日付:2011年12月の検索結果

トイトレインに乗車しました!(インド)

2011年12月29日 カテゴリ: アジア情報世界の鉄道情報

インド、ダージリンよりヒマラヤ山脈を望む 先日「ダージリン・ヒマラヤ鉄道とシッキム王国、そしてコルカタへ 9日間」より帰国しました。

今回訪れたのは、インドの北東部に当たる西ベンガル州とシッキム州で、ここはバングラデシュ、ブータン、ネパールやチベットに囲まれている山間の場所です。
この地域は、19世紀のイギリス時代にネパールから大勢の労働者がやって来た影響から、現在でもインドというよりはネパール人風の顔立ちの人が圧倒的に多い場所です。

今回は、ダージリンで乗車したダージリン・ヒマラヤ鉄道(通称:トイトレイン)についてレポートします。

(さらに…)

スーダンの首都ハルツームで地元の人々とお食事

2011年12月28日 カテゴリ: アフリカ情報世界の料理情報

 先日、ユーラシア旅行社「スーダン周遊」のツアーより帰国致しました。これまで、スーダンの遺跡の数々について当ブログでもご紹介させて頂いております。過去のスーダンブログはこちら
そこで、本日は、印象に残った食事についてご紹介します。
 スーダンは、ウガンダのヴィクトリア湖から流れ出る白ナイルとエチオピア最大の湖タナ湖から流れ出る青ナイルが交わり肥沃な土地の為、古くから「アフリカの篭」とも呼ばれています。

ナイル川の魚フライ_3


そのスーダンでの思い出の一品は、首都ハルツームの食堂で食べたナイル川の魚のフライです。このお店は屋台から始めて、現在ではハルツームで一番有名なんだそうです。釣った魚を、屋台の女性主人に頼んだところ、とても美味しくてたちまち有名になり、現在のような大きなお店になったとのこと。メニューは、この魚フライのみ。他にはありません。

(さらに…)

これから大注目!アルバニアとマケドニア

2011年12月27日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

先日、ユーラシア旅行社の「アルバニアとマケドニア、バルカン探訪」の旅から帰国いたしました。
なかなか知られていないアルバニアとマケドニアの魅力とはいったい何なのか。そう思う方もいらっしゃると思います。
1カ国目はマケドニア。旅のスタートは首都のスコピエからです。まもなく12月という時期だったので、空気もひんやり。スコピエと聞くと「マザーテレサの生まれ故郷」ということでご存知の方も多いかと思います。アルバニア人でキリスト教徒の家庭に生まれたテレサは、幼少時代をここで過ごし、修道女になるために旅立っていきました。インドのコルカタで活動をし、多くの人にたくさんの愛を与えたテレサ。世の中には多数の偉人がいますが、その中でも私が最も尊敬するマザーテレサ。コルカタの「マザーハウス」や「死を待つ人の家」へ行った時も衝撃を受けましたが、このスコピエの小さな家から彼女の人生が始まったのだと思うと、何とも言えない気持ちになりました。マザーテレサは多くの素敵な言葉を残していますが、その中でも私の好きな言葉を紹介します。-「この世で最大の不幸は、戦争や貧困などではありません。人から見放され、「自分は誰からも必要とされていない」と感じる事なのです。」
2カ国目アルバニアは近年まで鎖国していたことで有名な国。

Tochika_2

国境を越えた途端、独裁者エンヴェル・ホッジャが作ったトーチカ(防御陣地)が至る所にあるという光景は、何とも不思議なものです。現在でも国内に30万個は残っていると言われています。他国から攻め入られることを恐れたホッジャ、一度も使われることのなかった負の産物は今やアルバニアの名物になっているようです。

(さらに…)

