日付:2012年7月の検索結果

スイスでハイジの気分を味わう

2012年7月31日 カテゴリ: 世界の自然情報西欧・南欧情報

Fountai 先日、ユーラシア旅行社の「スイス物語14日間」より帰国しました。梅雨の日本を脱出し、ちょうど花の時期のスイスを旅することが出来ました。しかも今年はちょうどユングフラウ鉄道全線開通100周年記念の年。キャンペーンとして「ハイジの愛したアルプスの世界」というオリジナルステッカーと小冊子がプレゼントされました。

 そう、スイスといえば、誰もが思い浮かべるのが「アルプスの少女ハイジ」ではないでしょうか。初めてアニメが日本で放送されたのは1974年。幼い頃にご覧になったという方もいらっしゃいますし、お子さんやお孫さんと毎週一緒に楽しんだという方も多く、日本人の老若男女全員に愛される物語といっても過言ではないでしょう。息の長い名作中の名作です。
 ハイジとおじいさんやペーター、クララとのあたたかな交流、なによりも雄大なスイスの山里の風景が人々の心を捉えたのではないでしょうか。かくいう私もテレビに張り付いていました。クララが歩いた時の場面を思い出すと、今もジーンとします。

(さらに…)

一面のブドウ畑を目の前に イタリア・バローロにて

2012年7月30日 カテゴリ: 世界の自然情報西欧・南欧情報

Barolo_village_2先日、ドロミテ、湖水地方とリヴィエラの真珠チンクエ・テッレ10日間より帰国しました。緑溢れる季節の旅行で、ドロミテ山塊や湖水地方の美しさが際立つ時期の訪問に、ご一緒しさせていただいた皆様と感動を味わいました。その中でも、イタリアのブドウ畑は圧巻でした。
トリノを州都とするピエモンテ州南部には、トスカーナに勝るとも劣らないブドウ畑の続く丘陵地帯があります。ランゲの丘陵地帯は、ここで栽培されたブドウから作られるバローロやバルバレスコといった質の高いワインを産出する地域としても有名です。ツアーでは、中世に起源を持つ素晴らしい町でワインの名前にもなっているバローロに立ち寄りました。

(さらに…)

ロンドン五輪、開幕!2012年とっておきのイギリスへ

2012年7月27日 カテゴリ: 世界の歴史情報世界の自然情報中南米情報

Photo

先日、「英国物語 15日間」より帰国致しました。お天気が一日の中でも目まぐるしく変化するこの時期の英国、雨がしとしと降っていたかと思うと次の瞬間には太陽が顔を出す、といった具合に傘が手放せない観光となりました。しかし、その雨もまた風情があるもの。スコットランドをはじめ、湖水地方やコッツウォルズには豊かな深い森がたくさんあります。雫に濡れて木々が深緑に色を変えたり、ひと時の陽の光できらきら輝いたり、様々な自然の表情を楽しむことが出来ました。

2012年、今年はイギリスの人々にとって決して忘れられない特別な年。エリザベス女王即位60周年を記念してイギリス全土がエリザベス女王一色、街のお店を覘けば何処もかしこもダイヤモンドジュビリー記念グッズ!ティアラにユニオンジャックの旗がデザインされたティーポットやお皿、Tシャツにハンドバック、そしてクッキーやチョコレートに女王をイメージしたという香水まで、ありとあらゆる記念グッズがお目見えしてお祝いムード一色でした。ロンドンのメインストリートであるオックスフォードストリートには巨大なユニオンジャックの旗がどこまでも飾られ、その下をロンドン名物のダブルデッカー(二階建てバス)が走っていく、というようなこの時期限定の特別な風景に出会えました。

(さらに…)

バルト三国、3つの国名ご存知ですか?

2012年7月26日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

Photo先日、ユーラシア旅行社の「バルト三国を極める旅」のツアーより帰国しました。突然ですが、バルト三国と言われてその国名がパッと思い浮かぶでしょうか?それぞれの国の首都は?地図でその場所を指せるでしょうか?ひょっとすると地図を前にして少し迷ってしまうかもしれません。バルト三国と呼ばれるがゆえに、3つで1つの印象が強いからでしょうか。その三国を極める今回の旅、それぞれの国で見所もばらばらです。今回は、“極めのポイント”をご紹介したいと思います。

<エストニアの牧歌的風景を楽しむ>
エストニアには1500程の島があり、3番目に大きいのがムフ島です。コクヴァ地区には18~19世紀から残る民家が点在しており、茅葺きの屋根、苔むした石積み塀、草が生い茂る様子に、一昔前の日本の田舎を思わせる懐かしさが漂います。周囲の森にはネズの木が多く、独特の木の香りがふんわり。この木を加工したキッチン用品はお土産物として人気です。そして、隣のサーレマー島はエストニア最大の島。アングラ地区には、粉ひき小屋として使われていた木製風車が残っており、昔ながらの島の生活を今に伝えています。素朴な風景、昔ながらの生活が見られる島々は、中世の雰囲気を今に残すタリンとは対照的です。

