日付:2012年6月の検索結果

小さな村の中世美術とおもてなしの心(フランス)

2012年6月29日 カテゴリ: 世界の芸術情報西欧・南欧情報

フランス、タヴァンのサンニコラ教会とバラ先日「サン・サヴァンと西フランスロマネスク」10日間の旅より帰国しました。
6月のフランスといえば、バラや藤などの花が咲き乱れ…と望んで行ったのですが
今年は北海からの風が湿った空気を毎日運んできて、
例年よりもp雨が多い滞在となりました。

とはいえ、偶然トゥールでロワール河に虹がかかるのを見たり、
雨上がりにしっとりとした様子のバラと教会がひときわ青空に美しかったり、
変わりやすいお天気だからこそ出会えた景色もありました。

(さらに…)

期間限定、クリムトの橋!オーストリアで芸術鑑賞と美しき大自然の旅

2012年6月28日 カテゴリ: 世界の芸術情報

 この度、「オーストリア世界遺産巡りと湖水地方への旅」より帰国しました。

Photo_5

 オーストリアは北海道と同じ位の大きさの国。東アルプス山脈が東西に走り、全土の3分の2は山岳地です。
 ツアーの前半で訪れた都市はほとんど標高500m前後。日本がジメジメとした梅雨に入ろうという時期に爽やかな高原の空気を感じる事が出来ました。
 アルプス周辺は天気が変わり易く雨も多いのが特徴です。天気予報は晴れと雨と雲のマークが一緒に出ていてちっとも当てになりません。
地元のドライバー、オットーさんに聞いてみると「今日の朝は霧で、10時位から晴れて山が良く見えるよ!午後からは曇ってきて夜は雨になるんじゃないかな」と具体的に予想してくれました。そして、その予想は見事に当たっていました!!毎日空を見ているから何となく分かるんだそう。

Photo_6

 朝、太陽が昇ってくると段々と霧が上がってゆき、さっきまで真っ白だった所に街や山が浮かび上がってくる様子は幻想的でした。霧が上がった後の晴れた空はどこまでも青く澄み渡っていて、チロル地方の岩山がより雄大に感じられました。また、湖水地方を訪れた時は雨でしたが、緑美しい自然の中での雨は全く嫌な感じがせず、マイナスイオンで心まで潤った気がしました。

(さらに…)

大迫力のビクトリアの滝へ(南部アフリカ) 

2012年6月27日 カテゴリ: アフリカ情報

Sdscf0878 先日、ユーラシア旅行社の「ナミブ砂漠と南部アフリカ5ヶ国周遊11日間」より帰国致しました。ナミビア、南アフリカ、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナの5ヶ国の見所を周る、毎日がハイライトなこのツアー。旅は世界最古の砂漠、アプリコット色に輝くナミブ砂漠の観光からはじまり、テーブルマウンテンが聳えるケープタウンへ。ケープペンギンが生息するボルダーズビーチや喜望峰までドライブを楽しんだら、続いては一路、あの世界三大瀑布のひとつビクトリアの滝観光の拠点となるザンビアへ参ります。また国境大橋を渡ってお隣の国ジンバブエにも訪問!日帰りでボツワナ・チョベ国立公園にも訪れる見所満載の11日間となりました。

(さらに…)

シルクロードの町に酔いしれて~ヒワの街歩き~

2012年6月26日 カテゴリ: アジア情報世界の文化情報世界の民族情報

先日、ユーラシア旅行社の「サマルカンド・ヒワ・ブハラ世界遺産周遊の旅8日間」の添乗より帰国致しました。
このコースは、ウズベキスタンの世界遺産全てを訪れる他、民族舞踊や名物料理もお楽しみ頂ける内容です。17世紀の面影を残すヒワ、イスラム世界で政治経済の中心として栄えたブハラ、そしてブルータイルが美しい中央アジアの中心都市サマルカンドなどを中心として、ウズベキスタンの魅力をたっぷりと味わって参りました!
Photoそこで、今回はヒワの町をご紹介します。この町は、外敵の侵入を防ぐために外壁と内壁の二重の城壁で囲まれており、内城はイチャン・カラと呼ばれています。四方を砂漠に囲まれながらもアム・ダリアの肥沃なデルタ地帯であるホレズム地帯に人が住み始め、農業を始めたのは、4、5千年も前のことだというので、ヒワの歴史も恐らく古いと予想させていますが、記録からは、8世紀に存在していたことが知られているだけです。ヒワが発展したのは、都に定められた16世紀からです。特に奴隷市場が盛んで、今でもその面影を残す建物が残っています。

(さらに…)

週末のお買い物は隣の国で(スロヴァキア)

2012年6月25日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

 先日、ユーラシア旅行社の「チェコ・スロヴァキアの美都とハンガリーの大平原」10日間の旅から帰国いたしました。1度に3カ国を巡るこのツアー、3カ国ともシェンゲン条約に加盟しているため国境はノンストップ!出入国のわずらわしさはまったくありません。高速道路を走り抜ける間に日本の県境を示す看板のような小さな標識がポンッとありますので、バス内は「もうすぐ出入国ですよ、まばたきしないで下さい、あっ!今国境通りました!!!」「おぉ~!」と大いに盛り上がりました。Dscf3436blog

