日付:2016年3月の検索結果

国境と歴史の島、対馬を訪ねて(日本)

2016年3月31日 カテゴリ: 日本情報

141110jtt4_2

先日、「魏志倭人伝が息づく島・壱岐と防人の島・対馬 4日間」より戻りました。
ところで壱岐・対馬ってどこにあるの?と思われる方も少なくないと思います。実際、出発の羽田空港にてツアータイトルを大きく書いた看板を持ってお客様を待っている時も、他の団体旅行のお客様からは「これってどこにあるの?」と何度も尋ねられました。

日本地図を広げてみて下さい。
壱岐、そして対馬は九州と韓国の間の海峡に浮かぶ島で、長崎県に属しています(福岡県の北にありますが、実は長崎県なんです)。
そこは手付かずの美しい自然に囲まれた島、と言うだけでなく、日本史の中でも重大な役割を担ってきた島でもあるのです。特に対馬は福岡までは約138kmですが、お隣の韓国までの距離は約50kmという、まさに国境をなす島。古代より大陸から青銅器や仏教などを日本に伝える窓口的な役割を果たし、朝鮮半島との交流も盛んに行われてきました。そんな歴史の宝庫の対馬のガイドさん曰く、「ほとんどのツアーでは半日、もしくは一日観光だけで帰ってしまうお客様も多いです。」とのこと。私達は2泊することにより、南北82km、東西18kmの細長い島を、北の端から南の端まで堪能することが出来ました。

対馬には見所が盛りだくさん。石川の前田家、山口の毛利家と共に日本三大墓地と言われる万松院にある旧対馬藩主・宗家の墓。竜宮伝説の和多都美神社、元高麗連合軍の襲来で戦死した将士の霊を祀る小茂田浜神社、更には対馬にのみ生息する天然記念物ツシマヤマネコとの出会い、そして北の展望台に最南西端の豆酘﨑、などなど。そんな中でハイライト的観光地ではないものの印象に残ったのが西の漕手と万関橋でした。対馬の地図を見ると、南北の二つに分かれた島で、そこを橋で結んだのだと思われがち。でも実際は、もともと一つの島で繋がっていたものを人工的に分断したのだと言うことに、まず驚きました。島が陸続きだった頃、船が東西の海域へ航行するのは大変困難なことで、小舟は東から西へ渡る際、人が引っ張り丘を越えて行き、大船は積荷を降ろし、船を乗り換えたそうです。その場所が西の漕手と言われ、7世紀~9世紀の遣唐使や空海も通ったそう。そんな陸続きの対馬は山地89%で平地が極端に少なく、東西への移動の困難さから江戸時代には対馬藩により大船越を、そして明治時代には万関瀬戸という運河を開削したことで、船が東西の海域を行き来することが容易になったのだと。島を人工的に分断した・・・。岩盤多きこの土地を船も運んだことも大変だが、削り開いたこともどれだけ大変だっただろうか。昔の風景が目に浮かんでくるような、私にはそんな場所でした。(岩間)

ユーラシアの旅で行く国内旅行はこちら

小さな国マルタで触れる人間ドラマ

2016年3月30日 カテゴリ: 西欧・南欧情報

先日、「陽光のマルタをめぐる7日間」の添乗より帰国しました。
マルタの5つ星ホテルに4連泊、離島ゴゾ島にまで足を伸ばし、時間がゆっくりと流れる島国マルタ共和国を堪能してきました。