(さらに…)

森で耳を澄まし目を凝らす(カナダ)

2012年7月25日 カテゴリ: ハイキング情報北米情報

54

ユーラシア旅行社の「歩いて感じる大自然!カナディアンロッキーハイキング9日間」より帰国しました。
カナダの西部に位置する、自然豊かなカナディアンロッキー。その緯度は北海道の稚内市より高く、ちょうど6月下旬から7月は高山植物が一斉に咲く季節です。今回も歩きながらたくさんのお花を見ることができました。また、今の時期は日が沈むのはなんと22時を過ぎてから。ついつい夜更かしをしてしまいがちですが、日が長いのは遊ぶ時間が増えたようで嬉しいものです。

カナディアンロッキーのハイキングの特長は、スタート地点の標高が1500メートルくらいと

12

高いため、少し登っただけで絶景が楽しめます。また、易しいコースからチャレンジコースまでトレイルが多様です。そして、緯度が高いため日本では上級レベルの登山をしないと見られないお花に出会えるのもいい所です。ツアーでは氷河を見ながら歩くコースや、美しい色の湖の周りを歩くコースなどそれぞれ変化があるので毎日新鮮です。そして宿泊はロッキーの国立公園内です。快適なホテルがある上、ハイキングのスタート地点までバスで一時間以内という、すぐ近くに大自然があるとても素敵な環境です。

14

森に一歩入ったら耳を澄ませてみて下さい。鳥のさえずりが聞こえます。もしかしたらリスが松かさを食べる音や、キツツキが木を突つく音も聞こえるかも知れません。目を凝らして足元の植物を見てみてください。よく見ないと分からないような小さな小さな花を付けています。いつもは使わない感覚をフルに使い、自然を思いっきり味わって頂くと、どんな小さな植物にも命があって、私たちは自然に生かされているというのを改めて感じます。坂のきついところも少しありますが、そこには決まって可憐なお花が咲いていて「がんばれ、がんばれ」と応援してくれているような気になりました。

ハイキング前後の移動中のバスでは左右の森に目を凝らしてみてください。野生動物を見

3

るチャンスがたくさんあります。
今回はクロクマとグリズリー、シロイワヤギ、エルク、オジロジカに出会いました。道路に渋滞ができていたら何か動物がいるサインです。自然の中にいる動物たちの愛らしいことといったらありません!野生動物たちにストレスを与えないため、車から降りて近寄ったりすることはできませんが車内では皆様興奮しっぱなしでした。面白いエピソードがあって、私たちは幸運にもなかなか目にできないクロクマとグリズリーにそれぞれ二、三回会うことがありました。ところが普通だったらよく姿を現すエルクはなかなか会えませんでした。だから、「クマはもういいからシカがでてこないかな」なんて笑っていました。

カナダでのハイキングに感化され、帰国し間もなく山梨の山を歩きに行ってきました。しばらく熱は冷めそうにありません。(名倉)

カナダのツアーはこちらから

春の高山植物に感動!

2012年7月24日 カテゴリ: アジア情報世界のお花・紅葉情報世界の自然情報

Photo_3

先日、ユーラシア旅行社の四川省大自然紀行のツアーより帰国いたしました。
この時期の四川省では、沢山の高山植物を観ることができ、特に多くの種類のお花が咲き誇っていました。
ツアーは非常に見どころが多く、世界一緯度、標高が低い場所にある海螺溝氷河や、美人4姉妹に例えられる四姑娘山、また中国の別天地として知られている九寨溝、黄龍など四川省の大自然を一度で満喫できます。また、四川省は、日本との繋がりも深く、東京の上野動物園のパンダも四川省雅安のパンダ繁殖センターから来ました。
四姑娘山の拠点となるのは、日隆という標高2100mの村です。こちらからは、双橋溝、鍋荘坪、長坪溝などが近く、観光にも非常に便利です。本日ご紹介させていただきます双橋溝からは、四姑娘山は見られませんが、周りを4000~5000mの山々が囲んでいます。面白いのが、標高の高い立派な山であっても、名前が付いていないことが多いことです。キレイな山だと見て写真を撮っても、実は名前のない山だったということはとても多くあります。
さて、双橋溝の観光ですが、入口から貸し切りの景観区バスにのり、標高3800m、一番奥の紅杉林へ。谷間の道をしばらく走っていきます。突然、視界が一気に開ける場所に到着しました。そこが、紅杉林です。非常に珍しい紅杉が自生している場所です。

(さらに…)

氷河三変化を一日で!(アイスランド)

