日付:2013年5月の検索結果

中央アジアに咲く花

2013年5月31日 カテゴリ: アジア情報

先日、「中央アジア大周遊17日間」のツアーより帰国致しました。
このツアーでは、ユーラシア大陸の最奥、中央アジアの4か国を周遊します。旅はキルギスからスタートし、カザフスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンを陸路で越えていきます。
この国境越えが、このツアーの魅力のひとつです。待ち時間に現地の人と触れ合ったり、言葉は通じなくても笑顔で会話をしたりと、貴重な経験になります。
審査に時間がかかることがあるので、「国境越えがあるから、中央アジアは行けないわ」というお声を聞くこともしばしば。確かに、ヨーロッパの様に審査なしで入国できる簡単なものではないですが、この国境越えもひとつの観光として考えると、必ず良い思い出になることでしょう。

中央アジアもちょうど春を迎え、今回のツアーでは、移動中、車窓から野花を見ることが出来ました。それが、想像以上の美しさ!車内では歓声があがるほどでした。砂漠・ステップ地帯が多い乾燥地域で、まさかこんな花畑を見ることが出来るなんて、実際私も想像していませんでした。

Dscn2304_2特に、キルギスとカザフスタンでは、天山山脈を望みながら真っ赤に広がるポピーの絨毯の中で記念撮影!花壇などの人工的に作られたものとは違った、野生の美しさがそこにはありました。

(さらに…)

足を伸ばしてツミンダ・サメバ教会まで

2013年5月30日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

 先日、ユーラシア旅行社の「コーカサス三国への旅13日間」の添乗より帰国しました。コーカサス三国と呼ばれるアゼルバイジャン・グルジア・アルメニアを巡る旅ですが、この時期は丁度初夏を迎え、美しい緑や野花を見る事ができました。

 特に印象的だったのは、今年から新しく訪れるようになったツミンダ・サメバ教会でした。この教会はロシアの作家プーシキンが訪れた際、その様子を「空中に浮かんでいるように見えた」と詩に残すほど美しい教会です。

(さらに…)

ドナウの真珠ブダペストの夜景

2013年5月29日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

P2

先日、ユーラシア旅行社の「チェコ・スロヴァキア・ハンガリー物語 15日間」の添乗より帰国しました。チェコの美しい都、プラハに到着した次の日にはアールヌーボー様式が素晴らしい市民会館にてプラハの春音楽祭のオープニングコンサートを鑑賞しました。ボヘミア音楽を世界に知らしめた作曲家、スメタナの代表曲「わが祖国」はこらから始まる旅の気分をより一層盛り上げてくれたことでしょう。
ちょうどベストシーズンのこの時期はバスの車窓から一面に広がるお花畑が見られました。チェコでは鮮やかな菜の花の黄色とかつての栄華を偲ばせる古城の風景が印象に残っています。

 スロヴァキアの首都ブラチスラバに立ち寄り、中欧の国々を流れるドナウ川を超えるとハンガリーの大平原には赤いヒナゲシの花がたくさん咲いていました。ちなみにハンガリーでは食用として種をケーキに使ったりもするそうです。

(さらに…)

今年も開幕!プラハの春音楽祭(チェコ)

2013年5月28日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

Photo

先日、ユーラシア旅行社の「チェコ・スロヴァキアの美都とハンガリーの大平原 10日間」の添乗より帰国致しました。このツアーは10日間で3ヶ国の主要な観光地を巡る、まさに毎日がハイライトのツアーです。ツアー中は天候にも恵まれ、ハンガリーとチェコでは満開の菜の花畑をバスで走り抜け、中欧の春をたっぷり楽しめました。

(さらに…)

チンパンジーとの距離はどのくらい?(ウガンダ・ルワンダ)

2013年5月24日 カテゴリ: アフリカ情報

先日ユーラシア旅行社のウガンダ・ルワンダのツアーより帰国しました。
この旅に出発する前に本屋をブラブラしていたら、気になるタイトルの本を見つけました。
その名も、

「チンパンジーはいつか人間になるの?(偕成社)」

漠然と疑問に思っていたことが、そのまま本の題名になっていたので、何となく運命を感じ、手に取ってみました。

(さらに…)