ヴァレッタの城壁

マルタの歴史は深く、新石器時代から人間が生活していたといわれており、エジプトのビラミッド建設より早い紀元前3600年に世界最古の巨石神殿が小さな島のあちこちに点在しています。
この国は、中世までフェニキア人やビザンチン帝国、アラブによる侵略や支配を受け、激動の時代が流れていましたが、マルタ史を語る上で欠かせないのがマルタ騎士団の活躍です。キリスト教の最も重要な巡礼地であったエルサレムでの宿舎や病院、警備するために作られた聖ヨハネ騎士団は、イスラム教徒によってパレスチナから追い出されるとキプロス島、ロードス島へと拠点を移します。
しかし、イスラム教徒との死闘の末、1522年にはロードス島からも撤退することになり、神聖ローマ帝国皇帝のカルロス5世から譲り受けたのがマルタ島です。のちにマルタ騎士団と呼ばれ、オスマン帝国との戦争に勝利をもたらした彼らの活躍は見事なものでした。
マルタの旧市街にある城塞や教会、宮殿などを見ていると、マルタ騎士団の時代がいかに華々しいものであったかが実感できます。
そしてもうひとつ、マルタで印象深いものがありました。
中世のこの時代に騎士団としてではなく、筆と絵の具を武器にマルタで活躍した人物がいます。それが、バロック美術を開花させたイタリア人の画家カラヴァッジョです。
カラヴァッジョは35歳の時、喧嘩の果てに一人の男を切りつけ死なせてしまったため、ローマからマルタに逃亡してきました。マルタでの画家としての活躍により、騎士団長から大聖堂付属祈祷所の絵を制作するよう依頼され、自身が騎士になるために最高傑作である「洗礼者聖ヨハネの斬首」を完成させました。
この絵は、聖ヨハネがユダヤの民を惑わしたとの罪で投獄され、ヘロデ王の娘サロメが聖ヨハネの首を求めたことにより、聖ヨハネが斬首された場面を描いたものです。
話しは日本へ移りますが、現在、上野の国立西洋美術館でカラヴァッジョ展が開かれています。過去最多の出展数を誇る世界有数の規模といわれており、日本でもカラヴァッジョの素晴らしい絵画を見ることができますが、マルタの宝として門外不出であるこの宗教画は、マルタ島に訪れないと見ることができません。
その絵画は、首都ヴァレッタの大聖堂の付属美術館に飾られています。美術館に入ると、正面に広がる縦361センチと横520センチの巨大な大作を前に、そこにいる人々が圧倒されていた印象を受けました。細部を覗くと、光彩の表現や描かれた人物の緊張感などが伝わり、巨大な絵の繊細さを感じることができました。
洗礼者聖ヨハネの首から流れる血で書かれた「F・ミケランジェロ」という名は、カラヴァッジョの本名です。カラヴァッジョが自分のサインを残したのはこの絵だけであり、世界にたったひとつの直筆サインを見ることができます。

ヴァレッタの大聖堂にて

 マルタでは、街中の本屋に行くとカラヴァッジョに関する本、スーパーに行くとカラヴァッジョ作品のラベルがお洒落なワインが売っていました。マルタは、限定グッズ探しも楽しい場所です。
また、巨石神殿の巨人伝説やマルタに訪れていた聖パウロの伝説など、マルタでは興味深い話にたくさん触れることができます。皆様とたくさんの想像をめぐらせた有意義な7日間となりました。(松本)
 

知られざるビーチリゾートファンティエット!(ベトナム)

2016年3月29日 カテゴリ: アジア情報

15_2

先日、「海と風と砂の街ファンティエットとコロニアル薫るサイゴン 6日間」のツアーへ行って参りました。ベトナムというと、まずホーチミンやハノイの大都市、そして通りを埋め尽くすバイク等をまず思い浮かべるでしょうけれど、ベトナムの未だ知られていない自然豊かで美しい場所がこのファンティエットにはあるのです!

