日付:2017年11月の検索結果

私が見つけた熊野古道伊勢路、3つのキーワード(三重)

2017年11月24日 カテゴリ: 日本情報

 2_4

 先日、三重県の熊野古道伊勢路を歩くツアーに行ってきました。日本書紀や古事記の神話の時代から、紀伊山地は神々が集まる神聖な場所として知られたいた場所。人々はこの熊野に極楽浄土を求めて歩いていたそうです。
 その中でも熊野古道の伊勢路は三重県の伊勢神宮から熊野までの約170kmを指し、上皇など身分が高い人が歩いた紀伊路と比べ、お伊勢参りを終えた庶民が熊野へ向かう参詣道として利用されたルートです。私たちはその庶民ルートの一部の峠越えに挑戦してきました。

そこで、その伊勢路の3日間をキーワード「石畳」「徐福」「里山」、この3つを通してご紹介したいと思います。

2_2

■「石畳」
伊勢路の特徴は、やはり何と言っても山道に続く美しい石畳。私たちは伊勢路の中の、馬越峠、ツヅラト峠、波田須の道、3か所をハイキング。江戸時代の人たちが1日20~30キロ歩いて完歩したルートの良いとこ取り。なんと、紀伊半島東部は日本有数の多雨地域で、屋久島の次ぐらいに雨が多い場所、東京の約3倍以上。その為、山道が崩れないように舗装する為に敷き詰められたのが、この「石畳」だった訳です。古いもので鎌倉時代の石畳も残ります。「ここは籠屋がいたところ、ここは茶屋があり、ここで足を洗う洗い越し」と歩きながら語り部さんが説明してくれ、往時の情景が目に浮かぶようでした。

2_2_2

■「徐福」
全国に残る徐福伝説。秦の始皇帝に命じられて「不老不死」の薬を求めてきた人物。約3千人の従者を連れて海を渡り、日本に今から2200年前に行き着いたのですから、想像を絶します。本当は始皇帝の暴君ぶりに堪えられなくなって亡命してきた説もあるそうですが、日本全国に徐福が辿りついたとされる場所が残り、ここ三重の波田須にも徐福のお墓があります。ここに到着した証拠に、当時中国で使われていた半両銭がこの辺りで出土したと語り部さんがなんと本物を見せてくれました。半信半疑になりながらも、去り際に不老不死の薬とされた「天台烏薬(テンダイウヤク)」を実はひっそりとポケットに忍ばせました。

2_4_2

■「里山」
ゆっくりと林道を歩き終わると伊勢路では必ず里山が見えてきます。ちょうど10月の下旬、秋の季節だったこともあり、収穫の時期。歩いていると「どこから来なさったのか」と尋ねられ、話が弾むと、やれサツマイモ、やれ蜜柑、と収穫物をおすそ分け。観光客をも温かく迎え入れてくれました。こんなこと都内ではきっとあり得ません。また流行りのIターン転職で他県から移住して働いている若者にも多く出会い、彼らが作る地元直産蜜柑ジュースは絶品でした。普段の生活では感じない人と人との繋がりを感じた優しい空間にほっこり。

神様も仏様もいる聖地、熊野古道。神仏混淆(習合)の日本独自の宗教観が息づく、スピリチャルな紀伊半島。普段は全くもって歩かないのに、次は中辺路、小辺路の順に挑戦したい!と帰路、神は私を決意させました。(坂岸)

⇒ユーラシア旅行社の日本のツアーはこちらから

地元の人に愛される!クロアチアのミケランジェロが残した、“生きた”世界遺産

2017年11月22日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

クロアチアツアー

先日スロベニアとクロアチアの添乗より帰国しました。
黄葉真っ盛りの旅でしたが、今回は添乗員も感動したクロアチア・シベニクの聖ヤコブ大聖堂をご紹介します。

アドリア海沿岸のダルマチア地方は中世にはベネチア帝国の傘下の町々が転々と沿岸部に連なっていた地域です。そのうちの1つだったシベニクには、1431年から100年以上の時をかけて作られた大聖堂あります。その建築の指揮を取ったのは近郊のザダルという町出身の建築家であり、彫刻家でもあったユライ・ダルマティナッツです。地元ではその多才ぶりから「クロアチアのミケランジェロ」と親しまれています。
このダルマティナッツさんは当時の最先端だった都ベネチアで学び、当時花開いたルネサンス芸術を吸収して故郷ダルマチアに戻って、この地域にルネサンスを広めた先駆者でもあります。
そんな彼が手がけた大聖堂は外壁には72人の顔の彫刻があり、建設に使われた石灰石はアメリカのホワイトハウスにも使われた近郊のブラチ島のもので…など添乗員として皆様にご案内する情報は山ほどあるのですが、せっかく足を運んでいただいたならぜひご覧いただきたいのが内部の洗礼室です。