民族と文明が複雑に織りなすコーカサスの国々

2013年5月23日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

先日、ユーラシア旅行社のツアー「民族と文明の道、コーカサス三国周遊9日間」から帰国しました。
コーカサス三国ツアーで訪れるアララト山

“コーカサス三国”とはコーカサス山脈の南側、南コーカサスの3つの独立国、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニアを指します。
いずれも旧ソ連の領土でしたが、ペレストロイカ以降、独立を果たしました。

(さらに…)

ゴリラに負けない愛嬌たっぷり!のチンパンジー

2013年5月22日 カテゴリ: アフリカ情報

Dscf2400
先日、ユーラシア旅行社の「ウガンダ探訪 9日間」のツアーより帰国致しました。ウガンダと言うとまだまだ認知度が低いこともあり、ウガンダって何処?何があるの?といったところでしょうか。ウガンダは東アフリカに位置し、東はケニア、西にコンゴ、北は南スーダン、南にはタンザニア、ルワンダに接しており、面積は24.1㎢あり本州程度の大きさで、人口3450万人です。約7割の人々が農業に従事しているだけあり、国内の豊かな土壌には様々な種類のプランテーションが広がっております。

ウガンダの見所は、「マウンテンゴリラ!」と言われますが、ゴリラ以外にもウガンダ
固有のウガンダコーヴやアンコーレ牛、国鳥であるクラハシコウやチンパンジー等々、ウガンダの豊かな自然に生息する魅力溢れる動物達も見所の一つです。特にチンパンジーは、マウンテンゴリラの魅力に負けずとも劣らずの可愛いらしさでとても印象深かった為、少しご案内させて頂きます。

(さらに…)

春のオランダを召し上がれ!

2013年5月21日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報西欧・南欧情報

Dscn7667_2

先日、ユーラシア旅行社の「花のベネルクス三国周遊 13日間」のツアーから帰国しました。春のベネルクスは庭園に花が咲き乱れ、旬の食べ物もおいしく最高の季節でした。また、アムステルダムにある国立美術館が10年近い改修を経て待望のオープンを果たしたばかり。再オープンから1週間も経たない、真新しい美術館を訪れることができました。

花に関する催しも「花パレード」、「ブリュッセル・フロラリア」、「ブルーベルの森」、「ラーケン王宮植物園」と盛り沢山でした。その中でも私が紹介したいのはオランダの春の風物詩の一つ、花パレードです。一年に一日だけ、毎年4月の第3土曜日に開催され、球根花の切り花で飾った山車が北海沿岸のノルドワイクからハーレムまで約40kmを練り歩く華やかな催しです。

(さらに…)

母島メグロに出会うには

2013年5月17日 カテゴリ: 日本情報

Sea「小笠原大自然紀行9日間」のツアーより戻りました。今回は母島と父島の両方に宿泊し、のんびりと小笠原の自然を満喫しました。父島の魅力は書ききれない程ですので、今回は母島で一番思い出に残ったことをお伝えしたいと思います。

(さらに…)

花いっぱいのフロラリア

2013年5月16日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報

先日、ユーラシア旅行社の「花のオランダとベルギー周遊 10日間」より帰国いたしました。公園や花パレードでお花を楽しんだり、

A

美術館を巡ってフェルメールやレンブラントの作品を鑑賞したりと、とても充実したツアーとなりました。

 今回の主役は何と言ってもお花ですが、中でも一番印象に残っているのはベルギー・ブリュッセルのフラワーショー『フロラリア』です。フロラリアは、ブリュッセル郊外のグロート・ベイハールデン城で開催されます。この城に庭園が造られたのは1731年のこと。ベイハールデン侯爵夫人が当時流行っていたベルサイユ宮殿に習って、自分の城に庭園を造ったのがはじまりです。今ではベルギー最大のフラワーショーとなっています。開催期間は春の1か月間のみ。今年は4月5日から5月5日まででした。

(さらに…)

16件中:1~10件目まで表示中

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 5

    トルコの今

    トルコの今

  • 6

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 7

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 8

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 9

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 10

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

    船内探検にご案内! ~ノルウェー沿岸急行船フッティルーテン!ちょっと気になるそこのところ~

ユーラシア旅行社の社員ブログ