 ちなみにツアー中の大部分を担当したドライバーさんはチェコ人。ですが、当然ながらスロヴァキアの大通りもハンガリーの小路もチェコを走るのと全く変わらずに、惑うことなく安全運転してくれました。

(さらに…)

ワイン発祥の地、グルジア

2012年6月22日 カテゴリ: 世界の文化情報世界の料理情報西欧・南欧情報

コーカサスより戻りました。今回はコーカサス三国の旅。アゼルバイジャン、グルジア、アPhoto_2ルメニアです。このツアーではアゼルバイジャン~グルジア、グルジア~アルメニアの国境はそれぞれ陸路で越えます。国境越えは、まさに国境を実感。歩いて越えます。アゼルバイジャンの出国管理事務所を出て、向こうに見えるグルジアの入国管理事務所まで、スーツケース引っ張って歩きます。

日本ではあまり知られていませんが、旧ソ連ではグルジア、モルドバ、ウクライナ、アルメニアはワインの名産地で、ヨーロッパの王侯貴族指定の農園も存在します。かのチャーチルもヤルタ会談で数々の銘酒と出会い、1年間分を持ち帰ったとか、数年間スターリンから送られたという逸話が残っています。コーカサスは葡萄の原産地と言われています。コーカサスのワイン製造の歴史は8000年。グルジアワインはチャーチルのみならず、かのクレオパトラも愛飲したそうで、クレオパトラの涙と呼ばれたそうです。楊貴妃もモナコ王妃もエリザベス女王も愛飲したようで、女性に人気なのでしょうか?Photo_3

(さらに…)

大塚国際美術館、その至福の空間(徳島)

2012年6月21日 カテゴリ: アジア情報世界の芸術情報

Otsuka1 先日「松浦弘明氏同行 大塚国際美術館と現代アートの聖地直島」の旅から帰国しました。ユーラシア旅行社の旅は海外が大半を占めますが、日本国内でも遺跡、自然、伝統文化、芸術などテーマを深く掘り下げた旅はあります。今回は芸術をテーマに香川と徳島を巡って来ました。

(さらに…)

本当にあった山水画の世界!

2012年6月20日 カテゴリ: ハイキング情報世界の自然情報中国・モンゴル情報

先日、ユーラシア旅行社の「仙境物語 14日間」より帰国しました。
最高のお天気に恵まれたツアーではありませんでしたが、美しい仙境の世界はとても印象的でした。
ツアーでは三つの山へご案内いたしましたが、その中でも山水画の世界を見せてくれた「黄山」を紹介させて頂きます。

Kozan_3

「山水画の世界なんて本当にあるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。正直、私もこの場所を訪れる前まではそのように思っていました。実際、今回のお客様の中にも私と同じように思っていた方もいらしたようですが、観光後には「本当に山水画の世界だね。本当にあったんだ。」と感動されていました。
黄山ではまず山麓に宿泊し、黄山の西にある玉屏楼へご案内。ロープウェイ乗り場へ行く途中で上を見上げると、そこにはごつごつとした岩肌の峰々がいくつも聳え、私たちを迎えてくれました。

この日はお天気もばっちり!ロープウェイで山頂まで約10分。この10分間は何とも言えぬワクワクの時間です。

Rope

玉屏楼までの道のりは、想像以上に階段が多く、休み休み進みます。休憩の為に止まる展望台からでさえも景色抜群!シャッターを切る手を休める暇はありません。

(さらに…)

ブルガリアの成人式~高校の卒業式~

2012年6月18日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

4「ルーマニア・ブルガリア物語」15日間より帰国致しました。ルーマニアのマラムレシュ村では初夏のお祭りに遭遇するという嬉しいハプニングがあったり、ブルガリアでは心温まるプライベートバラ祭りがあったりと、どちらの国も人々との触れあいや素朴な風景をたっぷり満喫したツアーとなりました。
今回の訪問時期は5月下旬でした。
ブルガリアではちょうど高校生の卒業シーズンで、至る所で盛り上がる学生たちを見ました。ブルガリアには日本のような成人式はありません。その代わりに大人になったことを祝うイベントとして「高校の卒業式」があります。

(さらに…)

チェコ民族の誇り、「わが祖国」の魅力を発見

2012年6月15日 カテゴリ: 世界の芸術情報中欧・東欧情報

 先日、ユーラシア旅行社の「チェコ一周とプラハの休日 10日間」の旅から帰国しました。Photo_4

チェコを一周し、各地の古く美しい街々を訪問しました。菜の花で黄色く染まるなだらかな丘は、まるで黄色い波が打ち寄せるよう。そして、車窓から広がっていたのは、のどかで優しい風景。山間の古城も、丘の上に点在する農村も、まるでお伽の国にまぎれこんだよう。
そんなチェコには独立までに苦難の歴史があります。15世紀にはオーストリア・ハンガリーを中心としたハプスブルグ家の支配下に置かれ、公式にはチェコ語さえ禁じられた長い暗黒の時代がありました。そんな時代を経て19世紀にスメタナが音楽を通してチェコの民族独立運動を促しました。スメタナ作曲の「わが祖国」はチェコの人たちにとって、精神的な支えでもありました。

(さらに…)

19件中:1~10件目まで表示中

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    トルコの今

    トルコの今

  • 5

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 6

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 7

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 8

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 9

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 10

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

ユーラシア旅行社の社員ブログ