日付:2012年11月の検索結果

歴史の移り変わりを感じる島(キプロス)

2012年11月30日 カテゴリ: 世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

Photo_6先日、ユーラシア旅行社の「南北キプロス島を極める8日間」より帰国致しました。キプロスという名前自体は聞いたことがあるが、どのような国なのかはよく知らないという方が多いかと思います。あるいは、キプロスといえばアフロディーテ生誕の地ということで海が美しい島という印象が強いかもしれません。勿論、青く輝く地中海はとても美しいですし、キプロスは地中海性の温暖な気候なので11月でも日中は25度程まで上がり海辺の散策にも適しています。ですが、キプロスの魅力はそれだけではありません。

(さらに…)

砂漠の防衛都市ジェミラ(アルジェリア)

2012年11月29日 カテゴリ: 世界の歴史情報中近東・北アフリカ情報

Jemira 先日、ユーラシア旅行社の「ビジット・アルジェリア8日間」のツアーより帰国しました。
アルジェリアには古代ローマ遺跡やタッシリ・ナジェールの岩絵、厳格なイスラム教徒が暮らすムザブの谷といった素晴らしい世界遺産があります。これらアルジェリアの世界遺産の一番の特徴は未だに観光地化されておらず、本来の姿が残っていることです。
そんな手付かずのアルジェリアの世界遺産の中で、私のイチ押し観光スポットは古代ローマのジェミラ遺跡。首都アルジェから東へ約380km、海岸からは約200km内陸に入った、標高900mの山間に突然現れたかのように孤立した遺跡です。
周辺を山々に囲まれた、朝の遺跡はピーンと張り詰めた冷気が漂っています。人っ子ひとりいない無人の古代遺跡を歩き始めました。

(さらに…)

橋の美しさに魅せられて、しまなみ海道ウォーキング!

2012年11月28日 カテゴリ: アジア

Photo_4先日、ユーラシア旅行社の「瀬戸内しまなみ海道、のんびりウォーキング」の添乗に行って参りました。
しまなみ海道は、広島県尾道市から愛媛県今治市までの瀬戸内海を結ぶ、文字通り「海の道」です。全長約70Kmのこの海道は、橋を架けて尾道と今治の間に浮かぶ芸予諸島を結んでいます。島を結ぶ橋の数は全部で11あります。今回は、その橋をウォーキングしてきました。しまなみ海道の特徴には、車道だけでなく自転車・歩行者道が整備されていて、橋の上からも、瀬戸内海の景色をゆっくりと楽しむことができるということがあります。

(さらに…)

素朴に50年、コンスエグラのサフラン祭(スペイン)

2012年11月27日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報西欧・南欧情報

スペイン、サフラン祭にて、取れたてのサフランの花先日、ユーラシア旅行社の「スペイン物語」15日間の旅から帰国いたしました。木々の色付く初秋のスペイン、天高い青空に恵まれた毎日でした。

さて、今回のツアーでは特別にコンスエグラのサフラン祭へ皆様をご案内しました。

サフランとはスペイン料理に欠かせない香辛料のひとつ。
イベリア半島にやってきたアラブ人達によってもたらされたとされ、語源はアラビア語で黄金を意味するザアファラーン。
1グラムのサフランを得る為には約100万本の花が必要という、とてつもなく高価な品物です。かつては文字通り同重量の黄金と取引されていたのだとか!?

(さらに…)

サハラに残る芸術作品(アルジェリア)

2012年11月26日 カテゴリ: 世界の芸術情報中近東・北アフリカ情報

Sahara ユーラシア旅行社の「アルジェリア世界遺産巡り 11日間」より帰国。地中海沿岸に残る数々のローマ遺跡や敬虔なイスラム教が暮らすムザブの谷や、アルジェリアに来たらここは外せない!タッシリ・ナジェールの岩絵。それぞれに旅の目的は違えども、どれひとつとっても深い歴史や意味のある場所だ。

やはり印象深いのは、サハラにある岩絵だろう。この旅では、テント泊はしなくとも十分にサハラと岩絵を満喫できた。夜中の便で到着し、眠い目をこすりながらの観光だが、サハラの大地を走っているとだんだんと目も冴えてくる。世界遺産タッシリ・ナジェールは、誰が数えたか、2万点もの岩絵や線刻画があるという。

(さらに…)

“世界の都”ローマで美術三昧(イタリア)

2012年11月22日 カテゴリ: 世界の芸術情報西欧・南欧情報

ヴァチカン博物館、ラファエロの間の天井 先日「ローマ2800年の歴史に学ぶ」7日間の旅に同行させていただきました。
永遠の都、世界の都と呼ばれるローマに5連泊し、古代ローマから近代までをじっくり満喫する旅です。

先日、名倉が紹介していましたシスティーナ礼拝堂貸し切り見学では、空っぽのシスティーナの静けさ、荘厳さを味わい、500年前に当時37歳のミケランジェロが描き上げた天井画を見上げていた時間は本当に貴重な体験でした。
(写真はラファエロの間の天井画)

(さらに…)