2012年7月23日 カテゴリ: 世界の自然情報

 先日、ユーラシア旅行社の「アイスランドバス大周遊」10日間の旅から帰国いたしました。“火と氷の島”と呼ばれる島国アイスランド。日本の北海道よりやや大きいくらいの国土の、実に一割以上が氷河に覆われています。今回のツアーの3日目は、特にその“アイス”の部分、氷河の様々な表情を一気に見ることができる一日でした。

Dscf0366blog

 まず最初はヴァトナヨークトル国立公園内のスヴィーナフェル氷河。これはヨーロッパ最大のヴァトナ氷河の舌端部分の呼び名です。氷河をお皿にあけたプリンに例えるとしたら、タラ~と下にたれているカラメルの先っぽ、といえば分かりやすいでしょうか。ごつごつした道を少し登り、美しい薄水色と白色の世界を堪能しました。

(さらに…)

知床の自然で遊ぶ~野生動物との出会い~

2012年7月20日 カテゴリ: 世界の自然情報

Goko 先日、ユーラシア旅行社の「世界遺産知床のすべて ~海から森、山まで満喫する~」より帰国しました。
知床は、その特徴的な地形により、海と陸との食物連鎖がみられる貴重な自然環境が評価され、2005年に世界遺産に登録されました。
北海道の北東に突き出た角のような形をした知床半島は、半分より先は電気が通っておらず、自家発電です。道路も半島の途中で止まり、岬には人を寄せ付けない自然が厳しく立ちはだかります。
また、知床は世界でも有数のヒグマ密集地域であり、私たちが滞在したウトロも含め、夏のクマ活動期はいつ出てもおかしくない状況。クマと出会うことは望ましいことではありませんが、知床に来たら是非ヒグマを見たい!安全にクマの姿を見られるのが、知床岬クルーズです。

(さらに…)

人を惹き付ける小さな村、オーバーグルグル

2012年7月19日 カテゴリ: ハイキング情報

先日、「ドロミテ街道とオーバーグルグル10日間」の旅から帰国しました。

イタリアのヴェネチア空港から始まり、運河の街トレヴィーゾ、ドロミテ山塊のコルティナ・ダンペッツォから雄大な雪山を眺めながらドロミテ街道を走り、ボルツァーノ、オーストリアのオーバーグルグルなど美しいチロル地方の山間村を巡り、スイスのサンモリッツまで、夏のチロル・アルプスを巡るコースです。

このコースのハイライトの一つが、ユニークな地名の「オーバーグルグル」。
ツアータイトルにも載っていますが、この不思議な地名を見て聞いただけで、思わず「おやっ?」と興味が湧き、行ってみたくなるような響きがあります。
オーバーグルグルはオーストリアのチロル地方にあり、エッツ渓谷の谷間に佇む村です。 
6月から9月までの短い夏期は山岳トレッキング、最も長い10月から4月までがメインのスキーシーズンで小さな村が観光客で賑わいます。

(さらに…)

石油で潤う近代都市バクー

2012年7月18日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

 コーカサス三国への旅 13日間」より帰国しました。コーカサス三国のうち、アゼルバイジャンは、2年前に行った時は首都バクーの建設ラッシュがすごく、どこもかしこも工事中といった雰囲気でしたが、それももう落ち着き、すっかり近代都市化がされていて、お客様方の来る前までのイメージも、良い意味で大きく覆していたように思われます。バクーがこれほどまでに大きな街に発展できたのは、石油産油国であることにも大きく起因しているのでしょう。石油にちなんで、炎の形をあしらった全面ガラスのモダンな高層ビルも現在建設中です。

Photo_2

アゼルバイジャンでは古くから石油が採れましたが、大々的に産業化されるようになったのは、19世紀に入ってからになります。はじめはロシア帝政の独占状態でしたが、19世紀末に民間に明け渡されると石油産業は一躍発展を遂げるようになります。その時代に活躍したのが、ノーベル兄弟とロスチャイルド家です。ノーベルは大変勉強熱心だったようで、バクーに来る前に、この地に住む人々の習慣などをよく調べ、彼らとうまく付き合いながら企業を大きくしていったのだそうです。彼らの時代に建てられた建物は今でも街の中心地に多く残っており、未だに石油会社のオフィスとして使われている場所もありますし、ブティックやカフェが入っている建物もあります。また、石油で財を成した人の豪邸のほんの一部を改装して、現在歴史博物館として公開している建物もあります。当時は120もの部屋から成る豪邸だったそうですが、そのうちの5部屋ほどを少し見学しましたが、まるで宮殿にいるかのようなホールや書斎、寝室がありました。ただ、20世紀にソ連の支配下に入ると、こうした石油富豪たちは追放されてしまったそうです。

(さらに…)

21件中:1~10件目まで表示中

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 8

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 9

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 10

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

ユーラシア旅行社の社員ブログ