主祭壇の右奥、半地下になった洗礼室には天井と壁、洗礼盤に精緻な彫刻が施され、小さいながらとても密な空間が広がっています。三位一体が表されているといわれる礼拝堂ですが、天井には父なる神と鳩で表された精霊が彫られているのみ。子のキリストがいないのですが、彼はあえてキリストを彫らないことによりこの洗礼室を不完全なものとして作りました。
なぜかというと、そう、この洗礼堂は洗礼の儀式のための赤ちゃんが現れて初めて完成するのです。洗礼盤のところへ運ばれた赤ちゃんは天井の彫刻の父なる神と精霊に見下ろされ、洗礼受けるだけでなく、その子自身が子なるキリストの役を演じ、それによって完成した教会の一部になるのだそう。ルネサンスを学び、「人間こそ大切にすべき」という信念を持っていたダルマティナッツらしい、なんて壮大な仕掛け!
この大聖堂は世界遺産になってもなお、地元の人のための教会として使われています。今回私たちを案内してくれたガイドさんも先日ここで結婚式を挙げたそうで、「子供が生まれたらここで洗礼式をするの!」と目を輝かせて言ってしました。

今年もう1つ世界遺産が増え、ますます注目を浴びるシベニク。人口3万人ほどの町にとってどれほど誇らしいか熱っぽく語ってくれたガイドさんが印象的でした。
クロアチアに行ったら、ぜひ、地元シベニクの人に愛される聖ヤコブ大聖堂も訪れてみてください。(松永華)

ユーラシア旅行社で行くクロアチアツアーの魅力はこちら

(さらに…)

世界遺産のモエ・エ・シャンドンの迎賓館での優雅なランチを楽しむ(フランス・シャンパーニュ地方)

2017年11月21日 カテゴリ: 西欧・南欧情報

___171019wfw9tc_56

先日、「ビジネスクラスで行く 東フランスの美しい村と美酒の郷 9日間」より帰国致しました。秋は夏に比べ、観光客も少なく、普段は混み合う美術館をゆっくり堪能でき、街や村、教会も黄金色の木々に彩られ、写真の撮りがいがあります。そして、何よりも黄葉した並木道や大地が広がり、普段は何もない車窓からの風景も思わず溜息が出るような黄金色に輝く秋のフランスを満喫してきました。

今回のツアーではシャンパーニュ地方で最大規模を誇るモエ・エ・シャンドンのセラーを訪問しました。
モエ・エ・シャンドン社があるのはシャンパーニュ地方の小さな町エペルネという街。街には周辺に広がるシャンパン専用のぶどうを使ったシャンパンカーブが立ち並んでいます。
その中でも、1743年創業のモエ・エ・シャンドン社はドンペリ"こと、ドンペリニヨンのブランド名を所有する世界有数の会社。
本社の入り口にはシャンパンの生みの親とも言われるベネディクト会の修道士、ドン・ピエール・ペリニヨンの像が聳え立ち歴史と威厳を実感します。
発泡性ワインの誕生には諸説ありますが、その1つにこのドン・ペリニリョンが発酵中のワインを瓶詰めして放置したところ、偶然シャンパンが出来たという逸話が残っています。
なぜ、モエ・エ・シャンドン社が、ドンペリニヨンの名前を使用しているのかというと、ドン・ピエール・ペリニヨン他界後の1797年から彼が一生を捧げた修道院とブドウ畑を所有し、商標権を獲得したから。

建材用の採石場跡を利用して作られたセラーの中は全長は28kmにも及び、まだ瓶内の二次発酵の状態でラベル付けがされていない貴重な何百万本のシャンパンが眠っていました。中には鉄格子の中で保管されているシャンパンも。モエ・エ・シャンドン社のシャンパンは通常のシャンパンでも最低2年半、ヴィンテージで約5年、ドン・ぺリにおいては7年も熟成しなければなりません。長い熟成期間を設けてどこまでも品質にこだわっているそうですが、現存する最古のものは19世紀に作られたシャンパンを今でも熟成し続けているそうです。