ファンティエットは、ホーチミンより約250kmに位置しており、現在人口は20万人程です。市街から続く23kmの目抜き通り沿いに美しい白砂のビーチが広がっています。その他、漁村のムイネーや、ベトナムのグランドキャニオンと言われるスイティエン渓谷、サンセットが美しい黄砂のイエローサンデューン、サンライズが絶景の白砂のホワイトサンデューン等ベトナムの自然が堪能できます。
白砂のビーチでは、マリンスポーツが盛んで特にサーフィンやカイト・サーフィンを楽しむ人々で賑わっています。美しい弧を描いた海なので、海沿いを散歩するのも、のんびり過ごすのもいいと思います。
そして、ファンティエットを象徴する漁村ムイネー。港に降りたつと、特有の魚の臭いが漂います。

8

眼下には、無数の色とりどりの漁船が集まっています。特に珍しいのが「ざる舟」と呼ばれるお椀型をした漁船です。これは、ムイネーの伝統的な漁船の一つで、直径約2mあり、地元の漁師や住民が2人一組で漁をするのだそう。一人が命綱を引き、一人がざる舟に乗り200m程の沖合に出て綱を仕掛けるそう。バランスが難しそうで、漁が果たして上手に出来るのかしら?と思いますが、イカやエビ、アジにヌクマムの元になるイワシや帆立等様々な種類の魚介類が豊富に獲れるようです。私達が訪れた時も丁度獲りたての帆立や小魚等を見せてくれました。無数の漁船が並ぶ景観はムイネーの風物詩ですね。
更に、ベトナムにある2つの砂丘の内の一つにホワイトサンデューンがあります。ホワイトサンデューンはイエローサンデューンに比べ、砂の色は大分白く、両者を比べるとその差は歴然です。日の差し方によっては砂丘が真っ白に輝きます。ツアーでは、ホワイトサンデューンから昇るサンセットをご覧頂きます。まだひんやりとする砂を一歩一歩踏みしめながら砂丘を登って行きます。頂上に到着すると、丁度、まん丸の真っ赤な太陽が昇り砂丘を照らし美しいサンライズが臨めました。赤い太陽と白い砂丘のコントラストが息を呑む程美しく早起きして来た甲斐がありました!
近年、リゾートが続々とオープンしており人気上昇中のファンティエット、更なる発展が期待されます。(井手)

ユーラシア旅行社で行くベトナムツアーの魅力はこちら

マオリ文化をたっぷり堪能!(ニュージーランド)

2016年3月25日 カテゴリ: オセアニア情報

20160325

先日「ニュージーランド北島の歴史と大自然、トンガリロ宿泊 7日間」の添乗より帰国致しました。旅は土ボタルで有名なワイトモ洞窟から始まり、温泉地やマオリ文化で有名なロトルア、ニュージーランド初の国立公園となったトンガリロ国立公園、ニュージーランド最大の都市オークランドと北島の魅力をコンパクトな日程で堪能することができました。

ニュージーランドの先住民マオリが多く住むロトルアでは、マオリ文化が色濃く残っています。「テ・プイア」という施設はマオリの人々で運営されており、彫刻・編み物学校などで、マオリ文化を後世まで残す活動を行っています。マオリ文化はタトゥーや彫刻、編み物など様々ですが、どれも文字の代わりに彼らの祖先や部族の歴史などを表す大切なものです。特に、精巧な彫刻は多様なモチーフを使っており、その一つ一つに意味があるのでじっくり順番に見ていても飽きません。
また、マオリダンスショーも楽しみの一つ。「カマテ!カマテ!」と思いっきり目を見開き、舌を出して踊るダンス、ハカはニュージーランドのラグビーナショナルチームのオールブラックスが試合前にやるパフォーマンスでご存じの方も多いでしょう。民族衣装を身につけたマオリに、そのダンスを実際に目の前で披露されると、その迫力に思わずのけぞってしまうほどです。簡単そうに見えるハカの表情は、真似しようともなかなかうまくいきません。どう頑張っても、彼らほど大きく目を開くことも、舌を長く出すことも出来ないのです。もしかしたら慣れる必要があるのかもしれません。ハカ以外にもポイと言う紐の先に玉がついている道具を華麗に回しながら踊るダンスやマオリの神話を伝承するための歌など盛り沢山のショーでした。(市川)

