新型コロナウイルスの感染拡大に対する弊社自由旅行の取り扱いについて

2020年7月6日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大に対する弊社受注型企画旅行の取り扱いについて

海外渡航する方に対し、外務省が、新型インフルエンザの発生が予測される場合や,未知・既知の感染症の流行拡大
が懸念される場合には、WHO等国際機関の対応や,発生国・地域の状況(流行状況,現地医療体制等)、主要国の対応
等を総合的に勘案して、「感染症危険情報」を発出します。この感染症危険情報は、危険度の高い感染症に関し、渡航・
滞在にあたって特に注意が必要と考えられる国・地域について発出する海外安全情報です。
 

◎現在、外務省は以下のような4段階の海外渡航危険情報を発令しています。
名称 内容
レベル1 十分注意してください 特定の感染症に対し,国際保健規則(IHR)第49条によりWHOの緊急委員会が開催され,同委員会の結果から、渡航に危険が伴うと認められる場合等。
レベル2 :不要不急の渡航は止めてくだ
      さい
特定の感染症に対し,IHR第49条によりWHOの緊急委員会が開催され,同委員会の結果から,同第12条により「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」としてWHO事務局長が認定する場合等。
レベル3 渡航は止めてください
(渡航中止勧告)
特定の感染症に対し,IHR第49条に規定する緊急委員会において、第12条に規定する「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」が発出され,同第18条による勧告等においてWHOが感染拡大防止のために防疫・渡航制限を認める場合等。
レベル4 退避してください
(退避勧告)
特定の感染症に対し,上記のレベル3に定めるWHOが感染拡大防止のために防疫・渡航制限を認める場合であって、現地の医療体制の脆弱性が明白である場合等。

☆渡航先によって、感染拡大防止の為の検疫体制強化に伴い、入国制限・行動制限を実施している国がございます。


◎弊社の方針とお客様に発生する費用負担について(募集・受注型企画旅行契約のお客様のみ対象)
弊社では、各段階の危険情報が発令された場合、下記の方針で対応させて頂きます。

★契約前段階

レベル1:十分注意してください が発出されている場合
●現地情報を収集した上で、危険を避ける為の措置をとることにより、旅行の目的などが十分に達成できると判断する場合には、旅行の募集・受注及び実施を行います。その場合には、予めお客様にパンフレット上又は別途書面にて、危険情報の発出地域である旨をご案内致します。お申し込み後に、お客様の判断でご旅行をキャンセルされる場合には、約款の定め通りキャンセル料が発生します。

レベル2:不要不急の渡航は止めて下さい       レベル3:渡航は止めてください  
レベル4:退避してください  が発出されている場合 そのほか:入国制限・渡航制限措置が実施されている場合
●旅行の募集・受注は致しません。
※ただし、ご出発が8月15日以降の場合は、現在、一旦お申込みを承り、状況の推移を精査しながら実施の有無を判断してまいります。

★契約後(取消料発生時点から出発前)段階

レベル1:十分注意してください が新たに発出された場合
●現地情報を収集した上で、危険を避ける為の措置を取ることにより変更が伴ったとしても、旅行の目的などが十分に達成できると判断する場合には、お客様にご了解いただいた上で、旅行の募集・受注及び実施を行います。その際、もし変更が重大ではないにもかかわらず、お客様の判断でご旅行をキャンセルされる場合には、約款の定め通りキャンセル料が発生します。
●当該地域において「天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令その他の事由が生じた場合において、旅行の安全かつ円滑な実施が不可能となり、又は不可能となるおそれが極めて大きいとき」。このような危険情報が新たに発出された場合、出発前に関しては、その後の急激な状況の悪化も懸念される為、旅行の募集・受注、実施は中止とする場合があります。その際キャンセル料は発生しません。お客様にお支払いいただいているご旅行代金は全額お返し致します。但し、査証や入国許可証取得など渡航手続契約に関わる実費及び手配料や、日本国内線手配やチケット手配などの手配旅行契約に関わる実費及び手配料はその限りにありません。


レベル2:不要不急の渡航は止めてください        レベル3:渡航は止めてください  
レベル4:退避してください  が新たに発出された場合  そのほか:入国制限・渡航制限が実施された場合
●旅行の募集・受注、実施は中止と致します。その際、キャンセル料は発生しません。お客様にお支払いいただいているご旅行代金は全額お返し致します。但し、査証や入国許可証取得など渡航手続契約に関わる実費及び手配料や、日本国内線手配やチケット手配などの手配旅行契約に関わる実費及び手配料はその限りにありません。

★旅行中(出発後)段階

レベル1:十分注意してください  レベル2:不要不急の渡航は止めてください
レベル3:渡航は止めてください  レベル4:退避してください が新たに発出された場合
そのほか:入国制限・渡航制限が新たに実施された場合
●日程の変更などにより安全性の確保が可能かを検討し、安全確保が可能と判断できる場合には旅行継続を提案します。一方、安全確保ができないと判断した場合には、移動手段を確保するとともに、緊急帰国を提案致します。変更に際し必要となる追加費用や、帰国に際し必要となる追加費用が旅行代金を超える出費となる場合にはお客様ご負担となります。なお、現地に残ることをご希望されるお客様との契約は、手配旅行契約となります。
                                       
※外務省の海外感染症危険情報においてレベル2「不要不急の渡航は止めてください」が発出されている国・地域は
以下となります。
(別途、国・地域によってレベル3「渡航は止めてください」、レベル4「退避してください。渡航は止めてください。」
が別途発出されています。)

全世界(航先の国・地域において行動制限を受けたり、出国が困難となる事態を防ぐ為)

※感染確認国・地域(日本を含む)からの入国・入域制限が行われている国・地域は現在165ヶ国/地域、
 入国後に行動制限がとられている国・地域は現在85ヶ国/地域ございます。
 入域制限・行動制限は刻々と変わります。
 「外務省海外安全ホームページ」内の「新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・
地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)
「 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html
 をご確認下さい。

※入国制限・行動制限の対象となる場合がございますので、お申込みのご旅行出発前15日以内に海外への渡航歴・
  トランジット歴がある方は、至急弊社までお知らせ下さい。


感染症危険情報の更新や各国の入国制限・行動制限は極めて流動的であり、予告なく実施・変更される場合がございます。
訪問国・乗り継ぎ国などの最新情報は、「外務省海外安全ホームページ」 http://www.pubanzen.mofa.go.jp/
でご確認下さい。


株式会社ユーラシア旅行社
自由旅行部