___171019wfw9tc_17_2

その後は、今年世界遺産に登録され、モエ・エ・シャンドンが世界の要人たちをおもてなしする為に使われて来たオランジェリー(迎賓館)に移動して、私たちだけの貸切ランチ。
4コースの料理とその料理ごとにシャンパンを飲み替えて、料理とシャンパン両方をお楽しみ頂きました。

___171019wfw9tc_27

今回出てきた料理とシャンパンは

前菜
シャンパンに一度泳がせ香りづけをし、茹でたオマール海老エンドウ豆と共に
シャンパンはブリュット アンペリアル白 2012年

メイン      
牛ヒレ肉のグリルとフォラグラ、季節の野菜添え グラン
シャンパンはヴィンテージ ロゼ 2008年

チーズ      
三種の牛のチーズ(24ヶ月 18ヶ月 12ヵ月熟成)
シャンパンはヴィンテージ 白 2008年      

デザート
赤いフルーツのミルフィーユ
シャンパンはネクターインペリアルのロゼ 2010年      

___171019wfw9tc_37

卓越した創作性溢れる料理の数々とモエ・エ・シャンドンが誇るシャンパンとのマリアージュ、洗練されたおもてなしとその全てが満たされた心地よさはこの地を訪れたからこそ出来る体験。
一生思い出に残るであろう、優雅で贅沢なランチタイムでした。(三浦)

知る人ぞ知る、クロアチアのミニ・プリトヴィッツェで癒しのひと時

2017年11月17日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

先日、スロベニア・クロアチア16日間のツアーより帰国しました。
秋の訪れの中、たっぷりとマイナスイオンを浴びせてくれた場所があります。クロアチア中部にある、木々と水に囲まれたラストケ村です。

ラストケ村の風景(クロアチア)

ラストケ村は現在の人口65人、世帯数は20強ととても小さな村ではありますが、実は村の住民すべてが観光に関わる仕事をしているという立派な観光地です。
なぜ、こんなに小さな村が観光地になり得たと思いますか? ヒントは、首都ザグレブと、世界遺産のプリトヴィッツェ国立公園をつなぐ道の、ちょうど中間地にある…。
そうです、ラストケ村は旅行客の休憩地だったのです!
クロアチアが観光地として人気が上昇するとともに、プリトヴィッツェ国立公園を訪れる人が激増、ラストケ村に訪れる人も激増。この美しい景色の村に魅せられ、次第に観光地として立ち寄る人々が増えていったというわけです。
このように観光地となるまで、村の住民達は、山の高低差で生じるスルニ川の小さな滝を活かした水力による製粉業で生計を立てていました。滝のすぐ上に粉挽き小屋が建てられ、それぞれの滝にはその小屋の所有者の名前が付けられていました。17世紀の村が一番栄えた時期には、ラシュトケ村の中に22もの粉挽き小屋があったと言われています。

ラストケ村の風景(クロアチア)

しかしながら、まだ記憶にも新しい1991年からのユーゴスラビアの紛争で、この村はセルビア軍に占領され、水車小屋も含めほとんどの家屋が破壊されてしまいました。そんな絶望的な状態から、住民達のたゆまぬ努力により、現在の美しい村の景観を取り戻すまでに至りました。
 水車小屋は現在3軒が再建されたのみですが、今回のツアーではその粉挽き小屋の一つの内部を見学しました。川にせり出して小屋が作られており、床から下の川を覗けるようになっています。木造の水車がキコキコ音を立てて回っていく様子は、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれます。
小さな村ながら、美しい黄葉と川のせせらぎと静かな滝の音とが混ざり合う、とても素敵なひとときでした。(三好)

日本とどちらが美しい?黄葉のポーランド

2017年11月16日 カテゴリ: 世界のお花・紅葉情報

10月のポーランドから帰国しました。日本ではいよいよ紅葉のシーズンがやって来ます。赤や黄色に色づいた木々はとても美しいですよね。国土の約30パーセントが森林に覆われ、都市部にも緑溢れる公園がいくつもあるポーランドでも、美しい黄葉を鑑賞することができました。