仏教の国ミャンマーを訪ねて

2016年3月24日 カテゴリ: アジア情報

先日、「神秘の国・微笑みで満ちたミャンマー9日間」より帰国しました。ミャンマーの見どころを詰め込んだような、毎日がハイライトなツアーでした。バガンやマンダレーの街を歩いているだけで、ミャンマー人が仏教を篤く信仰していることを実感出来ます。
毎日、同じようなパゴダ(仏塔)や寺院の見学で飽きてしまわない?とご心配の方、そんな心配はご無用です。パゴダは大小様々・木造建築の日本人好みのものもあれば・金箔ぴかぴかのミャンマー人好みのものまで、それぞれに個性的な特徴を持っており、いくら見ても見飽きることはありません。その中でも私の一番のお気に入りはマンダレーにある木造建築の「シュエナンドー寺院」です。細かい装飾におもわず眼が奪わてしまいました。また、たくさんの小さな窓があり、そこからひょっこりと顔を出してお写真を撮るととてもかわいらしい写真が撮れるのです。角度を変えたり、顔を出す窓を少しずらしてみたりと大忙し!色々なパゴダや寺院の楽しみ方があります。

ミャンマーツアー、ミャンマー旅行

また、ミャンマーの仏教施設は、ほとんどの場所が裸足となります。昼下がりの強い日差しに熱ためられた地面をぴょんぴょん跳ねながら、木陰を探し歩くのもくせになります。日本では堂々と外を裸足で歩くなんてことは出来ないですから、ここぞとばかりに足を解放してきました。
日本では味わうことのできないのんびりとした時間の流れ、屈託のない笑顔、そして仏教に対する篤い気持ちに出会うことができました。体も心もリラックスできる、そんな穏やかな場所でした。(岡山)

乗り物天国の島国キューバ

2016年3月23日 カテゴリ: 中南米情報

キューバではサイドカー付バイクもまだまだ走る

先日、キューバ世界遺産紀行15日間のツアーより帰国しました。

今回の旅行では、首都ハバナや世界遺産の古都トリニダー、ゲバラの聖地サンタクララなどの観光ハイライトがある西部地域に加えて、キューバの原風景とも言える熱帯林や広大なさとうきび農園、鄙びた片田舎が残る東部の町々をじっくり巡ってきました。

今回の旅で最も印象的だったのは、観光地よりも何よりもキューバを走り回るユニークな乗り物でした。
キューバは石油すら慢性的に不足しているので、人々の移動は本当に大変。
日用品でさえ不足しているのにマイカーに乗ることなど夢のまた夢。
極力貴重な石油を使わないように、人力だったり、ギュウ詰め乗合いでの移動が基本スタイルです。

片田舎では、未だにポクポク馬に跨る農民の姿が日常の風景。
馬を持っていない人たちは当然、乗合い馬車で移動します。
乗客がある程度集まらないと出発してくれないし、当然の如く時刻表はありません。
目的地に辿り着くまでにはとんでもなく時間がかかります。

またヒッチハイクもキューバでは、まだまだ健在。
ハイカー達は僅かなお礼の少額紙幣をヒラヒラさせながら、ドライバーと何とか目を合わせようと轢かれそうなくらい道路に乗り出してきます。
しばらく観察していると、若くてきれいなおねーちゃんから先に拾われてゆくので、残されたおばちゃん達は必死の形相です。
それでもキューバ人達がお互いに助け合っている様子を垣間見て、ほのぼのとした気分になりました。

幹線道路では、大型トレーラーにプレハブ小屋をのっけただけのラクダバス
(屋根がデコボコなのでラクダの背に見える)が轟音をあげて走り抜け、街の狭い路地に入れば、おじさん運転手が軽快にペダルを漕ぐ2人乗りビシタクシー(自転車タクシー)やココナッツのように丸く可愛いココタクシーが行き交います。
先進国では天然記念物のようになってしまったサイドカー付のバイクも庶民の足としてバリバリ走っています。