パワーがみなぎる!キューバの「食」

2011年12月26日 カテゴリ: 中南米情報

Photo_5 先日ユーラシア旅行社の「カリブの休日、メキシコ・キューバ世界遺産巡り 11日間」のツアーより帰国致しました。メキシコ・ユカタン半島のカンクンからキューバの首都ハバナまで飛行機でわずか一時間前後の距離に位置するこの二カ国ですが、その魅力は多種多様です。メキシコでは真っ青なカリブ海が美しいカンクンや世界遺産チチェンイッツァ、そして、首都メキシコシティと近郊のテオティワカンなどを訪れ、キューバではコロニアル調の街シエンフエゴスやトリニダー、キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの史跡を辿るサンタクララ、そしてヘミングウェイが愛したコヒマル村やハバナ旧市街も歩いてじっくり観光しました。私たちが訪れた11月後半は、中米でちょうど乾期が始まる時期。標高が2200メートルのメキシコシティを除いては常夏の陽気で、晴れ渡る空の下、気持ち良く観光することができました。メキシコやキューバの観光地については以前にも紹介させて頂いているので、今日はあまり知られていないキューバの「名物料理」について、ご紹介させて頂きたいと思います。

(さらに…)

活気溢れる街台湾!

2011年12月22日 カテゴリ: アジア情報

先日、「日月潭に泊まる、ぐるり台湾一周の旅 8日間」より帰国しました。11月と言えど亜熱帯の台湾はまだまだ暖かく、寒い日本から来た私たちにとってはまるで楽園のようでした。この時期は真夏のような暑さもなく、本当に過ごしやすい時期です。

台湾といえば、穏やかな南国の気候で、ゆっくりとした時間が流れているイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実際に行ってみるとその活気に驚かされます!特に夜は多くの人々が外に出始め、街中は大変賑わっています。

Nakayama

台湾では材料を買って作るよりも外食した方が割安なため、人々は夜になると外に出ます。また、惣菜を買って家で食べることもあるため、街のいたるところに惣菜屋があり、夕方になると人気のお惣菜屋さんには大行列ができています。
外食と言ってもレストランに行くわけではなく、夜市に出ている屋台に行く人がほとんどです。人々は8時過ぎ頃から夜市に行き始めます。私たちが行ったのもそれぐらいの時間だったのですが、とにかくものすごい人!ガイドさん曰く、これはまだまだ集まりたてで、これからもっと人が増えてくるというから驚きです。

(さらに…)

太古の自然と地球の神秘にふれる旅、オーストラリア

2011年12月21日 カテゴリ: オセアニア情報

Warata

先日、「オーストラリア物語 15日間」のツアーより戻りました。皆様ご存知の通りオーストラリアは、地図で日本からまっすぐ目線を下に落としていくと目に入る、ほぼ日本の真南に位置する大陸です。パプアニューギニアなどと同じくオセアニア地域に属していますが、日本と東経がだいたい同じである為(時差は最大で2時間)、なんとなく親近感が沸く国ではないでしょうか。しかし地理的には南半球に位置しているので季節は真逆。出発時の日本は秋も深まり、朝、布団から出るのも億劫になってきた時期でしたが、一番最初に到着したケアンズは夏まっさかりの35℃!特にケアンズはオーストラリア大陸の多様な気候の中では「亜熱帯性気候」に属すため、特に蒸し暑い地域なのです。空港に着いた瞬間からムシムシとした湿気に包まれ、着いて早々、なんだか急にサウナにでも入れられたような蒸し暑さを感じました。

(さらに…)

新世界遺産ワディラムを訪ねる(ヨルダン)

2011年12月20日 カテゴリ: 世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

Jeep

先日、ユーラシア旅行社の「憧れのペトラとヨルダン周遊」の旅から帰国いたしました。中東の“優等生”ヨルダン。1994年にイスラエルと和平条約が結ばれてからは徴兵制も無くなり、首都アンマンはその治安の良さから、ヨルダンのみならず中東地域の金融・商業の中心地としてめざましい発展を続けています。
今回訪れた世界遺産は2ヶ所。ツアー名にもあるペトラ遺跡と、今年登録されたばかりの新世界遺産ワディラムです。「ワディ」は谷、「イラム」は高い山のこと。赤い切り立った崖や小山、同じく赤い砂漠が広がる不思議な光景の中をジープで走り抜けます。ハンドルを握るのはベドウィンの地元青年でした。彼らベドウィンの移動手段も徐々に機械化してきているようです。