ワジェンギ公園 ポーランド

ポーランドの黄葉のシーズンは日本より少し早く、9月中旬くらいから葉が色づき始め10月に入るといよいよ見頃を迎えます。日本では、黄色の他に赤く色づく葉が見られますが、ポーランドでは黄色の木々が殆どです。これは、生えている木々の種類に基づくものです。イチョウやブナ、トチノキのような植物が多く、日本の紅葉の代表格である、イロハモミジやコナラの木はあまり生えていません。モミジの仲間のヨーロッパカエデなどは生えていますが、これらのカエデは赤くは色づきません。赤い葉が混じっていた方が綺麗なのではと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、周りの建物や風景と相まって、黄色だけでも日本の紅葉に負けず劣らず見応えのある姿を見せています。

ワジェンギ公園 ポーランド

中でも、ワルシャワのワジェンギ公園の黄葉は素晴らしく、冬支度の為ドングリやクルミを集めにやって来るリスなど、様々な動物たちとの出会いを楽しむことも出来ます。今回のツアーでは、久しぶりに雨のあがった日だったこともあり、普段は入らない公園の奥まで散策をしてきました。街の人々にとってもこの時期に公園の散歩をすることは休日の楽しみの一つのようです。
ショパンの前奏曲「雨だれ」のように、どこか寂し気のある長い雨があがったあと眺める黄葉もなかなか味があるものだと感じました。
(佐藤史)

ユーラシア旅行社で行くポーランドツアーの魅力はこちら

蘭州・炳霊寺石窟で中国仏教を味わう(中国)

2017年11月15日 カテゴリ: 中央アジア・シルクロード情報

先日「遙かなる河西回廊への道 11日間」より帰国しました。

河西回廊とは、シルクロードに東端に位置する蘭州から敦煌までの間を指します。黄河の西の細長く延びた路ということで河西回廊(河西走廊)と呼ばれます。今回のツアーでは河西回廊をバスで走破しました。

河西回廊の始まりの地・蘭州で私たちは炳霊寺を訪れました。

当ツアーでは莫高窟など中国仏教の史跡を存分に巡ります。

ただ炳霊寺石窟は、他の石窟と異なる部分があります。

それは船に乗らないとたどり着けないことです。

まずは蘭州市内から黄河沿いに、蘭州郊外の炳霊寺へ向かう船着き場まで行きます。

船着き場で、小型のモーターボートに乗り黄河をせき止めた劉家狭ダムを渡り30分、

炳霊寺石窟に到着します。

炳霊寺

炳霊寺

炳霊寺石窟は奇岩に囲まれています。その風景はまるで桂林のようです。

炳霊寺の「炳霊」とは、チベット語で十万仏を意味します。

石窟の造営は約1500年前に始まりました。北方の鮮卑族が最初に屈を開き、清の時代まで約1000年に渡って造営が続けられました。

黄河の北岸の切り立った崖に、全長2km、上下四層にわたって合計183ヶ所の石窟が

掘られました。唐代の石窟が最も多く、3分の2を占めています。

以前は、炳霊寺の前を黄河の本流が流れていましたが、1970年代にダムを建設し

黄河の本流の流れを人工的に変えたために、一部下にある石窟が水没してしまいました。

仏像の顔立ちやただずまいが、インド様式であったり中国様式であったり、掘られた時代によって特徴がすこしずつ変化する様子を見ることができます。


一番迫力があるのは、なんといっても高さ27メートルある171窟の唐時代の大仏です。

この石仏は後ろの山に直接掘られています。

炳霊寺

ご覧の通り、石窟は中心地から離れていてかつ険しい場所にあるため、他宗教による破壊や探検家たちの盗掘から逃れることができました。今日も西安や敦煌と比べると訪れる観光客は少なく、ほぼ貸し切り状態で石窟観光を行いました。

これらの石仏は1000年以上、王朝の興亡を見つめてきたと思うと胸が躍ります。

中国の歴史も自然も同時に満喫することができました。

もう少し石仏と時間を共に過ごしたいと名残惜しくも、再びボートに乗り劉家狭ダムを渡り、炳霊寺石窟を後にしました。(白井)

ユーラシア旅行社で行くシルクロードのツアーはコチラ

 

 

 

 

(さらに…)