宮崎・鹿児島、神々が集った地を訪ねて

2012年11月21日 カテゴリ: アジア情報世界の宗教情報

Kirishima_higashi_jinja_2

先日、「日本神話の舞台、宮崎・鹿児島を巡る~古事記編纂1300年特別企画~4日間」より帰りました。日本国内のツアーで、このツアーほど日本神話の世界を知っているかどうかで旅の印象が変わり、また、別世界の雰囲気を味わえるものはないのではないでしょうか。
古事記の世界では、宮崎・鹿児島の地が、神々の創世記から日本初代天皇神武天皇が東征に出発するまでの物語の舞台となっています。古事記も同じ時代に編纂された日本書紀も原本が現存しておりませんので、写本は残っているものの実際にどのように記載されていたかは誰も知る由もありません。想像力が試されます。
旅の始まりは、霧島東神社から。天孫降臨の地と言われる霧島の峰の中腹にある神社でした。霧島東神社は、急な坂を登ったところにあります。眼下には神武天皇が遊んだと伝えられる御池が広がり、そこから参道を登っていきます。参道は森の中を通り抜け厳かな空気に包まれていて、神聖な空間に入って行くという感覚になります。朱色のこじんまりした拝殿は、色が鮮やかにも関わらず森の中の景色に溶け込んでいました。また、ここでは、清掃中だった宮司さんのお話を聞くことができ、皆で聞き入りました。その内容は、まさに旅の始まりに相応しい内容でした。神教と仏教の関係や神社に来るときの心構え、といっても堅苦しい話ではなく、神社に来て厳かな空気の中、心を整理することをお勧めしますといったような感じで受け止めやすい内容でした。すっきりとした気分で神社を後にしました。そして、その後、ツアー中に全部で15の神社を訪ねました。

(さらに…)

男子会はカフェテリアで(チュニジア)

2012年11月20日 カテゴリ: 中近東・北アフリカ情報

Tunis 先日、「チュニジア・サハラ浪漫紀行 11日間」のツアーより帰国しました。現在のチュニジアは暑すぎず、寒すぎず、とても爽やかな気候で、お天気にも恵まれた11日間でした。

「モザイクの様な歴史を持つ国」などと言われるチュニジアは、先住民でもあるベルベル人に始まり、今から3000年前には、フェニキア人があのローマをも震撼させたカルタゴをつくります。そして、ローマとのポエニ戦争を経てローマ帝国に属しながらアフリカの首都として発展、7世紀末にはアラブ人による国家建設、19世紀末のフランスによる占領等、現在のチュニジアは、そんな様々な歴史の上にあり、観光で訪れるものにとってもその魅力は尽きません。
そして、観光の楽しみはこんなところにも・・・。

(さらに…)

夜の博物館(ヴァチカン市国)

2012年11月19日 カテゴリ: 世界の芸術情報西欧・南欧情報

 

Atene

 先日、ユーラシア旅行社の「イタリア歴史物語15日間」のツアーより帰国しました。
今年はミケランジェロがシスティーナ礼拝堂の天井画を1512年10月に完成させて500年、記念すべき年ということで特別日程でシスティーナ礼拝堂のあるヴァチカン博物館の貸切見学を行いました。弊社の4つのイタリアのツアーが集まって総勢80名ほどのお客様を二時間の貸切見学にご案内しました。この日案内をして下さったのはルネサンス美術に明るい多摩美術大学教授の松浦明弘氏です。

「夜の博物館を貸切」というフレーズだけでわくわくしてしまいますが、歴代ローマ教皇のコレクションが並ぶ、世界に名だたるヴァチカン博物館の貸切ですから、更に期待は高まります。貸切は閉館後の18時からでした。

18時ちょうど、ギイーッと博物館の大きな石の扉が開いて中に通されました。この日、私たちは昼間にもヴァチカン博物館を訪れており、予約がない個人客の入場を待つ長い列に圧倒され、館内も右を見ても左を見ても人・人・人!ヴァチカンが世界的な観光地というのを十二分に納得した後でしたので、人のいないシーンと静まりかえった博物館に興奮しないわけはありません。

(さらに…)

心に残る景色と言葉~南西フランスの旅~

2012年11月16日 カテゴリ: 西欧・南欧情報

10月発「南西フランス、絵のような風景へ13日間」の添乗に行って参りました。

Stemilion_3_2

日本より一月先をいくような気候で、ツアーの後半では気温が初冬のような冷え込みとなりました。その気候ゆえ、木々は色付き黄葉の景色を愛でることが出来ました。特にツアーの後半で訪れたサンテミリオンでは、ブドウ畑がちょうど色付いていたときで綺麗な黄葉のブドウ畑を眺めることが出来ました。

さて「サンテミリオン」という地名を聞きますと真っ先に思い浮かべるのは先述した“ワイン”や“ぶどう畑”ではないでしょうか。サンテミリオンを観光するとなると、そのイメージから直結してワイナリー、シャトーの見学とワインの試飲につながりがちです。

(さらに…)

21件中:1~10件目まで表示中

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 10

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

ユーラシア旅行社の社員ブログ