そしてキューバ名物でもあるクラシックカー。
1940~60年代のアメ車が、轟音を轟かせ、黒煙を撒き散らしながら、私の前で停車。
ドアが開くと、まるで手品のように、乗っていた人々が次々と降りてきました。
数えてみたら、何と10人近く。ギュウ詰め状態でした。

「乗れるだけ乗る」
これがキューバの乗り物界の暗黙のルールのようです。

キューバは隣国アメリカの経済封鎖が半世紀以上も続いたおかげで、日常生活に関わるあらゆる品々が不足しており、他の国に比べて発展が大きく遅れています。
そんな厳しい環境の中で、音楽と共に生き、日々笑顔を忘れず、知恵を絞りながらたくましく生きてゆくキューバ人は、何だか眩しく見えました。
(上田)

ユーラシア旅行社で行くキューバツアーの魅力はこちら

ボリビアの首都はどこでしょうか?

2016年3月22日 カテゴリ: 中南米情報

先日、「天空の鏡、ウユニ塩湖ハイライト10日間」のツアーに行って参りました。標高が約3,700m(富士山の頂上とほぼ同じ)で、酸素が薄いことから高山病の恐れがあるボリビア・ウユニ塩湖。近年、ボリビアのラパス近郊の空港から空路でウユニ塩湖へ行くことが出来るようになりましたが、ラパス近郊のエルアルト空港自体も標高が約4,100mあり高地です。そこで、このツアーは、ラパスからいったん標高を下げた標高約2,700mの町スクレで高地順応をしてからウユニ塩湖に向かう内容でした。
話は、ブログのタイトルにありますボリビアの首都の話に切り替えさせて頂きますと、「世界一標高の高いボリビアの首都ラパス」というフレーズをどこかで聞いたことがあるかもしれません。ラパスは人口300~400万人もの大都市でもあり国際空港があるボリビアの玄関口。しかし、そのラパスは“事実上の首都”なのです。そして“憲法上の首都”が、なんとラパスの10分の1ほどの人口しかいない、高地順応の為に滞在した小さな町スクレなのです。

Blog

この高地順応するために滞在したスクレ旧市街の建物は、スペイン植民地時代のもの。コロニアル風の建物が並ぶ光景は、古き良き趣を感じさせ、16,17世紀の教会も町のあちこちで見かけます。建物の外壁が白く塗られていることから町の別名は“白い街”。高層ビルも旧市街の外側に1,2棟見られるくらいの低い建物が密集する人口約30万人の小さなこの町で、1825年、スペインからの独立宣言文書の調印が行われました。独立した際に、この町が首都と定められ機能していたのですが、1900年にラパスを拠点にしていた自由党がスクレを基盤にしていた保守党政権を打倒し、行政・立法がラパスに移転した為に、このような複雑な2つの首都が誕生してしまったのです。現在、スクレには、司法としての最高裁判所が残されています。
ボリビアの発祥地でもあり、歴史のある町ですが、そのような知識なくとも趣ある街並みや外壁と茶色の瓦屋根で色調が統一された街並みは非常に美しいです。それでいて、町中の主要な場所は、旧市街の中心から徒歩でおおよそを見ることが出来ます。国際空港のお土産屋でも売られているボリビアの高級チョコレート屋Paratiの本店もスクレにあります。

Paratiblog

ボリビア産のカカオを使ったParatiのチョコレートは、一粒2~3ボリビア―ノ(約35~50円)とお手頃価格なので、数粒買って好きな時に食べるのも楽しみの一つになります。支店ではホットチョコレートやチョコケーキも食べられます♪街の治安はというと、昼間の市内中心部は、多少の手荷物に注意を払う程度で、物々しさもなく、安心して散策を楽しむことができます(もちろん夜道の人通りのないところの散策は控えたほうがいいです)。今回のスクレ滞在日は、ボリビアの国民投票日。国内線を含む、一般車からタクシーなどの公共交通機関、ツアーのバスまでもが一切がっさい運行禁止。不便もあれば、そのおかげで町は歩行者天国状態!美しい白い街スクレは、旧市街が世界遺産に認定されています。その町を車の往来に気を配らず(※緊急車両や許可された車などは走ります。)、のんびり散策できたのは、ラッキーでした。