青空と雪山、黄葉に囲まれたコーカサスの仙境、ジョージア・スワネティ地方

2017年11月14日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

先日、「コーカサス三国物語15日間」の添乗より戻って参りました。15日間のツアーでは、陸路でアゼルバイジャンからジョージア、そしてアルメニアまで走破します。この行程で特に印象に残ったのは、絶景が広がるジョージア・スワネティ地方でした。

スワネティ地方は、ジョージア北部にある大コーカサス山脈の麓に広がり、「上スワネティ」と「下スワネティ」に分かれています。上スワネティは、1996年に世界遺産に登録されました。上スワネティは15世紀にはスワネティ公国として、ジョージア全体がロシアに併合されるまで独自の文化を育んできました。この辺りに暮らすスワン人はジョージアの中でも特に古い民族であり、勇猛なことでて知られています。

私たちは、ジョージア北西部サメグレロ地方の中心都市ズグディディを出発し、「十字架の村」という意味のジュワリ村を過ぎて、スワネティ地方の山道に入りました。そして、スワネティ観光の拠点メスティアまでは、黄葉シーズン真っ只中のエングリ渓谷の中を走りました。途中のお手洗い休憩も、思わず写真を撮り続けてしまいます。エングリ川の下流には、世界で3番目に大きなエングリダムがあります。将来、エングリダムの博物館が建設されると発表されていました。

スワネティ地方道中

メスティアに近付くにつれて、地面からニョキニョキと生えてきたような不思議な塔が見え始めてきました。まるで、ジブリ映画やどこかのファンタジー映画に出てきそうなユーモアな塔ですが、実は、これには血なまぐさいエピソードがあります。コーカサスやバルカン、中央アジアの国々では、「血の掟」という、ある一族の人が殺されれば、殺した相手の一族を殺せると定めた復讐制度がありました。その復讐は、どちらかの一族が絶滅するまで続けられたといわれています。この「血の掟」から身を守るために要塞の役割として建てられたのが、このニョキニョキと伸びた塔です。ファンタジーな印象から一転、ホラー映画感が漂ってきました。恐ろしい歴史を回想しながら、塔や大自然の景色を見ているうちに、メスティアに到着しました。

ウシュグリ村

この塔が綺麗に見える村といえば、ウシュグリ村。メスティアから3時間、四駆で山を走り抜けると、塔と小さな村だけが残るウシュグリに到着しました。不思議な塔と黄葉の斜面、後ろに聳える真っ白な雪山…まるで仙境へと来てしまったかのような感覚でした。大コーカサス山脈の標高4,695mのウシュバ山と標高5,068mのシュハラ山も、ばっちり見えました。そして、この大自然の中で食べるジョージア料理は、特別に美味しかったです。私たちはウシュグリ村での観光を終え、この絶景を心に焼き付けながらメスティアへと戻りました。今回のスワネティ地方の黄葉は、忘れられない景色のひとつとなりました。(松本)

シュハラ山

ユーラシア旅行社で行くコーカサス三国ツアーの魅力はこちら

青きドナウの果てに出会った景色

2017年11月10日 カテゴリ: 世界の自然情報船の旅情報

先日、「MS.アマデウス・ロイヤル号 ウィーンからドナウ・デルタの大自然へ。ドナウ河7ヶ国クルーズ 12日間」のツアーより帰国しました。
このコースはかつてのハプスブルク家の御膝元ウィーンから東へ進み、黒海手前・世界自然遺産のドナウ・デルタまでドナウ河を下る旅です。
 ドナウ河と聞くとヨハン・シュトラウス2世の「美しき青きドナウ」という曲が有名ですよね。今回はドナウ河沿いの7つの国々の街々の観光をしながら進んだのですが、私の中でちょっとした疑問が…ドナウ河…青くない…な…。船内にはクルーズ・ディレクターと呼ばれる行程のエキスパートがいるのですが、彼女から1時間、たっぷりとドナウ講義をしてもらった時にその理由を教えてもらいました。
171007trd3_17
 ドナウ河は、もともとヨーロッパの非常に重要な交通手段だったわけですが、今よりもずっとずっと澄んでいて、うっすらと青く見えていたそうです。どちらかというとちょっとくすんだ色合いで「青」というより「蒼」という感じだったのではないかということでした。これが一つの説。
Dsc09675
 もう一つの説は、ヨハン・シュトラウス2世が生まれる15年くらい前、ヨーロッパで大活躍していた人物が関係しているそうです。誰だと思います?19世紀初頭に活躍した人と言えば!そう!ナポレオンですよ!当時、神聖ローマ帝国だった今のオーストリアとドイツとのドナウ河を挟んだ戦いがいくつかありました。
 常勝軍ともいえるフランス軍。彼らが渡河するとその軍服の色で、ドナウが青く染まったように見えたと言われたのだそうです。ちょっと、それは説として無理がないかな?とは思いましたが、当時の戦いはもちろんですが、軍服を研究している人もいます。『華麗なるナポレオン軍の軍服』(マール社)をちらっと覗いてみると…青い軍服が多い!これなら歩兵や騎兵が勢いに乗って攻めてくるフランス軍の渡河する様は、ドナウが青くなったように見えたのかもしれません。どちらの説も、ヨハン・シュトラウス2世のころには、昔々のお話だったでしょうけれども。
Dsc09912
 けれども、美しい街々を抜けて自然の鉄門峡と呼ばれる絶景や、ドナウ・デルタに入り、とうとう黒海を望めたとき。太陽の光を受けて水面がキラキラして、茶色かったドナウはどこかへ消えてしまったようです。
誰もが感無量の中、「美しき青きドナウ」が流れました。
…目の前に広がるドナウが青く見えたのは私だけではなかったとも思います。(齋藤晃)