(さらに…)

お釈迦様の足跡を訪ねて(インド)

2011年12月19日 カテゴリ: アジア情報世界の宗教情報

Photo_6

 先日、「インド八大仏跡巡りと三大仏教美術館13日間」より帰国しました。このツアーはタイトルの通り、仏教の開祖お釈迦様の聖地とされているルンビニ、ブダガヤ、サールナート、クシナガル、ラージギール、サヘトマヘト、ヴァイシャーリ、サーンカーシャの8ヶ所全てを巡り、仏教美術の傑作が所蔵されているインド博物館、パトナー博物館、マトゥラー博物館を見学するツアーです。
 お釈迦様の尊い教えはインドを発祥として東南アジア、中国、朝鮮を経て日本へと伝わりました。三蔵法師として知られる玄奘も仏教を学ぶためにこの地を訪れたことは有名です。しかしながら、時代と共にヒンドゥー教の大波に呑まれ影響力を失っていった仏教。現在、インド人の仏教信仰はありません。それでも、伝播していった前述の国々には根強い信仰によって仏教が定着しているのは日本を見てみても明らかです。今回訪れた聖地のなかで最も印象に残っているブダガヤでは巡礼者の真摯な信仰心を感じとることができました。

(さらに…)

キューバの動くクラシックカー博物館!

2011年12月16日 カテゴリ: 世界の文化情報中南米情報

Dscf0620_2 先日、ユーラシア旅行社の「キューバの歴史と大自然探訪の旅 10日間」より帰国致しました。これは、首都ハバナから入り、第二の都市サンティアゴ・デ・クーバ~古都トリニダー~カマグエイと、キューバの主要な都市を巡るハイライトツアーです。私達が訪れた時期は丁度雨期から乾期に入る頃だったこともあり、青々しい緑もありながら、真珠のようなカリブ海や澄み切った青空の中での観光となり、天候にも恵まれました。
キューバというと、キューバ革命、音楽、サルサ、葉巻、ラム酒、クラッシックカー 等々、その魅力は尽きず、一度訪れたらその魅力の虜になる人は多く、私もその一人です。よく、「キューバの魅力は??」と聞かれますが、一言では語り尽せません。敢えて言うなら、他の国では見られない独自の“カッコ良さ”があります。例えば、街中の至る所ではキューバ音楽が流れ、サルサやラム酒を楽しむ人々、葉巻をくゆらしているおじいちゃん、おばあちゃん、海岸沿いを走り抜けるクラシックカー等、映画のワンシーンのような光景が次々と目に飛び込んで来ます!
ご紹介したい魅力は山程あるのですが、今回は、車ファンならたまらない、キューバで今も尚走るクラシックカーにスポットを当ててみたいと思います。

(さらに…)

仏教芸術と古き良き中国を感じる中原の旅

2011年12月15日 カテゴリ: 世界の歴史情報中国・モンゴル情報

Incatsle
 先日、「雲崗・龍門と中原の旅14日間(中国)」より帰国しました。
 ツアータイトルの中原(ちゅうげん)とは、中華文化の発祥地である黄河の下流域にある平原のことです。
古くは現在の河南省一帯を指す言葉でしたが、後に漢民族の勢力が拡大し、河南省を中心として山東省の西部~河北省~山西省の南部~陝西省の東部にわたる華北平原を指すようになりました。
 現在、中国には漢族と55の少数民族が共存していますが、こちらのコースでご案内する河南省・河北省・山西省に占める漢族の割合はほぼ10割。漢族が4000年かけてつくりあげた中華文化の発祥地であり、中原で花開いた仏教文化の中心地だと頷けます。
 見どころが多い中原の旅行の中で今回は中国3大石窟の一つに数えられる龍門石窟と平遥古城に関してレポートしたいと思います。

(さらに…)

19件中:1~10件目まで表示中

2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 10

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

ユーラシア旅行社の社員ブログ