近にひかえた黄金色の小麦畑が連なるブルゴーニュ地方から旅は始まり、夏でも涼しい風が緑の草原に吹き渡る高原のオーベルニュ地方、黒い樫の森に点在する、鄙びた小村が美しいケルシー地方を巡ります。そして旅の後半は地中海に近づいたことで一段と陽光の輝きが増したラングドック地方へ。

Abbaye_de_senanques_2

見渡す限りの平原地帯に満開のひまわり畑が点在し、プロヴァンス地方に入るとオリーブ畑や紫のラベンダーがチラホラ見え始め、ついに南仏までやってきたんだという実感が沸いてきます。今回はパリから南下しつつ、12世紀に造られた、素朴なロマネスク様式の教会を中心に巡るコースです。教会の見学が中心となりますが、ロマネスク教会は大抵の場合、静かな田舎町に残っていますので、教会を訪問しつつ、鄙びた村を散策し、郷土料理を楽しむ旅になりました。

南仏ではローヌ川と地中海に面したカマルグ平原では珍しく、水を張った水田の景色に遭遇しました。カマルグ平原とはローヌ川の河口に出来たデルタ地帯のことで、香川県の半分位の面積があります。古代ローマ時代から海水を天日干しにした塩の生産や白馬、闘牛の産地として知られており、フラミンゴなど数多くの野鳥が生息している動植物保護地域となっています。
今はちょうど田植えが終わり、陽光をたっぷり浴びた小さな苗がグングン伸びる季節。水田と小麦畑が混在したところでは、青々とした水田の隣で小麦の稲刈りの様子を一緒に眺めることができました。フランスの旅では水田の景色に出会うことは滅多にありません。フランスと言えば、代名詞のように細長いフランスパンやクロワッサンなどパンが主食です。

(さらに…)

中国二大観光地(チベット、九寨溝・黄龍)で出会ったもの

2010年7月23日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報中国・モンゴル情報

Koryu

 先日、「青海チベット鉄道と九寨溝・黄龍」のツアーより帰国致しました。中国を代表する観光地である、チベットと九寨溝・黄龍を訪問する、見所盛りだくさんのコースです。今回、私の中で特に印象深かったのは、黄龍で見頃を迎えていたアツモリソウの群生と、ラサ~西寧間で乗車したチベット鉄道のとある場面です。

 緑深い峡谷に、乳白色の湖底にエメラルドグリーンに輝く水が張った湖沼群が棚田のように広がり、まるで一頭の龍が山を駆け昇っているかのような風景を見せてくれる黄龍。なんとなく九寨溝の影に隠れてしまって、目立たない印象があるかもしれませんが、現地に赴かれたお客様は、皆様その見事な景観に驚かれますし、個人的にも大好きなイチオシのスポットです。

(さらに…)

ショパンイヤーにポーランドへ

2010年7月22日 カテゴリ: アジア

先日、「ハンザ都市の輝き、バルト三国とポーランド周遊の旅」より帰国しました。バルト三国の中で一番北にあるエストニアより始まり、ラトビア、リトアニアと南下していって、お隣のポーランドを訪れるという12日間の旅でした。

Bench_walsaw_chopin

バルト三国とポーランドのそれぞれの国は、ハンザ同盟というバルト海沿岸地域の貿易を独占した都市同盟で結ばれた都市があり、繁栄を謳歌しました。このツアーで訪れるハンザ同盟都市は、エストニアのタリン、ラトビアのリガ、リトアニアのカウナス、ポーランドのクラコフとグダニスク。どの都市も旧市街には中世の街並みが残り、商業都市としての繁栄ぶりがうかがえる、街歩きが楽しい雰囲気のところです。

Zelazowawola

そしてなんといっても今年盛り上がっているのが、ポーランドが誇る音楽家フレデリック・ショパンの生誕200周年。ショパンは1810年、ワルシャワ近郊のジェラゾバ・ボーラにて生まれました。ショパンの生家は、今年の特別な年を迎えるにあたって整備が行われ、きれいなビジターセンターも完備。第2次世界大戦後に再建された家を見学し、周りの緑豊かな庭をショパンに思いを馳せながら、のんびり散歩することができました。

(さらに…)

ガイドブックには載っていないパプアニューギニアの素朴な人々

2010年7月21日 カテゴリ: オセアニア情報世界の民族情報

Culture_show_2  この度、パプアニューギニアより帰国しました。
地図を広げて、日本からまっすぐ南に目線を移してみると、オーストラリアのちょっと北東の辺りに恐竜のような?形の島があります。それが、1億2000年前にゴンドワナ大陸と分離したニューギニア島。このニューギニア島の東半分と大小700もの島が、1975年にオーストラリアから独立したパプアニューギニアという国です。
国の98パーセントは森と川。中央部には4000メートル級の山岳が続いていて、セピック川・フライ川など何千もの川が流れています。パプアニューギニアには700以上の部族があり、山がちな地形のおかげで、それぞれの部族が融合される事なく独自の風習を持ち続けています。この大自然の国の半分は人跡未踏と言われているので、山奥にはまだ出会ってない新しい民族が住んでいるかも知れません。

(さらに…)

中国が世界に誇る大自然~九寨溝・黄龍(四川省)~

2010年7月20日 カテゴリ: ハイキング情報世界のお花・紅葉情報世界の自然情報中国・モンゴル情報

Kyusaikou

先日、「まだ見ぬ別天地、九寨溝・黄龍とパンダ 8日間」の旅より帰国致しました。広大な国土に見所の多い中国ですが、四川省北部に位置する九寨溝と黄龍の両風景区は日本ではもちろんのこと、中国国内でも人気急上昇の観光スポット!今回の旅は、中国の人々も太鼓判を押す素晴らしい自然を心ゆくまで堪能する贅沢な旅となりました。 その様子を一部ご紹介します。

(さらに…)

今年話題となった アイスランドは今・・・

2010年7月16日 カテゴリ: 世界の自然情報西欧・南欧情報

 

Iceland_3

6月13日発「火の国アイスランドと氷の大地グリーンランド12日間」の添乗より帰国しました。アイスランドというと今年4月14日に、この国のエイヤフィヤットルヨークトル氷河の下の山が噴火し話題となりました。現在は、5月下旬から噴火もなく落ち着きを見せています。

(さらに…)

21件中:1~10件目まで表示中

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 2

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 3

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 4

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 10

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

ユーラシア旅行社の社員ブログ