ヨーロッパ一美しい、クロアチアのミロゴイ墓地へ

2017年11月9日 カテゴリ: 中欧・東欧情報

10月中旬にスロヴェニアとクロアチアに行ってきました。旅はスロヴェニアからはじまり、陸路で国境を越え、クロアチアへ。天候に恵まれ、例年よりも暖かい気がしました。木々の葉が黄色に色付きはじめていて、良い時期に訪れることができたと思います。
クロアチアの首都ザグレブは内陸部のためか、沿岸部の街に比べて肌寒く、私たちが訪れた日の午前中は少し靄もかかっていました。ザグレブではヨーロッパ一美しいといわれるミロゴイ墓地を訪れました。
ミロゴイ墓地はドイツ人建築家のヘルマン・ボレーが手掛けた、ヨーロッパ最大級の墓地です。“ミロゴイ”は、中世にこのあたりを所有していた領主の名前です。19世紀後半にザグレブ市が買い上げ、ヘルマン・ボレーの手によって、「ヨーロッパで一番」と称されるほどの美しい墓地が誕生したのです。敷地内に入るとまず目に入ったのは、もちろんずらりとならんだ墓石…ではなく、大聖堂の入り口かと見間違うほどの立派なファサード。そこから両方に伸びる回廊にはアーチが連なり、精緻な彫刻とともに、著名人のお墓が並んでいました。ファサードには蔦のカーテンがかかり、下から上にかけて、緑から赤への見事なグラデーション。いっそう美しさを惹きたてていました。ファサードの裏側にはクロアチア初代大統領トゥジマンの大きなお墓がありました。大統領のお墓は墓地の丁度真ん中。そこから左右を見渡しても、広大な敷地の端は全く見えませんでした。こんな素敵な墓地だったらお墓に入るのも悪くないかもなんてうっかり思い、「ちなみにいくらですか?」とガイドに聞いたところ、アパート1室軽く買えるくらいのお値段だとか…。蔦や花の植物の手入れなど、維持管理費も込みだそうですが、やはりそれなりのお値段のようです。

Dscn0236

墓地を見学したあとは旧市街を散策しました。オーストリア・ハプスブルク帝国に長く支配されていたため、町並みはどこかオーストリアのウィーンのよう。お昼に食べた名物料理もオーストリアの名物料理シュニッツェル(仔牛のカツレツ)に似ていました。ザグレブでは薄い牛肉を重ね、チーズとハムを挟んで揚げたものが有名。何層にもなるカツレツは厚みがありとても食べきれないと思いましたが、思いのほかあっさりとしていておいしくて、ペロリと食べてしまいました。やっぱり、生きているってスバラシイ!!(佐藤)