Blog_2

ボリビアというと、ラパスとウユニ塩湖が有名ですが、憲法上の首都であり、美味しいチョコレート屋がある白い街スクレも要チェック&お忘れなく!

ガンジス河で見たベナレスの祈りの儀式 (インド)

2016年3月18日 カテゴリ: アジア情報

プージャ

「インド悠久文明の旅13日間」から帰国しました。毎日が見所満載のツアーでしたが、私の心に一番残っている出来事は、夕暮れと共にガンジス河で始まるプージャです。 プージャとは、夕暮れ後にガンジス河で行われる礼拝儀式のことです。

その日はカジュラホの観光を終えて午後の便でベナレスへ向かい、残す観光はプージャの見学のみでした。空港からベナレスの市内に入ると途端に交通量が増え、いつの間にか道路は隙間がないくらいに、車やバスや人や自転車でごった返しに。プージャが行われるガンジス河までは、大型バスの立ち入りが禁止されているので、少し離れた場所からリキシャで向かう必要がありました。バスから降りてリキシャに2人ずつ乗り込み、大変な交通量の一部となると、四方八方からけたたましい車のクラクションに驚き、今にも自分の乗っているリキシャがバイクとぶつかりそうな距離感に冷や冷やします。混沌とした中に、我が物顔で居座っている大きな牛を見ると、流石インドだなと少し滑稽に思いました。
そんな人ごみにもまれながら、やっとガンジス河の船着き場に到着しました。岸辺の舞台上で行われているプージャを、河の上から見学する為、一人ずつ小舟にうつっていきます。全員が乗ったこと確認すると、船頭の若い少年は慣れた手つきでオールを漕ぎ、小舟を出発させます。夜のガンジス河が導くゆったりとした流れに身をまかせて、河の中ほどまで行くと、途端にさっきまでの騒音を遠くに、そして近くに静けさを感じます。時刻は午後6時30分。プージャはもう始まっていました。舞台上では、火が炊かれ、太鼓などの様々な楽器が演奏され礼拝の儀式が行われていました。遠くで響くその演奏と、オレンジの炎に照らされた舞台は、インドの人々の信仰心の深さを五感に訴えかけてくるようでした。「最後はこの河に身を沈めたい」と、ヒンドゥー教の人々ならば誰もが願う聖なるガンジス河。その神秘的な雰囲気に心を洗われるような感覚で、プージャをじっと見つめずには居られませんでした。
ふとした瞬間に、河に流されたろうそくが目に留まりました。信徒がプージャのために流した灯籠でした。可愛らしい小さな花が詰められ、小火を灯す手作りの灯籠は黒いガンジス河の水面に映え、ぷかぷかと浮かんで綺麗でした。(堤)

まさにサファリ三昧!連日の野生動物との出会いに大興奮!(ケニア・タンザニア)

2016年3月17日 カテゴリ: アフリカ情報世界の自然情報

Dscn0227

先日、「ケニア・タンザニア、サファリ三昧~セレンゲティに3泊~12日間」の添乗より帰国致しました。
移動も含め、毎日ドライブサファリ!5つもの国立公園と2つの野生保護区を訪ねました。ケニア、タンザニアという国境はありますが、動物たちには関係ありません。もちろん、多くの動物たちには縄張りというものがありますが、ヌーの大移動がこの二国の間を行き来することや雨季、乾季によって動物たちの集まり方も変わってきます。今回、私達が訪れた2月はタンザニアのセレンゲティ国立公園に動物が集まっている時期ということもあり、セレンゲティ国立公園内のロッジに3連泊。その前後の移動で世界最大級のクレーター内に動物が生息することで有名なンゴロンゴロ保護区にも訪問。