秋の南西フランスで中世の村での暮らしを思う

2017年11月8日 カテゴリ: 西欧・南欧情報

 この度「南西フランス、絵のような風景へ 13日間」より帰国しました。
 秋の南西フランスは絶景の連続。

サン・シル・ラポピー

 赤砂岩で造られたコロンジュ・ラ・ルージュ、ドルドーニュ川沿いの断崖にへばり付くようなラ・ロック・ガジャック、聖地ロカマドゥールなど、本当に絵に描いたような風景が見られます。
村の多くは都会から離れた山間にあり、暮らすにはとても不便。住む人が減って過疎化しています。だからこそ、近代化せずに、中世の面影を残す美しい村となっています。
 例えば、ロット川沿いの岩山の上に佇むサン・シル・ラポピー。かつては川を往来する船から税金を取って栄えていたそうですが、現在は人口わずか200人の静かな村です。サン・シル子爵が住んでいた城跡を利用した展望台から、可愛らしい村と周辺に広がる美しい自然そして蛇行して流れるロット川がよく見えました。

サン・シル・ラポピー title=

 展望台までの坂は少し急ですが、村は小さいのであっという間に絶景ポイントに行けます。「こんな絶景を眺めながら暮らしていたのかぁ」と羨ましく思いながらも、雨の日は大変だろうな、とか、ちょっと物を落としたらコロコロと村の外まで転がって行ってしまうのかなとか、色々想像してしまいました。
 展望台から眺めるその絶景は頑張った分だけ新鮮に、いつまでも心に残る風景となるでしょう。
 

朝のコンク

また、サンティアゴ巡礼路の途中にある聖地コンクでの早朝散歩は、まるで中世の村に迷い込んだかのような体験ができます。

 早朝、ようやく辺りが明るくなってきた頃に外に出ると、息も白く、ぶるぶるっと震えがくる位寒いけど、澄んだ空気で深呼吸すると身も心も浄化されたようにすっきりします。
 辺りは深い朝靄で包まれ、周りは何も見えません。足元の石畳の模様を目印に歩いていると前方にうっすらと黒い影が浮かび上がってきました。本当に中世だったら、山賊か?魔物か?とおびえるシーンかも知れません。恐る恐る歩みを進め、徐々に形がハッキリしてきて、威厳あるサント・フォア教会の姿に安堵するのです。
 正面のタンパンには実に見事な最後の審判の浮彫が装飾されています。天国の場面にすまし顔の天使や聖人、善人が整然と並べられています。一方、罪人や悪魔がごちゃごちゃといる地獄の場面。大きく口を開けた怪物の口から人間の足が出ていて、まさに地獄に引きずり込まれる様子を表現しています。地獄の世界では様々な苦痛が待っています。棒に縛り付けられて火炙りにされている人間、それを運んでいる悪魔はいかにも悪い奴といった顔です。首をつられていたり、舌を抜かれていたりしている罪人のそれぞれの表情や動きがとてもリアルで、でもちょっとコミカルで、怖いのに見ていて飽きません。そのうちに、「こうはならないように、真面目に生きよう」と思って教会の中に入ります。

Photo_4

 朝の光を取り入れ輝くステンドグラスや天上まで美しく伸びた列柱を見ると、心が落ち着きます。厳かな雰囲気の中で、天国への導きを願い、神の家に辿りついた事に感謝し、また新しい一日を有意義に過ごそう!と心に誓うのです。
 秋は夏より観光客が少ないので、観光客が帰った夕方以降は他に人がいないんじゃないかと思うほど静かです。車も乗り入れできないので、現代的な物が一切目に入らず、本当に中世のヨーロッパにいるように感じられます(関根)

13件中:1~10件目まで表示中

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

人気の記事ランキング

  • 1

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

    神秘のオーロラを求めて(カナダ・イエローナイフ)

  • 2

    五島列島を食べ尽くす!

    五島列島を食べ尽くす!

  • 3

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

    サハラ砂漠、朝日が身に沁み入る一日の始まり(モロッコ)

  • 4

    トルコの今

    トルコの今

  • 5

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

    タスマニアで出会う!かわいい動物たち(オーストラリア)

  • 6

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

    エンジェルフォールの麓で夢の中へ!(ギアナ高地)

  • 7

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

    感動のエベレスト再会!そしてネパールへの国境越えも再開!(チベット)

  • 8

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

    世界で最も美しい鳥ケツァルに出会えました!(コスタリカ)

  • 9

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

    3年ぶりに再開のチュニジアの古代遺跡はやっぱり素晴らしい!!

  • 10

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

    世界一美しいお祭り!?古都を彩る花絨毯(グアテマラ)

ユーラシア旅行社の社員ブログ