その後、ケニアのアンボセリ国立公園、マサイマラ国立保護区へと抜けていくのですが、中でも忘れられないのは、セレンゲティで出会ったライオンです。もう、朝の狩りを済ませて、お腹が一杯!?な3兄弟をリーダーとするグループが悠々とリラックスをして休んでいるところ、木の上でダラりと手足を伸ばして休んでいるところ、はたまた、まだグループを作っていない若いオスライオンが一頭、朝の光を浴びているところ。何もかも、偶然の出会いなので、全てが感動です。約束されているわけではありません。サファリカーが曲がって、パッと横を見たら、その若いライオンが佇んでいました。一瞬、ギョっとしてしまう位すぐそこにいるのです。彼らの世界にお邪魔している私達は、びっくりしても何事もなかったかのように静かに、驚きを隠してその姿を観察させてもらいました。

Dscn0393

他にも数えきれない程の動物たちに出会いましたが、アンボセリでの象の群れに遭遇したのも大興奮でした。象には比較的、どこでも出会えたのですが、アンボセリではその数がなんと100頭以上!いつの間にか、どんどん集まってきて夕方、皆で寝ぐらに帰る所だというのです。ワサワサと草を食みながら進んでいく象たち。よく見ると、1歳にもなっていないような小象が親の足元にくっついて歩いていて、野生動物の家族の温かさを感じました。
野生の世界は厳しいかもしれません。全く想像もつきませんが、そんな中で懸命に生きている動物たちの姿を間近で見ることができて、ただただ驚き、その雄大な世界に一時でも一緒にいられた事が幸せでした。(帯津)

ユーラシア旅行社で行くケニア・タンザニアツアーの魅力はこちら

もう一度飛びたい!ブルー・ホール遊覧飛行(ベリーズ)

2016年3月16日 カテゴリ: 中南米情報

20160316
先日、「中米5ヶ国周遊と神秘のブルー・ホール遊覧飛行13日間」より帰国しました。ニカラグア、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ベリーズを巡るツアー。最後の訪問国ベリーズで見たのは最近話題の“ブルー・ホール”。これが楽しみで来たの!というお客様も沢山いらっしゃいました。
遊覧飛行当日、セスナ機に乗りこみ、いよいよ遊覧飛行へ!眼下には美しく澄んだ海、時には人魚のモデルとなったと言われるマナティが悠々と泳ぐのを見られることもあるそうです。
20分程、サンゴ礁の上空を飛んで行きます。ブルー・ホールがあるベリーズ・バリアリーフは,オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ世界第二の大きさを誇る生きたサンゴの群生。ブルー・ホールは直径313m、120mのも深さがある巨大な穴で、海面が上昇するまで陸上で長い年月をかけてできた洞窟が海中へ水没してできたものと考えられています。
いよいよ遠くにブルー・ホールが見えてくると、機内は大興奮!パイロットは、ブルー・ホールの上を何度も旋回し、右に左に、写真を撮る時間もたっぷり。ぽっかりと空いた穴は、怪物の口にも、吸い込まれそうな青さはまるで魔女の瞳のようにも見えます。写真で何度も見ていても、実物の美しさにはやはりかないません。条件が良ければ水面に近いかなり低い所を飛びますので、ブルー・ホールに浮かぶ真っ白な船や、そこで泳ぐ人の姿まではっきりと見ることが出来ます。
遊覧飛行から戻った後はもう一度、遊覧飛行に行きたい!との声。それも納得、ブルー・ホ
ールにすっかり魅せられてしまいました。

19件中:1~10件目まで表示中

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    トルコの今

    トルコの今

  • 5

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 6

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 7

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 8

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 9

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 10

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

ユーラシア旅行社の社員ブログ